Japan Imperial Army fighter Ki-201

Me-262の資料をもとに、昭和20年になってから陸軍、海軍別々に中島に
試作を指示。海軍機は橘花(きっか)として(特攻機)試作完了、昭和
20年8月に飛行。日本初のターボジェット機であった。

火龍はあくまでも戦闘機、爆撃機として設計され、図面のみ完成。
実機は完成しなかった。
この動画はMe262を元に、勝手に塗装してみました。。

6000mまで五分。30ミリ機関砲2門、20ミリ機関砲2門、爆弾の搭載可能。

なぜ両軍いっしょにつくらないのか。。

橘花が使われることがなかったのは不幸中の幸いなのでしょうか。

火龍が半年早くできていたら。