人とカメラと写真の歴史
■■年表3:M3の衝撃から(1954年〜)■■
表内の青色文字をクリックすると、さらに詳細な情報にリンクします。
またそれらと同じ情報は表紙に「コラム」としてまとめてあります。
年代 歴史的事項 技術者 カメラとレンズ 写真家
海   外 国   内
1954 4月3日フォトキナでウイリー・シュタインが設計したライカM3登場。
トライX発売。
ビオゴン21mm,f:4.5画角90°が発表。
5月25日キャパはドアイタンでベトミンの地雷を踏んだ。左手にはコンタックスが握られて、首にかけていたニコンは爆風で飛ばされていた。
茶屋薫重のメタル・フォーカルプレン・シャッターが特許権を確立。
ウイリー・シュタイン(Willi Stein)
茶屋薫重
ライカM3 ニコンS2
1955
昭和30
ミランダT
1956 6月15日エルンス・ライツ二世死去。
カール・ツァイスがフォクトレンダーを買収。
スタイケンが選んだ写真による「ファミリー・オブ・マン」展覧会が開催。
ライカMP 奈良原一高
「人間の土地」 
1957 アサヒカメラの「ニューフェイス診断室」がスタート。ドクター貫井提吉、浮田裕吉、小穴純、木村伊兵衛の顔ぶれ。
Adam Wagner, the true disciple of Barnack; Stein was a bit of a maverick. But Leitz accepted Stein's M3 over Wagner's IIIg as the wave of the future, and, when his Leica H was not produced, Wagner left Leica in 1966.
アダム・ワグナー
(Adam Wagner)
ライカVg ニコンSP 浜谷浩
「裏日本」
1958 ライカM2 キャノンYL
ズノー
1959 奈良原、東松らによる写真家集団[VIVO]が発足。
レオタックス社の倒産後、債権者によってライカM3にせまろうという「レオタックスG」が発売された。
更田正彦 ライカM1 ニコンF
キャノンP
レオタックスG
1960 土門拳「筑豊の子供たち」100円で出版、10万部を売る。 ローライマジック オリンパスペン 東松照明「家」
1961 キャノン7
1962 日本のカメラ生産台数が312万台となり、西ドイツ(258万台)を追い抜いた。 コンタフレックススーパーB
1963 1956年早稲田の理工を卒業したばかりの米谷美久がペンについでペンFを開発。 米谷美久 オリンパスペンF
トプコンREスーパ
キャノンデミ
土門拳
「古寺巡礼」第1集
1964
1965昭和40 川田喜久治
「地図」
1966 福島辰男の指導する全日本学生写真連盟がキャンペーン「状況」を出版。 ホロゴンウルトラワイド
ローライ35
1967 ライカM4
1968 カメラ毎日6月号が「現代の写真」特集で、若い写真家たちに共通する日常へのまなざしを「コンポラ写真」として提示。70年代の写真表現を決定付けた。
高梨、多木、中平らによって「PROVOKE」が発足。
1969
1970 中平卓馬
「来るべき言葉のために」
1971 ライカM5 ニコンF2 午腸茂男「日々」
荒木経惟「センチメンタルな旅」
1972 ライツとミノルタが技術提携。 オリンパスOM1
1973 ツァイスとヤシカが業務提携 ライツミノルタCL
1974 木村伊兵衛死去。 コンタックスRTS
1975
昭和50
内田康雄 ピッカリコニカ 須田一政
「風姿花伝」
1976 第1回木村伊兵衛賞に北井一夫が受賞。
アサカメ3月号で中平卓馬が「ブレボケは様式ではなかった」と断言。
ライカR3 北井一夫「村へ」
1977 季刊「カメラレビュー」創刊。写真の時代からカメラの時代への変曲点となる。 ライカM4−2 ジャスピンコニカ
1978
1979 前『カメラ毎日』編集長山岸章二死去。 山岸章二
1980 ライカM4−P ニコンF3
1981 ソニーが磁気記録方式による電子スチルビデオカメラ「マビカ(試作機)」を発表。
1982
1983 ヤシカが京セラに吸収合併され、コンタックス・ブランドが生き残る。
谷口吉生設計の土門拳記念館が生地酒田に開館。
1984 ライカM6 コンタックスT
1985
昭和60
5月号で「カメラ毎日」休刊。 ミノルタα7000
1986 キヤノンから電子スチルビデオカメラ「RC-701」が世界で初めて市販。
1987 ハネウェルがAF特許でミノルタを提訴。
1988 初の常設写真部門を持つ川崎市民ミュージアムが開館。 ニコンF4
1989
1990 10月、心不全で土門拳(80才)死去。 コンタックスT2
1991
1992 ミノルタ165億円をハネウェルに支払い特許和解。 柴田敏男
「日本典型」(17回木村伊兵衛賞」
1993
1994 尾辻克彦「ライカ同盟」出版。このころからカメラが病気になった。 コンタックスG1
1995
1996 ニコンF5
コンタックスG2
コンタックスAX
1997
1998
平成
10
1999 安原に触発され、各社がレンジファインダー・カメラやレンズを販売し始める。
フォクトレンダー・ブランドが復活。
安原伸 安原一式
ベッサL
2000 デジタルカメラの生産額が銀塩式カメラの生産額を逆転。
Dr.オグラ(小倉磐夫)69才で死去。
小倉磐夫
2001 2000年木村伊兵衛賞に、3人の女性が同時受賞という事件発生。 ベッサT
2002 ライカM7

戻る
■■年表1:創世記(〜1910)■■
■■年表2:バルナックのカメラから(1911〜1953)■■



【カメラの触感】