心の休息

1)降り積もるもの。ふり払うべきもの。前に進もう

      少しずつ、少しずつ、静かに積もっていく。
      別に、疲れてないよ!と言い放っても、少しずつ、少しずつ積もっていく。
      気付いたときには、頚まで埋っていて、身動きがとれなくて。
      そのままにしておくと、頭まで埋もれて呼吸ができなくて。
      目を閉じても積もったものは溶けない。
      気が付くと、呼吸すらできない状態に。 
      
      どうやっても、積もっていくのだから。
      少しずつ、少しずつ、積もったものを融かしていけば。
      傘をさして、せめて足下だけでも積もらないように。
      立ち止まらずに、少しずつでも歩いていければ。

      傘だったり。融かすためのマッチだったり。歩くための靴だったり。
     手に入れるんだ!生きていくための道具を。でないと死ぬぞ!

     どうしても動けない時。動けない環境を作ってしまったのは自分自身
     なのだから。環境のせいだって、いいはったって、結局自分がつくった現状。

     打破しよう。正しい権利は主張していこう。主張することは悪いことではない。 
     退いてはいけない場合は、たとえ、争いになったって、戦おう。
     自己実現のため。死ぬ前に後悔しないために。

2)自分の居場所 
3)自分への嘘、他人への嘘
4)落ちてゆく自分、止めよう。
5)孤独。。。

6)何の為に生きているのか。