昭和の酒

★ 私が冷蔵熟成を始めたころのお酒で、数年したら味わってみたいと思い1〜2本位をとっておいた秘蔵酒です。
時間がたつにつれもったいなくて試飲できなくなった日本酒です。酒の会のような多くの人の集まりにお使い下さい。
一人でお飲みになる方にはお売りいたしません。


20数年前より蔵元めぐりをするようになり親交を深める事で、蔵元自身が今まで酒造りに携わり何十年に数回しかできない、快心の出来ばえと感じるお酒を試飲させていただくようになりました。冷蔵庫で熟成した何十年も前のお酒がさらに美味しくなっていたことに驚くとともに、その素晴らしさに感動しました。常温古酒のようにヒネいません。常温古酒とは異質の物です。お間違えのないようにお願い致します。ぜひ皆様にも大古酒・古酒の魅力を味わっていただきたい、その思いから数年おきに味を確かめるなどの試行錯誤をし、大切に貯蔵して参りました。自分の人生そのままの愛着のあるお酒ばかりです。冷蔵庫が一般に普及し、お酒を冷蔵し始めてたかだか30年。まだまだ未知の可能性がある分野です。静岡で最も優秀な新酒やヴィンテージ熟成酒を是非お飲みいただきたいと思います。ここ10年くらいは古酒をお燗して試しています。生酒や大吟醸は温める事により生臭が消えたり、柔らかくはんなりしたとても飲みやすいお酒となりました。冷ではとても飲めたものではなかった熟成酒でも燗で美味しくなる事を発見しました。

 20084 神亀 特選甘口純米酒

    昭和61年BY (埼玉)

  1800ml ¥6,480

       売切れ
清酒二級
アルコール度:15度以上116未満
製造年月:昭和62年8月
 21257 菊水 吟醸酒 超
        特級

     昭和56年BY

  1800ml ¥16.800
清酒特級
製造年月日:57.10
アルコール分:17度以上18度未満
原材料:米・米麹・醸造用アルコール
 21204 李白 純米大吟醸生

   昭和64年BY

  1800ml ¥19.800
清酒二級
製造年月日:元年10月
アルコール分:16度以上17度未満
原材料:米・米麹
 21223 花の舞 初しぼり生詰
   
   昭和58年BY
  
  1800ml ¥5,400
花の舞
初しぼり 昔ながらの 生の味
清酒二級
アルコール分:18度以上19度未満
原材料:米・米麹・醸造用アルコール
 21229 北雪 純米大吟醸生酒

   昭和60年BY

  1800ml ¥12,800
清酒二級
製造年月日:61.12
アルコール分:15度以上16度未満
 21247 大英勇 三白五水
      しぼりたて吟醸

   昭和61年BY

  1800ml ¥5,400
アルコール分:16、8度
日本酒度::+2
酸度:1,8
原料米:美山錦
精米歩合:60%
粕歩合:48%
酒母:13号
杜氏:渡辺徳平
 21083 菊水 五郎八
 
   昭和59年BY

   720ml ¥2,600
アルコール分21度以上22度未満
製造年月日:昭和60年11月
原材料名:米・米麹・醸造用アルコール・醸造用糖類
 21011 越の華 手造り純米
            (新潟)

   昭和59年BY

   720ml ¥2,400 
アルコール分15度以上16度未満
製造年月日:昭和60年8月
ラベルがかなり痛んでいます。
 21460 一品 大吟醸
           (茨城)

   昭和62年BY

   720ml ¥3,600  
アルコール分16度以上17度未満
精米歩合:50%

 21453 梅錦・赤箱
      純米大吟譲
         (愛媛)

   昭和62年BY

   720ml  ¥6,480

残り2本

大幅な設備の改善が開始されたのは昭和63年からで、この赤箱は手作りの良さが残っている昭和62年のお酒です。
地酒ブームの先陣を切っていた頃のものです。杜氏は山根福平さんです。
 21232 富久錦 家宝
       純米吟醸

   昭和60年BY

  1800ml ¥6,980
瓶詰め日付け:昭和61年4月
アルコール分:15度以上16度未満
杜氏:小林信男(丹波)
 22008 国権・吟醸
       (福島)

   昭和59年BY

  720ml ¥3,980 
原料米:五百万石(福島)
精米歩合:50%
酵母:協会9号
日本酒度:+3
酸度:13
アルコール度数:17,2度
杜氏:細川久一(南部)

