紀陽銀行と和歌山県警の

黒い癒着”が生んだ「冤罪

*皆様からのご意見をお待ちしています。

ホームへ     第2弾・・和歌山簡裁も?

 

 

25年以上の取引関係にある私を、紀陽銀行は、

「融資名目で恐喝した」と和歌山県警に告発。

前科も前歴もないのに、いきなり私は逮捕されました。

ここに、事件の全貌を客観的にレポートします。

どうか、皆さんの目で、私が有罪か無罪かを、ご判断下さい。

●前科も前歴もない人間を、ある日突然「逮捕」

 私は、紀陽銀行とは25年以上の取引関係にある建設会社の経営者

です。そんな私が、紀陽銀行の告発によって、ある日突然、和歌山

県警に逮捕されました。容疑は「恐喝」ですが、私にはまったく身

に覚えのないことでした。ふつう、恐喝などというのは、暴力団関

係者がよく起こす事件のようですが、私には、前科はもちろん、交

通違反の前歴さえないのです。にもかかわらず、県警は一度の事情

聴取もせず、いきなり逮捕状を突きつけ、私を逮捕しました。

●元警視正の銀行顧問が、逮捕を仕組む

 県警に私を逮捕させるように仕向けたのは、紀陽銀行の顧問で、

元和歌山県警の署長(警視正)の谷所という人物です。彼はかつて

の部下である県警の武田警視を銀行に呼び、銀行幹部と相談して、

あらかじめ逮捕する日さえ決めていたのです。私は、一ヵ月の間、

警察に拘置され、刑事や検事に取り調べを受けました。この間、警

察は取引先や同業者などに「中尾は犯罪者だ」と言いふらして「余

罪」さがしに奔走しましたが、結局、何も出てきませんでした。

●裁判中、銀行の人間が「嘘の証言」

 ところが、和歌山地検は、破廉恥にも私を起訴し、地裁で裁判。

証人として出廷した銀行員の「嘘」が弁護士によって明らかにされ

ましたが、地裁はこれを無視して、私に「有罪」の判決を下しまし

た。銀行と警察が結託して、無実の人間を犯罪者にした事件の真相

を、HPのシリーズを通じて、是非、見届けてください。

 

                 中尾 啓吾

 

<INDEX>

(1)事件のあらまし

(2)和歌山地裁の「誤判」

(3)「とりあえず逮捕してしまえ!」の和歌山県警

(4)紀陽銀行と和歌山県警の「癒着」の証明

(5)証拠物件を裁判続行中に返却した和歌山地検

(6)余罪も無いのに、起訴状に「追起訴アリ」

(7)告発した銀行員が、私の弁護人に「示談案」を提示

(8)地裁での公判開催日と出廷した証人など

(9)紀陽銀行員の「嘘の証言」の証拠は、コレだ

(10)「完全無罪」を勝ち取るまで戦います!