日本初の局地戦闘機として開発され、爆撃機用の「火星」
エンジンを搭載。震動や視界不良に悩まされたたが、
本土防空に活躍。太い胴体が特徴。

The Raiden (Jack)was the first interceptor developed
for the Japanese kasei bomber engine.