 21462 
     窓乃梅・香梅
        限定品

 特別吟醸・生(佐賀)

   昭和63年BY

 720ml ¥3,980

瓶詰め日付け 平成1年4月

特別吟醸は、香梅・窓乃梅は、日本有数の米どころ佐賀県産の酒造公的米、「西海一三四号」と特別契約栽培の「若水」を、40%精米し(60%ぬかとして削る)、長期低温醗酵で仕込んだ吟醸酒です。すばらしい香りとすっきりした味わいを御賞味下さい。又、四季を通じて10度(C)位に冷やしてお召し上がり下さい。 

 21168 梅錦 酔夢
       純米吟醸原酒

     昭和61年BY

  1800ml ¥9,800
平成1年BYの酔夢(すいむ)が燗をすると非常に美味しかったので、在庫を探していて出て来たのが昭和時代の物でした。
試す価値大いにありと思いますが、貴重なもので、酒の会などで御利用いただけたら嬉しいです。
早い者勝ちで!!


アルコール分:17%〜18%未満
日本酒度::+5
酸度:2,0
原料米:山田錦
精米歩合:50%
製麹法:麹蓋
酒母:9号
酒母法:速醸
杜氏:山根福平
 21184 倭小槌
         大吟醸

     昭和61年BY

  1800ml ¥32,960
播州平野のまっただ中、穀倉地帯にふさわしい稲美町と言う村です。灘や明石に近いため、大手酒造蔵に桶売りをした業者が多い中でも『倭小槌』は、絶対に桶売りせずひたすら自製酒の品質向上を貫いて頑張ったと言います。温厚でこまやかな心遣い、にこやかに迎えて下さる井澤蔵元からはとても想像出来ない信念の強さをです。良酒造りにかける情熱は、全国新酒鑑評会で昭和58年以来6年連続金賞、昭和63年には雑誌『特選街』主催の全国日本酒コンテストの純米の部で堂々1位となって名を上げ、浅沼杜氏も昭和58年には、南部杜氏自醸酒鑑評会で1370点の内、最高の大蔵大臣賞に輝き倭小槌の名は全国の地酒ファンの知るところとなりました。
 21238 澤乃泉 吟醸
            (宮城)

    昭和60年BY

 1800ml ¥8,023

残り1本

杜氏:菅原敬夫
アルコール分:16〜17度


 21155
    1988年金紋会津・            純米大吟醸生
        (福島)

  昭和62年BY

  1800ml ¥9,800



昭和62年BY金紋会津・純米大吟醸1800ml冷蔵熟成17年古酒です。まさしく生きている日本酒をお試し下さい。燗をすると又別の表情が現れます。とても柔らかく滑らかで、はんなりした飲み口です。昭和の冷蔵熟成古酒に興味のある方は一度お試し下さい。清酒の潜在能力に驚かれると思います。紹興酒のような醤油をたらした味ではありません。冷でも十分美味しいですが、燗をした方がより頂けると思います。
原料米:山田錦
精米歩合:42%
酵母:協会9号酵母
日本酒度:+3.5
酸度:1.3
アルコール分:17.1度
杜氏:高橋清隆(南部)

 22122 福無量・
   吟醸原酒(長野)

  昭和63年BY

 1800ml  ¥8,800




☆☆☆☆☆
原料米:山田錦、美山錦
精米歩合:50%
日本酒度:+5
酸度:1.3
アルコール分:17〜18度未満

 21185 米鶴・鶴翔
 (かくほう)・純米吟譲生
        (山形)

  清酒二級

 1800ml ¥8,900

     

☆☆☆☆
製造年月日が19ZJとなっており、詳細がわかりませんが、清酒二級と表示があり、級別廃止が1992年(平成4年)ですので、その前のお酒です。下記の米鶴の翌年(昭和63年)に購入した記憶があります。厳正に知りたい方は蔵元にお尋ねください。生と朱色で書かれており、生酒ならば、すでに終わっているとあきらめて試飲したところ、非常に美味しく素晴らしく変化しており、感動いたしました。

原料米:美山錦
精米歩合:50%
酵母:協会9号
粕歩合:55%
日本酒度:+4.5
アルコル度数:16.4%
酸度:1.6
杜氏:中川長男

 

 21211 妙高山・
    純米大吟醸・
      鑑評会出品酒 
        (新潟)

  昭和63年BY

   1800ml ¥8,900

    

