ハギマシコ 山本氏撮影
朽木氏撮影
福島氏撮影
コミミズク 山本氏撮影
ベニヒワ  園村氏撮影
コミミズク 山本氏撮影
Link
1980年開業以来多くの皆様にご愛顧いただき無事に36年間ペンション経営を続けてこられたことを感謝申し上げます。
引き続きこの地に留まり第三の人生を楽しみたいと思っています。
宿泊はお受けできませんがバードウォチングガイドを引き続き行ってまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
山本氏撮影
コミミズク 山本氏撮影
オオマシコ 山本氏撮影
冬鳥情報
イスカ、ヒレンジャクは大きな群れで広い範囲を飛び回っています。
■12月17日早朝にイスカ50羽の群れ出現。今年は八ヶ岳山麓の飛来数が多いです。
■1月20日現在の主なものはフクロウ(2)、コミミズク(4)、ベニヒワ(約30)、マヒワ(約300)、ハギマシコ(約100)、オオマシコ(4)、イスカ(約50)、ヒレンジャク(約100)、コチョウゲンボウなどです。
■八ヶ岳の主峰赤岳が雪化粧し、山麓に北から冬鳥が飛来し始め、森の中からフクロウも草原に降りてくる季節になりました。11月中旬からフクロウや冬鳥のガイドを開催します。
冬鳥やフクロウが揃う12月中旬から1月下旬がベストです。
■フクロウの巣箱では今年も順調に雛が育ったので出現数が多いことを願っています。コミミも雪原の中を飛翔する雄姿が見られることを願っています。オオマシコ、ハギマシコ、ベニマシコ、マヒワなども姿が多いことを期待します。ベニヒワ、シラガホオジロなども今年は姿を見せてくれるでしょうか。
■フクロウ情報はFacebookでご覧ください。
■冬季に見られる可能性がある野鳥
・フクロウ、コミミズク、オオマシコ、ハギマシコ、ベニマシコ、シラガホオジロ、ベニヒワ、マヒワ、アトリ、ウソ、ツグミ、アカゲラ、アオゲラ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、ニュウナイスズメなど。
■夏季に見られる可能性がある野鳥
・ノビタキ、ホオアカ、オオジシギ、コヨシキリ、オオヨシキリ、ヤマセミ、オオルリ、コルリ、カワガラス、ミソサザイなど。
■(注)私は日頃からフクロウの生息地をパトロールし、皆様がより多くの個体を観察できますよう努力しています。しかし、常にご期待に応えられるとは限りませんのでご了承ください。
■ガイド人数の定員  5名
 カメラ撮影(コンパクトカメラは除く)は3名で定員です。
■料金等
・日帰りのお客様
 早朝日の出(6時頃。夏季は4時頃)〜8時30分(夏季は8時30分頃)と夕刻14時30分〜日没(17時頃)の2回。夏季は早朝ガイドの1回
・各宿泊施設にご宿泊のお客様
 夕刻14時30分〜日没(17時頃)〜翌早朝日の出(6時頃。夏季は4時頃)〜8時30分の2回。夏季は早朝ガイドの1回
ガイド料は2回付(夏鳥は早朝1回)で1名様で参加の場合は5000円。2名様以上で参加の場合は1名様4000円
・集合・解散場所
・JR利用のお客様は国道から近い施設にご宿泊ください。当日は宿泊施設又は清里駅にお迎えに伺います。翌朝は宿泊施設までお迎えに伺います。
 
   ガイドのご案内

 
 
 〒407−0301                           
 山梨県北杜市高根町清里3545
 TEL 0551−48−3395
  齋藤登美夫
メールはこちらからお願いいたします