古いネガを探して 自作アルバムの歴史
ニコンF
ボディ     No. 6851038
 
ニッコール28mm f/3.5
 No.208997
頭ケ島の天主堂
2007-8-11 スキャナ入力


1975年8月15日?(28歳) 平戸・五島列島旅行の途中で…













■この32年前の五島・平戸旅行の記憶があいまいである。五島列島にはユースホステルがなかったので、旅館や民宿に泊まったため、宿泊記録がないからである。たまたま、地図帳に書き込んだメモから日程がほぼ分かった。
    8/8  横浜発 夜行
    8/9  下五島 福江泊    …堂崎天主堂
    8/10 下五島 玉の浦泊   …井持浦教会
    8/11 上五島 青方泊    …大曾天主堂
    8/12 佐世保泊        …頭ケ島天主堂
    8/13 平戸泊          …田平天主堂
    8/14 平戸泊          …紐差教会
    6/15 帰宅
■最も印象の深いのが、田平と頭ケ島である。特に頭ケ島は、上五島・中通島の東部に位置していて、定期便がない。目の前に島は見えるが渡ることができない。漁村に漁協があったので、そこで船をお願いし、小さな漁船で島に渡った。船を下りて、少し登っていくと、村落の屋根の先に尖塔が見えた。
 ところで昨年、妻が友人らと五島に旅行した。頭ケ島に行ったというが、車で行ったという。島に車で行ったというのは、橋でもできたのだろうか。あんな小さな島まで橋でつなぐほど、公共事業費が行き渡ったのだろうかと思った。最新の地図を見て理由が分かった。あの小さな島に上五島空港ができていた。空港から中通島へのアクセスのために橋ができたのであった。32年前、果ての島のさらに突端の島の天主堂は、現在、空港から徒歩圏になってしまった。



       
前の写真 次の写真


【自作アルバム】(20代)