今日の…(あんぷの日記)

文中で敬称を略している部分があります。ご了承下さい。

戻ります
過去日記その1 過去日記その2


PC故障で更新を停止しました。今は何とか動く程度ですが、完全復旧は程遠い状態です。一応エントリは書きためていましたが、処理が面倒なのでこのままお蔵入りにしてしまうかも。これで最終更新になるかもしれないので、


 


9月12日

 歯医者に行って仮の詰め物してもらったら、直後の昼ごはんで取れた。明日は朝から仕事でいけないから火曜日か……なんて事だ。
 交通事故の現場検証しているところに遭遇。分かっていたら回避したけど、見通し悪かったから気付かなかった。1台分をちょっと超える幅しかない所だったので、作業が終わるまで待たされて危うく遅れそうになったよ。でも現場検証作業を急がす事も出来ないしなぁ。
 明日から3連休、道選びは慎重にしないと。下手な場所に近づくとエラい目にあいかねないからな。

 今日の1冊  榎本ハイツ 「柳田君と水野さん」2巻 コアマガジン社 ホットミルクコミックス
 先日ばんがいちで最終回を迎えたばかりの「柳田君と水野さん」シリーズがもう単行本に。この2巻で完結となってしまいましたが、きっかけは遊びのようなものだったのに、2人が次第に惹かれあう姿にドキドキさせられっぱなし。今回は困難を乗り越えていくシーンが多かったのですが、それらを無事に乗り越えてくれーと、読み手に感じさせるようなキャラの立て方が上手かったですよ。しかし水野さんの素直じゃない態度は、台詞といい描写といい素晴らしかった。ラストシーンはよくある展開ながらも、これが見たかったんだよという描写で大満足。榎本はいつさんの代表作と言っても過言ではない作品に育った感じがします。


9月11日

 連休中の予定がほぼ決まり、これは大変なスケジュールになっちゃったな。
 ここにきて晴れの日が続くようになってきた。8月下旬の天候不順はなんだったんだ?これで農作物へのダメージも少なくなりそう。でも四国は水不足なんだよな。うどんの話には思わず笑ってしまったけど。
 すごい量の葡萄をいただいてしまった。キロ単位で貰うのは普通だけど、箱を複数単位で貰うのはレアな体験だ。処理しきれないが明白なので、友達にいくらかプレゼントしました。今週中に別の方から貰うようなことがあると大変だな。

 今日の1冊  原作・佐藤大輔/作画・佐藤ショウジ 「学園黙示録 HIGH SCHOOL OF DEAD」5巻 角川書店 カドカワコミックスJr.
 が保たれた状態。ここで発生したあるイベントを機に、それぞれの心構えにまた変化が生じたようです。しかしフィクションとはいえ、胸が締め付けられるような展開でしたよ……。そして今回はおまけ漫画が2本収録。1本目は高城沙耶と平野コータとの馴れ初め……じゃなくて、学校での事件が発生した当時のお話。2本目は趣味丸出し、キャラにコスプレさせまくるお話。


9月10日

 寝ている時に寒暖の差が激しいせいかゆっくり眠れていない感じ。しんどいな。
 例のNFLの試合を見た……あれはプレイ的には問題ないけど、足に絡んでもパスをとめられないタイミングだったので、タックルしないで欲しかったな。シーズンエンドの話が出ているのは辛い。
 馴染みのスタンドのガソリン価格が、レギュラーだけまた下がって169円に。ハイオクとの差が12円になったのは久しぶりな気がする。原油の方も微妙に下がり続けている感じなので、このまま少しずつでも落ちてくれると良いな。

 今日の1冊  「コミック0EX」Vol.10 コアマガジン
山文京伝さん、奥さんの方だけならまだしも、旦那さんの方まで。しかもこれはかなり背徳的な……描いちゃって良いのかな、これを。凄い展開だ。新貝田鉄也郎さんが登場、タイトル通りの「いつもの。」的な感じのマンガでしたね。この方の描く子は可愛らしいですなぁ。ロリ趣向がまったくないのに、感心してしまう。峠比呂さん、今回は留学生が登場、


9月9日

 朝が寒かった。窓開けてネタの大失敗。とりあえず風邪を引かなかったのは良かったけど、気をつけないとなぁ。
 フィルムを使っていない納豆が気になるなぁ。今度お店で売っているのを見かけたら買ってみたい。今まではたれを使う事はあまりなかったけど、あの形態ならちょっと使ってみたいかも。ただ混ぜるのは好きじゃないので、たれが混ざるかがちょっと心配。
 NFLの開幕週が終わったけど、最後の試合は選択がミスだったような気がする。同地区のチームだけど力の差が大きすぎで、虐殺ショーでした。

 今日の1冊  井上よしひさ 「Escape Creator」 ヒット出版社 セラフィムコミックス
 井上よしひささん久しぶりの成年向け単行本は、表紙・裏表紙からも分かるとおり「縛り」な1冊。1作品を除いて全て縛りです。縛り系の作品の多くは、繋がりがあったのですが……雑誌連載時には最後の作品が出るまで全然気付いていませんでした。そして当然のごとくポニー成分はふんだんに盛り込まれていますし、M字的なポーズもガンガン入れられています。信念が感じられるなぁ……その信念がどの方向を向いているかは別として。


9月8日

 今週末は3連休だったのか……だから仕事が多く入ってきたんだな。がっくりだよ。
 対向車も横断者も居ないのに、交差点のど真ん中で停止する車の運転手には何が見えているんだろう。しかも今日だけで2台も遭遇、片方はタクシー(乗客なし)って……プロなのに何やってるんだ?
 NFLの開幕戦を見ていたのですが……いきなりひいきチームのQBが、怪我でシーズンエンドとか酷すぎない。プレイとしては問題はなさそうだけど、あそこまで執拗にタックルして欲しくなかったな。今期は期待していたのだけどな。まあ、逆に肩肘張らずに見られるようになったと前向きに……考えられないよ。

 今日の1冊  渡辺航 「弱虫ペダル」2巻 秋田書店 少年チャンピオンコミックス
 あっという間に2巻が出た印象。待ち焦がれていた作品の続きがもう出たという感じ。秋葉好きが講じて、高回転数でのペダリングが出来るようになっていた主人公の小野田坂道君でしたが、学校への登坂勝負を仕掛けられた今泉俊輔君との出会いで少しずつ変わっていく姿がナイス。さらに今回は秋葉で出会った少年(後に同級生と判明)との走行で、ギアを変えてからの加速感と、風が壁のように感じる感覚を見事に表現していました。そして次はいよいよレースみたい。楽しみだー。


9月7日

 夕方からすごい雨が降ってきた。しかし通り雨的な感じあっという間に止んだ。移動の時間にかぶらなくて良かった良かった。
 PCの調子を見ていたけど、なかなかまともに動いてくれない感じがする。もう寿命近いのかもな。サイトが9年って事はほぼ同じぐらい稼動しているって事だし。こいつも引退の時が近いのかもな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでサガン鳥栖との対戦でしたが、1−1のドロー。勝てる試合だったと思うんだけど、得点後すぐに失点か。これがダメな点だよな。

 今日の1冊  こいおみなと 「アルト」全2巻 講談社 シリウスKC
 鳥の居ない世界で、手作りの飛行機で空を飛ぶ……しかも男の子が女子高に編入するという、個人的な好き要素も盛り込まれていました。飛行機の描写も丁寧でしたし、飛行シーンの滑空しているシーンは、イオでの海中描写と同様に愛情を感じられました。良い設定の話だったと思ったのだけど、この2巻で終わってしまったのが残念です。この2巻でお話は位一応決着した感じですけど、もっと丁寧に描写して欲しかったなぁ。


9月6日

 本当に暑いなぁ。夕方になっても暑くてエアコン使わされるのはきついなぁ。
 今週発生していた仕事上の問題が解決。先方の不注意と言えなくもないのだが、先方もはめられた感があったので責任の追求がしにくい状況。まあ、問題解決したから良しとしますかね。
 今日は久しぶりに友達とタイミングが合ったので、食事会を開催してきました。コミケのときに肉に行ったので今回は違うジャンルで。2週間しかあいていなくてもいろいろと話題が出てきて面白かったなあ。でも食べ過ぎた……ちょっとどころかだいぶ食べ過ぎた。美味すぎたのがいけないんだよ、あの店は危険だ。

 今日の1冊  千葉哲太郎 「コスってあげる!」 コアマガジン社 ホットミルクコミックス
 千葉哲太郎さんの2冊目となる単行本。タイトルの通り、コスチュームを使った作品をメインにまとめられています。真面目な作品と、笑いを狙った作品が半々……いや3:7といった感じかな。基本的なシチュエーションは甘さ爆発な感じ。最後までおバカのりで突っ走るお話が多い分、シリアスなお話の印象も増しますし、逆もまたより面白く感じます。お話作りがうまい作家さんなので、どんどん単行本を出していって欲しいな。


9月5日

 貰う果物がぶどうだけになってきた。もう桃の季節は終わりに近いのか……ちょっと寂しいな。
 NFLが開幕しました。これから2月頭まではNFL漬けの毎日になりますよ。しかし開幕週は5試合も生放送があるって、明らかにやりすぎだろ。仕方ないとはいえ、GAORAとG+の生中継かぶってるのもつらいよな。両方見たいのに、スカパーじゃ同時に見られないし。
 久しぶりにカップ麺食べると美味しく感じるなぁ。何なんだろうこの感覚。毎日は食べたいとは思わないけど。

 今日の1冊  藤原ヒロ 「会長はメイド様!」6巻 白泉社 花とゆめCOMICS
 生徒会長の美咲ちゃんが大活躍したせいで、学校内での問題が片付きつつありますが……新たなトラブルの火種となりそうな存在として、美咲ちゃんの幼馴染である陽向(ひなた)君が登場。トラブルの発生源というだけでなく、美咲ちゃんと碓氷君の2人の関係に波紋を投げかけそうな存在になりそうです。相変わらず美咲ちゃんと碓氷君のコンビはかっこいい、でもその2人のうち碓氷君が微妙に意識しだしている感じがいいな。


9月4日

 ちょうど移動の時間に雨が降ってきました。雨のおかげで夜は涼しくすごせたなぁ。
 いよいよ明日からNFLが開幕。準備万端、と言いたいところですが、HDDレコーダーの整理は全然間に合いませんでした。少しずつ移動しているので、すぐに一杯になる事はないけど、上手い事やりくりしていかないと。
 HDDレコーダーの整理の間に本をどんどんと消化。コミケ終わった直後に買った本の中には、ビニールがかかったままの物すらあったからな。これもだいぶ処理できたな。

 今日の1冊  「コミックメガストア H」10月号 コアマガジン
 リニューアル直後は凄い勢いだったのですが、ちょっと落ち気味かな。巻頭のフルカラーマンガは幸せのかたちさん。これでも十分だけど、出来ればあと2ページほしいなという感じ。田沼雄一郎さんはシリーズモノの2作目だったっけ?激しい展開が凄まじすぎる。設定も面白いけど、もう1人居るようだから続きもありそうだな。要青豆さん、今月も最初から最後まで飛ばしまくりだ。でも何でこんなに後ろに掲載?勿体無いなぁ。


9月3日

 値下げをしてないスタンドがあって、まだハイオク195円とかつけていたんだけど……あれお客さん来るのかなぁ。
 9月に入ってはじめてスーパー行ったけど、なんか高くなっているなぁ。買いたいと思っていたものが、ドラッグストアよりも軒並み高くなっていたので買うのを我慢しちゃったよ。値上げは仕方ないかもしれないけど、こうも一度に上がるとしんどいな。
 鮭フレークオムレツは、鮭の塩味で適度に味付けされて良い感じ。これはレパートリーに加えるべきだな。

 今日の1冊  甘詰留太 「二代目はこすぷれーやー」4巻 白泉社 JETSCOMICS
 ある組の二代目なのに、オタクな少女裕梨華(ゆーしー)というのは面白い設定です。今回はゆーしーが海にやってきましたが、お目付け役の慎之介も同じ場所も偶然来ていたという事で、面白い展開に発展。2人の気持ちの動きが面白かったです。そしてゆーしーが暴走しつつも大活躍だったのがコスプレキャバクラ編。オタクな目線からお店を立て直してしまったというのが面白かった。あんなコスプレキャバクラだったら行ってみたいかも。


9月2日

 麻生さんになっちゃうのかな。好きな人なので頑張って欲しいのだけど時期が悪い。でも年を考えるとチャンスも少ないだろうから……ぐるぐる考えが回っています。
 賞味期限の近くなっていた鮭フレークを黙々と処理中。鮭フレークの調理法で何か良いものないかなぁ。でも下手に調理するより、そのままご飯の上に乗せた方が美味しいしんだよな。
 ガソリン価格見た。3円下がって170−182になってたはず。169円だったらインパクト有ったのだろうけど、さすがにそこまでは下がらなかったか。これから冬に向けて値段下がって欲しいけど、どうなるか。

 今日の1冊  「コミックホットミルク」10月号 コアマガジン
 表紙も描いていたINAZUMAさんが、巻頭のフルカラー漫画を担当。6ページとは言え……書き込み凄いし仕事しすぎだろあなた。月野定規さん、最初に出てきた年頃のおなごさんではなくて、こちらが主人公でしたか。最近はこういう相手を描くことが多いのは、要請があるのかな。ノリノリで描いているようですけど。木静謙二さん、この方の描く眼鏡な女性は色っぽいですなー。


9月1日

 9月に入ったとたん暑さが戻ってきちゃった。週間予報だと曇り予報が多かったはずなのにな。
 防災の日でしたが、最近はあちこちでちょっと大きめの地震が続いているよな。ここも大きな地震が来るかもしれない地域なんだけど、備えてある量で足りるのかな。今度買い足しておくか。
 今日からガソリン価格が下がるのかと思ったら、据え置きにする店もなんて記事があったな。安くならないならがっかりだな。で、下がっているかどうか確認し忘れた。どうなっているんだろう。下がっていると良いな。

 今日の1冊  「COMIC 阿吽」10月号 ヒット出版社
 師走の翁さんが表紙&巻頭カラー、そしてシリーズの最終回を迎えたようです。散々酷い事やっといて、ちょっと良い話で終わらすのかよ。井上よしひささん、あの水着をネタにするのは良いけど、代用品がスク水という発想が奇才すぎる。しかもサイズ小さめでぴったり感とか訳分からない。雨部ヨシキさん、阿吽ではなかなか見られない甘々系な作品。こういうオーソドックスなのは落ち着くな。


8月31日

 今日で8月も終わりか……今年の8月は慌しかった。イレギュラーな仕事が多すぎたんだな。明日からはもうちょっと落ち着けるはずだけど。
 今日はさすがにガソリンスタンドががらがらだった。明日安くなるだろうってみんな知ってるからなぁ。どれぐらい下がるかな。
 ネットでライブの生中継が出来てしまう時代なのか。手軽に見られるのは良いけど、やっぱりライブは生で見たいな。そして、あとでDVDで見返して、その時のことを思い出しながらもう1度盛り上がるのが良いのよ。最近はなかなか行けていないから悲しいな。

 今日の1冊  あずまきよひこ 「よつばと!」8巻 メディアワークス 電撃コミックスEX
 9月に入り綾瀬家3姉妹の出番が少なくなりましたが、それによってよつばの暴れっぷり……いや、元気の良さがより目立つようになってきています。今回は風香ちゃんの学校の学園祭にお邪魔したり、台風の中で傘を差して飛ばされたり、お祭りに参加したり、よつば大活躍の巻き。風香ちゃんの出番が少ないのが少し残念ですが、しまうーも出てきたし良しとします……何が良しか分からないけど良しとします。


8月30日

 24時間テレビやってるのか……日テレは見たい番組が無いから潰される事も無くてどうでも。良い感じ
 仕事忙しすぎ。とりあえず移動とかきつすぎだったよ。何とかなったけど、もうちょっとゆとりあるスケジュールにしたいよ。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームでロアッソ熊本戦でしたが、5−1で快勝。今年の決定力不足を吹き飛ばすようなゴールラッシュ。これは爽快でしたが、最後に1点失ったのが問題。それでもこの後の戦いに期待が持てる試合になりました。もうちょっと早くこの調子になっていればと思ってしまうけど……まあ過ぎたことは仕方ないので、残りの全試合勝ってくれ。

 今日の1冊  「ヤングキングOURS」10月号 少年画報社
 エクセル・サーガは、松屋さんとエクセルのやり取りが面白かった。そして今のメンチの秘密に、もう1人のエクセルの登場と怒涛の展開だ、これは。話動かしすぎじゃね?それ町、防災の日・台風シーズンにあわせるかのようなネタ。しかし歩鳥の寝相の悪さは凄まじいな、戦慄すら覚えるよ。コンビニDMZはWWUネタの2回目
、しかし危険すぎる話だと思うのだけど、よくOK出たな。さすがOURS。


8月29日

 焼肉の日だったらしいです……それを聞いて無性に焼肉食べたくなりましたが、夜遅かったので誰も捕まえられず。がっくり。
 今日は午前中は太陽大暴れ、午後からは雲が出てきて雨が降り、雷もなり、湿度が上がって蒸し暑く。夏っぽい天候なんだろうけど、すごしにくい事この上なかったなぁ。
 いよいよ月末だけど、給油ランプがついてしまった。来月になれば値下がるだろうから、そこまで持たせたかったけどちょっと無理っぽいな。今回は月末にがらがらになって、月初めに激混みになるんだろうなぁ。もったいないけど、明日ちょっと多めに入れておこう。

 今日の1冊  荒川 弘 「鋼の錬金術師」20巻 スクウェアエニックス ガンガンコミックス
 今回はエド君以外の周りの人たちが大活躍の巻。それぞれの思惑が絡み合い、序盤では考えられないような組み合わせのパーティになっていますが、マルコーさんは追いかけてきたグリードと対決。アルは実父ホーエンハイムと会っていきさつを聞かされる……中央でも、大佐たちが本番に向けての準備を始めており「約束の日」に向けて両陣営が動き出しています。今回の展開でもかなり盛り上がったのに、更なる盛り上がりが期待できそうな引き。この作品の底は知れないなぁ


8月28日

 8月最後の追い込み期間中、忙しすぎる。
 布団干したけど、懸念されていた寝苦しさはなかったです。雨が降っていたのに窓全開だったので、かえってちょっと寒いぐらいだった。これから先も晴れマーク少ないなぁ。まだ秋雨の時期でもないのに。
 今日の日中は激しい雨が続きました。雷もかなりの頻度で落ちていたようですが、停電にならなくて良かった。夜になって雨がやんだけど、部屋の中が蒸し暑い……エアコンで除湿使うと寒すぎる。どうしたものかと悩んでいますが、エアコンつけて厚着するのもなんだかなぁ。

 今日の1冊  「漫画 ばんがいち」10月号 コアマガジン
 千葉哲太郎さん、今回も恥ずかしくなるぐらい甘い作品だなぁ。禁句に近い関係性のはずなのに、甘さで気にならないよ。青木幹治さん、分かりやすい強気っ子が登場。こういう子が強がって見せる姿はたまらない。前後編なので、後編も楽しみ。榎本ハイツさんの「柳田君と水野さん」シリーズがついに完結。すれ違いを見せていた2人でしたが、最後は水野さんが本心をさらけ出して無事解決。最後もべただけど良い終わり方でした。


8月27日

 ネギブーム到来中。ネギは色々な料理に合うなぁ。
 久しぶりに晴れたので洗濯物がばっちり乾いた。布団も干してふっくらになった。あとは熱を吸いすぎた布団で寝られるかどうかだな……ふっくら感で気持ちよく眠れそうなのだけど、寝ている最中に暑くて寝苦しくなりそうだけど、どうなるか。
 同人誌を1周読み終えたので、たまっていた商業誌をがんがん読んでいる所。これが終わったらたまっている絶チルなどの録画物を消化していかなくては。でも仕事が忙しくてたまる速度と処理速度がほぼ同じだ。9月からNFLも始まっちゃうのに、それまでに何とかしないと。

 今日の1冊  「月刊 コミック電撃大王」10月号 メディアワークス・角川書店
 今回は3つの付録付き、以前に比べるとお得感は増したけど、休載の多さはやっぱり気になってしまうよなぁ。よつばと、今回もよつばは元気だなぁ。でも風香の出番少ないだろ。振り回されているはずなのに、父ちゃんは強いよなぁ。井原裕士さんのワンフェス報告漫画「ドールマスターパラレル」が掲載。いつものメンバーがわいわい……という感じでしたが、本編が終わった後にエスカレータ事件について描かれていました。


8月26日

 コミケ終わってからすっきり晴れない日が多いなぁ。週間予報を見ても土曜日までは傘マーク続き。涼しいのはありがたいけど、洗濯物がぱりっと乾かないのはちょっと嫌かも。
 むちゃくちゃな仕事の入れられ方をした……相手方のミスをこちらが尻拭いしなくてはならないってのはどうなのよ。仕方ないからやってみるけど、きっちり出来なくても知らないよ。しかしこれで土日の自由すら奪われる事になるのか。きっついな。
 星野さんってこんなに潔さがなかった人だっけ?まとめられないのだから、自ら身を引くべきだと思うのだけど、まだやる気なのか。

