ニュース

  1. 3月に行われた交流の報告
  2. 〜兵役拒否・続報〜

3月に行われた交流の報告

「ガリラヤのシンディアナ」から、サーミヤ・ナーセル・ハティーブさん(パレスチナ人)とハダス・ラハブさん(ユダヤ・イスラエル人)のお二人が来日。仙台のほか、東京と大阪で実行委員会を作っていただいて、3月12日〜21日に各地で交流会や講演会を持ちました。

 

 講演会やシンポジウムでは、イスラエル内のパレスチナ人の状況、それを変えるための彼女たちの活動、そして彼女たち自身の生活を語ってもらいました。

 サーミヤさんは、イスラエル内のパレスチナ人のGDPはユダヤ人のGDPの24分の1であること、大学進学率も6%と低いこと、自らの歴史・文化を学校では学べないこと、マイノリティーとして暮らすためにアイデンティティーの問題があることなど具体的に状況を話しました。

 ハダスさんはパレスチナとイスラエルの対立という枠組で考えても解決は見えない。イスラエル社会を民主化すること、現在の世界のパワーバランス・システムを変えていくことがパレスチナの問題解決に必要だ、と言っていました。アメリカに追随するか、殺されるかの2者選択ではない第3の道に進もう、と呼びかけていました。これは、私たち自身がどうやって生きていくか、私たちにも投げ掛けられた言葉です。

 サーミヤさんとハダスさんは、仙台・東京・大阪の講演でそれぞれ200人〜250人もの人たちが集まったこと、新聞やTVなど一般メディアの取材が多かったことに驚いていました。イスラエルの中で対等な共存を目指す活動を行っている彼女たちは少数派です。それが、日本で注目され、支持されたことは、彼女たちが活動を続ける上で大きな励みになったのではないかと思います。また、彼女たちのオリーブオイルがどんな人たちにどんなふうに受け入れられているのか、初めて具体的に分かったと言っていました。

 今回、講演会やシンポジウムの間をぬって、東京や大阪の実行委員会がアレンジで、三里塚や横田・立川基地、扇町公園(大阪)、釜ヶ先などを訪問することができました。政府による土地の没収に対して土地に居続けることで土地を守ろうとする取り組み、日本の自衛隊・米軍基地に反対する取り組みなど、パレスチナとつながる活動を心強く思ったようでした。一方、経済大国である日本に野宿者がいること、しかも単身者が多いということには衝撃を受けたようでした。家族のつながりが強いパレスチナ社会では、失業率は高くてもこのような野宿者はいない、と戸惑っていました。

 多くの人々に支えられて行われた来日イベントは、私たち自身にとっても大きな収穫でした。一つには、9日間朝から晩まで一緒に過ごし、家族のことから政治のことまで何でも話しイベントを行うことで、彼女たちとの間で信頼感が強まったこと。そして、仙台はもちろん、各地で思いを同じくする仲間に出会えたことです。ご協力・ご参加本当にありがとうございました。

 今回の講演録、訪問記、関連資料などをまとめた報告集が2002年7月につげ書房から出版されます。書店またはパレスチナ・オリーブでお買い求め下さい。

〜兵役拒否・続報〜

 「ぜいとぅーん」3号で、紹介した兵役拒否を表明した高校生たちの続報です。2001年8月、イスラエルで徴兵を控えた62人の高校生が連名でシャロン首相に手紙を書きました(イスラエルでは、男性3年、女性1年9ヶ月の兵役が義務づけられています)。イスラエルの政策に反対し、徴兵を拒否するものです。拒否を表明している人数は現在120人になりました。「ガリラヤのシンディアナ」の姉妹団体で、この高校生とガリラヤのパレスチナ人の高校生が一緒に集まりを持ったそうです。

 この「良心的兵役拒否者への支援フォーラム」からの連絡によれば、兵役拒否を表明した公開文書に名前を連ねているイガール・ローゼンベルク君とヤイール・ヒロ君が再び刑務所に戻されました。(3月17日のNHK番組で取り上げられていたのがヤイール君です)

 イガール・ローゼンベルク君は5回目の刑期、ヤイール・ヒロ君は4回目になります。彼らに励ましの手紙を書きませんか? 彼らの刑務所の住所は以下の通りです。

・Yigal Rosenberg,
Personal Military ID7303585
Military prison No. 4
Military postal code 02507
IDF, Israel
 
・Yair Hilu
Personal Military ID 724070
Military prison No. 4
Military postal code 02507
IDF, Israel

 イスラエル軍はたいてい、兵役拒否者を6番の刑務所に移しますが、多くの場合、そこでも手紙を受け取ることができるそうです。また、封筒を「良心的兵役拒否者への支援フォーラム」へ送ったら、確実に彼たちに渡してくれます。フォーラムの住所は、
POB 41199, Jaffa 61411, Israel
です。(「ガリラヤのシンディアナ」と共同の事務所です)