趣味の自分史
【SLIGHTLY OUT OF FOCUS / ちょっとピンぼけ】
深津 邦夫 プロフィル2019年現在 72歳
■全ての点で少しづつズレているかもしれない。だから「ちょっとピンぼけ」です。タイトルは<ちょっとピンぼけ>(Slightly out of Focus by Robert Capa)(1956年初版)を使わせてもらっています。趣味の記録のために書いているのですが、少しでも関心を持ってもらったり、役に立てれば嬉しい。高齢になってからの最大の関心が「徒歩旅行」と「巡礼」となって、新たな記述項目の大半はこれらに関するものになってきており、表紙からのアクセスを少し分かりやすく変えた。(2019-12-16)
【注1】2000年1月30日サイト開設
【注2】本サイトは原則「コピーレフト」を宣言しています

【注3】本サイトにおける「引用の扱い
【左利きと右利き】へ 【カメラと写真】好きへ 【イタリア・オペラ】嫌いへ 【言葉】好きへ
左右の理屈 カメラの触感 VIVA VERDI 語彙の森の辞書
【シルマリル】好きへ 旅と鉄道】好きへ 定年技術者かく語りき 【少しワイン好き】へ
指輪の世界史 旅の王権 技術者の黄昏 ワインな日常
徒歩旅行の記録
四国の道よ空よ海よ 日本列島(北への道)
東京→釜石 780.0km
日本列島(西への道)
東京→高尾 81.4km
サンティアゴ・遠い夢
会津巡礼
  (日本橋→相馬)
みちのく潮風トレイル
  (相馬→釜石→八戸)
■さらに北への道
   (八戸→下北→)
東京から西への道
  (日本橋→伊勢)
熊野古道の峠歩き
  (伊勢→田辺→和歌山)
五島巡礼
 (53ケ所教会巡り)



趣味の年表
■本サイトを「趣味の自分史」と位置付けたのは、平凡な会社員が定年を迎えて、人生の黄昏に書けるだけ書き残しておこうという気分になった2008年のことだが、その読者はまさに自分自身である。以下に自分の趣味の歴史を年表形式で書いていこうと思っている。性格と言うべきか、脳容積が小さいせいか、本サイトの記述ではすでに年表形式を多用いてきている。そうしないと、自分自身の知識を整理できないからであるが、それらをまとめて見えるようにしたら、どんな感じかやってみようと思った。
人とカメラと写真の歴史T(創世記) 左利きの歴史年表(創世記から)
人とカメラと写真の歴史U(バルナックのカメラから) ピルトダウン年表(猿人捏造事件の発覚経緯)
人とカメラと写真の歴史V(M3の衝撃から) 高群逸枝遍路行(1918年娘巡礼記6/4〜11/20)
ロバート・キャパ年表(キャパその青春とその死 ) 空海・最澄年表(「顕」「密」並び立たず)
木村伊兵衛写真賞年表(受賞者リスト) サンティアゴ巡礼年表(AD40--)
年表ヴェルディ対ワグナー(1813--1901) 指輪物語の世界史(シルマリル第1紀--第3紀)
マリア・カラスのレコーディング年表(1922--1964) J・R・R トールキン年表(1892--1973)
時刻表2万キロ年表(宮脇俊三1975--1977) ヨーロッパ激動の100年(1851年〜1950年)
<リンク>[YAHOO !カレンダー] ・ [西暦・和暦対照] F氏の趣味・自分史(1947--)