LHS LIVE (DECCA/6.28354DP)

Side 1
1.Back On Tour Again *
2.Killing Me Softly(Gimbel-Fox)
3.Take Care Of Me(Humphries-Reinecke-Allcott)
4.Old Man Moses *
5.Take A Chance(Scott)

Side 2
1.I'd Love You To Want Me(Lavoie)
2.Amazing Grace(Trad.,Arr.:Humphries)
3.Kentucky Dew
4.Carnival

Side 3
1.Kansas City
2.Shake Me,Wake Me(Procker)
3.Danny Boy(Trad.,Arr.:Humphries) *
4.I'm From The South
5.Top Scene Hamburg

Side 4
1.Can The Can(Chinn-Chapman) *
2.Angie(Jagger-Richard)
3.Ballroom Blitz(Chinn-Chapman)
4.Hello Hello(Boone-McQueen)
5.Coat Of Blue
6.Listen To The Music(Johnston)
7.Free Electric Band(Hammond-Hazlewood)
8.Mama Loo *
9.Play Off

裏ジャケに何やら書いてあるがドイツ語なのでチンプンカンプン。どうやら1975年のツアーからのライヴ録音らしい。録音状態はおおむね良好 なのだが、つなぎの編集に使われている拍手の音がまるでトタン屋根をたたく雨音のようでいかにもわざとらしく、全てをぶち壊している。何とか ならなかったのだろうか。演奏そのものからはエキサイティングなショーの楽しさが十分伝わって来るだけに、非常に残念だ。LAWTONはメド レーも含めてめて5曲歌っており、トリの"Mama Loo"でショーを見事に締めくくっている。例によってジャケ写にはLAWTONはほとんど写っ ておらず、ステージ中央でソロをとっているときの遠景写真が裏ジャケに使われている程度。当時彼はオツムの一九分けが極限に達していた 頃で写真写りが良くなかったかも知れないが、あまりにも可哀そうではないか。

*:Vocal by JOHN LAWTON
All songs written by Humphries except for indicated.

戻る