前田紀貞建築塾 定期公開イベント

『座会・其ノ七』 開催!!

2015年1月18日(日) ○○:00開宴

ゲスト 鈴木隆之 氏(SDN主宰)

マウスでブッタ斬れ!(音が出ます)

『座会・其ノ七』 開催主旨

 『座会』とは四半期に一度、前田紀貞アトリエが経営するバー「典座(TENZO)」にゲストを招き、 塾長・前田紀貞との対話を中心に行う即興トークライブです。前期(第二期)の第一回(ゲスト・保坂猛氏)、第二回 (ゲスト・平田晃久氏)、第三回(ゲスト・前田圭介氏)、第四回(ゲスト・坂牛 卓氏)とも、まさにこの場・空気の中 でしか聞けないような「ホンネの話」が乱れ飛び、参加いただいた皆様に大好評をいただきました。今期(第三期)第一回 『其の七』も前期を超える熱い一夜をお届けします。

 前田とゲスト、そしてオーディエンスの皆が小さなバーの空間で思い思いに杯と言葉を交わす中、ふつうの“講演会”では生まれないような本音のやり取りや意外な脱線、ふとした飛躍が飛び交うさまは、さながら予定調和なきジャズのフリーセッション。 そんな言葉の応酬や摩擦の熱の中から、耳ざわりのいい常套句と思想なきジャーゴンに満ちた今日の建築界に、次の時代へと向かう 剥き出しの言葉の渦を巻き起こしたい-そんな願いを込めて催す熱き一夜の宴で、皆様をお待ちしております。

参加申込みへ▼

開 催 概 要

参加申込みへ▼

ゲスト・鈴木隆之 氏について

ゲスト写真

 「建築のおわりとはじまり」をテーマにお送りする第三期初回の今回は、数々の建築作品と著書を残す原広司 氏率いるアトリエ・ファイ建築研究所を経て、SDN(鈴木隆之デザインネットワーク)を設立し、建築作品を手掛ける建築家であり、小説やエッセイ、紙面への寄稿、批評誌編集長を務めた経歴を持つ文人でもある、鈴木隆之さんをゲストにお迎えします。

日本を代表する学府である京都大学学生時代、塾長・前田紀貞と同輩として時間を共有し、同じ景色を眺め、ある日に見た景色を建築でも文学でも表現できるばずだと、「建築と文学」二足のわらじを履き、空間で物語を描き、小説を建てる鈴木隆之さん。それぞれの居場所は変われども、経済の黄金期たる1980年代半ばに、二人は日本の建築界を代表する組織を経て、1990年代初頭に独立を果たし、以降のバブル崩壊~氷河期へと激動の時代、社会・経済的に混沌の時代たる現代を渡る。そんな二人が時折、作品や文学を通じて交錯し、どう共鳴しあっているのか。

建築家にとって増々厳しくなる時代の中で、建築(家)は「おわり」を迎えようとしているのか、それとも「はじまり」なのか。そして、自らや後進の建築家、建築を営み、また学ぶものがどう振る舞い、どう表現していけばいいのか。そんな話題を巡り、二人と参加者の皆さんのやりとりから「建築のおわりとはじまり」という今期のテーマに対してどう記されていくのか。皆さんが持つそれぞれのテーマに対する応えが浮かび上がるかもしれません。

今回も又、多くの皆さんの参加を心よりお待ちしております。


参加申込みへ▼

塾長・前田紀貞について

NorisadaMaeda
  • 1960 東京生まれ
  • 1985 京都大学工学部建築学科卒
  • 1985 大成建設設計本部勤務
  • 1990 前田紀貞アトリエ一級建築士事務所 主宰
  • 2008 前田紀貞建築塾 主宰
  • 京都精華大学客員教授、法政大学・日本大学・東京理科大学
    国士舘大学非常勤講師を歴任/石川県人会理事

  • 前田紀貞のブログ   http://norisada.at.webry.info/
  • 前田紀貞アトリエHP http://maeda-atelier.com/

参加お申し込み・お問い合わせ

▼リーフレットPDFはこちら▼

PDFリーフレット

  • 本イベントに参加ご希望の方は、
    (1)お名前(複数参加の場合は人数及び全員のお名前)及び
    (2)ご連絡先(メールアドレス・携帯等)を記載したメールに
    「1/18『座会・其ノ七』参加希望」と表題をつけて
    下記アドレス宛にお送り下さい。 折り返し詳しいご案内をお送りいたします。
  • 座席に限りがありますので、ご参加はお申し込み先着順とさせて頂きます。応募が定員に達した場合にはやむを得ず お断りする場合がありますので、早めのご予約をお勧めいたします。
  • 本イベントに関するその他のお問い合わせは、下記アドレスもしくは電話(03-6682-1929)にて前田紀貞建築塾事務局 (担当:殿村・辻)までお寄せ下さい。

前田紀貞建築塾 事務局

 EMAIL: info.archihack@gmail.com

 TEL:03-6682-1929  ※「1月18日の座会の件」とお伝え下さい