 今日の1冊  「月刊サンデーGX」9月号 小学館
 高橋しんさんの作品が付録になっていたけど、もう一回り大きいサイズの方が良かったな。ちょっと小さいのが残念。新連載の「ぷりぞな6」、記憶を失った女の子しか居らず、食料品などはいつの間にか届けられる……そんな不思議な島を舞台にした物語ですが、掴みが面白く引き込まれました。これからも期待しちゃう。ジャジャ、レナさん浮き沈みの巻。いよいよ大一番って感じがするけど、一気に進展しちゃうのかな。


8月25日

 コミケ疲れがようやく抜けた感じがします。年々回復が遅くなっているのは、体力低下と無茶スケジュールのダブルパンチが効いているからだろう。1日だけでも他の人の運転で行ければ多少楽になると思うんだけど、それは難しそうだな。
 日中の学生の姿が減り始めてきた。そろそろ学校も始まるころかぁ。危ない運転への遭遇率が減るのはありがたい。
 今月はコミケであまり使わなかったからか生活費が余り気味。これから先も使う予定はなさそうだし、来月から必要な物を先に手に入れておこっかな。

 今日の1冊  「コミックメガストア」10月号 コアマガジン
 マイノリティさんは、運転手の田端君とのお話の2回目。催眠術を使っているのですが、途中の言動が催眠状態だからなのかが分からないので、本心が分からないのが面白いな。みた森たつやさん、今回は最初の格好が多め。その前のギャップもあって、この格好での可愛い表情はたまらないよな。菜々子さん的な日常、今回はいつにも増してきわどいポーズが……葉っぱって、葉っぱって。


8月24日

 いろいろパソコンを弄っていたのだけど、完全復活は厳しい模様。10年使っているから当然かぁ。
 空いてる時間に来た友達と、部屋の片付け。遊びに来た友達に部屋の片づけをさせるのはどうかと思われるかもしれないけど、本の捜索という目的があるので、いやいや手伝ってくれます。それもどうかと思うな……もうまめにちょっと片付けよう。
 オリンピック終わったのかー。ここまで興味を持たなかったオリンピックは初めてだ。世界最高峰の競技は見たかったんだけどなぁ。

 今日の1冊  真田ぽーりん 「ふぐ本」 水を得たキャベツ
 真田ぽーりんさん夫妻によるふぐ飼育本……アベニー・パファーという小型サイズのふぐを飼い始めてから、あるイベントが起こるまでを綴っています。まったく何も知らない状態から飼い始めているので、飼育についての基礎知識を学ぶ事が出来てしまいます。最後にアクアリウムの写真が掲載されていますけど、エビ用の水槽まで増えてるし。この本は続きがありそうなので、これからどんな事が起きるのか楽しみだ。


8月23日

 同人誌も文章系の本まで到達したので、いよいよラストスパートという感じ。でも2周目は8月中に終えられそうにないよ。
 今日も久しぶりの友達と会ってきた。とはいっても30分程度しか話できなかったのだけど……それでも楽しかった。次に会えるのいつになるかな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでモンテディオ山形との対戦でしたが、1−1でドロー。2位の山形を叩ければさらに波に乗れたと思うのだけど、次の試合で勝ち点3を取れるようにがんばって欲しい。

 今日の1冊  うたたねひろゆき 「いんこーぱらだいす」 UROBOROS
 いつもここからネタを拾ってくるか、という元ネタをチョイスしてくるうたたねひろゆきさんですが、今回もなかなかシブいチョイス……というかまたストライクゾーンが狭い作品を。ちょっと長めの作品1本と、ショート2本の3本立て。最初から最後までほぼ全編クライマックス的な展開で、サービス度は抜群。線はいつもな感じですが、独特の繊細さ可憐さが表現できていて良いのですよ。


8月22日

 週末はちょっとゆっくり出来ると思っていたら、立て続けに仕事が入れられた。部屋の片付けとかしたかったんだけどな。
 今日は30℃に届かないというすごしやすい陽気。まだ8月なのにこんな陽気でよいのかな。明日は雨が降るからか、もっと涼しくなるらしいし。でもこの涼しさに慣れちゃうと、暑さが戻ってきた時がしんどそうだ。
 約3年ぶりに会う方と1時間ほどお話。お仕事が変わっていたのですが、もっと早く会っていたら選んだ仕事はやめておいた方が良いと言えたのに……。

 今日の1冊  かずといずみ 「Under」 ぱへかへ
 マンガとフリートーク&イラストの2本立て構成。前半は漫画、衣服の下が透けて見える少女が繰り広げるコメディ作品。お節介なのかもしれませんが、こういうことで気を回そうとして空回りをするっていうのはコメディの王道的展開だったなぁ。フリートーク&イラストでは下着について熱く語っています。どちらからも伝わってくるのが女の子への愛情。女の子が可愛いって気持ちがぎゅっと詰まっていて、好感が持てるのです。


8月21日

 先週の今頃はコミケ直前で慌しかったのに、あっという間に時間が経っちゃった感じだ。
 仕事が忙しい期間もようやく終わりが近くなってきた。あと1週間もすればいつも通りの仕事量に戻るので、そこまで頑張れば楽になるけど……そこまでがまた大変だ。
 このページをアップする為のパソコンも復旧したのですが、そろそろ次の一手を考えなければならないよな。とはいえ、その次の一手が思いつかないのですが。大した労力にはならないけど、手打ちにするかな。

 今日の1冊  林家志弦 「カウント1」 Jesus Drug
 林家志弦さんの様々な商業掲載作品を収録した1冊。近況4コマだったり、番外編だったりで、これは普通の単行本には収録できないなあというものが多いです。でも1枚絵のイラストなどをフルカラーのまま収録しているのは良いなぁ。綺麗なイラストなだけにサイズが小さいのがちょっと残念だったけど。漫画作品も様々な媒体で発表された物が収録されていますが……最後のが破壊力ありすぎ。


8月20日

 いつも買っているものを特売でゲット。他の店よりも30円近く安いってのは魅力的過ぎる。
 コミケ期間中の録画物をようやく消化した。消化だけでなく移動も同時にしていかないと。DVD−RAMも買ってこないと足りないや。
 パソコンの調子が悪くなっていたので、書いていたのにアップできなかった。一応動くところまで回復したので更新できた。新しいパソコンは用意できたけど、ビルダーは入っていないので更新が面倒だなぁ。勝手に10年は続けておきたいと思ったけど、沈黙したらそのまま終了になっちゃうのかも。

 今日の1冊  園田健一 「園健表紙」 元祖園田屋
 園田飴やメガトンパンチの表紙などを集めたイラスト集。長い間続いている多人数競作誌という事で、ジャンルが多様で面白いですし、枚数もかなりの数になっています。しかも序盤の方にはカラー表紙で使われたイラストを、カラーのまま収録。これだけでも豪華さがかなりの物なのに、その上厚みもなかなか。長い間の物をまとめただけあって、絵柄の変遷や、流行の変遷も感じられる資料的価値も高い本になっています。


8月19日

 コンビニ寄ったらおでんが売ってた。もう売りはじめるのか、早いなぁ。
 だいぶ体の調子も戻ってきたけど、まだ眠気がガンガン襲ってくるのは、3日間無理をしすぎたからだろうな。体が睡眠を欲しがっている感じ
 文章本以外を続々と消化。今回、文章本がかなり多かったので、読み終わるまでに時間がかかりそうだけど、8月いっぱいまでに読み終えないとアメフトの放送が始まっちゃうよ。時間を作ってどんどん読んでいかないと。

 今日の1冊  小だまたけし 「平成COMPLEX 多分3のさわり号08夏」 まだ小ドー
 雑誌連載が止まってしまった平成COMPLEXでしたが、作者の小だまたけしさん自らが同人誌で続きを執筆……だったのですが、今回で紙媒体は打ち切りとの事。web上で続きを販売するとの事ですが、紙媒体の方が読みやすいだけに残念だなぁ。お話の方はエピソード3に突入、廣島で行われる式典の警備を巡っての前振り段階という感じ。続きが早く読めると良いな。


8月18日

 昨日までの疲れがどっと押し寄せてきています。仕事もたっぷりあってかなり疲れました。
パソコンの調子が落ちていたけど、コミケ期間は全然直す事が出来なかった。まだ全然直せない、直るのかな。
 ガソリンの価格がまた落ちてる。卸値が下がったのか、下がっていたけど段階的に下げたのか、それとも身を切っての値下げなのか分からないけど、下がってくれる事はありがたい。このまま下落基調になればなぁ。
 本は順調に読み進めていますが、まだまだたくさん残っています。ワクワクが持続するのは良いなぁ。

 今日の1冊  きみまる 「RE−TAKE 全年齢版 第参集」 STUDIOKIMIGABUCHI
 以前出したRE−TAKEを編集し直し、全年齢対応にした総集編の2冊目。1冊目がいつもの本屋に置いてあって驚きましたが……今回も置かれるのかな。基本的には以前のRE−TAKEを編集しなおしただけなのですが、成年向けシーンを抜いてあるにもかかわらず、加筆修正で上手く繋いであるのが凄いわ。ブ厚さもあって読み応え満点、物語も改めて読んだにもかかわらず感動しちゃった。


8月17日

 3日目が終わり、コミケが終了しました。最終日は待ち時間が過ごしやすいというコミケらしからぬ気候。中に入った後の方が暑くて混雑していて大変でした。知り合いの所に挨拶もできたし、欲しい本も買えた感じだけど、チェック不足だった感は否めないな。次はもっとチェック頑張ろう。
 今日は、前2日間で事故に遭遇せず。でも渋滞は酷かったのでやっぱり時間かかった。
 コミケが終わった後は打ち上げに焼肉。一仕事終えた後にガッツ利食べるのは最高だ。次の冬コミ、もうあと4ヶ月しかないんだな。早いわ。

 今日の1冊  井原裕士 「雑記帳 2008夏」 井ノ頭研究所
 井原裕士さんのいつもの本、2008夏バージョンです。今回はドールマスターのキャラを使ってのオペラ座の怪人パロディがメイン。元ネタ改変しまくりすぎて笑いました。そしてその後の4コマコーナーでは、これまで作ってきた雨水タンクにコンポストが、家庭菜園と繋がるという展開。よく見たら4コマの方がページ数多いでやんの。これはこれで面白いから良いけど、ハマりすぎだろ。


8月16日

 コミケ2日目、ジェノサイドコミケの再来という感じの猛烈な日差し。救いだったのは会場後に並んだ列が短かかった上に日陰だった事。ペットボトルは3本強消費したのに、トイレに行かなかったもんなぁ……。
 帰りには昨日と同じジャンクションで事故が。今度は合流地点の手前だったのですが、ジャンクション付近は普段以上に気をつけないといけないのに。自分も気をつけないと。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームでサンフレッチェ広島を迎えましたが、2−0で快勝。首位のチームを撃破と、3巡目を良い形ではじめる事が出来ました。これがもっと早く出来ていれば……。

 今日の1冊  66−夢王 「有明 MI DNIGHT Vol.6」 FLAT&SLIT RACING
 今回までで第2部が終了、第2部は買い専vsスタッフで、第1部が買い専vsサークルだったのか……今度読み返してみよう。タイトルから分かるとおり、あの作品をコミケに当てはめたパロディ作品なのですが、原作への敬意が感じられるパロになっています。そして上手い改変で名言が……「会場で拾った同人誌はショップで買ったソレとは違うモノ」なんて台詞はカッコよすぎるだろう。


8月15日

 コミケ1日目に行ってきました。暑いと夏コミに来たって感じがするけど、過ごしやすさの点ではきついな……ってそもそもコミケに来ている時点で過ごしやすさとか無縁なのだけど。
今日は目当てのサークルさんはほとんど無かったので、あっさりと買い物は終了。でも覗いてみたいと思っていた企業は断念。導線が変更されていたからか、行きたいという思いがしぼみまくる列だった。企業に行っている人は大変だな。
帰りには事故車で渋滞に巻き込まれ。危ないジャンクションだからなぁ……でも時間を余計に使わされて辛かったよ。

 今日の1冊  れっどべあ 「夏なのでブラクラ水着本とか。」 TEX−MEX
 忙しいにもかかわらず新刊出してくれましたよ。今回出ていたのはイラスト本、夏らしい水着本なのですが……出てくるキャラがキャラだけに、見慣れない。いきなりバラライカの姐御と張兄貴ですもん……でもこのギャップが新鮮。主要キャラがほとんど出ていますが、雪緒ちゃんスク水ですよスク水。そしてトリを飾るのは日焼けしたロベルタ様。大満足のイラスト集になっていましたよ。


8月14日

 がっつり仕事期間もようやく終了。明日からは3日間は今の所は完全休日にする事が出来ました。でも急に呼び出される可能性もないわけではない……そんな事がないよう祈っています。
いよいよ明日からコミケが始まります。ちゃんとお金も下ろしたし、チェックリストの印刷もしたけど、今回は最低限度の準備しか出来なかったのが残念だ。とりあえず、会場前にラストのチェックをしておきたいな。
よいもの食べて備えようかとも思ったけど、トイレが怖くて晩御飯抜いた。明日からはドーピングを駆使して頑張ろう。

 今日の1冊  取材/原作・入江謙三 監修・岩中督 漫画・橋口たかし 「最上の命医」2巻 小学館サンデーコミックス
 小さい頃に名医に救われた子供西條命君が医の道を志し、とてつもない腕を持って日本に凱旋してました。帰ってきた先で小児科医を復活させようと奮闘するのですが……命君がその技術を生かして患者さんを救うというのが見所なのですが、さらに日本の医療の問題点の1つである小児科の減少問題にも切り込んでいます。見殺しより人殺しという言葉は医者としての覚悟が感じられる言葉。こういう言葉を使ってくれるお医者さんにかかりたいと思いましたよ。


8月13日

 県外ナンバーの車が増えてきたなぁ。急な車線変更とか怖かったわ。
 コーヒーを飲んでしまって眠れなかった。コーヒーに本当に弱いのか、それとも意識的なもので眠れなくなってしまっているのか。とりあえず寝たいときにはコーヒーを避けるように、寝たくないときにはコーヒーを摂取すれば良いんだな。
 金曜の傘マークは取れたけど、まだ降水確率は高め。土曜は確実に降っちゃうのかな……一時雨という表現が合っていて、行きか帰りの時間にちょうど降ってくれれば助かるのだけど、どうなるかなぁ。

 今日の1冊  風童じゅん 「バイキングス」7巻 講談社 マガジンKC
 厳しかった合宿を終え、レースに出る事になった部員達に提案されたのはとんでもないレース。しかし合宿を経てそれぞれが成長したのか、それとも一途君の言葉に引きずられたのか、ナンコースでのレースへの出場を決意。そしてレースが早速はじまってしまいました。このテンポの良さはページ数が割ける月刊誌ならではだなぁ。そしていきなりやってきた山場、これには心を大きく揺り動かされました。


8月12日

 HDDの容量がピンチ。早くDVD-RAMを買ってきて移動しないと、コミケに行っている間にパンクしちゃうよ。
 今週に入ってからは、雷も激しい雨も無くて停電の恐怖は感じていません。でもその分、夜になっても暑くてかなわんのですが。
コミケのチェックリストは何とか作成終了。でも細かい部分での見落としがありそう。もう1度チェックしなおす余裕は無いから、直前に気になる所だけ見直して、なるべく漏れを減らすようにしよう。年に2回の御祭りだから後悔はしたくないです。

 今日の1冊  「コミック0EX」Vol.9 コアマガジン
 高崎たけまるさん、先生と生徒という禁断の関係。しかしとても甘々な展開でとろけました。ジョン・K・ペー太さん、いつものような展開ですが、今回はこれまで以上に過激な描写。フィクションだからと割り切れるけど、これはかなりえぐい。山文京伝さん、メインのお母さんが完全に落ちてしまい、次のターゲットに話が移りそう。ここから泥沼化するのか、それとも転換点となるのか。


8月11日

 今日は昼間も気温が上がらなかったし、午後は雨で気温が下がってくれたので過ごしやすかったな。
 週間天気予報だと、金・土が雨予報で50%の降水確率か……微妙な確率だけど降ると思っておいて間違いはなさそう。雨が降ると本が濡れるのがつらいんだよな。しかし3日目は持ち直しそうな感じ。さすがだな、3日目。でも荷物検査とかエスカレータとか大丈夫なのかな。無事に終ってくれるとよいなぁ。その為にも出来ることは個々でやらないとだね。
 無茶な割り込みに肝を冷やしました。回り見えてないんだろうなぁ

 今日の1冊  赤松健 「魔法先生 ネギま!」23巻 講談社 少年マガジンコミックス
 ネギまの23巻、限定版はOVA付き。これまでも似たような形式の限定版はありましたが、3巻連続というのははじめてかも。出来はなかなか良かったです。まさか全員出してくるとは思わなかった。お話の方は、魔法世界に取り残されたネギパーティと巻き込まれた面々の行方がほぼ知れました。ネギ君自身も闇属性の魔法を選択し、父親とは別の道を歩み始めパワーアップ。この展開は燃えざるをえませんよ。


8月10日

 いつの間にかガソリン価格が3円ほど落ちてた。これから儲かる時期なのに下げちゃって良かったのかな。使う方としては嬉しいけどさ。
 今日だと思ったら昨日だったヴァンフォーレの試合。アウェーで徳島ヴォルティスとの対戦でしたが、3−1で勝利。相手が10人になってからかなり手間取ったみたいだけど、最終的に勝ててよかった。これで第2クールが終了。9勝9敗10分の9位はかなり物足りない数字ですが、少しずつ盛り返してきたかな。3位までの勝ち点差も10だしまだ可能性は小さいけどあるなぁ。
 また瞬間的な停電が来たよ。今年の夏、何回目だよ。

 今日の1冊  桜瀬琥姫 「GRANDEEK Reel」1巻 集英社 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
 妖刀を携え旅をしているティーアが、ある町で出会ったボルクレイドとともに世界一の武器を探すための旅にでる物語。まさに王道まっしぐらというファンタジー。桜瀬琥姫さんの柔らかなペンタッチが、ファンタジーの世界に実にマッチしています。まだ1巻という事で話は始まったばかり。それぞれのキャラクター達の紹介的な意味合いが強い展開になっていますので、これからの展開に期待したいですね。


8月9日

 オリンピック始まったけど、全然見たいと思わないのはなぜなんだろ。
 この時期にすごい勢いで仕事が入りまくってる。コミケの日もゆっくり出来るか微妙な状況になってきたぞ。なるべく完全な休日にしたいんだけど。
 今日も激しい雷雨が。そして短い停電があってまたパソコン落ちちゃってた。こんな事が続くといつか壊れるよなぁ。しかし1週間で3回も4回も停電って経験は初めてかも。こんな天候が続くのは勘弁してほしい。

 今日の1冊  岸本斉史 「NARUTO」43巻 集英社 ジャンプコミックス
 なんかいつもよりも分厚くなっていたのですが、どうしてだったんだろ?1巻で描かれていたサスケの因縁、兄イタチとの戦いがついに決着。これまではサスケ視点で描かれていたお話でしたが、イタチ側の視点からも描かれた事によって、複雑な関係性が描かれる事となりました。ここに来てこのエピソードは積み重ねてきて物が大きかっただけに破壊力抜群でした。しかし重い展開に傾きつつあるなぁ。


8月8日

 仕事終わって帰ってきたら開会式やってた。時差有るとはいえ、あんな遅い時間にやるんだったっけ?
 マック値上げかぁ。仕方ないけど、マックポークの値上げは痛い。単品で頼む事は無いけど、セットも値上がりしちゃうのかな。ちょっと残念だ。原油価格が落ち着いたときにまた戻ってくれないかな。そもそも原油価格が戻るかも怪しいけど。
 明日から休みとかいう友達が多いよ。そうかお盆休みに入っちゃうのか……運転にいつも以上に気をつけるようにしよう。

 今日の1冊  ぢたま某 「Kiss×sis」1巻 講談社 KCDX
 表紙から存分に見せ付けてくれているこの作品。主人公とその2人の姉が見せる激甘なお話なのですが、タイトルにも入っているキスがてんこ盛り。姉と弟とは言っても血は繋がっていないのでオッケー……なのかな。ハーレムもの的な要素が満載ですが、それが姉という事で主人公の圭太君の悩みの質が違ってきています。親もノりノリってのはどうかと思いますが、この葛藤に苦しむ事で物語がより面白くなっています。


8月7日

 夜更かしした上に、送迎による早起きで眠気に襲われまくりの1日でした。
どうでしょう、藤村Dのずるが……。舞台裏を語らなければ騙せるかもしれないのに、それを語っちゃって笑いにちゃうんだよな。罪悪感が感じられないところがまた笑えるな。
今日は雷の音は聞こえませんでしたが……短時間の停電が発生。家のPCが落ちちゃっていました。夏コミ用にDVDの変換をしていたのですが、途中で止まっちゃっていましてた。がっくりです。明日またセットしておく予定ですけど、また停電で作業中断してたら泣くよ。停電用の装置欲しいなぁ。

