copyright(c) 2006 MAEDA ATELIER All rights reserved.


DEVICE # 9

DEVICE #9 is our idea of the simplest architectural format.
The format starts with a completely empty box. The only "rules" are to implant four GARDENs serving as devices. The only other thing we have done is to place facilities and objects indispensable for living.
To metaphorize, the empty box is a flat steel sheet, and the four GARDENs are magnets positioned below the steel sheet. The external environment and the actions of the dweller are inserted therein, just like scattering sand on the steel sheet. Only the way in which the environment and the mind of the dweller exist create the visage of DEVICE #9 and color it.
The floor of the four GARDENs serving as devices are mirror-polished stainless steel, so the blue sky, clouds, sunset, moon, tree boughs waving in the breeze, etc., are transported to the floor level of this single-story house, and further, the glass of the GARDENs is tilted, so blowing rain is metamorphosed into glittering eavesdrops like raindrops running down a car windshield. On a snowy day, DEVICE #9 is transformed into a world of white.

When a day is not sunny, that is, on rainy or cloudy days, or even snowy days, we tend to feel down, but DEVICE #9 is an empty box that lets us look forward to the several days of rain every month or the occasional snowy day.


CONCEPT

DEVICE ♯9は私たちの考える最も純粋な建築の形式である。

まず、形態の出発点は全くの空っぽの箱である。そして「ルール」はそこから、装置としてのGARDENを4箇所だけ“欠き込む”という所作に尽きる。その他に私たちのしたことは生きる為に不可欠な設備機器と物入を配置した以外に何もない。
この空っぽの箱が1枚の真っ平らの鉄板だとすると、4つのGARDENはその下部に配置された磁石である。そして、その鉄板の上に砂がばら撒かれるごとく、外部の自然や住まい手の動作が挿入されてくる。あとは、自然や住まい手の精神の有り様だけが、DEVICE ♯9の空間の様相を形作り、そこに色付けをしてくれる。

装置としての4つのGARDENの床はステンレスの鏡面仕上げになっているため、そこには青い空、雲、夕焼け、月、樹木の揺らぎなどがこの平屋の床レベルにまで輸送されて来、更に、GARDENのガラスが傾斜していることで、吹き付ける雨も車のフロントガラスをゆったりと流れ落ちるような、きらめく雨垂れとして存在し直すのだ。また、雪になれば、DEVICE ♯9は一面真っ白の世界に変容する。

私たちは次の日が晴でない、つまり雨だったり曇りだったり、ましてや雪だったりすると、気が重くなることがあるが、DEVICE ♯9は1カ月に何度あるかの雨、何年かに一度の雪の日、をひたすら待ち望むことのできる空っぽの箱なのだ。