巡礼の歩き方ー五島53ケ所巡礼
(2016-7-6調査開始) 巡礼:深津邦夫


2018年12月17日 ようやく53巡礼地への徒歩巡礼「結願」
(番外の「野首教会」が残っているし、まだ1巡目だけれど…)



本ページはNJC(NPO法人長崎巡礼センター)が発行する「五島巡礼手帳」を申し込んだときに、同封されていたガイド・パンフレット等々に、その情報を多く依存している。「巡礼の歴史」をしっかりと踏まえた活動で、その懇切な説明は大変すばらしく、感謝申し上げたい。
 「五島巡礼」を志すものには、この「五島巡礼手帳」は必需品だし、視野が広がって、五島だけでなく長崎県全域、さらに26聖人の京都捕縛から長崎「西坂」処刑までの長い徒歩の道行きこそ、巡礼の道であると感じた。しかしながら、島内の徒歩巡礼に関する情報はない。これを調べるのが、このページの主目的である。友人に五島巡礼に行くと話したら、「全体で何kmあるの?」と質問されたが、まだその答えは分からない。300km以上ありそうな感じだが、さて何日がかりなるやら。

■若い頃、国内の島旅を趣味にしていて、平戸・五島の教会堂巡りをした写真記録は、本HPの別ページに残っている。ほぼ40年前である。そのときに、台風直下の最西端?の大瀬崎を訪ねた帰り道、岬の入り口の小さな入り江の集落の井持浦教会堂に立ち寄った。そこで「ルルド」像を始めて見た。今回知ったことだが、この井持浦ルルドこそ、国内最初のルルドであるとのこと。2001年の鉄道旅行で本家フランスのルルドを訪ね、さらに2008年からサンティアゴ巡礼を始めることになる。その井持浦教会こそ、私の巡礼人生のスタート地点であったといえるのだなという思いが、今回「五島再訪」を思い立った要因の一つだ。

事前勉強と計画準備
五島キリシタンの受難 (2016-7-30)
長崎キリシタン受難の歴史年表(2016-9-16)
五島巡礼・3島巡りの計画は難しい(2016-11-22)
鉄川与助の教会建築(2017-4-3)



巡礼の記録
第1行
(福江島)
第1日目
(16-8-6)
(土)
          ●外海の道(西坂にて−日本二十六聖人記念館
          ●外海の道(西坂から浦上の丘へ
第2日目
(16-8-7)
(日)
■(出発)福江教会」からの出発
■(午前)「六方の浜」から「浦頭教会」へ
■(昼頃)堂崎天主堂」にて
■(午後)宮原教会」「半泊教会」から河務バス停へ
第3日目
(16-8-8)
(月)
■(出発)河務バス停から「楠原教会」へ
■(後半)水の浦教会」「打折教会」から三井楽へ
第4日目
(16-8-9)(火)
■(前半)三井楽教会」から「渕ノ元キリシタン墓地」へ
■(後半)貝津教会」から「嵯峨島教会」へ
第5日目
(16-8-10)(水)
貝津から「玉之浦教会」「井持浦教会」「立谷教会堂跡」へ
第6日目
(16-8-11)(木)
中須から「繁敷教会」へ
第7日目
(16-8-12)(金)
          ●信徒発見の道(浦上の丘から大浦天主堂へ)
第2行
(久賀島)
(奈留島)
第8日目
(16-11-24)(木)
■(久賀島)五輪教会」にて
■(久賀島)牢屋の窄」「浜脇教会」から田ノ浦港へ
第9日目
(16-11-25)(金)
■(奈留島)江上教会」から「奈留教会」へ
第10日目
(16-11-26)(土)
          ●外海の道(時津街道を行く)
第3行
(若松島)
(中通島)
第11日目
(18-11-22(木)
計画 前日羽田(19:15発)==ANA669==長崎(21:15着)  11/3マイルで予約
ジェットフォイル長崎(7:40発)==福江経由==奈良尾(9:50着)

西肥バス 奈良尾港ターミナル(10:29発)==若松港ターミナル(11:07着)→大平教会
実行 ■(若松島)「大平教会」を往復する
第12日目
(18-11-23)(金)
計画 若松島巡礼
実行 (若松島)「キリシタン洞窟」から「土井ノ浦教会」
■(若松島)「有福教会」を往復する
第13日目
(18-11-24)(土)
計画 中通島南部巡礼
実行 ■(中通島)「桐教会」から「真手の浦教会」
第14日目
(18-11-25)(日)
計画 中通島西部巡礼
実行 ■(中通島)「焼崎教会」から「跡次教会」
第15日目
(18-11-26)(月)
計画 長崎(19:15発)==ANA670==羽田(20:55着)
実行 ■(中通島)「大曽教会」から「冷水教会」
第4行
(中通島)
第16日目
(18-12-14)(金)
■(前半)「青砂ケ浦教会」にて
■(途中)番岳裏の「大水教会」
■(後半)津和崎の突端「米山教会」を目指して
第17日目
(18-12-15)(土)
■(前半)「丸尾教会」から崎浦集落へ
■(後半)頭ケ島大橋を渡って「頭ケ島教会」
第18日目
(18-11-16)(日)
鯛の浦教会」から「船隠教会」へ
第19日目
(18-12-17)(月)
浜串教会」から「高井旅教会」へ

