† 九龍で会いましょう

原作:柴門ふみ
脚本:野依美幸
演出:六車俊治 他
プロデュース:佐々木基、指田貴行 他
主題歌:河村隆一「Suger Lady」
挿入歌:工藤静香「maple」
冴草 薫...石田ゆり子
上三條秀太郎...河村隆一
ジャスミン松嶋...長谷川京子
冴草 彩...吉野きみ佳
山崎ケン...桐谷健太
柴田いずみ...周防玲子
浅井くみ...古川理科
吉沢えり...佐久間由枝
渡 貞夫...檜山 豊
東郷大...東幹久
赤沢公介...伊原剛志 他

第12話(6/28放送)最終回
おやん?先週1回観なかったら、さっぱり訳が分からないぞ。(^^ゞ赤沢、すっかりいい人になってるしー。薫よりは子供がもっと大事だったって事かい?あれだけ、蛇のように(いやスッポンか?)しつこかった赤沢も、秀太郎に薫を残した企画を任せちゃったり、いやいや、まるで別人のようで、かえって気持ち悪いよん。(^^ゞ
ジャスミンと東郷は、すっかりラブラブになってハッピーエンド。大富豪との婚約を蹴るってのは、なかなか凄いですが、ジャスミンのウエディングドレス姿は、すんごく可愛かったので、ラッキー♪
そして薫と秀太郎…。うん、これも絶対に最後はくっつく…って分かっているので、観ながら不安にはならなかったのですが、秀太郎が「どーして気付かなかったんだーっ!」と香港の街中で叫ぶ場面は、ビックリ!…河村さんには、叫ばせちゃいけないんだって事に、私も気付かなかったよ!(爆)やはり、これからもあまーく優しくつぶやく演技にしましょうね…。ちょっと…あの演技は…ねぇ…。
うーん…とりあえず、あれだけもめにもめて、すべて元さや。いやー…なんか毎回疲れたドラマでしたー。(^^ゞ
第11話(6/21放送)
いやぁ〜、実はこのドラマの事をすっかり忘れてました。(^^ゞ出掛けていたし、もちろん録画予約もしてなかったし…。
ここに来てリタイアか?(爆)
第10話(6/14放送)
薫〜〜!!先週ラストで、ちょっと見直したのに、ついに赤沢に許してしまったのかー!いくら同情していてもそれだけはやってはダメだってば!温厚な秀太郎だって、これは怒りマックスでしょう!
赤沢の子供じみた策略にはうんざりなので、とことんまで赤沢が追い詰められていい気味だったのに、またしても赤沢に有利な材料を与えてしまって、またしても復活しそう。もう、こういう展開の連続で、いい加減疲れちゃったー。(^^ゞ
第9話(6/7放送)
今回も、赤沢のあまりのも幼稚な作戦に、怒り心頭!って感じでした。香港支店の東郷の使い込みに、秀太郎も関与していたかもしれないって事で、揉み消しを理由に交際を強要するなんて、いつの時代だよっ!しかも、決定的な証拠もないのに、「真実はどうでもいい。」とかよく言いますよねー。そんなの証拠もないのに、どうやって秀太郎を解雇出来るのだ?逆に訴えられるぞ。(^^ゞこれでまた、薫が赤沢を呼びつけているところを秀太郎が見てガーン…ってなって…続く…だったら、この時点でリタイアしようとまで思ってました。(爆)でも違ったー!薫が隠しカメラで脅して、してやったりー♪これでかろうじて来週も見てみようと、何とか思い直す事が出来たわー。(^^ゞ
第8話(5/31放送)
やっとの事で、薫は赤沢の策略に気付きましたねー。以前にも隠しカメラやられてたんだし、いくら上司でもとっくに見切りをつけていてもおかしくなかったんですけどねぇ…。それに、赤沢の策略って、「First Love」の朋子に比べたら、凄い幼稚な作戦ばかりだと思いませんか?人事の件や、タイアップ、祝賀会…とても用意周到って感じではなく、子供のあがきみたいで、とほほ…って感じ。(^^ゞまぁ、だからこそ、ちょっと同情しちゃいがちでもあるんですけど…。また元の関係に戻ろう!と強要する場面も、「(恋人が)俺も二人お前も二人。バランスは取れてるだろ。」と言った時は、目が点になっちゃいそうでした。すんごい理屈ですよねぇ〜。(^^ゞ
しかし、ラストに赤沢の妻からバチーンと薫はやられてしまって、別れたいのに踏んだり蹴ったり…。まぁ、でも以前は浮気していた事は間違いないんですから、叩かれても仕方ないですけどね。
さてさて、先週てっきりジャスミンのお金を取ったのは東郷だとばかり思ってましたが、実は違っていたのね。疑ってごめん、東郷。(爆)しかし、せっかく東郷とジャスミンが元さやに…と思っていたら、またえらい場面を見ちゃって大変!でも、東郷ってば、何故にそんなにお金が必要なんでしょうかね。両親とか身内関係で、何か困った問題が起きてるのかな?その問題が分かれば、またジャスミンが東郷の元に戻っていきそうな気もするんですが…。秀太郎が本当にジャスミンを抱いてしまうとは思えないんですが、果たしてどうなってしまうのだ???