 今日の1冊  井上よしひさ 「おじいちゃんは少年探偵」4巻 ジャイブ株式会社 CRCOMICS
 井上よしひささんらしく、ポニーテールはガンガン入れてあるのですが、一般向け作品なのに緊縛シーン入れすぎだろ。いつものように懐かしいネタがふんだんに盛り込まれているこの作品ですが、今回はタイムスリップしてそれらのネタの時代に。そして主人公達の祖父・祖母にあたる存在との遭遇から、タイムリープにお決まりの展開がやってきました。王道的展開ですが、これは燃えざるを得ない。


8月6日

 今年も広島原爆の日が来ました。63年も経つんだなぁ。
 今日は昼から雲が出始めて雷が。これで3日連続で雷なりまくりモードです。でも停電も無かったし、雨も降らなかったので気温が下がってかなりすごし易くなりました。いつもこんな気候だったら助かるんだけどな。
 オリンピック開会式を前に、時間がかかるサッカーの競技がスタートしましたが、正直これ程どうでも良いと感じるオリンピックは初めてだ。これまでのと違ってワクワク感が感じられないんだよな。なんでなんだろ。

 今日の1冊  椎名高志 「絶対可憐チルドレン」12巻 小学館 少年サンデーコミックス
 新たね敵となりそうな黒い幽霊の襲撃を撃退したと思ったら、すぐさま2人目の刺客がやってきました。この戦いでパンドラとの関係にも微妙な変化が出てきそうですな。そして薫の能力について、今後の展開に繋がるイベントが発生。しかし直後のエピソードではギャグ満載。このメリハリの付け方は上手いわ。毎回載っているサプリメント、これだけ質の高い4コマを作り続けるのは凄いな。


8月5日

 ネットの接続がおかしいということで見に行ったけど、設定なのか線の不具合なのかが判別できなかった。最寄のお店まで40分かかるような場所だったので線の交換も出来ず……とりあえず、2パターンの解決策を紙に書いて置いてきました。どちらかで直るとよいなぁ。
 昨日の雨の影響か、気温は低かったけど蒸し暑さで目覚めてしまった。エアコンかけたら涼しすぎて目覚めてしまった。どうしたらよいのか分からなくなって結局起きたまま居た……今とても眠いです、はい。
 今日も雷さん大暴れ。自分の居た周辺では停電にならなくて良かったけど、停電になってもおかしくないほどの激しさだった。

 今日の1冊  よしづきくみち 「よしづきくみち短編集君と僕のアシアト」 集英社 ジャンプコミックスデラックス
 よしづきくみちさんの短編集。今度は集英社から発売されました。今回も割合としては同人誌からの再録が半分ほど。同人誌の方はページ数やテーマの制限がないからか、かなり一般受けしにくいテーマを題材にしているように感じられます。またやさしい絵柄が持ち味の作家さんではありますが、上でも書いたように内容に関してはかなりダークなものがあるので、表紙買いすると驚かれてしまうかも。でもその物語の深さはかなりのものです。


8月4日

 本が山になりつつある。読んでない本も混ざっちゃってそうだな。
 カタログチェックはようやく2日目突入。このままだと明らかに間に合わないペースだな。興味の無いジャンルは飛ばし読みするべきかな……でも面白そうな本も発掘したいしなー。
 雷による停電が発生。仕事中に30分ぐらい電気が止まりました。停電発生直後は信号が止まるなどインフラにも打撃が有ったようですよ。しかし停電になると仕事が止まってしまうから勘弁してほしい。あとPCが壊れかねないのも怖い。

 今日の1冊  原作・稲垣理一郎 漫画・村田雄介 「アイシールド21」31巻 集英社 ジャンプコミックス
 クリスマスボウル進出を賭けての関東大会決勝戦、白秋戦がついに終戦。パワーという一要素に賭けてきた白秋と、それぞれ特徴を持った選手が成長してきた泥門。ヒル魔さんを壊された事によって、かなりの苦境に立たされた泥門でしたが、最後は相手の得意分野で勝負を挑むというのは良かったな。そしていよいよクリスマスボウル、相手は無敗の王者帝黒学園。そして真アイシールドらしき人物も登場しましたよ。


8月3日

 久しぶりに35℃超えの36.1℃。仕事場は冷房が入っていたので問題なかったけど、車の中が酷くてきつかった。
 ワンフェスではエスカレーターの故障で、首都高では事故による火災でとんでもない事になってしまっていました。ワンフェスの方は機械の故障だったのかな。あの長いエスカレーターで逆走を始められたら怖いなぁ。あのエスカレーターは当分使用使用禁止になるだろうけど、コミケ準備会の対応が大変そうだな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームでベガルタ仙台を迎えての試合でしたが、2−2のドロー。勝てても良い試合だったからもったいなかったなぁ。

 今日の1冊  「コミックメガストア H」9月号 コアマガジン
 巻頭カラーは有沢柾春さん、内容は抜群の出来。でも8ページあったのですがちょっと物足りない。でも仕方ないかな、これは。トッド小山田さん、好きな男の子に対してけなげに頑張ろうとする女の子が可愛いなぁ。男の子も女の子もどっちもズレてる感じはするけど。天竺浪人さん、久しぶりに登場人物が普通だと思っていたら……甘かったです。いつもの天竺浪人さんでした。


8月2日

 いつものガソリンスタンド行ったけど、値上げは2円だけだった。この値上げ幅だとまだ耐えられるな。
 小さいサイズのノートPCに目を奪われて、本来買うべき物のうちの1つを購入忘れ。またやってしまった……でも500ポイント当たったからよしとする。
 どうでしょうの録画逃しはテレビ神奈川で補完しようとしていたのだけど、いつの間にか74話過ぎてる。また録画できるチャンスあるかな。出来なかったら最終手段としてつてを頼らないとならないな。それは自分にとっても相手にとっても面倒だから、出来るだけやりたくないのだけど。

 今日の1冊  吉崎観音 「ケロロ軍曹」17巻 角川書店 角川コミックス・エース
 劇場版も4作目が製作決定。ずいぶんロングセラーな作品になり、多くの人に見られる作品になってしまいました。しかしだからといって、濃いネタを封印するような事も無く、いつものあるあるネタや生活の知恵的ネタなどもきちんと入れて、作品の雰囲気を変えていないのは凄いな。今回はギャグメインな話が多かったのですが、こういう話の中に良い話を混ぜてくるあたりに上手さを感じます。


8月1日

 程よい暑さなので過ごしやすいです。このまま猛暑の日が来なければ良いのだけど。
 もう8月入っちゃったよ。なんか7月末が慌しすぎたからか、あっという間に8月が来てしまった印象。HDDレコーダーの整理もしないといけないのに、ディスクがまた切れてるし。
 もう2週間後にコミケがスタートするのに、カタログのチェックがぜんぜん進んでない。カタログ持ち歩いても外に出ている間はチェックする暇が無いし、これまでROM版カタログを見ていたノートPCも重くて持ち歩きたくないし。家で地道にチェックするしかないんだよな。

 今日の1冊  とよ田みのる 「FLIPFLAP」 講談社 アフタヌーンKC
 ピンボールを題材に、とよ田みのるさんらしいラブコメテイスト満載の作品。しかし展開は熱い、熱すぎる。見えない相手によるハイスコアに挑戦し続ける情熱……読んでいて昔の事を思い出しました。始めたきっかけは不純だったものの、次第にのめり込んでいくのですが、随所にある入り込むシーンが秀逸すぎる。1冊で完結だったのが少し残念ですが、中身がぎっしり詰まった濃い内容になっています。


7月31日

 良い感じの夕焼けが見られた。ちょっとずつ日の入りが早くなってきているから、移動の時間にちょうど見られたのかー。
 月末恒例、ガソリンスタンド大混雑の日。今回も夜遅くまで混んでいましたが、先月までに比べると列は短かったかも。それでも近くの交差点はなかなか動かない状態でしたけど。9月にはちょっと値下げするかもなんてニュースがあるけど、さてどうなることか。
 財布の中にまだ1万円ほど残ってる。この残りでいつまで生活できるかな。できれば10日ぐらいまで持たせたい。

 今日の1冊  甲斐谷忍 「霊能力者小田霧響子の嘘」2巻 集英社 BJコミックス
 占い師というのはある意味「嘘」を商売にしているという面も有るのですが、この作品に出てくる小田霧響子さんも同様。しかしその「嘘」が相手を良い方向に導く事になるからこそ、占い師としての技量が評価されているんだろうなぁ。甲斐谷さんらしい仕掛けがふんだんに盛り込まれている作品なのですが、LIARGAMEが殺伐とした雰囲気なのに対して、こちらは読後感の良さが魅力的ですね。


7月30日

 イチローさんは凄いわぁ。4000とかも達成できるのかな。
 今月も明日で終わりかぁ。だいぶ節約したから、夏コミで使えるお金を増やす事が出来たな。ただチェック数が少なくなっているから、そんなにお金を残す必要があったのかは微妙なところ。まあ、無くて苦しむより有って使っちゃった方が良いや。
 昨日の夜はエアコンも扇風機も使わなかったのに全然寝苦しく感じなかった。むしろ寒くて布団を探したぐらいだったな。だけど昼は容赦なく温度が上がったけど。

 今日の1冊  「ヤングキングOURS」9月号 少年画報社
 エクセルサーガ、エクセルと市街安全保障局の面々が対峙。エクセルが捕らえられる事となりましたが、ここから両陣営がどう動いていくのかが楽しみです。瀬田ヒナコさんの特別読切「九十九のカナタ」が掲載。眼鏡という小道具が設定に上手く活かされていて、面白かったわ〜。この設定ならまだ色々描けそうだなぁ。コンビニDMZは過去話ですが……WWUの時代からあったんだ。でも危ないネタだなぁ。


7月29日

 部屋のペットボトルを片付けた。次は缶・ビン類だな。夏コミまでに少しずつ片付けていこう。
 8月頭に後輩が帰ってくるので、迎撃用のお店を物色中。その後輩が行った事のない店もあるのだけど、新しい店にも行ってみたいし……安全策で行こうか、攻めの姿勢で行こうか、どうしようかな。
 広告にいつもの飲み物の安売りが。これは明日はちゃんと買ってこないと、出来れば3周分ぐらいは欲しいな。

 今日の1冊  遠藤海成 「まりあほりっく」3巻 メディアファクトリー MFコミックスアライブシリーズ
 帯の言葉は何の事かと思ったら、典型的な優等生的外見なのに、勉強が出来ない奈々美さんの事でしたか……。このキャラでこの性格というのは新しいな。そして新キャラとして男が久しぶりに登場。この作品に出てくるぐらいですから、先生なのに当然のように変態的なキャラになっているのですが。当然主人公の2人はいつものようにかなこは鼻血を出し、鞠也はドS、そしてともに趣味丸出しです。


7月28日

 カタログチェックを少しずつ進めていますが、今週中に2日目に入れるようにしないと間に合わないんだよな。
 8月のガソリン価格は大きな上昇にはならなさそうだ。でもハイオク200円表示になりそうな店もありそう。200円はインパクトでかいよなぁ。
 今日は晴れ予報だったはずなのに、朝からものすごい風と雨が。移動のタイミングで降られなかったのは助かった。そしてその雨のおかげで昼間も気温が上がらず、とても過ごしやすい1日になりました。

 今日の1冊  「COMIC 阿吽」9月号 ヒット出版社
 巻頭カラーは高岡基文さん。タイトルの通りまさにハーレム。様々なタイプの子が次々と出てきて、しかも衣装までたくさんのパターンが……盛りだくさん過ぎる。幸田朋弘さん、ごくごく普通のカップルのお話だったのですが、ふくれっつらの可愛さにやられました。あの表情は反則だわ。星崎ひかるさん、株用語も分かるというのは斬新。そして途中で無駄に入ってくる株用語に笑ってしまいました。


7月27日

 来週も地味に忙しいなぁ。もうちょっと楽になると思っていたのだけど。
 夕立が降ってとても涼しくなりました。久しぶりにエアコン無しでも快適に過ごせましたが……今日洗車したばかりでした。かなりがっくりだよ。雨予報なんて無かったと思っていたのだけどなぁ。
 キットカットのすいかゲット。スイカって感じの香料が……この香りでスイカと認識してしまうのは、刷り込まれちゃっているからなんだろうなぁ。味は平均的だった。バニラビーンズが秀逸だったので再発売してくれないかな。

 今日の1冊  あさりよしとお 「るくるく」9巻 講談社 アフタヌーンKC
 悪魔と天使の直接対決しているような、していないような……そんな感じでお話はゆるゆると進んでいます。色々と罰当たりになりかねないようなネタが多いので、あまりここでは触れられません。収録されている最後の話では、るくが驚くような相手が来ちゃってちょっとシリアスなムードになったと思ったのに……最後のオチが酷すぎる。その話の表紙も表紙でイースラーだし……自由すぎるぞ、この展開。


7月26日

 コミケカタログのCD-ROM版を購入。チェックリストの移植まではやったので、あとは1サークルずつチェックしていく作業。今年の夏は余裕を持って終えられるようにしたいな。
 朝もまだ体がだるかった。お昼過ぎにはだいぶマシになってきたけど、今度は暑さでだるくなった。その暑さの方は、37.8℃で今年最高……とは言っても、40℃近くないと「そんな程度か」で済ませてしまうのは感覚が麻痺してしまっているな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでサガン鳥栖との対戦でしたが、1−2で敗戦追いついたのに突き放されたか。

 今日の1冊  「月刊 コミック電撃大王」9月号 メディアワークス・角川書店
 よつばとが無くても、付録付きでこの厚さで580円というのは異常だと思う。作品数が多くなったので、ローテーション休暇もとりやすくなったのに、突然の休載が多いのは問題だよな。ハナハルさん再臨の「ノイジィ・ガール」、初回は無難な出来だったかな。苺ましまろ、ずっと背景が同じというシリーズ完結。アナちゃんの突っ込みの通り、天丼多すぎでしたが、それでも笑わせてしまう美羽の存在が反則。


7月25日

 横断歩道にて、学生らしき子が老人の手助けをしてた。なんか良い気分になった。
 喉が痛かったので悪化予防のために薬を飲んだら1日中だるすぎ。自分が薬に対する耐性が弱いって事なのかな。薬飲むときにご飯をあまり食べられなかったのも良くなかったかな……。次に薬を飲むときは気をつけよう。
 小麦粉系の商品の値段が上がっているのを実感したのは、クッキー形の商品の棚を見てというのはどうかと思う。しかし、通常時の価格で30円も違うと手が出しにくくなるわ。

 今日の1枚  「まりあほりっく ドラマCD」 発売元・株式会社フロンティアワークス
 変人・変態だらけの作品「まりあほりっく」がドラマCD化。しかも脚本は原作者の書き下ろしのようですよ……って、危ないネタがたくさん入っているなぁ。ところどころでピー音や隠喩が入りまくってるぞこれ。キャストの方もかなり豪華、実力のある声優さんがずらり揃っていますが……鞠也の小林ゆうさんが似合いすぎているわ。久しぶりにクオリティの高い(馬鹿度も高い)ドラマCDでした。


7月24日

 土用の丑の日だったか。この騒ぎの中で食べたいとは思えないよな。
 この前大きな地震があったばかりの東北北部でまた地震。今回は死者も出なかったし、規模の割には被害も少なかったのが救いだなぁ。東北の建物は強いな。
 犬抱いたまま運転する人って、ドライバーとしても飼い主としても最低だよな。自転車関連の法整備が行われたけど、こういうドライバーに対しての罰則規定も作ってくれないかな……って、大きな事故が起きるまでは動かないんだろうけど。

 今日の1冊  小林尽 「スクールランブル」21巻 講談社 講談社コミックス
 これまでのDVDシリーズなんてまったく買っていないのに、DVD付き初回限定版買ってどうするよ……。物語の方は架橋を迎えつつあり、多くのキャラクターの関係を整理する方向に話が向かっていましたが、今回のメインは主人公周り。なかでも主人公の天満と、その惚れた相手烏丸君、天満ちゃんに惚れていた播磨による、心情の吐露はかなり熱かったですよ。そして次でいよいよ最終巻、他のキャラにもスポット当てて欲しいな。


7月23日

 起きた瞬間から違和感を覚えていたのですが、少し時間が経ったら両肩に激痛が。肩を寝違えてしまったって事なのかな。直るのかな、これ。
 近くにあった釣り堀が取り壊されていました。そういえば結婚式場も取り壊されていたなぁ。こうやってどんどん景色が変わっていっちゃうんだなぁ。代わりに何が出来るのかが楽しみではあるのですが。
 ファンタレモンが出てましたが、カロリーオフ飲料にあまり良い思い出が無いので飲むのが怖い。昔のファンタレモンをそのまま出してくれればよかったのに。

 今日の1冊  藤島康介 「ああっ 女神さまっ」37巻 講談社 アフタヌーンコミックス
 どじっ娘天使のクロノさんが登場。どじだけでなく様々な属性を持っているので、近くにいるとちょっとだけでなくかなりの害を被りそうな子ですが……そのクロノさんがベルダンディに渡すはずだったプログラム入りの旋律の玉を落としてしまった為に、プログラムを探し回る羽目に。シリアスなお話なはずなのに、クロノのせいで緊張感があまり無いのよね。楽しいから良いんだけどな。


7月22日

 もう夏休みに入った学生が多いのか。飛び出しなど子どもの動きにさらに注意を払う必要がでてくるな。
 地元の名物ってあまり食べないよな。美味しい店があったら教えてほしいって言われたけど、めったに行かないから情報自体が無いのよね。という事で、知り合い総動員でリサーチ中です。あと1ヶ月あるから何とかなるかな。
 今日は大暑、でも35℃に届かなかったからそれほど暑いと感じなかったな。いつもだったら40℃近くまで上がる時期だけど、今年はそこまでの暑さにはならないのかな。

 今日の1冊  「月刊サンデーGX」8月号 小学館
 ブラック・ラグーン、ロベルタ編の始まるきっかけとなった男がガルシア坊ちゃんと会ってしまいました。ガルシア君はどんな行動を取るのかな。「吼えペン」が最終回。この終わり方は島本御大ならではかも。投げっぱなしのように見えて、問題提起がなされている……と思うのは深読みしすぎかな。実はただの投げっぱなしとも取れてしまうのがは、この作品だからこそかも。世界征服が再開、今回は続き物でしたが……かわいい絵柄なのですが、描かれている世界はちょっぴちホラーな感覚。


7月21日

 仕事ががっつんがっつん入ってきた。これからお盆の時期まではかなり変則的なスケジュールになりそうで大変だ。
 エアコンが切れると目が覚めてしまうので、思い切ってエアコンを切って寝てみたら……起きる事はなかったよ。でもぐっすり眠れたかというと微妙な感じだったけど。
 3連休もようやく終わりました。オフィス街空くので通過しやすかったけど、郊外のショッピングセンター付近の混雑はすごかった。でも、何でショッピングセンターが混むんだろ?あんな所行っても楽しいとは感じないけどな。せっかくの休日だったら、美術館とか博物館とかに子どもを連れて行けばよいのに。

 今日の1冊  ふなつ一輝 「華麗なる食卓」29巻 集英社 ヤングジャンプ・コミックス
 エディブルファイトの予選大会がいよいよ大詰め、主人公を含めて決勝進出者が次々と決まり、残りの席は後1つ。その最後の席を争う戦いが繰り広げられました。マキトが大阪編で在籍していたお店とはいえ、ほぼ1巻まるごと戦いに割いてもらえています。キャラが愛されているってのもあるんだろうなぁ。もちろんライバルの描写もあったという事もありますけど。戦いは終りましたが、判定直前で次巻に続くという形に。いつもは楽しみにしている巻末の特別読みきりも、今回はちょっと恨めしく感じちゃった。それ位勝負の行方が気になります。


7月20日

 データを送っていたのに、アップし忘れるという大失態。パソコンの調子が悪くて、つい立ち上げるの忘れちゃうんだよな。
 連休のど真ん中という事で、怪しい運転をする人がちらほらと。とりあえずウィンカーは正確に出してもらわないと困る。左ウィンカーで右折とか勘弁してください。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームで水戸ホーリーホックとの対戦でしたが、2−0で快勝。順位も9位まで上がってきたし、昇格圏内の3位まで勝ち点10差、2位までも12差。ちょっと可能性が見えてきた感じがします。

 今日の1冊  甲斐谷忍 「LIAR GAME -roots of A-」 集英社 ヤングジャンプコミックス
 「LIAR GAME」の主人公的存在、ヒロインの直を助ける詐欺師秋山を主人公とした読みきりをはじめ、4作品を収録した短編集。いつもの頭脳戦・心理戦って感じの作品はありませんが、分かりやすい直球なお話、展開のメリハリがきっちりついていて、力量を感じさせる出来でした。そして合間に挟まっていた飼い犬のショートも、まったく違った甲斐谷さんが見られて面白かったです。


7月19日

 ちょっと不眠な感じになりつつあるかも。ガッツリ食べてお腹膨らませて眠気誘うとかしてみたい。
 梅雨明けしました。そして早速36℃ちょうどまで上がった、いきなり夏本番モード突入ですか。
 カタログを読みながら、HDDレコーダーのデータ整理を進めていましたが、DVD−RAMが切れた。買いに行かないとならないけど、連休中は仕事自体も忙しいし、店も混むから行きたくないなぁ。でも速く処理しないとならないし、困ったな。

