「ジャガーの眼」 が再び輝く

 

 寺山修司の死から二年後の一九八五年、唐十郎が状況劇場の紅テントで初演した『ジャガーの眼』は、そう謳ってはいなかったが、寺山のサンダル、寺山好みの言葉とオブジェの集合など、唐が寺山の思い出とともに作り上げた追悼公演だった。

 唐が演じた探偵の田口、ヒロインのくるみ役の田中容子、美しく妖しい人形役の大野まみ、悪漢役の六政直政など、俳優たちの好演が忘れられない。中でも全身が寄せ集めのガラクタで出来た、現代の臓器交換を象徴するような医師を、異様な陽気さで怪演した金守珍の姿は今も鮮明に覚えている。

 唐十郎の一九八〇年代を代表する傑作の一つである『ジャガーの眼』は、その後、状況劇場と唐組で再演されたが、今回、この名作が新宿梁山泊の紫テントで蘇るのはうれしい。

 金守珍があのアンドロイド・ドクターに再挑戦するのも楽しみだ。大鶴義丹が客演するこのテントで、「ジャガーの眼」は新しい輝きを放つのではないか。

演劇評論家 扇田昭彦

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

| TOP | 次回公演 | チケットご予約 | 公演履歴 | プロフィール | 旧サイトアーカイブ | Twitter | Blog | 新人募集 |

(C) 新宿梁山泊  2017 無断複写·転載を禁じます。