第7話(5/24放送)
ひょぉぉ〜、東郷ってば、どうしちゃったのー?ここ2回ぐらいは、かなりいい人って感じの東郷だったのに、何か借金を抱えているようで、最後にはジャスミンの持っていた50万まで捕っていってしまうとは!そんなにお金に困っているのなら、黙って持っていくなんてしなくても、薫なり秀太郎にでも相談しても良かったのにねぇ。あの唐突な消え方じゃ、ジャスミンのお金を持っていったのは自分だと主張しているようなものだよ…とほほ。ジャスミンの事を「金に汚い」なんて言えない、言えない。あれは犯罪。(^^ゞ
そして!ジャスミンが東郷をついに見放してしまった???「上三條さんが好き!」といきなりの鞍替えでしたが、これは本気なんでしょうか?予告では東郷が女性とキスしてるのを見てショックを受けてましたけど、そんなに簡単に忘れられるのかな?でも、優しい秀太郎も、あまりジャスミンをむげにも出来ないし、ここら辺は難しいところ。
そして、また赤沢の策略が張り巡らされてきましたー。人事で薫を香港に飛ばして秀太郎と離れさせる魂胆?タイアップの件も、さも自分の力のように薫にアピールしてたし、ほんとうまい具合に作戦を練ってきますよね。またまたいつものパターンのように、秀太郎が薫と赤沢が一緒に居るところを見てしまって、ガーンって事になって、ジャスミンが絡んできて…なんてパターンになるんでしょうね。でも、予告では赤沢の奥さんらしき人も登場していたみたいですよね。うわー…ドロドロだ。
今回、ちょっと寒かった場面。秀太郎の「俺たち喧嘩してる?」って台詞。あの台詞はテレビに物を投げつけたくなりそうでした。喧嘩は喧嘩だけど、続に言う痴話喧嘩ってやつよね。嬉しそうにするなー。(笑)
第6話(5/17放送)
今日は、なんか赤沢が地味だった。先週のラストのあの展開でドロドロになるのかと思いきや、案外あっさりと(うやむやに?)解決。薫の「二人とも帰って!」という強気態度が良かったのか。(笑)まぁ、仕事面でもそれどころじゃないっていうのが、ありましたしね。
しかし…感じる香港ツアーがイマイチ伸び悩んでいるようですが、あの大手の出版社の編集長役のうつみさん…まさか出番があれだけじゃないですよね?思いっきり嫌な役どころだったし…。今後、何かしら(たとえば秀太郎の活躍とか)で心変わりして協力してくれる人になるのかなー、きっと。
今日は、久しぶりに薫の妹が登場。なんか、彼女の存在はすっかり忘れてました。(^^ゞだって、出番も少ないし、本筋にほとんど絡んで来ませんでしたからねー。そしていきなり母親まで出てきたので何事?と思いきや、なるほどねぇ〜、薫の弱い部分を表現したかったのか。確かに今まで、「そんな仕事でムキにならなくても〜。」「可愛げが無いなぁ〜。」なんて薫の事を思っていましたが、実は凄く不器用で甘えることを知らない人生を送ってきたんですね。それが分かって、ちょっと薫が可愛く思えてきました。ラスト、秀太郎の膝で泣く場面は、ちょっと一緒にホロっとしちゃったし…。(←単純)