 今日の1冊  「漫画 ばんがいち」9月号 コアマガジン
 巻頭カラーは千葉哲太郎さん。相変わらず甘い話を描くのがうまい作家さんだ。こういう甘々バカップルは見てる分には本当に楽しいな。鈴玉レンリさん、ずっと同じ舞台で違う人物を書いた作品が続いています。単体でも面白かったけど、単行本で読み返したらもっと面白くなりそう。榎本ハイツさんの「柳田君と水野さん」シリーズ、水野さんの不用意な一言で関係が拙くなった事がありましたが、似たような状況にまたしてもなってしまいました。かなり関係が良くなった所でこのエピソードか……。


7月18日

 雨が降るって予報だったけど、ほとんど降らなかった。でもそのせいで車のフロントガラスが微妙に汚れたよ。明日からは晴れるようだし、いよいよ梅雨明けか。
 コミケカタログを買ってきたけど、真っ先に見るのが次回の予定ってのはどうかと思う。今年の冬は大晦日を外れるようで、それはありがたいな。チェックを始めたいけど、CD−ROM版を買ってからの方が効率が良いから、それまではマンレポとかを楽しむ事にします。
 夜は突然やってきた友人とご飯に。そして行った店で別の友人とも遭遇。なんたる偶然……。

 今日の1冊  広江礼威 「ブラック・ラグーン」8巻 小学館 サンデーGXコミックス
 ロベルタさんによってロアナプラの町に緊張が走っていましたが……、張さんとバラライカさんによる話し合いの後にいよいよ大銃撃戦がスタート。レヴィたちだけでなく、シェンホア、ロットン、ソーヤーらも参戦。しかしレヴィがこの3人を誘うシーンで、ロットンとソーヤーが仲良く(?)ゲームをしているシーンは何度見ても笑ってしまうな。しかし物語の方は救いが見えない形に。ロベルタどうなっちゃうのかな。


7月17日

 なんかいいきないり新しい仕事が立て続けに提案されたぞ。しかしいっぺんに来るなよいっぺんに。
 こんな暑い中、高校野球の応援って大変だな。でも3列で並んで車道を走るのは勘弁してくれ。
 いよいよコミケカタログの発売が迫ってきました。カタログを見るといよいよって感じになって気分が盛り上がります。辛い仕事も乗り切れます。今回は隅から隅まで読み込む余裕が欲しいけどどうなるかな。しかし今日から1ヵ月後にはもう終わっちゃっているんだな……。

 今日の1冊  「コミックメガストア」9月号 コアマガジン
 単行本発売が決まった「菜々子さん的な日常」、毎回毎回面白いシチュエーションで楽しませてもらっていますが、今回のは上級者向けだなぁ。いとうえいさん、最初のページでは甘いしっとりとした作品だと期待したのに、次のページで見事に打ち砕かれた。これはこれで面白かったけど。たけのこ星人さん、これまではちょっとダーク系の話ばかりだったのですが、今回ははじけてましたってか、はじけすぎ。何だこの馬鹿げた台詞の数々は。


7月16日

 近畿の方が梅雨明けしたというニュースが。もうこちらも梅雨明けでいいんじゃないって天気でした。
 WILLCOMのD4すげえな。あのサイズで性能がすげえ。でも電池の減りもすげえ……1時間半とか使い勝手悪すぎだろ。でもあのサイズで5〜6時間まともに動くようなものが有ったら、思わず買っちゃいそうだ。そんな端末もそのうち出るんだろうなぁ。
 新しく出来ていたタイムズが、24時間300円に値下げしてた。価格破壊しすぎだろ。駅から徒歩10分ぐらいなのに。

 今日の1冊  椎名高志 「絶対可憐チルドレン」11巻 小学館 少年サンデーコミックス
 今回はチルドレンたちのお目付け役である皆本君の過去話がメイン。親しげに抱きついてきた女性が登場しましたが……その女性キャロラインと皆本君とのコメリカ時代のエピソードは、少し切なさを感じさせるお話。これまでのチルドレンに関してのエピソードと絡み合いを見せる、作品屈指のシリーズでした。そして後半のお話では、パンドラとは違った組織が登場し、さらにややこしい事になりそうな予感。


7月15日

 最低気温はそれほど高くなかったのだけど、寝苦しくって目が覚めた。窓を閉めちゃったのが敗因だったか。
 前の車がやけに車間を開けまくるし、反応が鈍い……と思ったら携帯使ってやがった。社用車ならハンドフリーの装置ぐらいつけとけよ。社用車で事故なんてしたら信用問題にも繋がりかねないと思うんだけど、会社側はそういうことを考えていないのかな。
 昨日買い忘れたものを買いに再びヤマダ電機に行ったら、目の前の人がスロットで当たっていた……良いなぁ。

 今日の1冊  森山大輔 「ワールドエンブリオ」4巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 相変わらず眼鏡率が高い作品だな……。3巻から刃旗使いとなって戦うようになった主人公の陸ですが、その為に様々な制約が加えられる事に。陸が追っていた天音姉さんについての話。その天音姉さんを追った事で出会った少女ネーネについての話。新たな仲間も加わった事でお話自体は賑やかに、そして複雑さを増していっています。今回はタメという感じの展開、多くの仕込みがこれからどのように活かされるのかに注目です。


7月14日

 前の2日間が凄く暑かったせいで、今日は過ごしやすく感じちゃった。
 ヤマダ電機に行ったらiPhoneが置いてあった形跡があったけど、売り切れちゃったのか。周りにも何人か買った人がいたのだけど、結構な数が出回ったのか。あの行列を作らせたのは演出だったのだろうけど、上手くいったって事かな。
 15日に賞味期限が切れる食品の処理を完了。少しは過ぎても大丈夫だろうけど、あまり気分が良いものじゃないし頑張って処理しました。これで当分は大丈夫かな。

 今日の1冊  渡辺航 「弱虫ペダル」1巻 秋田書店 少年チャンピオンコミックス
 「OVERDRIVE」が終わって少し悲しんでいましたが、また新たな自転車ロードレース漫画が発売され始めました。この作品の主人公は秋葉好きな男の子。欲しい物にお金を使うために、秋葉原まで40km以上の道のりを、自転車で通っていたという色々な意味で剛の者。交通費を削ってお金を捻出とか、共感しまくってました。まだ自転車のシーンが少ないのが残念ですが、これからレースシーンが増えるでしょう。楽しみな作品がまた出てきました。


7月13日

 先月お金を使わなかったのに、今月はちょっと使いすぎちゃった……これから月末までは引き締めモードで行こう。
 今日も昼間は暑かったけど、昨日ほどではなかったし、夕方に雨が降ったので幾分過ごしやすかった。来週はまた天気が悪くなりそうだけど、これを越えたら梅雨明けって感じになるのかな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームでアロッソ熊本との対戦でしたが3−1で勝利。新外国人2人が機能したのか映像を見てみたいところですが、とりあえず良い再スタートが切れた感じだ。津田君も復帰したし、これから反撃……届くかね?

 今日の1枚  ランカ・リー=中島愛 「星間飛行」 JVCエンタテインメント
 マクロスフロンティア系のCD4枚目。今度はデビューしたてのランカ・リーの初シングルという形のCDです。表題作「星間飛行」は、これだけで聞いてもそこそこ良いのですが、一度はアニメ本編で使われたシーンを見ておくと、印象に残る度合いが段違いに違ってきます。歌と映像が合わさる事でさらに良さが増しているのですよ。2曲目もランカらしい曲ですが、3曲目・4曲目が懐かしいナンバーで昔からのファンを喜ばせるつくり。これはシングルとは思えない盛りだくさんさだ。


7月12日

 来週末にはコミケカタログ発売か。気付いたらあと1ヶ月しかないじゃん。早いなぁ。
36.1℃、今年初めての猛暑日。シャレにならないぐらい暑かった……。部屋に帰ってきても、 あまりの暑さにげんなりしちゃったよ。そして車の中は地獄すぎ、日よけグッズを出して対策しないといけないな。
 時間が無かったけど何かスタミナ付くような物を、と考えてすき家のねぎ玉牛丼を食らった。辛さが良い感じだわー。

 今日の1冊  原作・有川浩/作画・ふる鳥弥生 「図書館戦争SPIT FIRE!」1巻 メディアワークス 電撃コミックス
小説が原作である作品のコミック化。図書館と図書を守る為の図書隊の防衛員を志望している笠原郁ちゃんを描いた物語。表現の自由を犯しかねない法律が作られ、本の値段が上がっているという描写を見ると、そんな状況になっていない今の日本がありがたく感じられますが……自由を守るために図書館にも軍備が必要というのはかなり過激な設定。しかしこれが面白い。描くふる鳥弥生さんも作品をよく理解している感じで好感が持てます。


7月11日

 山場はほぼ終了かな、7月末からはまた違った忙しさがやってきそうですが。コミケのカタログの発売もあと1週間かぁ。
 口内炎が出来ちゃった。しかし上唇の裏側というのは個人的には珍しい場所に出来た感じですが……痛いなぁ。
 床屋に無理やり行ってきた。梅雨明けも間近で気温が上がりそうだったので、思い切って短くしてもらってきた。しかし上で書いた口内炎のせいで、髭剃りのときに上唇を剃ってもらうのが辛かったわ。我慢していて涙が溜まっちゃったよ。

 今日の1冊  私屋カヲル 「こどものじかん」5巻 双葉社 アクションコミックス
 過激だからと放送自粛されてしまったアニメの第2期製作が決定。4年生編は過激な描写だけでなく、教育者と子供との向き合い方まで描いているから、出来れば多くの局で放送されれば良いけど。という事で、最初のうちはエロ方面で過激だった作品ですが、最近はかなり真面目な問題まで切り込んでいる感じです。しかしそんな真面目な雰囲気を壊す最後のピンナップ……やりすぎだろ、あれは。


7月10日

 気付いたら7月も10日か……まだ1万円札を1枚も崩してないや。
 どうでしょうがバレーのせいで10分遅れ。どうでも良い番組を延長しなくても良いのに。最終予選まで五輪出場を決められないレベルなんだから、五輪でも期待できないだろ。
 残っていた数少ないほっかほっか亭のすぐそばのコンビニ跡地に、ほっともっとが出店しようとしていました。挟むようにしてもう1店あるのだけど、ほっかほっか亭を潰す気満々だな。ほっかほっか亭は駐車場すら満足に無いのに……頑張れ、ほっかほっか亭。

 今日の1冊  「コミック0EX」Vol.8 コアマガジン
 内々けやきさん、表紙の時点でネタは分かってしまったけど、内容がハードでかつ甘いという合わせ業で個人的に素晴らしい出来。巴天舞さん、これまでだったら救いの無い方向に行きそうな感じでしたが、今回の話は甘い方向に進むのか。それは楽しみだぞ。峠比呂さんは連載作品の3話目。この作品は設定の時点で勝ちのような気もする。その設定を上手く生かした話作りが出来ているのが凄いな。


7月9日

 ようやく仕事の山場も終わりが見えてきた感じ。今週末はちょっと良いもの食べにいきたいなぁ。でもまだ時間が取れるか確定していないので身動き取れないけど。
 ちょうど家に入るタイミングで土砂降り。こういう時に限ってかさを入れ忘れるんだよ。ツイてないわ。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーで横浜FCとの試合でしたが、0−0でドロー。勝ち点を重ねられたから良しとすべきかな。ここで勝ち点3が取れたら調子に乗れたのだろうけどなぁ。チームの調子にムラがあるチームは、上位にいけないわな。

 今日の1冊  宮尾岳 「アオバ自転車店」4巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 姉妹でお下がりになった自転車の話、変速機の話など、自転車本体の話だけでなく、それにまつわるお話の出来も抜群な「アオバ自転車店」の最新刊。出てくる自転車は、実用車を中心に多岐にわたっていますので、それを見ているだけでも楽しいです。そして今回は3人乗り自転車の話から、車道を通らなければならなくなった事の問題点を指摘しています。この改正は今のままでは危険が増すだけなんだなぁ……考えさせられました。


7月8日

 駅へ送って行くためにいつもよりかなり早く起こされた。そして昼休みも忙しくて昼寝できなかった。う〜眠い。
 扇風機のタイマーが切れてしばらく経つと起きちゃう。おかげでここ数日はぐっすり眠れていないよ。体力削られている事を実感しています。塊肉でも食べて元気付けたいなぁ。
 入院していた後輩から退院報告が。でも当分の間は普段通りの生活を送ることすら大変らしい。こういう病気はいつ自分の身に降りかかってくるか分からないからな……とりあえず生活面では助けてやれる事は多くないから、退院祝いでご飯でも奢ってあげよう。でも実現は先になりそうだけど。

 今日の1冊  原作・松本真/作画・ネツマイカ「カプレカ」2巻 ジャイブ CRコミックス
 それまでの人生・記憶と引き換えに改造手術を受けた羽乃、優奈。4兆円を超えるという途方も無い借金を返すために、心臓<クライム>を集めつつ、怪物化した人間を倒していきます。キスして合体とか、合体が解けると素っ裸とか分かりやすい要素はありますが、シリアスなシーンも多く、メリハリのある展開になっています。エージェントの山田(仮)の招待も少しずつ見えてきましたし、新たなキャラまで出てきました。まだまだここまでは物語の導入って感じですね。


7月7日

 カルビーのエビリッチを食べてみた。海老の風味が強くてよい感じだけど、桜海老とだいぶ被っている感じがする。美味しいけど。
 今年の七夕も晴れなかったなぁ。梅雨の時期だから晴れる確率は低くなるんだろうけどさ。でもおかげで過ごしやすい1日だったな。
 キーボードがおかしいと言われて見てみたが、原因が分からず困り果てる。仕方ないのでシステムの復元で元通りにしてとりあえず解決。ウィンドゥズのアップデートが問題だったようだけど、前にも似たような事をやらされたから対処できたようなものだな。

 今日の1冊  あさりよしとお 「荒野の蒸気娘」全4巻 ワニブックス ガムコミックス
 自分の事を可愛らしい少女と思い込んでいる巨大ロボットと、その姉妹の旅に巻き込まれてしまった男による珍道中もついに完結。様々な設定が明かされながらも、旅の目的も達成。ちょっと駆け足っぽい感じではありましたが、さすがに経験のあるあさりさん、きっちりまとめていました。しかし最後の落ちは二転三転って感じで面白かったな。あそこまで来て裏切られるとは思わなかった。


7月6日

 朝、支度のためにシャワーを浴びていたら消毒がやってきて慌てて部屋の窓を閉めに行きました。ちゃんと調べておかないといかんなぁ。
 33.5℃は昨日とほぼ同じ最高気温。今日はついにエアコンを使ってしまいました。昨日とそれほど気候は変わらなかったんだけど、部屋の中にこもった熱が凄くて負けてしまいました。快適だったけど、今年はあんまり頼らないようにしたいな。
 今日は久しぶりに仕事が早く終わったけど、突然早く終わられてもいきなり呼び出すのは難しいって。もうちょっと早く分かっていれば良かったのに。

 今日の1冊  松井優征 「魔人探偵脳噛ネウロ」17巻 集英社 ジャンプコミックス
 今回はバレンタインの話からスタート。シックス編の重い雰囲気を吹き飛ばすかのようなギャグテイスト満載の話だったのですが……テラの登場でまたしても凄惨な話に逆戻り。連載初期とは違った狂気が描かれていますが、これは少年誌でやっちゃって良いのか不安になります。これまでは弥子以外の人間を頼りにしていなかったネウロが、人間を頼ったシーンは印象的でしたが、それだけ相手が強力になっている事も感じられました。


7月5日

 33.6℃は今年最高になったのかな。暑かったわ。
 なんかメールの遅配が目立つなぁ。遅れてすぐに困るようなものは無いけど、遅れる事が続くようだとちょっと心配になるなぁ。とりあえずしばらく様子見だな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでアビスパ福岡との試合でしたが2−0で快勝。久しぶりに気分良く勝ってくれました。でもまだまだ上位は遥かかなたです。ここから昇格圏内まで上がるなんて事は……無いよなぁ。

 今日の1冊  はっとりみつる 「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」全9巻 講談社 マガジンKC
 真面目とおバカが絶妙に交じり合ったウミショーの世界と触れ合えるのもこれで最後となってしまいました。要くんが泳げなくなったトラウマな話もきっちり解決して泳げるようになり、最後には水泳部の部長らしい姿を見せつけました。エピローグでの5年後のみんなの姿を見ていたら、この賑やかだった世界とのお別れが来たのだとちょっと寂しく感じました。はっとりみつるさんには、また無茶な話を作ってほしいな。


7月4日

 今度の日曜は欲しいものの安売り日。忘れずに買いに行かなくては。
 30℃超えるとしんどいねー。でもまだエアコンは使ってない……というかちゃんと掃除してないのであんまり使いたくないという感じもする。しかし扇風機だけだとさすがにしんどい。お風呂が恋しく感じた1日だった。
 近くにある大学で警察さんがきて事情聴取らしき事をしていたけど、何かあったのかな。ただ騒いでいて警察を呼ばれちゃったのか、それとも事件なのか?気になるなぁ。

 今日の1冊  「コミックメガストア H」8月号 コアマガジン
 メガゴールドからの合流組も加わりパワーアップ、そして厚さも相変わらずです。ただちょっと前半が弱かったような気がする。合流組みのパワーが強かったからかも。その合流組では要大豆さんが頭抜けています。今回もパワーあふれまくりの作品に圧倒されました。そしてさいこさん、この雑誌に来ても変わらぬ救いの無い話。このスタイルを貫けるってのが凄いわ。夏庵さん、幼馴染で強気っ子。これがハマらないわけが無いわ。


7月3日

 寝苦しくて夜中に目覚める。最近はなかなかぐっすり眠れないな。
 仕事の予定を急に変更させられてあたふた……もうちょっと早いタイミングで言ってくれないと辛いわ。余裕が無くなって精神的にもきつかった。
 どうでしょう、相変わらず大泉さんの授業は面白いわ。時間効率的にはあまり良くないけど、こういう授業がたまにあるだけでも興味喚起に繋がって結果的には良い結果に繋がるのかもな。ちょっと信長の足跡を追ってみたくなっちゃったし。

 今日の1冊  原作・藤見泰高/漫画・カミムラ晋作 「ベクター・ケースファイル」4巻 秋田書店 チャンピオンREDコミックス
 様々な昆虫の生態を描いていますが、ただ単に駆除するのではなく、その昆虫がなぜそのような行動をしているのかを考え、駆除以外の方法を考えていく点が大いに為になります。今回は新キャラの姉妹が登場。主人公の稲穂と考えが対立する事になりましたが、3巻でヤクザに諭したことが自分に帰ってくる事に。この展開は面白かった。しかし昆虫が原因で、死に至りかねない事も多いんだな……気をつけないと。


7月2日

 仕事が色々しんどい。今週末も大変なスケジュールになってしまった。移動がかなり厳しいけど何とかしないとな。
 キットカットのダブルベリーと青りんごを買ってみた。コンビにではトリプルベリーなんてのも見かけたな。あとすいかも出てた。色々出しすぎ……全部試すの厳しいだろ。とりあえずダブルベリーはベリーの風味でした。明日は青りんごを食べてみよう。
 すもも頂いた。これから一番フルーツが頂ける季節になるので楽しみだ。

 今日の1冊  「コミックホットミルク」8月号 コアマガジン
 独立創刊となったホットミルク。巻頭カラーはショートで石恵さん、そして鬼ノ仁さんと大黒柱が畳み掛けます。さらにセンターカラーでもイシガキタカシさんがショートのフルカラー。そして月野定規さん、松本ドリル研究所さんなどなど豪華すぎる布陣。エース級をこんなに集めてしまっても良いのかという執筆陣のレベルは高さ。しかし同日発売のメガストアHに比べると本の薄さが気になってしまうかな。


7月1日

 今日から7月、綺麗に晴れてそこそこ気温が上昇。夏本番に比べればまだマシだけど、久しぶりに晴れたのできつく感じたな。
 176−187円と9円アップしました。値上げのペースが速すぎるだろう……今年中にレギュラーでも200円行っちゃいそうだな。今の段階でも最安時の倍なのにな。
 今日もスーパーに行ったのだけど、かごを車まで持っていって、中身だけを移してまたかごを戻しに行くという人が2人もいた……面倒くさくないのかな?それだったらマイかご買っちゃえば良いのに。300円でかなり手間が省けるのだから。

 今日の1冊  竿尾悟 「コンビニDMZ」2巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 戦場のど真ん中、非武装地帯(DMZ)にあるコンビニを舞台としたこの作品も早くも2巻目。今回も様々なお客さんが来店して、面白いエピソードを展開していきます。コンビニ誕生秘話もありましたが……店長が狡猾過ぎたり、そして雨宮さんは雨宮さんですんごい格好をしちゃったりと、店員さんもお客の軍人さんに負けない個性の強さを持ってます。人がたくさん死んでいるのに悲壮感を感じないってのはどうかと思う。