☆☆☆☆
ナンバー180は非常に美味しかった。前回試飲した時は☆☆の印象でしたが、今回は☆☆☆☆です。ワインのピークと相通ずる部分があり、お酒は生きていると感じました。純米吟醸とラベルにはありますが、鑑評会用の純米大吟醸が入っています。もちろん山田錦です。越後杜氏の中野三樹太郎さんの造ったものです。このお酒は限定ナンバー146です。ナンバリングがあります。アルコール分16〜17度です。お買い上げいただいたお客様が杜氏さんに問い合わせをし、返事をメールにてただきました。《三樹太郎さんからのコメント   妙高酒造(株)の63年度の純米大吟醸については15年も前の事であり、 品質や経過など記憶には定かでありません。 ただ 当時の大吟醸は純米でも各社共、山田錦の精米が40-45% が常識でした。仕込み水は清里村からの山中から引いた軟水で 純米酒でも柔らか比較的きれいだったと思います。15年たって どうなのかは貯蔵方法等により随分違いますのでわかりません。》

 21125 倭小槌・大吟醸
    タンクNO.113
  
  昭和62年BY

  1800ml  ¥32960

昭和時代の倭小槌を3本ほど試飲しましたが、非常に美味しくなっていました。当時連続して全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。現在200場が金賞ですが、当時は100場位でした。優秀な物は何時までたっても変わらないままで熟成することを実証しています。

 21132  酔鯨・
    純米大吟醸
      生酒(高知)

  昭和62年BY

 1800ml \16457

 

原料米:山田錦
精米歩合:30%
酵母:協会9号
日本酒度:+3
アルコル度数:17.5%
酸度:1.5
アミノ酸:1.3
杜氏:土居教冶(広島県安芸津町)

 21206 諏訪泉・
     純米吟醸・生

   昭和62年BY(鳥取)

  1800ml ¥6,800

       
      

昭和63年5月瓶詰め日付の純米大吟醸です。
生酒なので、冷では熟成香がかなりきつく飲みずらいですが、燗をしたところ、ひねた香りが無くなりました。熱燗で飲みますと辛口でキレのあるツンツンした刺激を感じ非常に美味しく飲めました。ぬる燗になるに従い山田錦特有の伸びのある柔らかな優しい飲み口に変化しました。温度や酒を飲む順序でいろんな味を楽しめます。

原料米:兵庫山田錦
精米歩合:45%
酵母:9号
日本酒度:+4
酸度:1.4
アミノ酸:1.5
アルコール度数:16.5度
杜氏:鳴川喜三(広島)  
 21248 諏訪泉・
     純米吟醸・生

   昭和61年BY(鳥取)

  1800ml ¥6,980

       

原料米:兵庫山田錦
精米歩合:45%
酵母:9号
日本酒度:+3,5
酸度:1.7
アミノ酸:1.5
アルコール度数:16,9度
杜氏:鳴川喜三(広島) 

 21189 大英勇・七水
    純米吟醸生酒
    清酒二級

   昭和62年BY(栃木)

  1800ml ¥4,937

☆☆
原料米:美山錦50%精白
使用酵母:小川酵母
アルコール度数:16.9%
酸度:1.5
日本酒度:+5.0
杜氏:越後  渡辺徳平

熟成香と生酒の甘味がミックスして非常に滑らかになっています。味がありすぎ少々の飲み辛くも有ります。

 21269 米鶴・鶴翔
   (かくほう)・純米吟譲生
        (山形)

   昭和61年BY
     清酒二級

  1800ml ¥12,800

     

☆☆☆☆
下の鶴翔より味が乗り濃く感じますが、ソフトでクリーミーでとても美味しく昭和のお酒とは思えません。生の為、開栓後変化が早いかもしれません。
原料米:美山錦
精米歩合:50%
酵母:協会9号
粕歩合:55%
日本酒度:+4.5
アルコル度数:16.4%
酸度:1.6
杜氏:中川長男

  お客様のご感想


 21177 芳水・
      純米大吟譲
         (徳島)

  昭和61年BY

     

  1800ml ¥32,960

☆☆☆☆☆
メキメキ頭角を現してきた頃の物です。少々甘味のある芳醇な酒質で、とても美味しく飲めます。約20年近くも経過したお酒とは思えません。
原料米:福井 五百万石
精米歩合:50%
酵母:協会9号
もとの種類:速譲
製麹方法:箱こうじ
粕歩合:50.7%
日本酒度:+3.5
酸度:1.8
アミノ酸:1.1
アルコール度数:16.6度
杜氏:岡田茂(伊予)