逆に今まで健気で可愛く思えたジャスミンの方が、「ちょっとなー…」的な風に思えてきたり…。先週、いきなり東郷を尻に敷き始めたので笑ってしまったのですが、今週はちょっとやりすぎな感じもしてしまった…。確かに東郷の為にお金を溜めて近所に引っ越す!というのは、やはり健気で可愛いんだけど、あんなに何度も東郷を待たせて、しかも少しも悪びれないで、ビンタまでしちゃうのは、ちょっと我儘過ぎる感じもしますよねー。うーん…でも可愛いから憎めないんですけど。(笑)最近は、東郷もすっかり女っ気が無くなったし、ちょっと憐れに見えちゃったかな。(^^ゞ
さてさて、来週の予告はちょっとまた波乱がありそう?一時は突然の秀太郎とジャスミンのキスで、え?って感じもあったのに、肩透かし状態で何も無かった二人だけど、今後はちょっと可能性もあるの?ドロドロだねぇ〜。(にやり)
第5話(5/10放送)
あのプレゼントは合鍵だったんですねー!しかも「10年後も一緒にいられたらいいね」なんていうメッセージ付き!これはもう、秀太郎の決心が揺らいでも仕方ないか…。(^^ゞでも薫としては、「距離をおこう」って言われた次の日に、ニコニコして何事も無かったように仕事にも全面協力、「薫の事をもっと知りたい」なんて言われたら、調子狂いますよー。秀太郎も振り回されてるけど、薫も結構可哀相だったり…。(^^ゞ
しっかし、赤沢は、終始二人の動向を観察していて、うまくいってるのを見るとすかさず攻撃してくるんですね。ライトテーブルの話は参ったー。(^^ゞ嫌がらせにも程があるなー。あの話題を匂わせるだけではなく、更に翌日にライトテーブルで薫に接近してる姿を秀太郎に見せつける周到さ!これは脱帽ものだー。
でも、この悪質な嫌がらせに、必死に抵抗しようとする東郷が、なんか可愛かった。(笑)何かと薫と秀太郎を励ましちゃって、すっかりいい奴。(^-^)おまけに最近うまくいってるジャスミンに、尻に敷かれ始めてる所なんかも、ちょっと情けない感じでいいじゃない♪
そして今回、赤沢が仕事で重大ミスをおかしてしまった事で、薫が赤沢を庇っちゃって、また秀太郎との関係がおかしくなっちゃうのかなー?なんて予想していたのですが、秀太郎が赤沢を庇う!っていう展開だったんですねー。いやいや、これは予想してなかったー。しかも、その庇ったことでの交換条件として、あの思い出の(笑)ライトテーブルを交換させるっていう反撃には笑っちゃいました。秀太郎もやるじゃんねぇ。(笑)
しっかし、またもやラストで決定的な場面を、秀太郎が見てしまって、なんでいつもいつもこうタイミングが良過ぎるんでしょうね、このドラマは。(^^ゞ秀太郎が唯一タイミングをはずしてしまったのは、あの会議室を間違えちゃった時ぐらいか?うーん…このネタはもうお腹いっぱいって感じだわー。
しかしこのドラマ…最初は薫が秀太郎と赤沢とどっちかを選べなくて優柔不断状態になるっていう感じで進むのだと思っていましたが、そうではなく、薫の気持ち的には、赤沢には未練とかないんですよね。そう考えると、本来ここまでもめることもないと思うんだけど、あまりにも赤沢の攻撃が見事で、その策略に薫と秀太郎が翻弄されっぱなし…って状態なんでしょうか。これでラストまで引っ張っていくのは、結構厳しい感じがしてきたなー。新手の展開が、どこかに無いかしらね?