教会番号とエリア番号はNJCによるもの、区間距離はgoogle-mapによるもの。
番号 教会 区間距離 エリア 訪問 建立
■福江島(一周 130.1km)
福江フェリーターミナル 出発点
1 福江教会堂 1.1km No.1「福江」 16-8-7 1914年(現1962年)
2 六方の浜 3.6km No.1「福江」 16-8-7 公式移住者上陸地
3 浦頭教会堂 2.7km No.1「福江」 16-8-7 1888年(現1968年)
4 堂崎教会堂 3.5km No.2「堂崎」 16-8-7 1882年(現1908年)
5 宮原教会堂 3.1km No.2「堂崎」 16-8-7 現1971年
6 半泊教会堂 4.1km No.2「堂崎」 16-8-7 現1922年
7 楠原教会堂 15.8km No.3「楠原」 16-8-8 現1912年
8 水ノ浦教会堂 3.8km No.3「楠原」 16-8-8 1879年(現1938年)
9 打折教会堂 6.0km No.3「楠原」 16-8-8
10 三井楽教会堂 7.4km No.4「三井楽」 16-8-9
11 淵ノ元キリシタン墓地 2.4km No.4「三井楽」 16-8-9
12 嵯峨島教会堂 6.8km
→船→
No.5「貝津・嵯峨島」 16-8-9
13 貝津教会堂 0.9km No.5「貝津・嵯峨島」 16-8-9
14 立谷教会堂跡 24.4km No.6「井持浦」 16-8-10
15 井持浦教会堂 1.9km No.6「井持浦」 16-8-10
16 玉之浦教会堂 2.5km No.6「井持浦」 16-8-10
17 繁敷教会堂 24.9km No.7「繁敷」 16-8-11
福江フェリーターミナル 到着点
■久賀島
田の浦港
18 浜脇教会堂 1.1km No.0.8「久賀島」 16-11-24
19 旧五輪教会堂 約13km No.0.8「久賀島」 16-11-24
20 牢屋の窄殉教記念教会堂 約8.5km No.0.8「久賀島」 16-11-24
田の浦港
■奈留島
奈留港
21 江上教会堂 7.7km N0.9「奈留島」 16-11-25
22 奈留教会堂 6.4km N0.9「奈留島 16-11-25
23 南越教会堂 4.8km N0.9「奈留島 16-11-25
奈留港
■若松島
24 土井ノ浦教会堂 No.10「土井ノ浦」 18-11-23
25 キリシタン洞窟 No.10「土井ノ浦」 遥拝
26 有福教会堂 No.11「若松島」 18-11-23 有福島
27 大平教会堂 No.11「若松島」 18-11-22
■中通島
28 桐教会堂 No.12「桐」 18-11-24
29 若松大浦教会堂 No.12「桐」 18-11-24
30 中ノ浦教会堂 No.12「桐」 18-11-24
31 真手ノ浦教会堂 No.13「真手ノ浦」 18-11-24
32 焼崎教会堂 No.13「真手ノ浦」 18-11-25
33 猪ノ浦教会堂 No.13「真手ノ浦」 18-11-25
34 跡次教会堂 No.14「大曽」 18-11-25
35 大曽教会堂 No.14「大曽」 18-11-26
36 青方教会堂 No.14「大曽」 18-11-26
37 冷水教会堂 No.15「青砂ケ浦」 18-11-26
38 青砂ケ浦教会堂 No.15「青砂ケ浦」 18-12-14
39 曽根教会堂 No.16「江袋」 18-12-14
40 大水教会堂 No.16「江袋」 18-12-14
41 小瀬良教会堂 No.16「江袋」 18-12-14
42 江袋教会堂 No.16「江袋」 18-12-14
43 赤波江教会堂 No.17「仲知」 18-12-14
44 仲知教会堂 No.17「仲知」 18-12-14
45 米山教会堂 No.17「仲知」 18-12-14
46 丸尾教会堂 No.15「青砂ケ浦」 18-12-15
47 頭ケ島教会堂 No.18「頭ケ島」 18-12-15
48 鯛之浦教会堂 No.19「鯛之浦」 18-12-16
49 佐野原教会堂 No.19「鯛之浦」 18-12-16
50 船隠教会堂 No.19「鯛之浦」 18-12-16
51 浜串教会堂 No.20「浜串」 18-12-17
52 福見教会堂 No.20「浜串」 18-12-17
53 高井旅教会堂 No.20「浜串」 18-12-17
■小値賀島
小値賀教会堂
■野崎島
野首教会堂



歩き遍路