居所(居場所)

あなたの居場所はどこですか。自分が存在すべき場所だと
確信している場所。
会社ですか。学校ですか。家(家族)のなかですか。
ちょっと待って。本当にその場所は、あなたの居場所ですか。
考えたことがありますか。

学校?数年したら、出ていく場所ではありませんか。
今だけのトランジットではありませんか。

会社?その会社は、ずっと存続していくと思いますか。
あっというまに消え去ってしまいませんか。
あなたがいなくたって、会社は困ったりしないのでは。
あなたがお休みしたって何も起きないでしょう?

自宅?家庭?それは自分で作ったものですか。
ある人間の子供として輪廻転生してきただけではありませんか。
たまたま親と呼ばれる人の庇護のもとにいるだけではありませんか。
他人から「与えられている」場所ではありませんか。
ただの借り物の居場所ではありませんか。

家庭?家族?
自分で選択して、自分で支えて、他人から与えられたものではないって?
確かにそうかもしれません。自分で作ったのだから。
でも、ちょっと待ってください。一回つくればそれは永遠ですか。

そこは砂上の楼閣ではありませんか。
気が付いたら、そこからはみ出しそうになっていませんか。
自分では気が付かないだけで、そこから落ちる寸前ではありませんか。
追い落とされそうになっていませんか。
もしくは自分から離脱しようとしていませんか。

あまり、深く考えないほうが良かったのかもしれません。
認識しないほうが良かったのかもしれません。
でもでも、気が付いてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

自分の居場所がなかったなんて!

*****************************************

*****************************************
どこかに、この世界のどこかに、存在を認めてもらえる場所が1箇所でもあれば。
生きて行ける。自分の存在を肯定的にみてくれる場所さえあれば。
そう、そうだよ。生き抜けるよ。きっと。
その居場所を心の支えに。自分の居場所を拡げよう。
生きていないと、自分の居場所にいけなくなってしまう。。