KNOCK OUT THE MOONLIGHT
連続空間を記述する際のメタファーに「メビウスの帯」というものがある。
これは、片面黒、片面白のテープを途中で捻って結ぶことで、黒であった面がいつのまにか白の面に接続してゆく、というものだ。
この意味するところは、通常だと表が黒、裏が白という空間の関係を捻った時の思考であり、内部と外部の連続、反転のメタファーでもある。さて、私はKnockout the moonlightで、この「メビウスの帯」のような空間を造りたいと考えた。内部がいつの間にか外部になっていること、あるいはその逆。
その為の「ルール」は「一筆書きの帯」である。
通常、建築は床、壁、屋根というお決まりの部材で暗黙に構成されるのだが、Knockout the moonlightでは、そうした既存の部材の構成方法に頼ることなく、ひとまず乱暴に「一筆書きの帯」で敷地の空気をグルグル巻くようにして、「何となく内部らしき空気」を造ってみた。
それは、日本の和服が腰の部分を1枚の長い帯で何重にもグルグル巻いて着物の内部を作り出すように。 しかし、Knockout the moonlightの巻き方は、「何となく」であるため、帯の上下にはズレやスキマが生じてくる。このズレやスキマこそが光を上部から取り込むトップライトであり、GARDENであり、吹抜である。
こうすることで、周囲を過密に囲われた都市の中でもこのズレやスキマを通して、充分な採光やプライバシー、そしてくつろぎの外部空間などが確保可能になる。 また、この帯、いわゆる壁は「一筆書き」であることによって、「外構」と「建築」の境界線に関しての問いかけにもなっている。 何故なら、壁には「外壁」「外構壁」「間仕切り壁」という3種類あるが、ここではその役割がひとつに繋がってしまっているからだ。「間仕切り壁」から出発した帯が、一筆書きのラインの中でいつの間にか「外壁」や「外構壁」に変化しているのだ。それも、裏返されながら。


A metaphor used in philosophy is "Mobius's ring". This involves taking a piece of tape which is black on one side and white on the other, and twisting the tape halfway and connecting the ends, to form a loop where the side that was black imperceptibly connects to the white side. The idea is to twist the thought that the front is normally black and the back is white, to create a metaphor for connecting and inverting the inside and outside.
My intent in Knockout the moonlight was to create space like "Mobius's ring". The inside imperceptibly becomes the outside, and vice versa.
The rule to this end is a "unicursal band". Normally, architectures follow an unwritten rule to be configured of the inevitable materials of floors, walls, and roof, but Knockout the moonlight is not dependent on any such accepted configuration styles. Instead, in a single savage brush stroke, I wrapped up the air of the plot to create a "somewhat inside-ish atmosphere". Just like the inside of a Japanese kimono is formed by wrapping a long band around and around the body. However, the wrapping for Knockout the moonlight is done in a "somewhat" manner, so this creates offsets and gaps above and blow the band. These offsets and gaps are themselves the upper skylights for casting light inside, the garden, and the vaulted ceilings.
This allows for sufficient light intake, privacy, and a relaxing external space, even in the middle of an overcrowded city.

Also, this band which is a wall is formed as a single brush stroke, thereby challenging the boundary between "landscape" and "architecture". This is because there are three types of walls, "outer wall", "landscape wall", and "partition wall", but this wall serves as all three in one. The band that started as a "partition wall" imperceptibly becomes the "outer wall" and "landscape wall" along the path of the brush stroke. And inverted, as well.

TOP_text
GALLERY_text
WORKS_text
PUBLICATIONS_text
ABOUTUS_text
CONTACT_text
BACK_text
>>> PHOTO