古いネガを探して 自作アルバムの歴史
CANON  28mm F/2.8
No.21334

ライカVf 
 ボディ     No. 727109 
正月の尻屋崎
 
1977年1月3日撮影
トライX


尻屋崎バス終点
1976年7月3日、Vfのボディーを銀座のスキヤ写真商会で購入している。美品ではないがセルフ付きの良品で69000円だから、当時としてはかなり無理したのだろうが、今思えば最近の価格は上がりすぎの感がある。今も当時も買うのはボディーばかりなので、ありあわせのキャノンの28mmを付ける。
 本州の果て、下北半島の最北端は大間崎だが、北端というより北海道の玄関口という感じ。果ての地としての壮絶さは下北の東端の尻屋崎である。尻屋の冬のユースホステルには、寒風に吹き寄せられたように少し変った若者が集まる。
 







寒立馬


       

前の写真 次の写真


【自作アルバム】(20代)