様                      平成  年  月  日
65才以降の年金額計算遺族厚生年金併給の場合書の事例と記入用紙
1、従前の年金額
@吉川吉雄分  昭和5年9月25日生まれ
国年の老齢基礎年金額       満額   804,200円
厚生年金の老齢厚生年金額の額 197月   936,200円   合計 1,740,400円
平均標準報酬月額              286,601円
 
A吉川美子分  昭和10年8月25日生まれ
国年の老齢基礎年金額     136月    762,300円
厚生年金の老齢厚生年金の額  228月     766,600円  合計 1,528,900円
平均標準報酬月額               
 
2、平成12年夏、吉川吉雄氏死去に伴い、吉川美子さんの受け取る年金額は次のようになる。
現在の年金額(65才以降で遺族厚生年金の併給がある場合) 3つの選択肢A.B.C.の中から選ぶ。
 
選択3の場合 自身の老齢基礎年金の額+自身の老齢厚生年金の額の1/2+遺族厚生年金の額の2/3=
 
62,300円+766,600円×1/2 )+※1(857,800円×2/3)=1,717,617円
※1の根拠 857,800円=430,500円+427,300円
286,601円×9.86/1000×197月×1.031=573,958円・・・・・報酬比例部分
573,777円×3/4=430,500円 ・・・基本年金
427,300円・・・・・・・・・・・・寡婦加算

◎65才以降、遺族厚生年金の受給権者は併給調整により、下記選択1.2.3から
支給額の大きいものを選ぶことができます。65才の誕生日到来後年金受給選択届書
を速やかに提出する。
 
 物価スライド平成16年度0.988
 老齢基礎年金の満額 804,200×0.988=794、500円
 老齢厚生年金定額部分の物価スライド率は、0.988
  上記 報酬比例部分の物価スライド率は、1.031×0.988
 
選択1
 イ、自身の老齢基礎年金の額                                  
 ロ、自身の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)の額                        
 ハ、上記合計額                                        
 
選択2
 イ、自身の老齢基礎年金の額                                  
 ロ、遺族厚生年金の額                                     
 ハ、経過的寡婦加算                                      
65才までは寡婦加算が支給され、65才からは経過的寡婦加算が支給される。金額は減少する。
 ニ、上記合計額                                        
 
選択3
 イ、自身の老齢基礎年金の額                                 
 ロ、自身の老齢厚生年金の50%の額                             
 ハ、遺族厚生年金の額の2/3の額                              
 ニ、上記の合計額                                       
 
               社会保険労務士 森 芳樹   電話0586−69−6236