6月30日

 もう今年も半分終わっちゃうのか……特に6月は色々あったからかあっという間に過ぎた気がする。
 スーパーでレジ袋の有料化がスタート。有料化になったとたんにマイバッグを持ってくる人が目に見えて増えたな。とりあえずマイかごが楽ちんなのでバッグは使わないだろうな。
 明日からガソリン価格が上がるという事で、月末恒例となったスタンド前渋滞が発生。今月は10リットルぐらいしか使ってない状態だったので、駆け込みで満タンにはしませんでした。さすがに10リットルそこらで数十分待つのは無駄だしなぁ。

 今日の1冊  「ヤングキングOURS」8月号 少年画報社
 楠桂さんが新連載をスタートさせました。今回の話はまだ導入でしたが、それでも謎がたくさん散りばめられていて気をうまく引いている感じです。それ町、今回の話を見ていると歩鳥よりもジョセフィーヌの方が賢く見えちゃうような気もするけど……この飼い主にしてこの飼い犬ありって感じかも。いつもどおりマイペースな大石まさるさんの作品。最近始まった作品がバトル系ばかりなので、大石さんの作品を読むとホッとします。


6月29日

 雨がガッツリ降りました。今年は結構降った様な気がするけど、まだ梅雨明けまで先は長いなぁ。
明日からスーパーのレジ袋が有料化で、お知らせがガンガン入っています。でもレジ袋よりも車で来させない方が効果的な気がするけどな……。
ヴァンフォーレ甲府、今日はホームで湘南ベルマーレとの対戦でしたが0−4で惨敗。何があったのかと思うぐらいの大敗。今年度の昇格は夢だという事を思い知らせるような一敗になったかも。こんなんじゃ応援するのもしんどいなぁ

 今日の1冊  よしづきくみち(原案・山田典枝) 「魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜」1巻 角川書店 角川コミックスエース
 「魔法遣いに大切なこと」のシリーズ3作目がスタート。今回の主人公は北海道・美瑛に住むソラちゃん。魔法遣いの研修の為に札幌に出て行ったのに、手違いで東京に行くはめに。苦しみながらも何とか研修をこなしていたのですが、最後の最後にとんでもない設定が明かされました。ドジな部分でカモフラージュしていましたが、その設定に繋がる言動はいくつもあったのですね……。


6月28日

 財布内のお金で何とか今月は過ごせそう。これで夏コミへ資金をたっぷり回せるぞ。
 仕事があること自体は苦じゃないけど、のれんに腕押し的な仕事は時間が経つのも遅く感じるし、成果もあまり上がらないしで精神的にしんどい。自分だけで何とか出来れば楽なんだけど、そうもいかないしなぁ。
 食事会は、第一候補の店が大混雑だったので第二候補のお店に移動。結局、焼肉になりましたが、値段と質のバランスが良い店で是認大満足。話も色々出来て楽しかったわ〜。

 今日の1冊  「COMIC 阿吽」8月号 ヒット出版社
 意外にも初巻頭カラーの堺はまちさん甘くなりそうな展開だったのにひどい落ちでした。井上よしひささん、これまでの縛り系作品のキャラが勢揃い。各キャラに見せ場を作るという贅沢なつくりでした。このシリーズは単行本で一揆読みするともっと面白くなりそう。霧恵マサノブさんは長編シリーズがついに完結。長いシリーズだったけど印象に残る話も多かったなぁ。こちらも単行本で一気にまとめ読みしたい作品でした。


6月27日

 週末は天気悪いのか……まあ仕事だから関係ないけどね。でも雨だと車の数が増える可能性もあるからやだな。
 犬を抱いたまま運転する女性、携帯を使いながら運転する女性……どっちもふらついていました。こういう人は事故でも起こさないと、直そうとしないんだろうなぁ。まあルールを守らない人が事故るのは構わないけど、回りに迷惑かけないように事故ってくれ。
 入院した知り合いのお見舞いに行きたいけど、今週末は厳しそう。来週頭に無理やり行きたいところです。

 今日の1冊  「月刊 コミック電撃大王」8月号 メディアワークス・角川書店
 リニューアルが行われました。値段は580円に下がり、ページ数は1000ページ近いという電話帳以上の厚さ。新連載3作品を含めて掲載作品数も大幅増えました……今までの数ヶ月はなんだったんだろう。表紙と巻頭は大黒柱「よつばと」が担当。どんぐり集めはやったなぁ……懐かしかった。新連載3作品の中では「鉄道むすめ」の飛ばしっぷりが凄かった。個人的には一押しだ。これからに大いに期待できる作品でした。


6月26日

 お店の候補をいくつかピックアップできた。あとは相談して行く店決めるだけです。
 元ローソンの場所に怪しい催眠商法系の店が来ちゃってるよ。周りにはある程度声かけはしているけど、また騙されちゃう人が出てくるのかな。
 回線の勧誘電話かけてくるのは良いけど、減衰とかセッション数とかの用語は最低限分かるようにしておこうよ。いちいち聞きに行くって、自社の商品を知らないでよく勧誘できるな。そしてメリットしか言わないと怪しまれるという事も分からないのか。

 今日の1冊  はっとりみつる 「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」8巻 講談社 マガジンKC
 あむろの弟がやってきたり、静岡さんや姫川さんを中心としてのいつも通りな賑やかなお話が続いていたのですが。玉塚との合宿を経て主人公要君が部長となり、さらに泳げるようになると宣言してからシリアスな雰囲気も……あまり出てこないのがこの作品らしいって言えばらしいです。無駄にお色気満載なのですが、ちっともいやらしく感じないのは良い事なのか悪い事なのか。


6月25日

 今日はどうでしょうの放送が無いんだよな。
 貸しっぱなしのゲームサントラCDのトラックタイトルを調べようと思ってネットで探していたら……どれもこれもプレミアつきすぎ。もう買い直すなんて出来そうにないなぁ。
 忙しい時期に入ってきたけど、週末に食事会の予定が出来てより頑張れる気がしてきた。店選びも一任されちゃったけど、どこへ行こうか……まだもうちょっと日もあるし、ゆっくり調べておこう。と言いつつ安易に肉に走りそうだけど。

 今日の1冊  小林立 「咲」4巻 スクウェアエニックス ヤングガンガンコミックス
 インターハイ予選となる県大会決勝戦、副将戦が進み大将戦に突入しました。副将戦は闘牌シーンこそこれまでの戦いに比べると地味になっていましたが、存在を見失う選手とか能力に関してはさらに凄い次元に。結局、大きな差が無いまま大将戦に突入し、どこの高校が勝ってもおかしくない状態で主人公がようやく登場。合宿を経た咲ちゃんが、どのような打ち筋を見せてくれるのかに注目です。


6月24日

 今日は晴れ予報だったので安心して洗濯物などを外に干せました。室内干しよりも乾きが良くていいなぁ。
 久しぶりに行ったドラッグストアのポイントシステムが変わってた。525円1ポイントのシステムで、他のチェーンに比べて切り捨てが多くなるから足が遠のいていたのだけど、105円1ポイントに変わって他チェーンとまったく同じに。そういえばマツキヨも出来ていたんだよな、一度見に行ってみたい。
 忙しくて見ていなかった録画物を少しずつ処理中。メイドガイは出来がよかったなぁ、製作会社に恵まれていたよ。

 今日の1冊  岡本倫 「ノノノノ」2巻 集英社 ヤングジャンプコミックス
 次々と女装癖があると勘違いされていく主人公の野々宮ノノが不憫で不憫で……2巻に入ってから、癖の強いキャラが続々登場してきて、展開がややギャグよりになっちゃっているなぁ。でもこういう展開は嫌いじゃないです。野々宮ノノが性別を偽ってスキージャンプを続けている理由に簡単に触れられ、しかも記者にその事がバレてしまうなど、2巻でもう話が動きまくっちゃっています。このテンポの速さ良いですね。


6月23日

 月末から来月頭にかけてのスケジュールが決まりつつありますが、またしんどいなぁ。
 今日は雨予報なのに日が差していると思ったら、雨、晴、また雨と落ち着かない天気になりました。また仕事帰りのタイミングで大雨になったのには参ったわ。
 iPhoneの料金が出たけども、うまく言いくるめようとしているようにしか見えないな。「実質」とかいう言い方をされると、どうしても身構えちゃうのだけど……値段のインパクトでやられちゃう人もいるだろうな。

 今日の1冊  おりもとみまな 「メイドいんジャパン」1巻 秋田書店 チャンピオンREDコミックス
 帯の言葉で内容をある程度想像したのですが、読んでみたら想像以上の漫画でした。主に悪乗りの方面で。女の子の格好をしてメイドをさせられている成美(しげよし)くんが、メイドとして働くのですが、当然のごとくトラブル続発。しかもこれがことごとくえっちぃ方面のトラブルでして……この話を思いついたおりもとみまなさんも、企画を通した編集部も無茶しすぎです。そして見開きページを使ったまとめお嬢様の受難の数々もやりすぎです。


6月22日

 今日は一日中雨が降ったり止んだり、帰って来る時間は降りが凄かったのに、今(23時)は静か。何だこの天気。
 昨日は電気がついていなかったのに、今日はついていたセブンイレブン、何事かと思ったら夏至の日のイベントだったのね。電気がついていないだけでも売り上げの面では不利になりそうだから、常時って訳にもいかないか。
 携帯の電源が切れていたことに気づかなかった。昨日は使ったからそれほど影響は無かったはずだけど……大丈夫だったのかな、多分。

 今日の1冊  えのあきら 「ジャジャ」10巻 小学館 サンデーGXコミックス
 今回はスーパーカブを題材にした話が。イタ車が中心の作品なのでかなり意外でした。そしてカナコさんのライバル的存在ヒロコの出番が増えてきていますね。しかしそんな中でミヤギとレナさんの2人の関係が……一緒に部屋でビデオを見たり、お出かけしたりと、イベントだけ見るとかなり近づいているように感じます。バイクの方は今回も様々な年代のものが登場。どれも手がかかるはずなのに、きっちり書き込まれている点にバイクへの愛情が感じられます。


6月21日

 夏至だったけど、あまり実感は出来なかったな。残念。
昨日オープンだったファミリーマートに行ってみた。周りにスーパーが多い地域だけど住み分けできるのかな?オープン記念の福袋を買ったら、PB商品のお菓子が800円分以上とペットボトルのお茶が入ってました。ローソンのよりもお得だったな。
ヴァンフォーレ甲府、今日はホームでモンテディオ山形との試合でしたが1−0で勝利。久しぶりに勝ったような気がするよ。もう21節と折り返し付近だから挽回は厳しいだろうなぁ。

 今日の1冊  福本伸行 「賭博覇王伝零」4巻 講談社 KCDX
 遊園地で行われる死と隣り合わせの代打ち選抜ゲーム。福本さんの作品らしからぬテンポの良さで物語が進んでいっています。今回は、生か死かの1/4ギャンブル「クォータージャンプ」でスタート。零の推理法は気持ち良い位ハマっていたのですが、ライバルの標の方が一枚上を行く解放を見せてまた溜息。これはうまい事作ってあるわ。そして次なるギャンブルは21人でのチャレンジ、この人数が何らかの意味を持つのかな。このギャンブルの展開も楽しみです。


6月20日

 夜になってからかなりの雨になってきた。久しぶりにまとまった雨になってくれると良いのだけど。
 お腹が痛すぎて目が覚めてしまった。日中も時々激しい痛みに襲われてきつかった。まさかこんなに厳しい痛みになるとは思っていなかった。薬飲んでおけば良かったな。
 全部ほっともっとに変わったと思っていたのだけど、ほっかほっか亭のまま残っていた所があったのね。メニューとしてはほっともっとと変わらないのだけど、馴染み深いせいかなんだか応援したくなる。近いうちに買いに行ってみよう。

 今日の1冊  「漫画 ばんがいち」8月号 コアマガジン
 巻頭カラーのアシオさんはこれがデビューなのかな。いきなり巻頭カラーってのは期待の表れでしょうけど、それを裏付けるような質の高さ。これは良い新人が出てきた感じです。鈴玉レンリさん、前回の相談されている方が今度は主役に。幼馴染でギャップというのは反則過ぎる。青木幹治さんは節子さんが登場。クールな節子さんが見せるかわいらしい表情はたまらないですなぁ。


6月19日

 雨も降らないなぁ。地震の被災地に今降るのはマズいけど、それ以外の地域では水不足の心配があるから降ってほしいわ。
 ここ数日、ちょっと用事をこなしすぎたせいで体がお疲れモード。ちょっとだけでも良いからゆっくりしたいけど、もう山場が目の前に来てます。
 ヴァンフォーレ甲府が決定力不足解消のために、外国人FWを2人獲得したとのこと。当たり外れはあるけども、積極的に動いた事は評価できるな。ただ、シーズン開幕前にやっておくべきだったと思うけど。

 今日の1冊  「月刊サンデーGX」7月号 小学館
 定位置に無かった「吼えペン」はまたくそ熱い展開に。しかも次回が最終回ってビックリだ。まあ、本当に最終回になるのか分からないけど。ジャジャはカラーでとんでもないシーンが……現実のものとなる日が来るのかな。ミヤギの実家への帰省というイベントでまた進展するかなぁ。藤那トムオさん、表紙から読む人を選ぶようなくどさでしたが、本編が輪をかけてくどかった。これはひどいわ(ホメ言葉)。


6月18日

 スーパーに言っても物価が上がったことを実感。給料が上がり始めるまでの物価上昇期間は辛いな。
新しい財布を使い始めた。、理想的なものが見つかったけど、これはちょっと高かったなぁ。新しく使い始めた財布がいつ壊れても良いように、次の財布も捜しておこう。
2車線道路でど真ん中を走る紅葉マークの車が……ああいう状態になったら免許は返納した方が良いような気がする。通行の邪魔って事も有るけど、あんな運転じゃいつ事故起こしても不思議じゃないよ。怖かったわ。

 今日の1冊  安田剛士 「OVER DRIVE」全17巻 講談社 少年マガジンコミックス
 最後のリレー形式のレースで代表を決める事となった選抜された8つの高校による合宿。レースの方はアンカーにバトンが渡りクライマックスを迎えました。最後に至るまでの展開が激しすぎましたが、最後のゴールスプリントもこれがまた凄い勢い。最後のレースに相応しい幕切れでした。そしてエピローグは……ちょっぴり良い話系に。綺麗にまとまったなぁ。でも之で終わりなのが残念ですよ。


6月17日

 今日はジメッとして蒸し暑い1日。暑いだけなら良いけど、湿気があるととたんに厳しくなるよ。梅雨どきだから仕方ないけど。
 コンビニの特売コーナーで長いコロンを60円でゲット。いちご味だけ大量に残っていたけど……また行った時に残っていたら買っておこう。
 宮崎勤死刑囚の死刑が執行されたとの事ですが、もう20年も経つのか……死刑までにこんなにかかっちゃうんだな。

 今日の1冊  「コミックメガストア」8月号 コアマガジン
 リニューアル号だそうですが、どこがリニューアルになったのかよく分からなかった。無望菜志さん、今回の話も人外触手ネタ、こういう方向性で行く作家さんってのもスゴいな。しかも甘いってのがまた独特だわ。「菜々子さん的な日常」は……巡り合わせが悪いとしか言いようがないネタ。描いたのはだいぶ前だから仕方ないよな。商業デビューのJinさん、いきなりレベル高い作品出してきました。これからの更なる成長に期待。


6月16日

 いつの間にか今月も半分過ぎてた。生活費が全然減ってないから日付の感覚が思いっきりズレていたよ。このままコミケまで節約モードで乗り切っていこう。
 「こんがりパンのはいったコーンポタージュ」を久しぶりに底値でゲット。定価の約4割引はありがたいです。数は手に入れたけど、1月持たないかもしれないなぁ……。しかし本当に買おうと思っていたものを忘れてしまっていたよ。また行かないと。
 新しいヤマダ電機でシェイバーの安売りしてたけどいけなかった。欲しかったな……。

 今日の1冊  渡辺祥智 「その向こうの向こう側」全6巻 マッグガーデン ブレイドコミックスSP
 キアラに連れられ突然異世界にやってきた二葉くんの冒険もついに終了。この世界にやって来た頃は年相応の子供っぽさばかりが目立ちましたが、キアラやこちらの世界で出会った仲間たちとの旅をしていく中で大きく成長していきました。やってきた世界について語られましたが、これがラストに向けての前振りだったのかも。はっきりとした結末は描かれていないのは賛否両論出そうですが、二葉君の記憶にも絡めての展開だと理解しました。


6月15日

 布団干しておいたのだけど、帰ってきたら強い風に飛ばされてた。はたいて汚れ落としたけど、落ち切っているか心配だ。
 友達とご飯を食べる前に部屋を軽く片付け、少しずつ場所が広くなっている感じ。このまま夏コミまでに少しずつ進めていきたいな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでセレッソ大阪との対戦でしたが、3−3のドロー。せっかく得点が取れたと思ったら3失点って……攻守が噛み合わなさ過ぎだろう。もうすぐ半分終わるのになぁ。

 今日の1枚  福山芳樹 「ワクガイ」 ジェネオネエンタテインメント
 久しぶりに見ているアニメで福山さんが歌っている曲に出会えました。「仮面のメイドガイ」のエンディングテーマですが、主人公のコガラシの暑苦しさを見事に表現している歌いっぷりにまいりました。カップリング曲「複眼」はオリジナル曲ですが、熱さと静けさが同居し、1曲の中でどんどんと曲調が変化していく不思議な楽曲。面白いつくりでこれまた引き込まれました。


6月14日

 30℃超えちゃったか。暑く感じるわけだ。まだ半袖を1着しか出せていない
大きな地震が発生し犠牲者が……報道するのも大切な事かもしれないけど、ヘリ飛ばしたり、 電話かけたりは邪魔にならないのか?救出が遅れて助かる命が助からなくなる事もあるかもしれないのに。救出作業が捗る事を祈ります。
 電子レンジでご飯が炊ける釜を使ってみたけど、意外に上手く炊けるな。買って正解だったかも。

 今日の1冊  日下皓 「メイのないしょ」1巻 富士見書房 角川コミックスドラゴンJr.
 帯に書いてあるとは言え、騙される人多いだろ、これは……。主人公の春名メイは、母親に女の子として育てられた男の子、しかも魔女(?)。そのメイ君が女子高に転校する事となったのですが、そこであっさりバレてしまってドラマが始まります。魔女である必然性が今のところ感じられませんが、基本的にはメイ君の可愛い姿が楽しめればオッケーなのかも。女装をアクセントとしたドタバタコメディという感じなのかな。


6月13日

 最低気温と最高気温の差が17℃、これは厳しい環境だ。これだったら雨降って1日中寒い方が楽だよ。
 デルさんが発表したミニノートパソコンが気になる。今あるノートパソコンもだいぶ古くなってきたから、機能と価格の折り合いが付けば欲しいな……って、明らか今のより性能は良いんだよな。かなり欲しいかも。
 メルマガでトトビッグのキャリーオーバーが71億なんて書いてあった。ちょっと買ってみようかな。

 今日の1冊  高屋奈月 「星は歌う」2巻 白泉社 花とゆめCOMICS
 不思議な出会いをしたサクヤちゃんと千広君の、2人の関係をじっくり描いた物語。出会いも唐突でしたが、フラれた後に再会するという運命的なものを感じさせていますが、2人の距離はかなり遠い状態からのスタート。しかし部活の説明会での事件をきっかけに少しずつ変化が生まれそうな感じです。1つ1つの描写が丁寧になされているので、物語のテンポはゆっくりめ。しかしこのゆっくりめなテンポが作品の雰囲気に合っていると思います。


6月12日

 19時になっても明るいまま、夏至が近づいてきているだけあって、日が長くなってきたのを実感するな。
 どうでしょう、大泉校長の語呂合わせが絶妙すぎる。強引なんだけど頭に残るんだよ。桶狭間の戦いについての説明も分かりやすかったし、大泉校長の話し方も上手いのだろうけど、先生になっていたら面白い先生になっていたかも。
 なんかスパムメールがまた増えた気がする。プロバイダ側で何とかしてくれない物かな。メールアドレスを変えるのも1つの案だけど、どうしよう。

 今日の1冊  紺條夏生 「妄想少女オタク系」4巻 双葉社 アクションコミックス
 オタクな女子と浅井留美に阿部隆弘君は振り回されっぱなしでしたが、この3巻ではついに2人の関係に大きな進展が生まれました。浅井留美のオタ友松井曜子も、千葉俊介との仲を一気に深めました。今回は学園での話がメインだった為、濃いオタク話はあまり多くなかったのですが、その分恋愛描写が丁寧にされていた感じ。でもこれだけ大人しいと4巻ではまた爆発するのかも。


6月11日

 足の痛みはまだ続いています。歩かないようにしたいけど、そうもいかないからなぁ。
 分厚いヤマダ電機の折りこみチラシが入っていました。新店が開店となったようです。ちょっと限定品でほしい物が有ったから行けたら良いな。しかし場所大丈夫なのかね?と不安になってしまうような立地。あの辺りには競合店は無いとはいえ、人口少なくないか。
 ふるふるシェイカーのグレープ買ってきた。やっぱり炭酸が弱い感じがするけど、ゼリーだから仕方ないのかな。もうちょっと爽快感があった方が良いなぁ。

