1992年
ナルビク→カスカイス
1992年9月12日〜1992年9月28日(17日間)
■入社して20年目、しかもその前年に設計部門を離れて、若干の時間的余裕ができた。そこで、長年の夢であったヨーロッパ鉄道旅行を試みた。そのスタート点をナルビクにしたのは、宮脇俊三さんの「汽車旅は地球の果てへ」の影響である。スタートがほぼ地球最北(ロシアのムルマンスクの方が北だけれど)の駅なので、目的地もヨーロッパの果ての地にしなければならない。ヨーロッパの西の果てロカ岬に至る最西駅、それがカスカイス駅である。

■17日間に、飛行機5回、鉄道30回、バス3回、地下鉄12回、タクシー2回、ケーブルカー1回を乗り継ぎ、鉄道での移動距離は7300kmとなった。自己満足と言ってしまえば、それだけのことだが、実に大きな達成感を感じた。

ナルビク駅(北緯68度30分)
ヨーロッパ最北端の駅
NORDPILEN(北の矢)号
ナルビク→ストックホルム
北の矢号
2等寝台(下段)


日 付 ルート 宿泊 ポイント
1992年9月12日(土) 成田→ロンドン ロンドン  
1992年9月13日(日) ロンドン→オスロ→ボーデー→ナルビク ナルビク ヨーロッパ最北の駅
1992年9月14日(月) (鉄道) ナルビク→キルナ→ 夜行 ロンバーケンフィヨルド
1992年9月15日(火) (鉄道) →ストックホルム→ 夜行 帆船ヴァーサ博物館
1992年9月16日(水) (鉄道) →ハンブルグ→ヴュルツブルグ ヴュルツブルグ マインフランケン美術館
1992年9月17日(木) (鉄道) ヴュルツブルグ→フュッセン→ホーエンシュバンガウ ホーエンシュバンガウ ノイシュバンシュタイン
1992年9月18日(金) ホーエンシュバンガウ→(鉄道) オバーアマガウ→インスブルック→クール クール ミッテンバルト鉄道
1992年9月19日(土) (鉄道) クール→ツェルマット ツェルマット 氷河特急
1992年9月20日(日) (鉄道) ツェルマット→シュネーブ→ 夜行 ゴルナグラット登山鉄道
1992年9月21日(月) (鉄道) アルル→ナルボンヌ→カルカッソンヌ カルカッソンヌ アルルの跳ね橋
カルカソンヌ城郭
1992年9月22日(火) (鉄道) カルカッソンヌ→フィゲラス フィゲラス ダリ美術館
1992年9月23日(水) (鉄道) フィゲラス→バルセロナ バルセロナ ガウディ建築
1992年9月24日(木) (鉄道) バルセロナ→ 夜行 ガウディ建築
1992年9月25日(金) (鉄道) →マドリッド→リスボン→カスカイス→ 夜行 ヨーロッパ最西の駅
1992年9月26日(土) (鉄道) →マドリッド マドリッド プラド美術館
1992年9月27日(日) マドリッド→ 機中泊  
1992年9月28日(月) →成田     


ジュネーブ→マルセイユ(1等コンパートメント)
座席を引き出して寝られるようにしたところ
ポート・ボー駅
(フランス−スペイン国境駅)
標準軌→スペイン広軌へ自動ゲージ変換
マドリッド(シャマルテン)駅の寝台車両
ESTRELLA LUSITNIA



カスカイス(ヨーロッパ最西北端の駅)
レールの終端
カスカイスの浜から望む
大西洋

【事前計画と実際の違い】








ナルビクの絵葉書


カスカイスの絵葉書



EURAIL Old Traveler