第4話(5/3放送)
ちょっぴりこの展開にだれてきた…。中だるみの感があるのかも…。(^^ゞ
赤沢の家族が近所に引っ越してきた…っていうのは、おおっ!って感じだったんだけど、そこに薫を呼び出して、その家から出てくる薫を偶然にも秀太郎が見ちゃうっていうのは、あまりもベタでしょー。まぁ、赤沢と秀太郎じゃ、格が違うっていうか、役者が違うっていうか、全然かなわない感じなので、薫に関してはいま一歩負けちゃうところがあるので、これは仕方ないんですけどねー。まぁ、秀太郎が薫の事をどうしても信じることが出来ないっていうのも、充分分かるし…。ラストで、「しばらく距離をおかないか…」と言い出した秀太郎だったけど、「あなたがそう思うなら…」と了承しちゃった薫。その薫が去る姿を見て、めちゃめちゃ未練たっぷりで、「言うんじゃ無かったー」的な表情の秀太郎がツボでした。いやいや、実に秀太郎らしい。(爆)
まぁ、そんなこんなで、今週はイマイチ展開が無かった回でしたが、予告では赤沢がミスして飛ばされそうになるとの事で、これはまたちょっと面白くなってきそう!今までずっと優位に立っていた赤沢が不利な立場になると、薫としてはどう行動するんでしょうねー。ふふふ…♪
さて、ジャスミンと東郷の方は、なんかうまくまとまってきそうですね。今までつれなかった東郷が、拗ねているジャスミンにあたふたしてるのは、ちょっといい気味って感じでしたしね。でも、このまま素直にくっついてしまうのもちょっと味気ない気もするし、どうなるかなー?
第3話(4/26放送)
先週のラストでとうとう薫と赤沢が付き合ってる事がばれてしまって、どうなる〜?と思いきや、秀太郎は、案の定かなりのショックを受けている。会社で赤沢とキスしている場面まで秀太郎が見ちゃうのかと思いきや、見られたのは東郷の方で、秀太郎は倉庫のドアを間違えたってオチがもう…。「また間違えた…」なんて言ってましたが、秀太郎ってよっぽどの方向音痴なのね…。あの緊迫した場面で、大笑いしちゃったわー。(^^ゞ
なんだかんだ、秀太郎は薫と会うことを避けていたけど、やっぱり会ってしまうと駄目ねー。薫が正直に赤沢の事を告白したからって、普通は許さないでしょ!赤沢とは別れる!って言ったのならともかく…。まぁ、秀太郎はかなり薫にメロメロなので、すぐにそうなる事は分かってはいたけど、それにしても甘いなぁ…。
そして赤沢の方は、さっぱり分からない。隠しカメラなんて異常な事をしておきながら、秀太郎との事を認めて、薫とは最後だと言い出す…。そんな事あるわけないじゃーん!って思うのに、しっかり薫は信用しちゃって、最後のキスまでしちゃう。まぁそれを今度はしっかりと秀太郎に見られてしまっちゃった訳ですけどね。最初は赤沢が仕組んだ?とも思ったけど、これは偶然だったのかな?一度は浮上した秀太郎だけど、またしてもどん底に突き落とされちゃって、つくづく秀太郎は災難だけど、なんかこの憐れさが河村さんには似合うわ…。
しっかし、最後は大胆だったなー。東郷の部屋に女性が居たことで、混乱してるジャスミンにキスですよ!なんだかんだ言って、薫との始まり方もそうだったけど、一見億手のようにみえて、結構秀太郎って手が早いのかも。(笑)まぁ、やけになっているのと、慰める気持ちだったとはいえ、秀太郎もトラブルメイカーよねー。
今回のジャスミンも一段と可愛かったですねー。一生懸命自分が知っている慰め方で、薫と秀太郎を励ましてあげていたし、東郷には健気だし…。まぁ、さすがの東郷も、だんだんジャスミンの想いに気付き始めたような感じですけどねー。そうそう、ジャスミンが秀太郎の携帯電話に「助けて…」っていう展開は、「夢のカリフォルニア」とまったく同じ展開!秀太郎も夢カリの終のように、走り出しましたしねー。(^-^)でも、夢カリでは格好悪かった終だけど、こちらの秀太郎はキスなんかしちゃって、こちらの方が、男らしさでは勝ちでした。(笑)
第2話(4/19放送)
ほほほ…いやいや、これはスリリングなドラマで、なかなかだわー。(^-^)先週ラストのジャスミンの発言は、「人違いだ!」という無理クリ(?)言い訳で逃れたと思いきや、ジャスミンに口止めしようと家に招待したら、またまたそこに赤沢が来るって事で、第二の危機!いやいや、これは面白い!