 今日の1冊  あさりよしとお 「荒野の蒸気娘」3巻 ワニブックス ガムコミックス
 自分たちを少女と思い込んでいるメカ姉妹2人と、その2人の旅に巻き込まれた男、不思議な組み合わせの3人による旅を描いています。相変わらず表紙の裏切り度が凄い。酷脳内補完は必須ってことですか。今回はロボットの製作者によってパワーアップが施されましたが……実際には破壊兵器が付いた事が、本人にとっては魔法少女になったと勘違いされちゃっています。ちょっと物語が進んできた感じ。3人の旅も終わりに近いのかも。


6月10日

 ふるふるシェイカーのグレープが出てた。財布を忘れた為買えなかったけど、近いうちに買って試してみよう。
 足の痛みはまだ続いています。歩かないようにしたいけど、そうも言っていられないのが辛いところ。もうちょっと経っても痛みが引かないようだったら、診察を受けた方が良いのかな。出来れば病院のお世話にはなりたくないのだけど。
 久しぶりにてんぷらを頂いた。じゃがいも・たまねぎのてんぷらは美味しいのに、お店ではなかなか見ないなぁ。お店の本気モードの物を食べてみたいわ。

 今日の1冊  「コミック0EX」Vol.7 コアマガジン
 鬼月あるちゅさん、幼馴染の為に頑張る女の子が健気だ。そしてなんという甘々な展開、ご馳走様でした。ジョン・K・ペータさん、途中まではそれほど過激ではなかったのですが、最後のはきつすぎ。これまでも様々な場所を使ってきたけど、眼球は思いも付かなかったわ。巴天舞さん、今回の連載はちょっと軽めな話になっているので読みやすい。生徒会長がお間抜けすぎてかわいく感じちゃうな。


6月9日

 昨日の事件に関するマスコミ報道に辟易。自分たちの出したい結果に繋げるような分析は意味無いだろ。
 コミケのオンライン当落検索の結果を書いているサークルさんが意外に少なかった。紙の当落通知が届けばまた情報は増えるんだろうな。今回は日付の移動が多いので、回り方にも工夫が要りそう。
 朝は雨で涼しかったのに、昼過ぎから日が顔だしちゃって少し暑い位に。でも夕方前には雨が降ったり止んだりと、目まぐるしく天気が変わった1日でした。こういう日は着る物に本当に困るわ。ってもう衣替えしなきゃいけない時期なんだよな。まだ半袖出してないや。

 今日の1冊  原作・公野櫻子/作画・たくみなむち 「ストロベリー・パニック!」2巻 メディアワークス 電撃コミックス
 様々な媒体で展開しているスト・パニですが、この漫画版は小説をほぼ忠実にコミック化しているとの事。1巻に比べると、それぞれの人物に切り込み関係性を深く描き出している感じがしました。流行りの百合系作品というだけでなく、その深い関係性の描写が人気を博している一因なんだろうな。静馬の過去を描く事によって、渚紗が大事な存在であることを強調し、最後のシーンをより印象深くしています。


6月8日

 秋葉原の事件は7人もの命が奪われるという悲しい結末に。自分も良く行く場所なのでわが身の可能性があったと考えるとぞっとします。亡くなった方へは祈りを、そして怪我人の方には早い回復を願います。
 イトーヨーカドーでnanacoが使えるようになっていたので使ってみた。従来のイトーヨーカドーのカードとダブルでポイントが貯まるのはおいしいかも。支払いも楽だし、チャージし忘れさえなければかなり有効利用できそう。
 ヴァンフォーレの結果は書きたくないや。

 今日の1冊  森山大輔 「ワールドエンブリオ」3巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 2巻のラストで転機を迎えたこの作品。3巻から新たな展開が始まりました。主人公天海陸が兄貴的な存在であった大切な人洋平を失い、洋平の後を継ぐような形で「刃旗使い」となった陸君。元が人間である「棺守」との戦いを経験しながら、様々な葛藤を乗り越えて成長していく姿が描かれています。まだまだ謎が多く残されている作品なので、これからの展開の広がりが期待できます。


6月7日

 今日も良い感じで晴れたので、洗濯物も良く乾いたし、布団もふっくらできた。ここ数日寝つきが悪いので、これでグッスリ寝られると良いな。
 膝の調子がちょっとおかしい。歩く時に不自然にかばってしまっているので、明日は他の部分を痛めないようにあまり動かないようにしよう。
 掃除を手伝ってくれる友人が1人居たので、短い時間だけど部屋を整理。スペースを少し作れました。そして掃除後は焼肉へ行ってきました。期間限定で食べ放題をやっているお店でしたが、なかなか質が高くて満足。6月一杯までってのは残念だな。

 今日の1冊  青木ハヤト 「マクロスフロンティア」1巻 角川書店 角川コミックスエース
 アニメが現在放送中のマクロスフロンティアのコミカライズ作品。アニメのシナリオとほぼ同じようなシナリオの進行ですが、こちらの方は少しギャグテイストが多めに投入されている感じがします。歌のシーンが映像に負けてしまうのは仕方ないですが、その中で大事なキーワードを入れてあるのは好感が持てます。青木ハヤトさんの絵は少し固さが有るように感じられますが、これからの成長に期待です。 


6月6日

 寒暖の差が激しすぎ。今日は暖かい方でした。もうちょっと薄い服にしておけば良かった。
 来週のスケジュールは大まかに決定。イレギュラーなスケジュールにはなるけど、週末に余裕があるのがありがたい。掃除はそこで出来そう。
 今日はコミケのオンライン当落検索がスタートする日だから、これから贔屓のサークルさんのサイトをチェックして回って、夏コミに向けての準備を始めないと。サークルの当落が分かり始めると、いよいよコミケって感じがするなぁ。

 今日の1枚  菅野よう子 「マクロスフロンティアO.S.T.1「娘フロ。」 」 JVCエンタテインメント
 収録されている全24曲のうち12曲が歌つき、サウンドトラックとボーカル集のちょうど中間のような感じですが……収録されている歌が凄い。OP・EDがフルサイズで入っているだけでもお徳な感じがするのに、2〜4曲目はライブ形式での録音のような形になっていてこだわりも感じさせます。そしてBGMの方もハイクオリティな楽曲揃い、完成度が高すぎでしょ、これは。


6月5日

 土曜の掃除を延期に。風邪じゃ仕方ないや。
 どうでしょうは新シリーズの「試験に出るどうでしょう」がスタート。教養的な要素が強いのに面白い。教員資格も持っている大泉さんのインテリな面が見られる珍しい企画。語呂合わせはバカっぽいけど。そして安田さんがいるのも大きいよな、天災すぎるよ安田さん。
 たまには肉でも食べに行きたいな……今週末の夜は多少余裕が有るからもしかしたら行けるかな。でも確定出来ていないのはちょっと辛い。

 今日の1冊  石田あきら 「私立彩陵高校超能力部」6巻 一迅社 REXCOMICS
 学園祭が盛り上がっていますが、超能力部を狙う者達がついに部員達に接触しました。かなりの能力をもっている強敵だったのですが、まさかのあの方がそれらの人物を撃退。これまではあまり目立たなかったキャラだったのですが、ここに来て一気に目立ち始めてきました。対決が終わった後に和解した後の展開には和まされました。いつもの追加帯表紙は取った後の絵が過激すぎる……これはけしからん。もっとやれ。


6月4日

 夜中に腹痛で2度起きた。ぐっすり眠れていないと体が辛いな。
 今日もバレーがあったのか。どうでしょうの放送時間には気をつけないと、2週前の過ちをまた犯しちゃならねえからな。
 iPhoneはソフトバンクか……ドコモだったら買い換えてみようと思っていたのに残念だ。機種自体はとても魅力的だけど、肝心のエリアの方があまり頼りないから乗り換える気にはならないよ。使ってみたかったんだけど、残念だ。

 今日の1冊  原作・稲垣理一郎 漫画・村田雄介 「アイシールド21」30巻 集英社 ジャンプコミックス
 クリスマスボウル出場を賭けた関東大会の決勝白秋戦、チームの大黒柱であるヒル魔が抜けてしまいましたが、セナ君が自らQB役を買って出るという熱い展開。一時は封じ込まれかけたセナ君でしたが、ヒル魔とは違った形でのオフェンスに活路を見出し、オフェンスを組み立てていきます。相手の性質上、戦術的な部分を描くのは難しいかなと思っていたのですが、ところがどっこい描きまくりでした。話の作り方が上手いわ。


6月3日

 週間天気を見てもまともに晴れる日が無いよ。一昨日の晴れた日に布団干したり軽く掃除しておけばよかったかな。
 先週のどうでしょうをようやく鑑賞。1週分開いちゃったから繋がりがわからねー。せっかくの深夜バス企画だったと言うのにこんなミスをしてしまうとは。補完できる事を祈るよ。候補は幾つかあるけど何とかできるかな。
 携帯電話からデータを移すためのカードリーダを買いに行ったけど……種類が多すぎ。ちょっと調べてからもう一度買いに行こう。

 今日の1冊  原作・城アラキ/漫画・松井勝法 「ソムリエール」6巻 集英社 SCオールマンコミックス
 今回もワインと人間ドラマを絶妙にブレンドした読みきり作品が勢揃い。シェフの親子が絡んでの職人の話、オーストラリアでの日本兵が絡んで生まれたワインの話、贋作の話などなど今回も様々なお話が楽しめます。悪く言えばワンパターンとも言えなくも無いですが、大人向けの作品ですし突拍子も無い展開は必要ないので、この方向性でいつまでも進めていってほしいです。


6月2日

 最近はサイト用のパソコンの調子がイマイチで立ち上げるのが億劫に。一度きちんと整理しないといけないのだけど、時間が無いよ。
 入梅したっぽい。いつもより早いのか……。台風も来ているし、明日辺りから早速激しく雨が降っちゃうのかな。また車を洗う機械を逃しちゃった感じがするなぁ。
 忙しいけど部屋の整理をしなければならない状況になってきたので、週末に友達を呼んで一気に進める事に。時間が少ない中でどこまで出来るか。雑誌類の処理は捨てればよいだけなのだが、単行本類の処理が意外に大変そうだな。

 今日の1冊  やぶうち優 「ひとひらの恋が降る」全3巻 小学館 ちゅちゅコミックス
 凪君と颯君、2人の間で自分の気持ちに思い悩む晴流ちゃん。様々な障害で苦しめられ、そして成長しながら物語は最終局面を迎えていきます。最後は数年たっての再会で思いを確かめ合う……奇をてらう展開など無く、ひたすらストレートなラブストーリーでした。三角関係ながらも、最終的には全員が良い結末を迎えられたので読後感も良かったです。過激な作品が多い中、こういう落ち着いた作品がもっと評価されて欲しいな。


6月1日

 今日は暖かかったなぁ。帰ってきてからも扇風機を使う事になるとは思わなかった。
 6月はまず真ん中辺りまでが忙しく、そして月末にもう一山来る感じだな。そのまま7月半ばまで乗り切れれば、ちょっとゆっくり出来そうだ。
 ガソリン価格が上がりすぎ。近くのスタンドでも167−178と13円値上げになっていた。当然お店ガラガラでした。値上げは仕方ないけど、出費の面ではどんどんしんどくなるから、交通費の支給額上げてくれないかな。

 今日の1冊  原作・井上敏樹/作画・六道神士 「メビウスギア」1巻 集英社 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
 原作の井上敏樹さんは平成仮面ライダーの脚本に関わった方としておなじみ。そして作画は高い技術力を誇る六道神士さん。難しい作品と思われますが、分かりやすくそして時折六道神士さんらしいエッセンスを交えて描いています。第1話からミスリード誘いまくりの展開で驚きの連続。重要そうなキャラがいきなり死んじゃったのには参ったわ。これからも色々な驚きが期待できそうな作品だなぁ。


5月31日

 ガソリンスタンドが凄い混雑、昨日入れておいてよかった。
 なんか5月は忙しくてあっという間に終わっちゃった感じだ。忙しく感じたおかげで生活費は結構余った。欲しかったCDでも買って見るか。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでFC岐阜との対戦でしたが1−1でドロー。第2クールに入ってまだ勝てません。こんなところでスロースタートになってどうするんだ。やっぱり絶対的なストライカーは1枚欲しいよな……って今から何とかできるのか?

 今日の1冊  「COMIC 阿吽」7月号 ヒット出版社
 表紙と巻頭カラーは幸田朋弘さん、お隣さんが窓伝いに入ってくるというベタ展開。分かりやすい作品もたまには良いな。井上よしひささんは趣味丸出しの作品。最初のダムからしてマニアックなのだけど、その後の縛り描写がさらにマニアック。こういう作品が許されるのがある意味凄い。霧恵マサノブさん、今回は前半ベタ甘、後半シリアス。次回の最終回でエビス様がどのように出てくるのか楽しみです。


5月30日

 懸賞でビール当たった……でも飲まないから意味無いな。友達にでもあげるか。
 おめざフェアで買ってきてもらったエクレアを食す。モカクリームってのもなかなかいけるな。自分で買いに行きたいけど、会期中にいけるかな。
 ガソリン入れてきたけど、入れている間にいつの間にか5台待ちになっていたし、予想以上に混んでいた印象。今日でこの客足だと明日はまた混雑が激しくなりそう。いつも使っているスタンドの近くには近寄らない方が良いな。

 今日の1冊  「ヤングキングOURS」7月号 少年画報社
 巻頭についていた水惑星年代記読本、描き下ろしのマンガに作品別時系列リスト&人物相関図という資料付き、これは為になる良い付録。巻頭カラーでの新連載「破戒劔師」、竹山祐右さんはアワーズ初登場。ガンアクションが多い雑誌なので剣術アクションは異質に感じますが、掴みは良い感じだったのでこれからの展開にも期待できそう。エクセル・サーガは偽エクセルの正体と作った人物が仄めかされている感じ。面白い展開だわ。それ町、今回はちょっと良い話でした。こういう話もたまには良いよね。


5月29日

 今日から仕事量が普段通りに戻りましたが、楽でいいやね。
 今週末も天気が悪いのか……休みじゃないからこちらには関係ないけど、布団を干す余裕があるのはカレンダー上の休日の方が多いから、出来れば休日は雨が降って欲しいというのが本音。
 ガソリン価格がまた上がっちゃいそうなのか。31日は週末と重なるから、近場の安いスタンド付近では大渋滞がまた起きそうだな……明日のうちに入れておいた方が良さそう。忘れないようにしないと。

 今日の1冊  「コミックメガゴールド」Vol.7 コアマガジン
 メガストアHのリニューアルに関連してか、この雑誌は今回で休刊。柱が少なかったなぁ。カラーページに3本のショートは質が高くて相変わらず凄い。要青豆さん、舞台は違いますが以前の登場キャラがいきなり出ていてビックリ。とはいえ話には関わっていないので、これまでとは違った雰囲気の作品になっていました。天竺浪人さんは危ないネタの連載が完結。これ系のネタは見ていて冷や冷やするよ。大丈夫なのかな、これ。


5月28日

 仕事一段落、とりあえず来週頭までは落ち着く感じ。でもそこから後がまた仕事ラッシュだし、そこからまた少し開いて再び仕事ラッシュ。7月半ばまでは変則的なパターンが続きそうだ。
 肘の辺りを蚊に刺されちゃった。ほとんど服を着て隠れている状態なのにいつ刺されたんだろう。
 CDを買ってきてくれと頼まれたのだけど、いつの間にか大手チェーン店ばかりになっちゃってるんだな。探し物は何とか見つかって良かったです。3店も回る事となるとは思わなかったけど。

 今日の1冊  水上悟志 「惑星(ほし)のさみだれ」5巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 獣の騎士団が揃いましたが、かまきり・とかげ・カジキマグロって獣なのかな……2人が亡くなっているので総勢10人、さらにトップのさみだれちゃんを含めた11人で、姿を現した魔法使いアニムスとその手下の泥人形と戦っています。しかし段々敵が強くなってきて絶望感が出てきそうで怖い。さみだれの中にいるアニマが登場し、さらにアニマとアニムスとの関連性にも触れられて、核心に一気に近づいてきた感じがしますよ。緊張感がさらに高まってきた。


5月27日

 お腹が痛くて目が覚めちゃった。忙しい時に寝不足はきつい。
 扇風機投入。親が使いたくなったようで、一緒に出されていました。でも投入した途端エアコンを使いたくなるような暑さになるのがここなんだ……。
 明日で仕事はとりあえず一段落しそうだ。その明日のスケジュールがまた大変なのだが、先が見えてるから多少気が楽。でも6月に入ってすぐにまた忙しくなり始めるんだよな。週末もいつもどおりの仕事量で休めないし。でも一段落する事がありがたい。

 今日の1冊  あさりよしとお 「荒野の蒸気娘」2巻 ワニブックス ガムコミックス
 自分の事を少女と思っているロボットの姉妹と、その2体のロボットの旅に巻き込まれてしまった男の3人旅。黒い笑いやマニアックなネタなど、あさりよしとおさんらしさが存分に散りばめられていますが、そもそもロボット自体で出落ち状態な気が。旅に慣れてきたからか、それぞれのキャラの持ち味が発揮されてきた感じ。しかしアリスというのは面白いキャラだ。ちょっとした行動が笑いに繋がるんだもんなぁ。


5月26日

 雨が止んだ途端に熱くなるなよ……帰ってきて部屋の暑さにビックリしたよ。
 仕事の疲れであっという間に朝が来ちゃった感じ。起きるの苦じゃなかったけど、ここまで寝てる時間が短く感じたのは久しぶりだ。とりあえず、あと2日で通常通りに戻りそうだからそこまではドーピングしてでも頑張ろう。
 カード類出てきた、凄い所に絶妙な挟まれ方をしていた為同化していて見落としていた感じ。見つかって良かったよ。ついでにヤマダ電機で500ポイント当選、今年4回目だ。買ったものがほぼ半値の計算に。ありがたいな。

 今日の1冊  みた森たつや 「僕と彼女のホント」 秋田書店 ヤングチャンピオンコミックス
 みた森たつやさんの一般向け初単行本……かな。巨乳好きの男の子ヒロキ君が、ひそかに思いを寄せていた幼馴染のお姉さん恵さんに家庭教師をされる事になったことから物語がスタート。最初は2人で甘い展開が繰り広げられ、ライバルも登場とラブコメお決まりのパターンに入ってきたのですが、最後の最後で無茶苦茶な展開がやってきました。これは予想外すぎて笑わされました。


5月25日

 中途半端な雨だったけど、涼しくて過ごしやすかったよ。
 パスケース入れに挟んでおいたカードが数枚なくなってた……落ちしちゃったかな。もうちょっと探してみるか。あまり大事ではないカードもあるけど、ヤマダのポイントが2000位溜まっていたはずだからそれはちょっと勿体無いな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーで愛媛FCとの試合でしたが1−2で敗戦。第2クール初戦から順位が下の相手に敗退。チーム力が低いのか、戦術が噛み合っていないのか……この調子が続くようだとがっかりのシーズンになりそうだ。


 今日の1冊  原作・かとりまさる/漫画・安藤慈朗 「しおんの王」全8巻 講談社 アフタヌーンコミックス
 目の前で起きた殺人事件を機に声を失い、そして将棋の道へと進んでいったしおんちゃんの物語もついに完結。プロアマ・男女混合のトーナメント戦の決勝の相手は現名人の羽仁真、名人との戦いはかなり激しい展開に。そして同時進行で殺人事件についても解決。こちらも二転三転しましたが、最後の理由に思わず納得しました。そして最後の展開は、これは予想されていた事とは言え感動的。とても面白い作品だったと思います。


5月24日

 普段は通らない道を通ったら、タイムズの駐車場発見。でも……近くに知り合いの家に止められるから使わないなぁ。ポイントが溜まりにくくって困るわ。
 今週末は仕事たっぷり。とりあえず来週の水曜までにやる仕事がたくさんです。そこが終われば数日は落ち着くかな。すぐ次の波が来そうですけど。
 午後からがっつりと雨……という予報だったようだけど、あまり雨は降らなかったな。車の量が多くなっていて移動は大変でしたが、なんとかなりました。信号のタイミングとかほぼ完璧だったと言う事もあったのですが。明日も移動が大変そうだなぁ。

 今日の1冊  椎名高志 「(有)椎名大百貨店」 小学館 サンデーGXコミックス
 椎名高志さんの短編集。サンデーGXとヤングマガジンアッパーズに掲載されていた4作を収録しています。椎名さんの転換期に描かれた作品という事で、これまでとは少し毛色の違う作品が多くなっているかも。基本はドタバタ系ではあるのですが、その中にきちんと訴えかけたい物も込められていて、作品の完成度はかなり高いです。もちろんエンターテインメント性も十分すぎるほどなので、楽しめる作品揃い。今は連載中なので厳しいですが、また短編も読んでみたいな。違った椎名さんが味わえるから。


