ALICE

The plot for ALICE is an extremely long rectangle, 3.8 m wide and 22 m deep. It is situated in the middle of a bustling shopping district that would seem completely unsatisfactory for a personal home. The client requested a "resort" here. With a pool, lush trees, and a blue sky above.
In order to conceptualize this "resort", I decided to use two contradicting methods at the same time, to "sever" the architecture from the commotion of the surroundings, and to boldly "connect" it thereto.
The former is realized by air which is powerfully isolated by concrete walls on either side, and the latter is realized by providing a little "hole" in the front facade for communication with the city.
The spatial configuration it self is two thick and solid walls on either side, and randomly bridging the two walls with eight chopped floor slabs as skip floors. This secures entry of light and breeze from above only, while allowing these to pass to the farthest depths through the gaps between the floor slabs. The dweller can watch the family, sky, and trees, appearing and vanishing among the floor slab gaps.

The most important item in ALICE is the swimming pool which the client requested. The instant that a glass-walled pool is inserted into the above-described architectural frame, the architecture is activated. ALICE is designed so that the water in the pool is visible from any location therein.
Watching people swimming in the pool through the glass is wonderful of course, but the picture device of watching the surface of the water from below is indescribable.
Rain creates countless patterns on the surface of the water, wind creates waves. A single leaf dropping onto the water changes into a drawing on a blue canvas, snow creates a spectacle of white dots. This pool is a special device for extracting nature that is normally invisible in the busy city. The client's young boy discovered a rainbow cast from the water through the glass while at the breakfast table.

Swimming toward the road, the instant the swimmer dives under a curved wall, the surrounding city and a normally-unconceivable scenery co-exist across the pool partitioning glass toward the road. This is an intentional hole for the architecture to communicate with the city.

Might an architecture not change its involvement with the city, not due to itself, but due to "acts" of the client?


 

copyright(c) 2006 MAEDA ATELIER All rights reserved.

ALICEの敷地は幅3.8m、奥行き22mという極端な長方形である。

また、敷地はとても個人住宅には似つかわしくない、猥雑な商店街のど真ん中に位置する。この中でのクライアントの要望は「リゾート」であった。それはプールがあって、樹木が茂っていて、青い空が見えるようなもの。
私はまず、この「リゾート」の在り方を考えるにあたって、周辺状況の猥雑さからこの建築を「切断」すること、と同時に、逆に敢えて「接続」すること、という相反する方法を同時に採用することにした。

前者は両サイドのコンクリート壁によって強固に遮断され隔離される手法によって、後者は前面ファサードに都市と交通が可能になるちょっとした「穴」を用意することによっている。
空間構成じたいは両サイドにしっかりと分厚い壁を立てたうえ、その間に、細切れにされた8枚の床スラブがランダムにスキップフロアとして架け渡されてゆくというものである。これによって、採光や通風は上部からのみ確保され、また、それが床スラブどうしの間を通して室内の奥まで行き届くようになる。加えて、床スラブのすき間からは家族の様子、空や樹木の風景が見え隠れするようになる。

さて、ALICEで最も大切なのは、クライアントの要望したプールである。上記に記載したような建築躯体に、ガラス張りにされたプールの水の塊が挿入された瞬間、この建築は作動を開始する。計画はALICEのどの場所からもプールの水が見えるように配慮されているのだ。
特にプールで泳ぐ人が室内からガラス越しに見えるのは勿論、このプールの水面を下から見た時の映像装置は特別である。
雨が降ると下から見上げられた水面には数え切れない程の水紋が生じ、風が吹いた時には波紋が生じる。また、樹木の葉がたった1枚水面に落ちただけで、それは真っ青なキャンバスの中に描かれた一点のデッサンに変貌し、雪の時は一面の真っ白な点の集まりになる。このプールは多忙な都市の中で、“通常では不可視の自然”を抽出する特別な装置となってくれる。クライアントの小さな少年は朝食を取りながら、ガラス越しの水から差し込む「虹」を生まれて初めて発見した。

また、プールを道路面に向かって泳いでいくうちに、曲面壁の下をくぐり抜けた瞬間、前面道路側のプールの仕切りガラスを通して、周囲の都市と通常では有り得ないようなショッキングな風景が存在してくる。敢えて建築が都市との交通を計るために開けられた穴。

建築は建築それじたいによってではなく、クライアントの「行為」によって都市との関わりを変えることができないものだろうか?


CONCEPT