ここでは、プライベートな空間とパブリックな空間の区別と交通をどのように意図的に発生させるか、という問いかけが成されている。

空間構成は両サイドの壁の間に5つの「リング」を断面計画の中で、ランダムに挟み込んでゆくという簡単なものである。
リングの用途は主には寝室、子供室、等のプライベートな部屋が割り当てられており、それを配置した時の残余の空間がたまたまラウンジや吹抜、浴室、とされている。また、リングは離れて配置されているがために、そのすき間からは外部や住まい手の行為が流れ込んでくる。
吹抜を見上げた時の風景は、複数のリングの組み合わせにより、一見とても複雑ではあるが、そのひとつひとつのすき間や開口から意図しなかった風景が突如現れ出てくるのだ。
これらパブリック領域はプライベート領域の結果的な残余であるから、それを形作る壁や天井の形態は事後的な決定によっており、計画的ではない。ただ、その非計画性の中から、通常のコミュニケーションでは得ることのできない空気が発生してくる。


TANGO


CONCEPT
 This is a quest for how to intentionally generate communication between private space and public space.
 The space configuration is simple, five "rings" randomly embedded in the cross-sectional deign between the walls on either side.
 The use for the rings is primarily appropriated to private rooms such as bedroom and nursery, and the space remaining after positioning the rings turns out to be the lounge, vaulted great room, and bath. The rings are positioned away from each other, so the outside world and the actions of the dweller flow through.
 The scenery looking up at the vaulted ceiling at first seems to be quite complicated, but this is just unintentional scenes suddenly manifesting themselves from each gap or opening.
 The public area is the consequential remainder of the private area, so the form of the walls and ceiling creating this is not planned, but rather due to after-the-fact decisions. However, the absence of planning generates an air which could not be obtained through normal communication.

 

 

copyright(c) 2006 MAEDA ATELIER All rights reserved.