5月23日

 最高気温が30.7℃……今年初の真夏日だったようですよ。そりゃ暑いわけだ。週末は雨で涼しくなりそうなのは良い感じ。仕事で忙しいのに暑いと辛いからな。
 移動中に交通事故の現場に2箇所遭遇、何とか間に合ったけど車の中だから携帯を使う事も出来ないし渋滞の中ではドキドキでした。運が悪かった。
 今月前半はちょっとお金使いすぎていたのですが、現段階で生活費の1/3が残っています……あれ?中盤はほとんどお金使わなかったって事か。確かに本屋以外での買い物をほとんどしていなかった気もする。備蓄の消費を進めていたのも一因かな。

 今日の1冊  ひぐちアサ 「おおきく振りかぶって」10巻 講談社 アフタヌーンKC
 県大会3回戦の埼玉戦、さすがに前回優勝校の桐青戦とは違ってあっさり終わりましたが、10巻でまだ地方大会2戦目だもんな。面白い作品なだけに早く続きが読みたいのですよ。その埼玉戦は主軸の田島君が怪我で本調子で無い中、西浦高校が実験的な試みで戦っていくという初戦とは違った展開。クソレフトが活躍したり、花井君がプレッシャーを感じたりと、面白い見所が作られていました。


5月22日

 昨日、布団を干しておいたので、1枚減らしたのにほっかほかで寝られました。
 バレーなんて嫌いだ……どうでしょうの放送時間が変わっていたのに気づかなかった。いつもだとチェックするんだけど、忙しくて疲れちゃっていて忘れてたよ。テレビ神奈川で補完するのを忘れないようにしないと。
 メガマフィン、好評につき継続中なんだ。これでいつでも食べにいけるのはありがたい。次はいつ食べに行こうかな。

 今日の1冊  「月刊 コミック電撃大王」7月号 メディアワークス・角川書店
 今号をもって発売日が21日から27日に変更、次号からは大幅にページ数増をするようです。でも「はやて×ブレード」が移籍、オリジナル作品が少ない雑誌なのに、看板クラスのオリジナル作品流出は痛すぎるな。よつばと、読んでいて小さい頃に感じていたお祭のワクワク館を思い出しましたよ。「苺ましまろ」はかなり面白かったんだけど、絵は物凄く手を抜いていた感じが。良いのかな、これ。


5月21日

 台風が通り過ぎた影響か暖かい1日に……ってか、夜でもこの暖かさだと扇風機欲しくなるな。
 友達と3人で焼き鳥屋へ。以前は別の友達と行った店でしたが、今回のメンバーにも満足してもらえた感じ。仕事後遅くなっても開いているのもありがたいし、駐車場も広いから車でも問題ないし、これから使う事が多くなりそうだ。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はサガン鳥栖との対戦でしたが1−2で敗戦。第1クールはダメダメだったな。これじゃ昇格は夢のまた夢だな。

 今日の1冊  「月刊サンデーGX」6月号 小学館
 「ブラック・ラグーン」、ロベルタ編の最激戦に入ってきたと思ったのですが、最後にバラライカの姐さんが登場。さらに激しくなるのかな、それとも終結が近いのかな。今回の「ジャジャ」は面白すぎ、レナさん天然すぎだろ。これほどお似合いの2人なのに、進展しないのは互いに重度の単車バカだからだな。世界制服、今回はちょっぴり社会派なシリアス風味。


5月20日

 ここの所忙しかったので、整理していない本の山がたくさん出来てきちゃった。片付ける余裕も無いのでしばらくこのまま放置になりそうだ。中にはまだ読んでない本も埋もれているので、それを片付けちゃわないように気をつけないと。
 激しい雨が屋根を叩きつける音で目が覚めました。朝から電車や飛行機の運休状況がテレビで流れまくりだったのに、台風が近づくにつれて天気が良くなるってのはどういうことだ。
 予定の変更は早めに言っておいてくれないと……土日の予定が大変な事に。移動が大変な事になったけど、なんとかなるかちょっと心配だ。

 今日の1冊  「漫画 ばんがいち」7月号 コアマガジン
 千葉哲太郎さん、厄病神(本物)を招き入れてしまった男のお話。献身的な疫病神さんが可愛すぎでした。榎本ハイツさんの「柳田君と水野さん」シリーズ、今回は久しぶりに主人公2人が中心のお話。これまでの蓄積が生きた話になっていました。こういう甘さの作り方もありなのか。河合二葉さん、この方の描く悲しい物語は心に突き刺さる。今回も歪んだ形の想いが伝わってくる重い話でした。


5月19日

 久しぶりに大量の書き物をしたせいで手が痛い。パソコン使えると楽なんだけどな。
 今週のスケジュールはほぼ決定。かなり大変な事になっているけど、移動にまだ多少の余裕があるのが救いかな。でも今週を乗り越えても次々と山場が来るので、当分の間は気が抜けないや。次の休みはいつになるんだろうな。
 また台風が近づいてきています。今はまだ小降りだけど、明日は結構な雨量になるみたい。雨だと車が増えるから移動に手間取るんだよ……早め早めの行動を心がけないといけないな。

 今日の1冊  六道神士 「エクセル・サーガ」20巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 2人のエクセルが遭遇、そして本当のエクセルが記憶を取り戻すと、エクセル絡みの話が一気に進みました。エクセル中心に話が回っていき、久しぶりのどたばた劇が見られるようになりましたが、そんな中でエルガーラが虐げられポジションに落ちていって、かなり可哀想な事になっています。アクロスとF市側に繋がりが出来た事で物語自体がかなり混沌とした状態になっていますし、重要な転換点を迎えつつあるという感じがしますよ。


5月18日

 山場が近づいてきた感じでかなり忙しくなってきました。ドーピングしながら何とか乗り越えていかないと。
 明日と3日後に賞味期限が切れる物が……賞味期限だから多少過ぎても大丈夫とは思うけど、あまり気分はよく無いので処理を進める予定。これを処理し終えてもまた出てきそうだな。
 HDDレコーダーの残り時間が少なくなってきたので、移せる物を一気に移しました。CS放送は地上波よりも面白い番組が豊富にあるからあっという間に溜まっちゃうよ。もうちょっと見る時間を作りたいけど……しんどいな。

 今日の1枚  シェリル・ノーム starring May’n 「ダイアモンド クレバス/射手座午後九時Don't be late」 JVCエンタテインメント
 「もって〜け〜」というフレーズでお馴染みの曲がCD発売。発売直後に買いそびれていたのですがようやく手に入れる事が出来ました。タイトルになっている「ダイアモンドクレバス」はマクロスFのエンディング曲、ゆったりとしたテンポですが、シェリルの歌を担当するMay'nさんが情感豊かに歌い上げています。そしてもう1曲はあのフレーズが入った「射手座☆午後九時Don't be late」、「私の歌を聴け〜」というアニメでの台詞にバッチリマッチしたノリノリの曲。2曲で違った面が見られて良い感じ。こりゃ売れるのも頷ける。


5月17日

 扇風機が欲しくなった……でもまだ出す余裕が無いよ。
 という事で忙しいのは今年度最初の山場が近づいてきたからです。スケジュールがぐちゃぐちゃになってきましたよ。現段階では処理できそうだけど、これ以上増えると厳しくなりそうだ。
 今週はヴァンフォーレの試合はお休み。奇数チーム数だとこういう事があるのか。試合数が揃っていないからこそ争いが計算しにくくなり面白くなる可能性もあるけど、勝負所で試合が無いチームは何も出来なくって厳しいよな。それも面白さの1つかな。

 今日の1冊  「コミックメガストア」7月号 コアマガジン
 大塚子虎さんの連載は最終回。フェブとミラの出会いの回想シーンからスタート、最後はお決まりのパターンとは言えこれはグッと来る良い話でした。単行本で一気に続けて読みたいな。みた森たつやさん、こちらはいつものパターンに入ってきちゃいました。しかし有無を言わさぬ甘さでそれを押し通しちゃっています。牧野坂シンイチさん、お姉さんの代理でメイド喫茶で働く事となり、同僚と……ユージ君が鬼畜に変わったのが意外でした。


5月16日

 賞味期限が近くに切れる飲み物の消費を終了。間に合って良かった。
 なんか最近変な変換をする事が多なってる……設定を変える事はしていないし、多量の文章を打ち込んだ記憶も無いしなんでなんだろ。
 どうでしょうを鑑賞。5周年記念の3夜連続深夜バスの旅、これ見たかったんだ。有名になりすぎた今では、深夜バス規格はもう出来ないだろうからなぁ。しかし表情プラスアルファだけで勝負できてしまっているのが凄い。しかし先は長いのに大丈夫なのだろうか。

 今日の1冊  桜場コハル 「みなみけ」5巻 講談社 ヤンマガKC
 限定版は「みなみけ〜おかわり〜」のDVDがついていますが、出来が……と言われるおかわりのDVDがついていても……。作品の方は変わらずぬるい面白さ。みなみけの3姉妹を中心に、脇を固める個性的なサブキャラ達が繰り広げるありふれた日常を描いただけの作品。1つ1つの話に破壊力があるわけでは無いのですが、1冊まとめて読むとじわじわと来るのが不思議です。


5月15日

 久しぶりに晴れました。洗濯物も安心して外で干せたし、暖かかったし……これぐらいの容器だと過ごしやすくてよいな。
 「ほっかほっか亭」から分裂した「ほっともっと」が営業を開始。割引クーポン付きの広告も入っていました。店名が変わってもメニューはそれほど変わってないみたい。290円ののり弁が残っていたのでオッケーオッケー。味が変わったのかは今度試してみよう。
 帰りに後ろについた車のライトがまぶしすぎ、方向ぐらいちゃんと合わせてくれよ。

 今日の1冊  「新海誠美術作品集 空の記憶〜The sky of thet longing for memories〜」 講談社 アフタヌーンKCピース
 新海誠さんがこれまで作ってきた「秒速5センチメートル」などの映像作品。その作品で使われてきた美麗な背景を1冊の本としてまとめられたのがこの本です。作中では時間の経過であっという間に流れてしまう背景ですが、ここまで描き込んであるのかと驚かされること必至です。収録作品を作成するにあたっての様々なテクニックなども解説されており、画集として以上の価値を持つ本になっています。


5月14日

 部屋の中に少し小さい虫が入ってきちゃったのですが、対応しようとすると姿をくらまし、座ってテレビやパソコン見てるとまた出てきて……何度も立ったり座らされたりで疲れたよ。
 午後から久しぶりに日差しが出ました。明日はすっきり晴れるようだけど、その後また天気悪くなっちゃうのか。
 仕事先でコーヒーゼリーをストローでいただくドロリッチを頂いた。これは危ない、するする入って行っちゃうからあっという間になくなってしまうよ。という事でこれはもう買わずに封印します。もうちょっと安ければ危なかったけど。

 今日の1冊  秋風白雲 「いいんちょ。」1巻 ワニブックス GUMCOMICS
 メインキャラは6人のクラス委員長。全員が眼鏡を装備し、おでこを見せる典型的な「いいんちょ。」達です。その6人の「いいんちょ」達ですが、格闘をたしなむ者、正義感溢れる者、お嬢様などなどかなり個性的。学校に規律を取り戻そうと奮闘するのですが、最大のライバルが生徒会長(大馬鹿)というのが面白い。欲望に任せたまま描ききったという感じのこの作品。典型的なドタバタコメディで楽しかったです。


5月13日

 台風での大きな影響はありませんでした。ホッとしました。
 左肘に原因不明の痛みが再発。この痛みに慣れつつあるのが嫌だ……原因が分からないから対処の使用も無い。とりあえず負担をかけないようにして痛みが引くのを待つだけかな。あんまり痛みが酷くなれば医者にも行かないとならないかな。
 仕事先の人と焼肉に行ってきました。食べ放題で財布を気にせず食べられるし、質もそこそこあるからお得感があります。でも昔のポイントシステムならもっと良かったのに。

 今日の1冊  取材/原作・入江謙三 監修・岩中督 漫画・橋口たかし 「最上の命医」1巻 小学館サンデーコミックス
ジャぱんでハチャメチャな世界を描いた橋口たかしさんですが、今回の作品は医療の世界を舞台としたシリアスな漫画を描いてきました。小さい頃に心臓の手術を受けて命を助けられた西条命(みこと)君が、手術をしてくれた神道先生を目標として医者の道へと進んでいく物語。命君のまっすぐな思いとたゆまぬ努力を見ていると、応援したくなります。こういう作品をきっかけにお医者さんに憧れを持てる環境になると良いな。


5月12日

 こんな時期に珍しく台風が来ちゃっています。直撃にはなら無さそうだけど、明日の天気も悪くなりそう。害が大きくならないと良いな。
 まだ先週は連休の名残が残っていたけど、今週からは仕事も通常進行に。このいつも通りというスケジュールは楽だ。
 友達から捕獲命令が来たので、エヴァの特装版を確保してきました。特装版は限定版じゃないからまた買えるようになるという話ですが、次に出回るのが7月だし買える時に買っておいた方が良いに決まってるよね。

 今日の1冊  宮尾岳 「アオバ自転車店」3巻 少年画報社 ヤングキングコミックス
 並列連載が始まってから刊行ペースが上がりまくりですね。それだけ描きたいエピソードがたくさんあるって事なのかな。二年参りのために深夜に出かけたいと言ってきたアオバのエピソードでは、様々な安全装置の有用さを説いていますし、違法駐輪問題、メンテナンスなど、自転車本体よりもそれにまつわる問題を描いた作品が多くなっています。そのような事例を通じた作品でも、自転車の魅力を描き出してエンタテインメントに出来てるのですよ。


5月11日

 今日は1〜2ヶ月位時間が巻き戻ったような寒さになりました。昼過ぎてからはだいぶ良くなったけど、着る物選びが難しかった。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでベガルタ仙台との対戦でしたが、0−2で負け。試合の内容自体は悪くなかったのに点だけ入れられちゃったという勝負ごとでたまにある負け方。こういう負け方はショックが残るんだよな。
 友達からマクロスフロンティアの映像を見せてもらった。質田高いよ……こっちでもやって欲しかった。

 今日の1冊  岸本斉史 「NARUTO」42巻 集英社 ジャンプコミックス
 前回に引き続いて自来也さんがメインの対ペイン戦。戦いもさておき、何と言ってもナルト君絡みの回想のエピソードが良い感じ。これを語りたかったという意思が伝わってくる熱いエピソードでした。そしてもう1つ、初期の頃から対決構造が描かれていたサスケとイタチの戦いも始まりました。こちらの戦闘はもうちょっとテンポが欲しかったですが、それでも以前よりは密度が濃くなっているように感じます。


5月10日

 お腹空いて目覚めた。バランスの良い食事を心がけよう。
冷たい雨のせいか、昨日よりも最高気温が10℃近く下がりました。慌てて上着を出しましたよ。激しい気温の変動にちゃんと対応して風邪を引かないように気をつけないと。
ガソリン価格が戻ってから初給油、さすがに値上げから時間が経っているからか、お客さんの方も普通の入りになっている感じ。あっという間にこの価格が普通って感じになっちゃったな。行っているスタンドはまだ安い方で154円だけど、160超えている所も多いし……しんどいよ。

 今日の1冊  「コミック0EX」Vol.6 コアマガジン
 巻頭カラーのisaoさん、今回はカッコ良い女性がこれまたカッコ良い服を着て……そんな女性が見せるギャップがたまりませんよ。峠比呂さんのシリーズ最新作が掲載、色々膨らませられそうなので楽しみなシリーズです。今回の話も峠比呂さんらしさ全開で激しかったです。谷町めいどさん、今回は遠距離に話されたカップルのお話でしたが、締めが綺麗に決まっていて良い余韻に浸る事が出来ました。


5月9日

 今日ぐらいの陽気が過ごしやすくて最高……でも明日から雨が続くのか。
 「じゃがバタースナック」の補給に成功。まだもうちょっと残っていたな……もっと買っておけばよかったか。それはそうと、そのコンビニでは秋葉で全滅状態のエヴァ特装版が2つも残ってたよ。あれは買っておくべきだったのだろうか。
 昼間に食べ過ぎて夜に食べる気が起きなかった。で、結局夜ご飯は食べなかったのだけど、寝ている間に空腹で起きないか心配だ。ちょっとだけでも食べておいた方が良いのかな。

 今日の1枚  坂本真綾 「トライアングラー」 JVCエンタテインメント
 マクロスフロンティアのオープニングテーマ。楽曲の方は作品に有った歌詞、透き通るような歌声、そして極上のサウンド、三位一体となってとてつもない完成度の楽曲に仕上がっています。何と言っても話題になったのが菅野よう子&坂本真綾コンビの復活。数多くの名曲を生み出してきたコンビが久しぶりにタッグを組みましたが、この2人の親和力の高さを改めて実感させられましたよ。


5月8日

 半袖1着出しておいた方がよいかな。暑いよ、もう。
 どうでしょうはユーコン完結。感動的なフィナーレにしたい藤村Dと、それには乗らないぞという出演陣2人のノリの違いが面白かったな。そこでガイドの熊谷さんが持っていっちゃうんだよな。でもこの企画の受けが良いのは、全員に活躍の機械があるからなんだよな。うれしーも結構喋るし。
 友達からネトゲの誘いが……そんな時間は無いので断っちゃったけど、ゲームについて楽しそうに話すものだから興味はひかれた。ネットには接続しないまでも手を出してみるかな。

 今日の1冊  葉雨たにし 「いつも君を感じてる」 コアマガジン メガストアコミックス
コアマガジン系の雑誌で最近注目していた葉雨たにしさんの初単行本、ようやく買えました。 柔らかなタッチが女性の可愛らしさをより引き出していて良いんですよ。赤らめた表情の上手さは特筆ものです。そして台詞の使い方も上手くて、ドキドキさせられる展開が多いのですよ。全部で9作品が収録されていますが、年上から年下まで様々な子が勢揃い、どれもが甘酸っぱい感覚を覚える作品たちです。


5月7日

 久しぶりに地元のお菓子栗煎餅をいただきました。懐かしい味で美味しかった。たまにはこういうお菓子を買うのもありだな。
 今週のスケジュールが変則的だったせいで、起きた瞬間は今日が何曜日なのか見失ってた。学生の姿があまり見えなかったのも一因だよな。姿があまり見えなかったのは高校総体のため、集団で走り回るからちょっと怖かった。
 さて車道の混雑の方は想定以上のレベル……道の選択が悪かったのかもしれないけど、余裕を持って行動していたはずだったのに、ギリギリになっちゃった。危なかったよ。

 今日の1冊  かずといずみ 「小さな惑星の小さなお話」 ジャイブ株式会社 CRCOMICS
 貧乏姉妹物語以来のかずといずみさんの新刊は短編集。比率としては9/14で同人がやや多目。同人誌からの再録作品は、ページ数の制限が無いので描きたい事をストレートに表現できている感じがします。商業誌掲載作品は、決められたページ数の中での表現なので密度が高くなっています。基本的に女の子を書くのが好きな作家さんなのですが、それぞれの女の子に違った個性を与えつつも魅力を引き出しているのは愛のなせる業かな。


5月6日

 今日で世間の連休は終わりか。明日から道路が混むんだろうな。
 洗車してきました。しかし前後の人が両方とも車から降りて機械にお金払ってた……乗ったまま全部出来るシステムが台無し。慣れていない人が多い時期だから仕方ないか。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームで横浜FCとの対戦でしたが、1−2で勝利。まだホームでは負け無しなんだよな。この内弁慶っぷりは直してほしいけど、とりあえず勝ち点3取れたのは良かったな。

 今日の1冊  やぶうち優 「ひとひらの恋が降る」2巻 小学館 ちゅちゅコミックス
 晴流(はるる)ちゃんと凪君のお付き合いで始まった作品ですが、違う学校に通う事で接点が減り少しずつ2人が疎遠に。そんな中で、近くにいた颯君が気になり始めてついには……もう若々しさが満載のこの展開。3人が3人とも思い悩み苦しむ姿があるのですが、その姿が真剣そのものなので、どのキャラにも頑張ってほしいと思ってしまうのですね。でも最後はどちらかが……その点がちょっと悲しいな。


5月5日

 メガマフィン食べた。ズレまくりで食べにくいのは仕方ないけど、美味しいからあまり気にならないな。レギュラーメニューにならないかな。
 今日は昨日よりもかなり涼しかったのですが、洗車する予定だったのに雨が降ったので出来ず。仕方ないから明日仕事の合間に急いで洗ってくるかな。
 仕事が早く終わったから久しぶりの店に行こうと思ったら……お休みでした。連休で個人経営の店だとこういうことがあるよな。がっくり。

 今日の1冊  藤原ヒロ 「会長はメイド様!」5巻 白泉社 花とゆめCOMICS
 いつもの可愛らしいメイド姿……が中ではあまり見られませんでした。美咲ちゃんの働くメイド喫茶が執事喫茶に変えられてしまうかもしれないという事で、執事喫茶の従業員オーディションに潜入する事に。という事でメイド服は無かったですが、執事服でバッチリ決めた美咲ちゃんが堪能できました。そのオーディションで碓氷君が大怪我をしたのですが、その後の美咲ちゃんのお見舞いからの展開が王道すぎ。2人が良い関係を保っていて、応援したくなりますよ。


