摯風塾とは

道場訓

摯 = 至る、充分に気持ちが届く、手にとる、すすめる。 ときに 破る、強い、荒い。「真摯」としたとき「真・摯」どちらも「まじめ」の意。真摯であるとは、言葉と行動において正直であること。

風は世の流れ
拳先を揺らし、撃とうとする気負いを消す
呼吸を読み、吸うを陰とし 吹きからの息の切り替えを隙とす
これを狙い撃つ

 

摯風塾は全日本空手道連盟 錬武会所属です。JOCにも体協 にも認められています。横尾師範が指導されてた時代は錬武会ルール(鉄面、胴、手のみサポータ着用による、1本、技あり、技ありふたつで合わせ一本)のポ イント制を中心に練習。全空連ルールの実業団の大会にも出場していました。全国に点在する他の錬武会の支部も錬武会ルールと全空連ルールの両方に大会出場 している道場もたくさんあります。
摯風塾は北島が指導するようになった時、錬武会のポイントルール,硬式空手(プラッシック製のシールド面、胴、手足にサポータ 着用によるポイント制)、グローブ空手、フルコンタクト空手等の大会にも参加するようになりました。


北島道場では防具付き空手とフルコンタクト空手を中心に形、全空連ルールにも力を入れて指導してまいります。