キャノンVL/L1/L2/L3の分かりにくさ              2003-7-9 


■キャノンのV世代はめまぐるしくモデルチェンジする。しかも、その違いが外観からは分かりにくい。だからVL/VL2/L1/L2/L3という系列の1機種を手にいれば、あとは似たりよったりということで、触手が動かない。
どのような違いがあるか、調べておきたいと思い、ヤフー・オークションで「宮崎洋司:キャノンレンジファインダーカメラ,朝日ソノラマ,8000円,1996年」というキャノンのRFについて最も詳しいと思われる書籍を手に入れた。1000円代で始まった入札も最後の短時間で5250円になってしまい、インターネット古書店で購入するのと大差ない価格になってしまたのは良いとして、がっかりしたのは、自分の持っているL2はL2でないということが判明したこと。

■自分のL2がL2であると思っていた理由は、裏蓋のMODEL L2という刻印である。しかし、本来のL2はセルフタイマーがついていない。仕様的には、ほぼ完全にVL2に一致する。常識的には、中古流通のいずれかの段階で、VL2にL2の裏蓋が付け替えられたと考えるべきだろう。そうでなくて、L2にこのようなバリエーションがあったとしたら、これは少しお宝だということになる…?。


VL VL2 L1 L2 L3
発売時期 1958年3月 1958年3月 1957年5月 1957年3月 1957年11月
シャッター速度 1/1000 1/500 1/1000 1/500 1/500
シャッター幕 金属幕 金属幕 布幕 布幕 布幕
セルフタイマー あり あり なし なし なし
巻き戻しノブ 折畳みクランク ポップアップノブ 折畳みクランク ポップアップノブ ポップアップノブ
フラッシュ
シンクロ
FP/M-F/X
レバー切替
FP/M-F/X
レバー切替
FP/M-F/X
レバー切替
FPのみ なし
ファインダー系 視野倍率可変式逆ガリレイビューファインダー
35mmポジション:視野倍率0.4,基線長17.2mm
50mmポジション:視野倍率0.72,基線長31mm
RF測距用ポジション:視野倍率1.4,基線長60mm





【カメラの触感】