ライカとブルックナーの関係                     2001-12-17 


■この夏のロンドン旅行のみやげ話を昨日の夜書いていたら、そこで参考にしたJESSOPS CLASSIC PHOTOGRAPICAという中古カメラ店のカメラ価格表にとんでもないものを見つけた。
   LEICA SPECIAL EDITIONS
   Leica M6 `Anton Bruckner` with 50mm f2.8 Elmer.New.
   Includes set of & 6 CD`s of Bruckners complete works.
(ライカM6 アントン・ブルックナー エルマー50mmf2.8付き。ブルックナーの全作品6CD付き。)
価格は4395ポンドだから、ほぼ80万円程度である。もとより、買いたいという触手が動いた訳ではない。なんでライカとブルックナーなのという、想像を絶するミスマッチに驚いただけである。

■私はライカ通ではないので、このカメラセットの価値は判らない。どんな人が買うのだろうか。日本国内でこれをお持ちの方はいらっしゃるのだろうか。一応説明しておくとブルックナーはウイーンで活躍した作曲家で、その9曲の交響曲は、宗教的色彩となにより執拗な繰り返し、突然の休止、卑俗な民謡風メロディが特徴で、一部に(要するに私を含めて)大変人気がある。いずれにしてもライカの機能性とはまったく相容れない。
このセットには一つ、大きな意味がある。それはオマケのCDにはブルックナーの全作品が6枚のCDに入っているという。これが事実なら二重の意味で大変なことだ。ついにブルックナーの全作品が明らかになったこと。しかもそれがたった6枚のCDに収まってしまったということ。…これはおかしい。ウソだ。

■そこで、早速WWWで調べると、以下のページを発見。筆者のユーモアまじりの説明は、逆に信憑性に疑問がつくが、1996年にオーストリーのライツが企画したブルックナー没後100年の企画で、プラチナ・メッキで200台生産されたという。6枚のCD付きではなくて、12枚のCDで全10曲の交響曲が入っているようだ。(ブルックナーは交響曲第9番までしか書かなかったが、後に発見された交響曲を第0番と付けた。) 写真を見ると軍艦部にブルックナーの肖像が刻印されている。通常のライカM6は、その軍艦面には何の刻印もなく、ノッペラホーでM3命の人達から揶揄されるところであるが、といってブルックナーの肖像を刻印しても仕方ない。バルナックの肖像を刻印した方が喜ぶ人が多い。ボディは灰青色のイグアナ皮を張ってあるという。何故イグアナかというと、多分イグアナはブルックナーの音楽が好きだからだろうと筆者は書く。この表現は気にいった。

■さらにこのサイトを読んでいくとさらに、1994年にはブルネイ国王向けに24台の金メッキM6 Gold for Sultan of Bruneiも生産したという。ライツは手当たり次第、金儲けのためには何でもするという見方もあるが、そうだろうか。逆に、何かを記念しようとするときにふさわしい工業製品がライカ以外にみあたらないのではないか。悪趣味だろうか。ブルックナーの音楽を心から愛好する人が、これを記念しようとしてライカを作った。まあ、いい話ではないか。
   


以下 【http://www.cameraquest.com/camsnet/M6PlatBr.htm】より引用させていただく。
またメインページ【http://www.cameraquest.com/classics.htm】CameraQuest's Classic Camera Profilesにはさらに、沢山のM6の企画タイプの紹介がある。

Leica M6 Platinum Bruckner Edition:  I am not sure how many musical Leicas there are, but this is one of them.     200 Platinum M6's were made in 1996 to honor the Austrian composer Anton Bruckner 100 years after his death.   They were commissioned by the Austrian distributor of Leica, Leitz-Austria.   The camera comes with a special platinum 50/2.8 Elmar.   Both the lens and camera body are engraved "Anton Bruckner 1824-1896."  The top plate goes one further, with an engraving of the composer's handsome profile.   Since the serial number of this camera is 2278186,    I believe the serial number range is 2278001 to 2278211, though this range was listed as being "M6 platinum Brunei" in the serial number list I got from Leica.

photo courtesy and copyright 2000 of Duncan Meeder, Foto Henny Hoogeveen, Holland, all rights reserved

The body covering is gray-blue embossed Iguana, although I can't imagine the relationship between the Iguana and Bruckner which made this appropriate.  Maybe Iguanas like Bruckner's music.  Normally of course iguana is not capitalized.  I capitalize  it out of respect for the noble beast who gave his life to decorate this camera.   Besides the regular Leica serial number, there is a second serial number on the other accessory shoe rail.  The 2nd serial range runs 00-01 to 09-20, commemorating the 10 Bruckner symphonies.  The first two digits represent each of the 10 symphonies, with 20 cameras being assigned to each, which results in the 200 Bruckner Leicas.  I have to admit though, the Solms logic on this sequence escapes me.    Why did Solms number Anton's first symphony a zero?   I don't get it.   Besides a beautiful wood presentation box and certificate of authenticity, this is probably the only Leica to come from the factory with its own music,  a 12 volume CD set of Anton's music.   If you love Anton's wonderful music, you have got to love this camera.    Rumors of a Hard Rock Commemorative M6 series, using a body covering of  panties thrown on the stage, have not been confirmed.    I guess we can only hope.




【カメラの触感】