| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

 1979年に初演された『唐版・犬狼都市』は、新宿西口公園に建てられた状況劇場の紅テントで上演された。当日の西口にはまだ高層ビル群は「乱立してい」なかった。それでも京王プラザをはじめいくつかのビルは従容として聳え立ち、その谷間に張られた紅テントは、巨大なビルに押し潰されるけなげな赤いタコのように映し出された。その対象の妙はまさに時代状況を切りとったように感じられた。

 『唐版・犬狼都市』は、地下をめぐる物語だ。犬の「ファラダ」を追いかける男女の追跡行は、犬田区という幻の地下街を舞台に、そこに生息するしがない人間のドラマを展開する。だがラストシーンは衝撃的だった。その映像は今も鮮明に記憶している。

 テント幕が切って落とされた時、いきなり佇立するビル群が視界に飛び込んできた。テントの客席から仰ぎ見るそれは、民衆と権力の関係を一瞬のうちに可視化した。資本主義の象徴たるビル群が、テントのフレームにすっぽりと収められたのだ。その光景は、さながら地べたにはいつくばった人々が果敢に挑みかかる冒険に見え、実に痛快だった。

 今から40年ほど前、演劇は単なる娯楽以上に状況と拮抗するものだった。それは観客がラディカルな精神をもって現代演劇の冒険に随伴したからだ。唐十郎の良き理解者であり、協同者であった演劇評論家の故扇田昭彦氏は、そのことをこう書き残している。

 「小劇場演劇は、表現者の側についてのみ語られることが多いが、実際には、共感と対決の意志をもって舞台に向かい合う多くの観客がいたからこそ、その活動はありえたのだ。」(『唐十郎の劇世界』154~155頁)

 下北沢で上演される新生『唐版・犬狼都市』は、どんな風景を現出させるか。またどういう新しい観客を創造するのか。唐十郎の冒険を現在形で引き継ごうとする新宿梁山泊への期待はそこにある。

 

西堂行人 (演劇評論家 明治学院大学教授)

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

◉チケット料金

一般席 前売  4,500円  当日 5,000

学生席 前売・当日 3,000

学生席は限定席になりますので予めご了承下さい。

照明:髙瀬勇佑+ライズ 舞台美術:大塚聡+百八竜 劇中歌作曲:大貫誉 音響:N-TONE 舞台監督:百八竜

振付:大川妙子 殺陣:佐藤正行 宣伝美術:宇野亞喜良 / 福田真一 制作協力:野口和美 主催:新宿梁山泊

協力:小田急電鉄株式会社 / 本多劇場グループ / ㈲ライズ / 大塚聡アトリエ / ㈱エスエープランニング / JSK

ケイダッシュ / アクトレインクラブ / オフィスまとば / JUSTICE / 夢企画 / 大沢事務所 / 劇団太陽

バニラ・モデルマネージメント / 髙橋周作 / 大須賀博

金守珍

趙博

近童弐吉

松田洋治

水嶋カンナ

広島光

島本和人

オレノグラフィティ

宮原奨伍

八代定治

藤田佳昭

奥山ばらば

二條正志

野崎亨類

宮澤寿

山口拳生

染谷知里

諸治蘭

えびねひさよ

上久保慶子

清水美帆子

赤松由美

ジャン・裕一

松永健資

感染症対策として、ソーシャルディスタンスを確保するために客席を減らし、換気のために側幕をよしずに変更いたします。

小田急線「下北沢」駅東口

京王井の頭線「下北沢」駅中央改札 徒歩5分

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

チケットご予約方法

チケットは右記の方法で

梁山泊事務所からご予約できます。

その他、下記のプレイガイドからも

ご予約いただけます。

ご都合に合わせてお選びください。

 

■プレイガイド

チケットぴあ

Tel.0570-02-9999

http://pia.jp/t

[Pコード 502-755]

 

イープラス

http://eplus.jp(pc/携帯)

 

ローソンチケット

http://l-tike.com(pc/携帯)

Tel.0570-084-003

Tel.0570-000-407

(オペレーター 10:00〜20:00)

[Lコード 33592]

 

カンフェティ

http://confetti-web.com

Tel.0120-240-540

(受付時間 平日10:00~18:00)

■メールを直接送信する

お名前・ご希望公演日/時間・チケット枚数 をご記入の上、下記に送信して下さい。

 

メールはこちら

 

こちらでメールが受信できましたら、担当者がメールにてご連絡致します。

 

チケットご予約5日後までに下記振込先まで、お振込お願い致します。

■WEBフォームより入力

下記専用フォームに必要項目をご記入の上 ページ下にある送信ボタンをクリックして下さい。

 

予約フォームはこちら

 

担当者がメールにてご連絡致します。

 

チケットご予約5日後までに下記振込先まで、お振込お願い致します。

■電話予約

下記までお電話下さい。

 

電話 03-3385-7971

 

・直接担当者が出た場合

 担当者へお名前・電話番号・郵便番号・住所・希望公演日・時間・チケット枚数 をお話し下さい。

 

・留守番電話の場合

 お名前・電話番号・郵便番号・住所・希望公演日・時間・チケット枚数 を録音して下さい。

 担当者より折り返しお電話致します。

 

