戻る


news 2001
  (2000年分はこちらから)
江國さんに関する新着情報
新聞、テレビ出演(ごくごくまれに)など知りうる限りお伝えします。
知っている情報をお持ちの方はお知らせいただけたら幸いです。

 現在の雑誌連載(2001年12月現在)
「すばる」に「右岸・左岸」連載開始予定(辻仁成氏との共作)

VERY(光文社)に「思いわずらうことなく愉しく生きよ」連載中  

大和出版HP上に「雨はコーラがのめない」月一(毎月15日更新)で連載中  

「すばる」に「とるにたらないものもの」連載中

朝日新聞に「絵本の玉手箱」連載中(月1回掲載)

新刊情報
「スイートラバーズ」〜大人のための絵本シリーズ〜(旬報社)近刊予定。

「東京タワー」(マガジンハウス)12月7日発売。

「泣く大人」(世界文化社)7月18日発売。エッセイ集。

「日のあたる白い壁」(白泉社)7月18日発売。エッセイと絵画集。

「LOVERS」(詳伝社)に「ほんものの白い鳩」収録。9人の作家によるアンソロジー。

「恋するためにうまれてきた」(幻冬舎)辻仁成との共著。

「冷静と情熱のあいだ」(角川書店)が愛蔵版になって発売予定。bluとrossoが交互に編集され1冊になるとのことなので、連載されたとおりの順で読めるそうです。

「ホテルカクタス」(ビリケン出版)が4月中旬発売されました。 ぼうしときゅうりと数字の2がすんでいる話。

「彼女たちは小説を書く」(メタローグ)物語づくりの技法を後藤繁雄がロングインタビューした本。 江國さんもインタビュイーとして登場しています。
そのほかには柳美里、吉本ばなな、川上弘美、赤坂真理、山田詠美、中上紀、松浦理恵子さん。3月20日発売。 

一月下旬「ウェハースの椅子」(角川書店)が出版されました。

 その他

COSMOPOLITAN2月号に読者のエッセイ大賞の選考委員として出席された江國さんのコメントなどが載っています。UP!

ダ・ヴィンチ(メディアファクトリー)1月号で今年の恋愛小説作家部門で一位になり、短いコメントを載せています。ウェブ版ダ・ヴィンチも面白いので見てみてください。UP!

12月9日にNHK教育のN響アワーに「音楽と恋愛のあいだ」として、江國さんが出演。
クララをめぐる、シューマンとブラームスについて。

来春、新潮社より江國さんに関する情報をまとめた雑誌が出版予定.
11月26日からウェブ新潮で江國さんへの質問を受付して、運が良ければ雑誌掲載されるそうです。 http://webshincho.com/

留学情報誌「WISH」vol.8に江國さんと中山美穂の対談掲載。(幻冬社)

辻さんのラジオ番組に江國さんが出演予定。11月25日18:00からTFM系列(東北地方はだいたい7時からみたいです。)

江國さんと辻さんの対談が「辻仁成の貌」(KKベストセラーズ)に載っています。

「温かなお皿」がドラマ化。「ねぎを刻む」をはじめ短編を寄せ集めて。12月25日夜10時フジ系放送。

MARIE CLAIRE(講談社)12月号に映画「冷静と情熱のあいだ」特集と原作者対談
江國香織 X 辻仁成が載っています。

映画関連・・・ (ちょっとだけ)
完成披露会見の模様1
完成披露会見の模様2

HOKKAIDO WALKER. COM 江國さんのインタビュー

ダ・ヴィンチ11月号におふろでの読書について江國さんが語っています。

TARZAN(マガジンハウス)10/10号に江國さんのインタビューが載っています。「とっておき作品集」について。

BAILA10月号(集英社)に短編小説「清水夫妻」が載っています。

ダ・ヴィンチ10月号 表紙&インタビューが載っています。

「江國香織とっておき作品集」(マガジンハウス)が8月23日発売予定。

「すばる」9月号に江國さんが参加した座談会の記事が載っています。

MOE9月号(白泉社)が江國香織総特集です。

SPUR 9月号(集英社)に「江國香織さんのテート・モダン案内」が載っています。
その関係でウェブ版のSPURにもその撮影時のことが写真入りで載せられています。

江國さんのプロデュースしたCD「冷静と情熱のあいだ Rosso〜ミラノに似た孤独」(ソニークラシカル)が発売中。

WEB上のインタビュー「江國香織@J-style」

COSMOPOLITAN(集英社)6月号に江國さんの「人生を変えた一冊」が載っています。

3月のトークライブの載った「月刊WORD」発売中。銀座の資生堂ビルのショップでのみの発売。

江國さんと川上弘美さんのトークライブ(?)が3月に行われました。テーマは「愛はなぜかなしいのですか?」 この模様は5月頃資生堂からでる月刊「WORD」に掲載されるそうです。 管理人のレポートも見てみてください。

「東京人」2001年3月号に「お菓子の時間」という詩が載っています。

「冷静と情熱のあいだ」が映画化予定。来年公開予定。順正は竹野内豊、あおいはケリー・チャン。

「すばる」2001年1月号に短編が発表されました。「東北新幹線」と言うタイトルです。 

ウェブマガジン「JUSTICE」のライフ&カルチャーに江國さん登場(12月)。
Real Playerがあれば動画も観られます。
http://justice.i-mediatv.co.jp/
(Back numberのLife & Cultureの2000/11〜2000/12をクリック。)

WEB新潮で江國さんの声が聞けますよ♪作家自作を語るで、
ホリーガーデンについて語っていらっしゃいます。real audio が必要です。 
作家 自作を語る
本屋さんサイト、イー・ショッピング・ブックスに江國さんインタビュー
「作者のおすすめ」コーナーに「冷静と情熱の間 Rosso」のインタビューが載っています。