 21182 志太泉・大吟醸
         (静岡)

  昭和61年BY

  1800ml ¥80,228

残り1本

かの有名な(現磯自慢の杜氏)多田信男さんの醸したものです。 昭和59〜61年の3年連続全国新酒鑑評会で金賞受賞です。

 20029 越乃白雪・
    吟醸純米(新潟)

   昭和60年BY

  1800ml  ¥8,743

原料米:麹/山田錦 掛/美山錦
精米歩合:55%
酵母:協会10号
日本酒度:+4
酸度:1.5
アミノ酸:1.2
酒母法:速譲
製麹法:小蓋
粕歩合:52.3%
アルコール度数:16.5度
杜氏:青柳長市(新潟県寺泊)

 22062白鷺(現:志太泉)
       吟醸酒・静岡

   昭和60年BY

  1800ml ¥82.285

残り1本

まだこの頃は大吟醸と言わず吟醸酒と表示していたように記憶しています。現:磯自慢酒造の多田信男南部杜氏が最高に美味しいお酒を醸した年のものです。

 20027 司牡丹・
      純米大吟譲
         (高知)

   昭和60年BY

  1800ml  ¥20,366

アルコール度数が18〜19度とかなり高く純米系の原酒であまり変化していないと思います。純米の原酒が最も長熟に耐えるお酒だと思います。約20年前の貴重なお酒です。日本酒の未知の可能性をお味わいください。

 21224 浦風・
       純米大吟醸
         (島根)

   昭和60年BY  

 1800ml  ¥8,800



島根県益田市の大王酒造が造りました.。蟠龍と浦風がメイン商品です。やや味口のワインのような綺麗な穏やかな印象が有ります。かなり上手に熟成していると思います。

 21176 白糸・純米原酒
         (福岡)

   昭和60年BY

 1800ml ¥5,760

日本酒度:+4.5
酸度:1.9
原料米:レイホウ
精米歩合:60%
酵母:協会9号
製麹法:麹蓋
酒母法:速譲
圧搾法:ハネ木搾り
アルコール度数:18〜19度

 21245北の庄・純米吟醸
         (福井)

   昭和60年BY

   1800ml  ¥5,143

原料米:山田錦
精米歩合:50%
酵母:協会9号
日本酒度:+3
酸度:1.3
アミノ酸:1.2
酒母法:速譲
杜氏:植村久志(但馬)

 21264 能代喜久水・
   純米吟醸(秋田)

   昭和60年BY

  1800ml  ¥5,760


日本酒度:+4
酸度:1.7
原料米:美山錦
精米歩合:55%
杜氏:高橋良吉(秋田山内)

 21234喜楽長・にごり酒
    愛情満点(滋賀)

   昭和59年BY

  1800ml  ¥4,937

     売切れ

残り1本

頒布会の一部だったお酒です。どのように変化するか興味があり、いろんな種類の清酒を少しずつ貯めてまいりました。そのほんの一部です。

 21221 谷桜・しぼりた 
 本醸造生原酒(山梨)

  昭和59年BY

  1800ml  ¥5,143

残り1本

この頃、地元の杜氏で素晴らしいお酒を醸していました.。
 21465 菊水 無冠帝

   昭和63年BY

   720ml 3,065
アルコール度数:16度以上17度未満
1989.年8月

 21470 浦霞・禅
       (宮城)

   昭和63年BY

  720ml  ¥6,800

残り1本

当時、非常に騒がれ人気のあった銘柄です。時代の荒波にもまれてどのように変化しているか? 怖くもあり楽しみでもあります。

 21485 英君いろは・
        大吟譲
         (静岡)

   昭和62年BY 

  720ml  \12.000

残り1本 全国新酒鑑評会金賞受賞酒

無鑑査二級
日本酒度:+9
杜氏:古川正七

 21439 諏訪泉・
       吟譲純米
         (鳥取)

  昭和62年BY

     

  720ml  ¥5.980

 

残り4本

☆☆☆
古酒独特のヒネを感じますが、濃醇のまろやかな酒質で美味しく飲めます。
原料米:(麹)兵庫山田錦(掛)鳥取玉栄
精米歩合:50%
酵母:9号
日本酒度:+3.5
酸度:1.7
アミノ酸:1.5
アルコール度数:16.9度
杜氏:鳴川喜三(広島)

