BACK     NIKI EXHIBITION PAINTINGS & SCULPTURES     ・ 

二紀会略史 第1回〜5回二紀展覧会

1947・1948・1949・1950・1951

第1回展覧会

1947年(昭・22)9月東京都美術館、10月名古屋・松坂屋、11月大阪・阪急において開催。9名の創立者によって結成された本会は、第1回展から新しい同人組織により、企画運営は同人中から推薦された実行委員、会務委員が担当した。
展覧会委員 熊谷守一、栗原信、黒田重太郎、田村孝之介、中川紀元、鍋井克之、正宗得三郎、宮本三郎、横井礼市。
受賞者 二紀賞 宮川仁。 K氏賞 秋保正三、藤村恒雄。 奨励賞 福岡孚夫。 褒賞 山下勇、有田得一、伊藤泰三、宮永岳彦、三宅信博、芝野武男。
委員推挙 佐野繁次郎、橋本徹郎、峰岸義一、宮川仁、薮野正雄。 

第2回展覧会

1948年(昭・23)10月東京都美術館、11月大阪・阪急、l2月名古屋・松坂屋において開催。
受賞者 同人賞 市野長之介、鳥取敏、青木一夫、今井艫人、水清公子。 二紀賞 近藤嘉男、島岡実、松岡寛一。 K氏賞 上原綾子、山田一雄。 奨励賞 上野与一郎、萩森久朗、岡田登志男。 褒賞 山下勇、井原一郎、久野修男、林健造、青山雅美、鈴木猛人、真野伝左衛門。
委員推挙 成井弘文、大兼実、大石俊彦、佐々木孔、秋保正三、高山道雄、森英、津田周平、中野安次郎、井上安男。
1949年(昭・24)5月、毎日新聞社主催第3回美術団体連合展に参加。

第3回展覧会

1949年(昭・24)10月東京都美術館、11月大阪・阪急、12月名古屋・松坂屋において開催。
受賞者 同人優賞 鳥取敏、島岡実。 二紀賞 中西勝、金田辰弘。 褒賞 伊藤歳夫、鴨居玲、嘉藤昭三。
委員推挙 佐伯米子。
1950年(昭・25)5月、毎日新聞社主催第4回美術団体連合展に参加。
同年7月、造型部を設置。

第4回展覧会

1950年(昭・25)10月東京都美術館、11月大阪・阪急、l2月名古屋・松坂屋において開催。
受賞者 同人賞 築山節生、山口操助、藤村恒雄、児玉幸雄。 二紀賞 古賀肇。 佳作賞 吉田富士夫、西村功、浜田信、堀江万寿男。 努力賞 安藤義茂。
委員推挙 土岐国彦。
1951年(昭・26)5月、毎日新聞社主催第5回美術団体連合展に参加。
同年8月、彫刻部を設置。

第5回展覧会

1951年(昭・26)10月東京都美術館、11月大阪・阪急、同月京都・丸物、12月名古屋・松坂屋において開催。
受賞者 同人努力賞 白銀功。 同人賞 島岡実。 二紀賞 森本健二。 努力賞 岡田登志男。 奨励賞 鎮西忠行。 褒 賞 結田信、島田静子、堀場良夫、進藤信一、吉田富士夫、崎元八十八、国松伽耶、清原昭、加藤秋夫、窪三郎。
委員推挙(絵画部)近藤嘉男、島岡実。
彫刻部新委員 川上全次、菅沼吾郎、中川為延、松村外次郎、八柳恭次。