5月4日

 飲み物がぶ飲みしちゃう位暑かった。まだ5月始まったばかりなのに。
 近くの会社に止めてある車の車内灯が点きっぱなしなんだけど……会社は当然休みで誰もいないから知らせる方法もないや。
 迷惑メールのフィルタを突破してくるやつが増えてきちゃっていますが、こればかりは「フィルターさん頑張って」と言うしかない状態。しかしフィルターで弾く量が多くなっても、紛れ込んだしメールを見つけ出す労力が増すんだよな。

 今日の1冊  赤衣丸歩郎 「仮面のメイドガイ」8巻 角川書店 角川コミックスドラゴンJr.
 7巻が出たばかりだと思ったらもう8巻が出ました。携帯クリーナー付きですが、フブキさんはともかくなえかのは表に持っていけないだろ、これ。とは言っても、本編の方のセクハラ具合を考えれば、携帯クリーナーの図柄はまだ大人しい方なのかも。過激な下着に変えてしまうウィルスとか、成績を上げる為に胸のふくらみを強制的に押さえるボンテージ服を着るとか……なんでこんな事思いつけるかね。


5月3日

 メガマフィンは連休中で終わっちゃうのかな。もう1度食べたいけど、連休中に行けるかな。
 ナシオの「じゃがバタースナック」を、北海道限定という言葉に釣られて購入。ジャガイモのてんぷらのような味がしてなかなかいける。これは買って正解だ……でもコストパフォーマンスはちょっと悪いし、すぐに手に入る物でも無さそうなので大切に食べよう。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでザスパ草津との対戦でしたが0−0のドロー。今年は本当に得点力が無いな、がっくりだ。

 今日の1冊  福本伸行 「賭博覇王伝零」3巻 講談社 KCDX
 遊園地で命を賭けてのギャンブル、このギャップがたまらないです。「迷宮のトライアングル」を何とか乗り切った零君たちでしたが、ここでイレギュラーな展開に……今回も新たなギャンブルが登場しましたが、単純だからこそ色々と考える余地が出来てしまう、そんなギャンブルになっていて面白い。しかし今回のギャンブルは、いつも以上に人が信用できなくなるな。こういった心の影の部分を上手く描くのが福本さんらしいや。


5月2日

 明日から連休後半戦か。今日だけでレッカー車を2回も見たけど、明日からはこういう車が増えそうだ。
 まだガソリンスタンドは閑古鳥が鳴いてた。一気に30円も上がれば寄りつかないのも仕方ないよ。
 どうでしょう、荒々しい大泉さんが見られましたが、パンツ一丁に長靴って荒々しいのか?あとは大自然に心を洗われてしまったミスターとか、地味に目立つガイドさんとか、面白さがぎっしり詰まっているな。

 今日の1冊  「コミックメガストア H」6・7月合併号 コアマガジン
 8月号からリニューアルという事で今回は合併号。リニューアルする必要があるのかと思うぐらいのレベルなんだけど。巻頭のフルカラーはトモセシュンサクさん、フルカラーだとより質感が……良い感じ。イシガキタカシさん、2人とも一直線って感じで若さと甘さが溢れていました。かねことしあきさん、いつものあれはしっかり登場。単行本でもタイトルに使われていたし、この情熱の注ぎ具合に職人魂を感じます。


5月1日

 あっという間に5月になってしまった感じだ。4月がこんなに早く感じたのは何でだ……年か。
 ガソリン価格、下げる時も一気に下がったけど、上がる時も一気に上がったな。下げた時に赤字だっただろうから、今回の値上げも理解してますが文句言う人は多そうだよな。しかし民主党が無茶な事をしたから、スタンドの経営者は苦労させられたような……結局スタンドに対する救済策も出さなかったし、その行動はどこ向いてやっていたんだ。
 連休後半から来週にかけての仕事がほぼ確定。凄いぐちゃぐちゃになったけど、何とか詰め込めた。大変そうだけど頑張ろう。

 今日の1冊  桜場コハル 「みなみけ」4巻 講談社 ヤンマガKC
 みなみけ(南家)の3姉妹を中心に、特別なアクシデントも無いごくありふれた生活を描いた作品。ですので緩いです、笑いも緩いです。それが癖になります。トウマ君の登場で春夏秋冬全部が揃ったのですが、トウマ君ほとんど女装させられっぱなしだよ……そういう属性が好きな方にはたまらんだろうけど、まさかずっと続く事になるとは。そしてメインキャラ以外も自己主張が激しくなってきた感じがしますよ。


4月30日

 連休後半のスケジュールが決まり始めた。休みはやっぱりなしになりそう。
 最高気温が28.8℃だって。相変わらずとばしてるな。このペースで気温が上がっていけば、40.9℃の最高記録も抜けるのではないか……と仕事中の暑い部屋で考えていました。暑さは思考回路を駄目にするな。
 予想通り、ガソリンスタンド付近で渋滞発生。こっちはこの前の東京行きで無くなっていたので、さっさと入れちゃっていました。ちょっと損する感じだけど、待ち時間を無駄に使うのとトントンだと思うな。時間の方が不可逆だし。

 今日の1冊  「ヤングキングOURS」6月号 少年画報社
 前半部分は分かりやすいドタバタだったのに、最後に衝撃的な展開となった「エクセル・サーガ」、何が起きたのかさっぱり分からないよ……どうなるんだ、これ。大石まさるさんは「月刊サチサチ」7本立て、自由すぎるなこの人は。いろいろな話が楽しめるので、これはこれで嬉しいですが。コンビニDMZ、DMZの本場に出店の相談って、あんな所はさすがに人が居ないだろう。微妙に危ないネタだけど、これが出来るのは日本ならではだ。


4月29日

 窓を開けっ放しにしておくと、虫がガンガン侵入してくるようになりました。もう冬じゃないんだから、油断しちゃいけないよな。
 ファンタのふるふるシェイカーを頂きました。値段の割りにちょっと量が少ない事、炭酸があまり感じられなかった事が不満。美味しかったのだけどな。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーでロアッソ熊本との対戦でしたが、1−2で敗退。上位チームに良い試合をしても下位チームに勝てないようでは、力がまだまだ無いって事だよな。降格チームだからチーム作りも大変だと思うけど、かなり不満ですよこれは。

 今日の1冊  「COMIC 阿吽」6月号 ヒット出版社
 師走の翁さんがまたまた「シャイ娘。」シリーズをスタート。でもこの辺になると誰の事なのかが分からないや……分かったらより楽しめるんだろうけどな。井上よしひささんは、淳ちゃんが再登場。相変わらず変わったカップルだ。そもそも淳ちゃんのやる事が無茶苦茶すぎるわ。霧恵マサノブさんは、過去の因縁話の大詰め。最初の頃は、ここまで大きな話になるなんて思っていなかったな。完結まで頑張ってほしい作品です。


4月28日

 昨日の疲れなんて感じる間もなく仕事ラッシュ。明日も忙しそうだな。
 休みになっている人もいるのか、車の量が少なく感じられました。でも連休に入るという事はペーパーも増えるという事。これからの1週間はいつも以上に周りに気をつけないと。
 昨日の買い物などをしている間に、財布の金具が壊れちゃいました。使いやすくて重宝していた財布だったのにな……同じ物を見つけるのは無理だろうな。安価で機能が似た財布が見つかればよいのだけど。

 今日の1冊  「コミックホットミルク」Vol.5 コアマガジン
 ほぼ最初から最後までという感じの月野定規さんの作品。今回は2人出てきているので、1回で2倍以上楽しめるお得な展開、破壊力抜群でした。巻中カラーの石恵さん、6ページでも質的には満足できるのですが、もっと長い作品を読ませてもらいたいな。フルカラーじゃ無理かもしれないけど。しなまさん、眼鏡な生徒会長と争っていた男の子ですが、綺麗なおかみさんになっていたその子と……なんという美味しすぎる展開。しかも甘いし。


4月27日

 久しぶりの同人誌即売会COMIC1へ。雨は降っていましたが、屋根がある所で待てたので影響はほとんど無し。収穫もまずまずでばっちり楽しんできました。しかし2回目でこの規模か、ポストレヴォの座を引き寄せつつあるな。レヴォと言えばサンシャインのあのぐちゃぐちゃさが好きだったんだけどな。
 帰りの高速では上り線が大渋滞。今年は休日が飛び石なので、日帰りか1泊での行楽帰りだったのかな。わざわざ混む時期に行かなくても良いと思うのだけど。
 さて連休中はもう休みも無さそうだし、しっかり働きますよ。早めに仕事を進めて、山場を少しでも楽にさせないと。

 今日の1冊  伊藤明弘 「ワイルダネス」6巻 小学館 サンデーGXコミックス
 それぞれ事情を抱えて追われる身となっている3人の日本人が、一緒になって逃避行を続けているのですが、この逃避行の終わりがなかなか見えてこないのが3人にとっては厳しいところ。そりゃ3人を追う組織が代わる代わるやってくるのですからね……。5巻が大人しかった分の鬱憤を晴らすかのように、弾丸が雨あられ状態。その数は4桁行ってしまっているのではないかという位。この激しさがたまらないですよ。


4月26日

 あれを見て違和感を覚えないとでも思っているのかね。偏りすぎだろ、あれは。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はホームで愛媛FCとの対戦でしたが1−0で勝利。暫定ですがこれで順位も結構上がったようです。上位3チームと比べると試合消化数が1試合多いから、まだまだ大きな差があると思わないといけないのよね。このまま勢いに乗れるかな。
 今日は寒かったですが、明日は天気になりそうで一安心。チェック数も少ないしゆっくり全部見て回れそうかな。楽しみだ。

 今日の1冊  福本伸行 「アカギ」20巻 竹書房 近代麻雀コミックス
 鷲巣麻雀もようやく大詰めという感じになってきました。大量リードを奪った鷲巣でしたが、意外なところに隠れていた爆弾がついに発動。圧倒的優位だった鷲巣がアカギと同じ高さまで引きずり下ろされた形になりました。でも勝負はまだ振り出しに戻った程度なので、まだ一波乱も二波乱もありそうですけど。一部の牌以外は見えてしまうという鷲巣麻雀は、読者の立場でも駆け引きが楽しめて面白いです。今回の闘牌も意外性があって面白かったです。


4月25日

 5月1日からガソリンの暫定税率復活か。値上がり直前のスタンドがまた混むんだろうなぁ。
 どうでしょう、この前「細かすぎて……」では不発だった大泉さんのモノマネですが、ホームだと実力を発揮しまくりだな。モノマネだけで半分位押し切っちゃってるもん、これ。藤村Dの失態にも大笑いでした。
 エヴァ新劇場版2周目突入。友達とメッセンジャーやりながら同時中継が楽しくってつい……ブルーレイで出たらもっと綺麗になるのかな。ブルーレイ版も多分買っちゃうんだろうな。

 今日の1作  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版」 総監督・庵野秀明 監督・摩砂雪/鶴巻和哉 発売・キングレコード
 通常版よりも早く手に入るからという理由で特装版を買ってしまいました……完成度を知っていましたから買わされるのも当然かと。テレビで放送されたものを新作カットを交えて作り直したもの、と認識しているとこれが間違い。様々なサプライズが用意されていて、90分ほどの時間があっという間に過ぎてしまいました。これは整った設備で見てみたいな。


4月24日

 25℃以上の日が続いていましたが、今日は一段落。というかこれぐらいの気温が普通なんだよな。
 2日連続で幅寄せをされた。意図的ではないのだろうけど、狭い道だからちょっと寄られるだけでもかなり怖いのよ。しっかり車線を守って運転してくださいよ……とは言わないけど、回り見て運転してくださいよ。
 劇場版のエヴァのDVDが届いた。見始めたら止まらなかった……あーあ、やらなきゃいけない事があったのに。

 今日の1冊  福本伸行 「賭博覇王伝零」2巻 講談社 KCDX
 義賊をやっていた零が、遊園地で行われる事になった日本代表となる代打ち選考会に出る事に。レベルの高い人を選び出す為という事で、かなり危険なゲームも用意されていまして……主催者の異常さを感じ取る事が出来ます。今回は指切りゲームとトライアングルバトルの2本立て。福本さんの作品らしくないテンポの良さで話が進んでいて、のめりこみやすくなっているかも。。


4月23日

 日曜にちゃんと休み確保できた。これでゆっくり買い物とか出来るし、打ち上げも出来る。やっほー。
 暖かくなったのですが、そのせいで寝ている最中に暑く感じて起きてしまいます。で、布団を1枚外すと、寒くて目が覚めてしまいます。ここ数日ずっとこんな感じです。窓開けて部屋を強制的に寒くしちゃえば良いのかな……下手すると風邪引きそうだけど。
 スーパーの乳製品売り場でバター発見。置いてあるじゃんと思ったら、「1人1個まで」という注意書きが。やっぱり品薄なのか。まだだいぶ残っているうちは勝ち組か。

 今日の1冊  風童じゅん 「バイキングス」6巻 講談社 マガジンKC
 自転車レースって楽しそう、そんな事を感じさせてくれるこの作品。今回は怒涛の展開でした。自転車部の合宿が続いていますが、ライバル校となるであろう舞代高校の登場で全員に変化が起き始めました。特に新しく部員となった5人が、精神的な成長を見せたエピソードは、この作品屈指の名エピソードになる……と思いきや、直後に主人公がこれをも上回る熱い話をしてくれましたよ。参りました。


4月22日

 週末の天気は今のところ問題なし。このまま変わらないでほしいよ。
 6月1日から後部座席もシートベルトをしないとならないのか……今まで以上に気をつけないと。こんな事で点数減らすのは勿体無さ過ぎだからあ。
 ブルーレイの「秒速5センチメートル」を買おうと思ったけど、どこでブルーレイディスクを扱っているんだろう。最近は東京で買ってばかりだから、こっちの事情に疎くなっちゃった。行きつけだったあの店のような店があればなぁ。

 今日の1冊  「月刊 コミック電撃大王」6月号 メディアワークス・角川書店
 フィギュアがついて780円ですが、今月は「よつばと!」が急遽休載……これは辛い。「よつばと!」が有ればどうでもないのに、ちょっと割高感を感じちゃったよ。5大連載攻勢と新連載が5つ始まりましたが、「電撃コミックガオ!」からの移籍という事で、これまでの読者がついていけない感じもしますし。大丈夫なのかな。「苺ましまろ」、美羽の想像力の突飛さはとどまる所を知らないね。こんな事が思いつく事に感心するわ。


4月21日

 今週末から連休に突入する人がいるのか、羨ましいなぁ。27日以外は休めなさそうなんだよな。しんどー。
 朝から暖かいなと思ったら、午前10時前に20℃突破してた。そりゃ暖かいわけだよ。でもまだ春物を出し切っていないので、こんな陽気が続くと厳しいのだけど。
 箱で置かれていた飲み物の賞味期限を見たら5月末……30本入っているから、1日1本ずつ消費していけば全部飲みきれそうだな。早く気づいて良かったけど、まだ他にも箱があってですね。友達にいくらか配った方がよさそうだ。

 今日の1冊  「月刊サンデーGX」5月号 小学館
 ブラック・ラグーン、ロベルトとガルシア君が最悪な形で顔を合わせる事となっちゃいました。これはかなり危ない……続きが気になる展開だ。REC、お約束な展開の良い話系かと思ったら裏切られた。あれじゃ桃花ちゃんがちょっと可哀想だよ。なし崩しに連載化ってかかれちゃっている藤那トムオさんのラブべいぶ。今回も黒い彼女が素敵過ぎ。この方は本当に予想できない展開を作るから凄いわ。


4月20日

 忙しかった週末が終了。来週は東京へ行くから、日曜以外の仕事がまた忙しくなりそうだな。連休も予定がぐちゃぐちゃになりそうだし、いきなり大変だ。
 ヴァンフォーレ甲府、今日はアウェーで首位のサンフレッチェ広島との対戦でしたが2−1で勝利。広島に初黒星をつけました。引き分けでも良いと思っていただけにこれは正直予想外。初勝利以来、すこしずつチームとしての形が見えてきたか。しかしスロースタートすぎだろ。
 あやしい投資の営業の電話が……でもあんな勧誘の仕方でも通じちゃう人がいるんだろうな。怖いな。

 今日の1冊  「漫画 ばんがいち」6月号 コアマガジン
 巻頭カラーの鈴玉レンリさん、ご馳走様ってぐらいな甘い2人にクラクラ来ちゃいましたよ。しかし大きいシャツを着る女の子は定番とは言え良いな。江戸屋ぽちさん、お話自体は微笑ましかったのだけど、なんでうどんを使って表現するんだよ。そのノリに笑っちゃいました。榎本ハイツさんの連載、今回は柳田君と水野さんの主人公コンビに出番なし。最近は武田君の話が多いけど、作者に愛されているのかな。今の状態でも十分幸せなのに、これ以上幸せにしちゃうのかよ。


4月19日

 今年度初めての仕事ラッシュ。明日も詰まっています。何でこんな時期に……。
 キットカットのきなこ、袋を空けた途端に強烈なきなこの香りが……きなこ風味とチョコは結構合うんだな。これは良い感じ、また買ってこよう。
 今回のタモリ倶楽部は、新木場で木材の鑑賞会。めちゃくちゃ羨ましかったのですけど、あれは。希少な紫檀、黒檀とかが加工される前の状態で見られる機会なんてなかなか無いですよ。個人で行って見せてもらえないかな、凄く興味あるのだけど。

 今日の1冊  ふなつ一輝 「華麗なる食卓」28巻 集英社 ヤングジャンプ・コミックス
 主人公マキトのエディブルファイトの予選最終戦は、勝った方が決勝トーナメント進出という大一番。しかも相手は、かつてお世話になった黄花楼チーム。力を尽くしての厳しい戦いでしたが、黄花楼の2人にも、マキトにも実りが多い戦いとなりました……って買ったのはマキトだったけど、黄花楼の方が美味しい結果になったような気が。特に松部さん関連の話がこんな感じでまとまるとは驚きでした。


4月18日

 帰り道で現場検証渋滞に巻き込まれた……。
 ほっかほっか亭の看板を「ほっともっと」に変える作業が……まだ早くないか。しかもそのお店ただでさえ目立たないのに、看板にカバーまでかかっちゃってさらに目立たなくなっちゃっていたし。しかしメニューとかはどうなるんだろ?楽しみでもあり、不安でもあるな。
 思ったより雨は降らなかったな。こういう方向で予報が外れるのはありがたいけど、明日の予報も外れてくれないかな

 今日の1冊  赤松健 「魔法先生 ネギま!」22巻 講談社 少年マガジンコミックス
 魔法の国でバラバラに飛ばされてしまったネギ君とその生徒たち。ネギ君についてきた子はまだしも、巻き込まれたメンバーが逞しく生きている事が凄いわ。でもその巻き込まれたメンバーを救うべくお金が必要となり、さらにバラバラのメンバーを探さなくてはならない。そしてこのような事態になった原因フェイトと戦う為にレベルアップをしなければならない。これらの事を上手くまとめて物語が作られているのが上手い。魔法の国編も学園祭編に負けず劣らず面白いわ。


4月17日

 雨が降ったけど、これでも冬場の晴れの日よりもはるかに暖かいんだよな。過ごしやすくなったなぁ。
 市内にあるタイムズでタイムズカードでポイントが貯められなくなるらしい。県内の駐車場を使う事はあまり無いとはいえ、これでタイムスのアドバンテージが無くなっちゃったな。
 水泳の五輪代表選考会でかなりのタイムが出ているなぁ。あれって新型水着を使っているのかな。もちろんピークを合わせているのもあるだろうけど、世界でも記録でまくりだしなぁ。もし水着が要因の1つだったら、それはそれで凄いな。そこまで革新的なら見てみたいよ。

 今日の1冊  「コミックメガストア」6月号 コアマガジン
 マイノリティさん、今回は出だしがいつもとは違ったパターンでしたが……その分落ちるシーンとの落差が大きく、効果的になっていた感じ。落とすまでの掛け合いが上手いなぁ。シロタクロタさん、口封じにという良くあるパターンの話だったのですが、ラストのあの展開でジーンと来ちゃった。やられたわ。珍しく最初のページで落ちが無かった「菜々子さん的な日常」。こういうシチュエーションに憧れる。でもラストのあれは経験したくないけど。


4月16日

 今日もスープが105円だった……もしかして昨日もそうだったのか。昨日も買いに行けばよかったな、失敗した。
 イトーヨーカドーでnanacoが使えるようになるのか。これはありがたい。nanacoのポイントが寄り溜まりやすくなるし、失効の心配も要らなくなるから言う事無しです。でもこちらでは5月からスタートか。
 桜が終わったと思ったら桃の花が凄い事になっていた。桃の強烈なピンクは桜と違った良さがあるなぁ。

 今日の1冊  福本伸行 「賭博堕天録カイジ」13巻 講談社 ヤンマガKC
 裏カジノのオーナーとの変則麻雀「十七歩」によるギャンブルがついに決着。最後の最後にカイジの仕掛けていた罠がきっちりとハマり、大逆転勝利へとつながりました。最後の結末に至るまでが長かったですが、その長さが最後の爽快感を生み出していました。相変わらず仕掛けの作りがうまいなぁ。長かった勝負が一段落したのですが……早速次の勝負が始まりそうな感じ。今度はどんなギャンブルが見られるのか楽しみです。