FUNES


CONCEPT

FUNES intentionally overturns the conventional Japanese housing program of "pluming to the rear". Whoever decided that the living room and bedroom are served space and the bath and kitchen are servant space? FUNES eradicates the warped lifestyle program controlled by this dry functionality, and flattens out the lifestyle air, to create an enriched lifestyle atmosphere full of discoveries from the reverse.
This attempt was at first a simulation within an audio-visual space, using electronic equipment. The quest: "how to create new communication with architecture"? The fruits harvested therefrom have been translated into a realistic audio-visual space in FUNES.
The man of the house actually reads detective novels in the glass-walled bath while conversing with his wife cooking in the adjacent kitchen.
Another feature of FUNES is the triple-nested glass structure. Complex reflections and transmission of light through and off of transparent glass and translucent glass which differ from place to place makes the change in the room even greater. The east wall (morning sun) only has narrow slits, while the west wall (afternoon sun) is entirely glass plated. The difference between the morning and after noon light pass through the tri-layer glass, and create one unintentional scenery after another within the rooms.

FUNESでは、日本従来の住まいの形式である「水廻りは裏へ」というプログラムが意図的に転倒されている。

リビングや寝室がServed Space(主人)で風呂やキッチンがServant Space(僕)である、などと一体誰が決めたのだろう?そういう乾いた機能にコントロールされた、片寄った生活のプログラムのヒエラルキーをなくして、もっと生活の空気をフラットにすることは、逆により豊かで発見的な生活の空気を造り出すのだ。

当初この試みは電子装置を使って、聴覚空間の中でのシミュレーションとして成された。「建築での新しいコミュニケーションがどのようにすれば生まれ得るのか?」という問いかけである。そして、そこでの収穫をFUNESは、現実的な視覚的空間へ翻訳させられた経緯がある。
現に、クライアントの主人はガラス張りの浴室でゆったりと探偵小説を読む傍ら、すぐ脇のキッチンで料理をするワイフとの会話を楽しんでいるのだ。

またもうひとつのFUNESの特徴は3重になったガラスの入れ子構造である。場所によって異なる透明ガラスと半透明ガラスの複雑な反射、透過が室内の様相の変化をより大きなものにする。

東側壁面(午前)には細長いスリットだけしか与えられず、逆に西側壁面(午後)には全面ガラスが配されいる。この午前と午後の光の変化は、3重になったガラスを透過するうちに意図しない風景を室内に造りだしてゆくのである。


 

 

copyright(c) 2006 MAEDA ATELIER All rights reserved.