『ぜいとぅーん』15号(2004.6.28)

「ガリラヤのシンディアナ」ニュース

今年のオリーブの花は終わり、小さな実がついています。この実がゆっくり成熟し11月頃に収穫となります。

6月末、専門家を招いて、シンディアナの農家と ワーカーズ・アドバイス・センター(イスラエル内のパレスチナ人労働者のための団体)の登録者でオリーブの木を所有している人たちに、オリーブオイル講習会を開くそうです。失業者に高品質のオリーブオイルを得るための栽培・収穫方法を教えるというのは新しい取り組みです。講習会の様子は次号『ぜいとぅーん』で報告しますのでお楽しみに。

伝統的に、パレスチナの村に住む人たちはオリーブの木を所有しています。多くの農地が没収され、水の配分・利用が制限される中で、農業から収入を得ることは難しく、人々は建設業や工場労働にに携わってきました。いま、その仕事をタイや中国からの外国人労働者が担い、パレスチナ人の失業が増えています。そこで改めて収入源としてのオリーブが見直されたわけです。しかし、いいオリーブオイルを作っても売り先がなくては仕方ありません。おいしいオリーブオイルを継続して買って下さる皆さまがいて、シンディアナの活動が成り立っています。

1.7月にオリーブオイルが入荷します

今回入荷するものは、ナザレの南にあるイクサール村で2003年11月に収穫され、イクサール村のオリーブオイル工場で低温圧搾されました。地元スーリ種のエクストラヴァージン・オリーブオイルです。

2.ボトルのふたが変わります

ご要望の多かった油切りの注ぎ口が付きました。

3.石けんがリニューアルします

〜石けんの色〜
次回の石けんの色は緑がかっています。ナーブルスで作っている、このオリーブ石けんは、香料や着色料その他をいっさい加えず、オリーブオイルと苛性ソーダ、水のみで作られています。このため、オリーブオイルの色や成分、石けん素地の微妙な配合で色が変わります。石けんを長く愛用して下さっている皆さまは、年によって、クリーム色が濃かったり薄かったり、と感じていらっしゃるかもしれません。オリーブオイルは、同じ種類の木であっても、場所によって、年によって微妙に風味が異なります。さっぱりしっとりの使い心地は変わりません。石けんの泡立ちがしっかりとしました。

〜石けんの重量〜
標準重量が130gから120gに変更になります。申し訳ありませんが、仕入れ価格に変更はないため、販売価格も据え置きになりますがご了承下さい。

〜開けてびっくり?〜
今までの石けんの刻印はシンディアナのSの文字でしたが、今度からオリーブの素敵なマークが入りました。ただ、ラベルでその素敵なマークが隠れてしまっています。包装をはがしたときに、忘れずに眺めてお楽しみ下さい。

現在出荷中の石けんが終了次第、順次新しい石けんに切り替わります。

ナーブルスはいまヨルダン川西岸地区の他都市と比べても、厳しい封鎖の状況が続いています。石けんの原料や製品の運搬に支障をきたし、注文も「ガリラヤのシンディアナ」以外からはほとんどなく、工場もあまり稼働していないそうです。

前号の『ぜいとぅーん』でも書きましたがナーブルスでは外国人の立入り禁止も続き、電話で連絡は取れるものの私たちがナーブルスに行くことがとても困難になっています。同じく、1年以上外国人の出入が禁止されているガザ地区では、5月にも南部ラファでイスラエル軍による激しい攻撃と家屋破壊があり、約2000人が家を失いました。目の届かないところ、隠されたところで破壊が進んでいます。ナーブルスも心配です。