チケットご予約5日後までに下記振込先まで、お振込お願い致します。

■FAX予約

お名前・電話番号・郵便番号・住所・希望公演日・時間・チケット枚数 をご記入の上、

下記まで送信して下さい。

 

FAX 03-3385-7981

 

担当者より折り返しお電話致します。

 

チケットご予約5日後までに下記振込先まで、お振込お願い致します。

チケット料金お振り込み先

 

【銀行振込の場合】

 ゆうちょ銀行 019店(ゼロイチキュウ テン)

 当座 0008533

 名義 シンジュクリョウザンパク

 

 

【郵便振替の場合】

 郵便局備付の青枠の振込用紙に明記の上、

 下記口座へお振込下さい。

 口座番号 00140-2-8533

 加入者名 シンジュクリョウザンパク

 

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

1954年生。東京都出身。東海大学電子工学部卒業。蜷川スタジオを経て、唐十郎主宰「状況劇場」で役者として活躍。 蜷川と唐という「アングラ小劇場」の代表とも言うべき演出家から直接に指導を受けた。

その後、新宿梁山泊を創立。 旗揚げより新宿梁山泊公演の演出を手掛け、テント空間、劇場空間を存分に使うダイナミックな演出力が認められている。

'97年にはオーストラリアの国立演劇学校から「特別講師」として招かれ、世界に通用する演出家と評判を呼んだ。'99年にはニューヨークで「少女都市からの呼び声」を公演。その後、コロンビア大学にて特別講師として、清水邦夫作「楽屋」を演出。また、演出以外にも広く劇術活動を行い、 外部公演への出演、NHKドラマ、CM出演等、役者としても広く活躍している。

'01年日韓合作映画「夜を賭けて」にて初監督。'02年11月、東京武蔵野館を皮切りに全国公開され、第57回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人監督賞、2002年度第43回日本映画監督協会新人賞を受賞した。

小田島雄志氏から「満天星」を唐十郎氏から「芝居砦」という名前をいただき、芝居砦・満天星として発足、以後様々な作品を作りあげる基地となっている。「風のほこり」の舞台である浅草の芝居小屋の地下を再現すべく、地下2階から地下1階への天井を突抜け螺旋階段を設置、床もはがして、舞台からの水漏れでいつも水びたしの文芸部を作り上げた。劇場に合わせて舞台セットを創るのではなく、物語の舞台に合わせて劇場を創りあげるという、新宿梁山泊ならではの舞台空間。

下の写真をクリックするとパノラマVR(FlashVR)が開き、画面上でドラッグして見回すことができます。

撮影された建築家、パノラマ写真家の鹿野安司さんのサイトでは他のパノラマVRもご覧いただけます。

 

Virtual Architecture | shikano yasushi atelier

中野区上高田4‐19‐6

ゴールデンマンションB2F

Tel.03‐3385‐7971

JR東中野駅西口より徒歩12分

大江戸線東中野駅A1出口より徒歩12分

東西線落合駅1番出口より徒歩9分

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

(C) 新宿梁山泊  2020 無断複写·転載を禁じます。

劇場詳細

2007年 井の頭公演 新宿梁山泊「唐版 風の又三郎」 (c) Yasushi Shikano

映 画

金守珍監督作品

夜を賭けて

1958年、大阪。未だ戦争の跡が色濃く残る町の元兵器工場近辺に、朝鮮人集落が存在した。ある日、その住人のヨドギ婆さんが、工場跡地から鉄屑を掘り起こして大金を得た。その噂は瞬く間に広まり皆が一発当てようと浮かれている時、かつて集落に住んでいた金義夫が帰ってきた。義夫たちも鉄屑盗みを始め、そのうち彼らは“アパッチ”と呼ばれるようになる。だが、鉄屑は国有財産のため、警察の取り締まりは日々厳しくなっていった。そんな状況の中、義夫は集落の住人ヤン婆さんの姪・初子と互いに惹かれ合うようになるのだが…。

 

監督:金 守珍 原作:梁 石日 脚本:丸山昇一 音楽監督:朴 保

出演:山本太郎 / ユーヒョンギョン 樹木希林 / 李麗仙 / 清川虹子 / 山田純大 / 六平直政

   大久保鷹 / 不破万作 / 山村美智 / 申相祐  唐十郎 / 奥田瑛二 / 風吹ジュン

金守珍監督作品

ガラスの使徒

大都会の片隅、時代の流れに取り残された様な小さな町工場があった。従業員もごくわずかの零細企業。そこで直径60cmの巨大なレンズを一心不乱に磨いている男がいた。男の名は池谷佐七(唐十郎)。ガンコな職人肌だが、レンズ研磨にかけては右にでる者のいない伝説の男である。彼は今、日本有数の天文学教授・千晶からの依頼で天体観測用の望遠鏡レンズの最終仕上げにかかっていた。折からの不況で会社は倒産の危機。連日の様に...

 

監督: 金守珍 原作・脚本: 唐十郎 撮影: 猪本雅三 照明: 松隈信一 録音: 弦巻裕

美術: 大塚聡 音楽: 大貫誉 / 和田啓 編集: 小島俊彦 ヴィジュアルエフェクト: 泉谷修

出演:佐藤めぐみ / 唐十郎 / 稲荷卓央 / 山田純大 / 余貴美子 / 六平直政 / 中島みゆき / 石橋連司