【トップページ】 趣味の自分史…ちょっとピンぼけ
左右の理屈 カメラの触感 旅の王権 四国の道よ空よ海よ サンティアゴ遠い夢
指輪の世界史 語彙の森の辞書 VIVA VERDI ワインな日常 技術者の黄昏

リンク】
写真紀行−風に吹かれて
外務省・海外安全ホームページ
旅行用品カテゴリーリスト(地球の歩き方)
ひとりでも大丈夫!海外ひとり旅応援サイト
歩きまわる吟士
中高年バックパッカーの旅

■漫然とビールの酔いに揺られながら、鉄道を旅することが好きです。旅とは移動することであって、何処にも止まることはない。できるだけ遠くに行って、さらに先へ先へ進む。そこが何処であれ、自分いう王国の中心にいる。だから「旅の王権」である。(注:「五十嵐修:地上の夢キリスト教帝国,講談社」で知った単語です。あまりの響きのよさに、原義とは違いますがタイトルに借用してしまいました。 )
サブタイトルを「EURAIL Old Traveler」としたのは、話題がユーレイルパスを使ったヨーロッパ旅行に関するもので、心配症で臆病な中年(現在すでに老年の域)おじさんの個人旅行の記録を中心としたからです。
■ところが、マドリッドでトラブルに遭って以来、一人旅が減ってしまい、本題の提供がしにくくなったりして、最近(04年)になって国内回帰である。また急に国内旅行に対する欲求が強まり、昔やっていた「チャレンジ20,000km」を再開して、乗り残した鉄道を乗りに遠出したり、夢のサンチャゴ巡礼の練習としての四国徒歩遍路を始めたりと、話題がだんだん看板倒れになっています。あしからず。
中高年・海外鉄道旅行のすすめなど
1977年
シャルトル→ジュネーブ
1992年
ナルビク→カスカイス
1995年
エジンバラ→パリ
1997年
ロンドン→カラマータ
1999年
バイロイト→ウィーン
2001年
インバネス→マドリッド
2003年
ハノーバ→ロスキレ
2003年
ストックホルム→オスロ
2005年
スンドゥバル→ランス
2008年
パンプローナ→パリ
2008年
シュツットガルトハノーバ
2009年
パリ→オロロン
2011年
デュッセル→ヘッチンゲン





中高年ヨーロッパ鉄道旅行のすすめ:ノウハウ編■
世界の時刻表(04-11-3)
ユーレイルパスの基本(03-7-21)
鉄道旅行は一人旅で(02-8-3)
鉄道による国境通過(02-11-4)
ヨーロッパの東西南北(06-6-17)
駅名表示で慌てないこと(02-11-5)
自由席と座席指定(03-7-19)
分かりにくい運転日(03-8-14)
インフォメーション(?)を当てにしない(04-10-30)

宮脇俊三さん的生き方
<国内鉄道旅行と宮脇俊三書籍リスト>
「時刻表2万キロ」の旅程再現
私の新・チャレンジ20,000km
もう乗ることのできない廃線区