【トップページ】 趣味の自分史…ちょっとピンぼけ
左右の理屈 カメラの触感 旅の王権 四国の道よ空よ海よ サンティアゴ遠い夢
指輪の世界史 語彙の森の辞書 VIVA VERDI ワインな日常 技術者の黄昏

   2009-1-11記述開始
     Appellation kunio Fukatsu Controlee

Giuseppe Arcimboldo.1563
■基本的に酒は飲めない。にもかかわらず、なぜかワインだけは、微妙な味わいは感得できないが、少しであればおいしく飲める。特に15年程前、一時期集中して毎日のように飲むようになり、ラベルをはがしたり、メモを取ったりしていた。このような作業はワインを飲んだあとの、空しい作業だから、長続きはしない。何より悪趣味だから、人には言えない。

■最近になって、イタリアワインを教えてくださる方がいて、今までほとんど飲んで来なかったことが悔やまれ、飲んだ銘柄のメモをまた始めた。それが下のリストができるきっかけだ。これをHPにアップするのはあくまでも自分の記憶の記録にすぎない。


■右のアルチンボルドは収穫の象徴であるが、葡萄は後ろ髪として描かれている。カルティエ・ブレッソンの街角スナップはかつてのパリの「ワインな生活」を記録に留めている。

Bresson.1958


飲み会記録 基礎知識
■第1回ワイン会(銀座イタリアン)(2008-11-27開催
第2回ワイン会(銀座イタリアン)(2009-2-26開催)

第3回ワイン会(河口湖)(2009-9-21開催)
1855年ジロンド特級格付(PDF) (1997年頃飲んだもの)
メドック特級のセコンドラベル(PFD)(1997年頃飲んだもの)
シャブリのグラン・クリュ(PDF) (1997年頃飲んだもの)

イタリア・ワイン-未確立なヒエラルキ(2009-4-12)

【参考リンク】
イタリアワイン(http://www.winemercato.com/index.html)