BORZOI
私の人生の中にサーフィンが占める位置はとても大きい。サーフィンは単なるスポーツや楽しみであるどころか、自分の生き方を精進したり、自分の小ささを教えてくれるひとつの哲学だ。
数億年前から限りなく反復している、あのとてつもなく大きな波の有りようと虫けらのように小さな自分が、ある一瞬でも同化できたと思えた瞬間、確実に自分の宇宙は変わってしまうのだS。
常に死のリスクを背負いながら何の報酬を期待することもなく、ただただ60フィートの波に挑む人間にはいったいどれだけの経緯を払えば済むのだろう。
その中でも「チューブライディング」という、押し寄せてくる波の内部に入り込むテクニックがある。この瞬間こそ至高の状態だ。若い女性であるBORZOIのクライアントの希望は、外部からのセキュリティー、愛玩している犬(=BORZOI犬)が容易に外部に逃亡しないこと、であった。つまり窓の無いチューブのような状態。
こうしてBORZOIの連続した金属の曲面構造は決定された。
「チューブライディング」する生活。
渦を巻く波の中では、すべてがひとつだ。この大きな金属の曲面の中で居住の為の空気がひとつであるように。
しかし、BORZOIでは、そのようにひとつの空気でありながら、同時にそこに複数の風景が存在するような矛盾が並置されている。それを保証しくれるのが、3つの GARDENである。
境目の無い(床・壁・天井は曲面で連続している)ひと連なりの室内空間でありながらも、そこには幾つもの庭が風景を与えられ、更に、外観はひとつでありながら内部の空気には明らかな空気の等高線が見える。
ここでは、一と多が共存している。


Surfing is a very important part of my life. Surfing is not a mere sport or enjoyment, it is a philosophy that teaches you how infinitesimal you are. The instant this insignificant speck becomes one with that great wave which has been repeating itself for billions of years, your universe is changed forever. No respect is too great for those who defy death to ride the 60-foot waves, unrecompensed.
Then there is "tube riding", the technique of entering a curling wave. An instant of perfect bliss. The requests from the young lady for BORZOI were security from the outside, and an arrangement where here pet dog, a borzoi, could not easily run away.
This decided the continuous curved metal structure of BORZOI.
A life of "tube riding".
All is one inside a curving wave. Just like all the air for the living space within the giant metal curve is one.
However, while BORZOI is one air, there are paradoxes arrayed therein so that multiple sceneries unfurl simultaneously. This is ensured by the three gardens.
Several gardens provide scenery to the spatial continuum void of boundaries (the floor, walls, and ceiling are a continual curve), and while the external view is one, the internal air displays obvious contour lines of air.

TOP_text
GALLERY_text
WORKS_text
PUBLICATIONS_text
ABOUTUS_text
CONTACT_text
BACK_text
>>> PHOTO