2008年
パンプローナ→パリ
2008年8月09日〜8月18日
■長年の夢であるサンテイアゴ巡礼ができず、ついに少しでもよいからでということで、たった6日間の「短い巡礼」を行った。この鉄道旅行は、その往復に行ったものである。目一杯歩くために現地とパリを往復夜行という強行軍である。1等寝台といっても、2段ベットのクシエットで、カーテンすらない。
■行きの寝台の向い側の若い女性は、私と同じように、バイヨンヌで降りて、さらにサン・ジャン・ピエ・ド・ポーまで行って、一緒に巡礼をスタートした。
■帰りのスペインRENFEが少し大変だった。事前に予約した列車が当日ないのである。駅の案内表示では、少し違う時間で、予約した列車が運行される。問題は行先が、当初のエンダイヤではなく、途中のイルンになっていることである。パンプローナの窓口はまったく英語が通じず、この事態の意味が分らない。
■やってきた車両には、やはり「イルン」行きとなっている。これでエンダイヤに行けないと帰りの飛行機に乗れない。しかし車掌は、そのまま乗っていろと言う。結局、私一人乗せたイルン行き車両は、国境を越えて、エンダイエに到着、無事オーステルリッツ行きに乗ることができた。


パリ・オーステルリッツ駅 寝台車はホームの入口でキップ確認を行うので大混雑になる

日 付 ルート 宿泊 ポイント
2008年8月09日(土) AF271(成田11:10--パリ16:40)
(鉄道)パリ(オーステリッツ)23:11−−夜行(4053)−−
1等クシェット
2008年8月10日(日) (鉄道)−−バイヨンヌ06:40着・08:24発−−サン・ジャン09:37着
(徒歩)
アルベルゲ
2008年8月11日(月) (徒歩) アルベルゲ
2005年8月12日(火) (徒歩) アルベルゲ
2005年8月13日(水) (徒歩) アルベルゲ
2005年8月14日(木) (徒歩) アルベルゲ
2005年8月15日(金) (徒歩) アルベルゲ
2005年8月16日(土) 朝エステージャ散策・エステージャ(10:50発バス)→パンプローナ(約40分)・午後パンプローナ散策・(鉄道)パンプローナ18:42−−タルゴ533−−エンダイヤ21:16着・22:19発−−夜行(4052)−− 1等クシェット
2005年8月17日(日) (鉄道)−−パリ(オーステリッツ) 07:10着
AF276(パリ13:15−−)
機内
2005年8月18日(月) −−成田07:55)

バイヨンヌ駅に到着 目的地サン・ジャン・ピエ・ド・ポー駅




EURAIL Old Traveler