思ったより早く赤沢に秀太郎との付き合いがばれて、おやおや?と思っていたら、あっさりその付き合いも認めてしまった…。これは…と危ぶんでいたら、いきなり部屋に隠しカメラですよっ!いやー、ビックリ!こんな危ない人だったのねー、赤沢ってば。えらい人を相手にしちゃったなー、薫は。(^^ゞ
このカメラにいち早く気付いた秀太郎だけど、なかなか切り出せない。気弱なのか優しいのか…うーん…。(^^ゞ意を決して話そうとしても、赤沢の妨害にあって、すれ違い〜。ひょー!敵は強敵です…。赤沢と一緒に居るところ見てしまったり、待ち合わせに来られなかった言い訳の嘘も知って、捨てられた子犬のようになってしまっている秀太郎…いやいや可哀相…。でもそんな憐れさが、なんか河村さんにピッタリって感じでいいわー。(爆)
そしてラスト…。隠しカメラの事を赤沢に問いただしているのかと思いきや、電話の相手は秀太郎!自分でついつい暴露しちゃって、この展開には驚きですー。こんなに早くからばれてしまって、この先どうするのー?このドラマ…続きがとーっても気になる。(>_<)
ところで、このドラマの長谷川京子ちゃんは、ほんと天真爛漫で可愛いなぁ〜。(*^-^*)「ビッグマネー!」と掛け持ち出演だけど、こっちの役のほうが全然合ってる気がします。以前「スタアの恋」に出ていた時は、ちょっと地味な感じでイマイチ華がないかなー…なんて思っていたんですが、このドラマではキラキラした華やかさもあって綺麗です♪なかなかお気に入りになるかもっ。
第1話(4/12放送)
不倫ものって苦手だし、河村隆一も苦手だし、あまり好きなキャストも居ないしなぁ〜。リタイア候補bPかな…と予想していたのですが、なんか面白かったです。(^^ゞ
苦手な河村さんも、こういうちょっと情けない感じの役なら、何となくOK。ちょっとスーツ姿があまりにも似合わないので、苦笑してしまいましたけど。(爆)こういう誠実そうな感じで、「99%黒でも1%信じさせてくれるならいい」なんて台詞も、河村さんが言うなら、なんかOKかなー。(笑)
主役の石田さんは、不倫って事もあって、やはりあまり好きにはなれそうもないキャラクターですね。あまり共感は出来そうもないんですけど、不倫がばれそうでオタオタしている感じは、さすが石田さんって感じで適役。キャリアウーマンだけに、この不倫がなかなか止められないっていうのが、実感出来ます。
ラスト、いきなり秀太郎に、誕生日に赤沢と会っていたってばれちゃうのはビックリ。もっと先までばれないのかと思ってましたー。まぁ来週、うまく嘘を付いてごまかすんだとは思いますが。(笑)
このドラマは、薫の葛藤と、秀太郎の切なさでストーリーが進んでいくって事かな。こういうドロドロではない、切ない展開は好みなので、最後まで見続けられるかもー。(^-^)(ドロドロにならなければ…ですが…笑)
そうそう、今回の東さんは、プレイボーイ役なんですね。最近は主人公にフラれるお人よしキャラクターの役が多かったので、こういうのは久しぶりにみたかな。うん、こっちの方がらしくて似合ってる♪日本まで追ってきてしまったジャスミン役の長谷川京子ちゃんも、可愛くて一途な感じだし、この2人のカップルもドラマを面白くしてくれそうな感じですねー。
STORY
大江戸トラベル社員の薫(石田)は、出張で出かけた香港で秀太郎(河村)と出会い、2人は恋仲に。2ヶ月後、香港のホテルで秀太郎を待つ薫の元に不倫中の赤沢(伊原)が現れ…。