 21487  駒泉・大吟譲
         (青森)

   昭和62年BY

  720ml  ¥5,980

残り1本

かなりラベルが汚れています。ご承知おき下さい。
当時の感想は、穏やかな柔らかな酒質でした。
残り1本のみです。

 21479 芳水・
   特別仕込大吟譲
       (徳島)

   昭和61年BY

  720ml  ¥6,300


精米歩合:40%
杜氏:岡田茂(愛媛県越智郡)
酵母:協会9号
水の質:硬水
製麹方法:箱こうじ
もとの酒類:速譲

 21475 芳水・
    純米大吟醸

   昭和61年BY(徳島)

   720ml ¥5,980

濃醇で柔らかいお酒です。無審査2級と裏ラベルにうたっています。この頃流行った懐かしいうたい文句です。当時、これほど厚みの有る濃い酒はなっかたように思います。冷蔵庫熟成すればかなり良くなる可能性があると思い貯蔵してきました。

 21454  雲ノ井・明星・
   大吟醸・超特撰

   昭和61年BY(福井)

   720ml ¥10,800

雲ノ井が素晴らしかった時のお酒です。
南部・細川勝清杜氏の醸された山田錦45%精白の9号酵母の大吟醸です。時の試練を受けて今どのようになっているか楽しみです。貴少品!!

 21440 西の関・秘蔵酒
        (大分) 

  昭和61年BY

  720ml ¥12,800

残り1本

この頃、九州で香露と西の関が騒がれていた思い出が有ります。西の関は美吟と秘蔵酒が有名だったと思います。昭和61年の冷蔵熟成酒ですが、期待してよいと思います。

 20207 倭小槌・
   まごころ・純米吟醸
      
    清酒一級

  昭和61年BY(兵庫)

  720ml ¥5,143

☆☆
関西の超有名居酒屋のおやじが、その年の一番美味しいお酒を購入して熟成させ、最高の状態でもてなしするという業界誌の記事を読み、蔵まわりで古酒を飲む機会があり、興味を持ち、少しずつ冷蔵熟成させてきました。当店が冷酒を扱い始めた頃の初期のお酒です。
お酒を冷やして飲む事が少しずつ広がりをみせ、地方の酒屋が吟醸を徐々に扱いだした、そんな時代の貴重なお酒です。かなり熟成が進んでいると思います。

 21436 高砂・大吟譲
         (静岡)

   昭和60年BY

  720ml  ¥5,143

原料米:山田錦
精米歩合:45%
酵母:協会10号
モロミ日数:35日
アルコール分:17.3度
日本酒度:+7
酸度:1.1度
アミノ酸:1.2度
杜氏:吹上弘芳(能登)
経験:30年
資格:一級技能士

 21445 梅乃宿・
    純米大吟譲・
   備前赤磐雄町
        (奈良)    
  昭和60年BY

  720ml ¥6,171

☆☆☆
少々熟成香が有りますが、非常に滑らかで柔らかな穏やかな味です。冷蔵古酒は常温古酒(紹興酒のような味)とは違いとても美味しいものです。約20年前の貴重なお酒をお試し下さい。技能者功労賞、いわゆる「現代の名工」を日本酒業界で最初に受賞した名杜氏、石原鉄男さんが、梅乃宿で醸したお酒です。

原料米:備前赤磐雄町
アルコール分:16.3度
日本酒度:+5
酸度:1.4
精米歩合:40%以下

 21442 越乃白雪・
       純米吟譲
         (新潟)

   昭和60年BY 

   720ml  ¥5,143

☆☆☆
原料米:(麹)兵庫山田錦(掛)長野美山錦
精米歩合:55%
酵母:協会10号
日本酒度:+4
酸度:1.5
アミノ酸:1.2
アルコール度数:16.5度
杜氏:青柳長市(新潟県寺泊)

 20202 秀よし・
      純米大吟譲
         (秋田)

   昭和60年BY

  720ml  ¥5,760

残り4本

精米歩合:50%
原料米:山田錦
日本酒度:+3
酸度:1.4
アルコール分:16〜17度

 21447 北雪・大吟譲
       (新潟)

   昭和60年BY

  720ml  ¥5,143

     売切れ



精米歩合:50%
日本酒度:+5
酸度:1.3