洋酒・ワイン

 10105 
   オールド・プルトニー8年

    ゴードン&マクファイル

  40度 700ml  

        ¥6,480

ゴードン&マクファイル社のみに許された看板商品である「蒸留所ラベル」とは、各蒸留所との長く深い関係から蒸留所公認で生まれたオリジナルラベルのことです。
その中でもスコットランド本土の最北部に位置し、「北の強者」と呼ばれ、そのフルーティさと潮、複雑なボディから長年のベストセラーとなっている「オールドプルトニー 8年」ですが、現地終売となり、弊社の在庫にて最終のご案内とさせていただきます。
長年ご愛顧いただいている方も多いと思いますが、価格と質、両方の面から見て、お値打ちなアイテムであり、GMファンには本当に心惜しい逸品。
二度と入手出来ませんので、ぜひこの機会をお見逃しのないようお願いします。

カスクタイプ:リフィルバーボンバレル
<テイスティングノート>
香り:フルーティで、スパイシーながらも甘く、アロマティックでハチミツや干草、ハーブの香りが現われる。

味わい:ソルティーな海風と淡い樽香。ゆっくりとフルーティな味わいが広がり、シダのような風味も。フィニッシュ:かすかなフルーツの風味を伴いつつ、ドライに続いていく。

 10077
 スペイモルト フロム マッカラン            2001年

    ゴードン&マクファイル

  46度 700ml
         ¥12,800


      

1895年創業、120年以上の歴史があり、シングルモルトの市場が誕生する前からシングルモルトをボトリングし販売していたパイオニアである老舗ゴードン&マクファイル(以下GM)社。創業当初より販売を続けており、蒸留所との長く深い関係の中でその歴史を作った同社の代表銘柄「マッカラン」。GM社の「ビンテージ マッカラン」は、GM社が選別し用意した樽で熟成され、古くから樽と熟成にこだわり続けたGM社ならではのクオリティーコントロールがなされた他に類を見ない極上品。その中でも特に素晴らしい樽を選び、通常の仕様ではない「シングルカスク」で、しかも通常43%のところを「46%」で特別ボトリングされたのが、「スペイモルト フロム マッカラン シングルカスク FOR JIS」です。今回の新作は、昨年末ご好評いただきました2001年同ビンテージのNEWカスクで、またも素晴らしい王道のシェリーマッカランとなっております!現時点で今後のリリース予定は皆無となっており、大変貴重な逸品でございます。

カスクタイプ:ファーストフィルシェリーホグスヘッド
カスクNO3445
生産本数:287
<テイスティングノート>香りではシェリー樽の影響に加えて、シナモン、ミツロウのアロマ。味わいはコショウを思わせつつ、熟れたバナナ、オレンジの風味が開き、クローブやチャーしたオーク樽も出てきます。

 80231 レ・タンヌ オクシタン
      ソーヴィニヨン・ブラン 


      ドメーヌ・ポール・マス 

  750ml ¥950
 80229 アルマ・デ・チリ 
   カベルネソーヴィニョン(赤)

  750ml 13度 ¥570
チリの首都、サンチアゴから南に約250kmに位置するチリ最大のワイン産地、マウレ・バレー。その中にあるヴィラ・アレグレは、火山灰と砂質からなる土壌となっており水はけがよく、広大で平坦なワイン畑はたっぷりと日光を浴びる条件となっております。地中海沿岸と似た気候で冬場の豊富な雨と夏場の乾燥、日夜の温度差がブドウに素晴らしい香りと色合いを与えます。

鮮やかなすみれ色。新鮮なカシスやチェリーの香りの中に、かすかにスパイスなジャムの香り。上品でまろやかな口当たりの赤ワインです。
 80230 アルマ・デ・チリ
    ソーヴィニヨンブラン

  750ml 13度 ¥570
チリの首都、サンチアゴから南に約250kmに位置するチリ最大のワイン産地、マウレ・バレー。その中にあるヴィラ・アレグレは、火山灰と砂質からなる土壌となっており水はけがよく、広大で平坦なワイン畑はたっぷりと日光を浴びる条件となっております。地中海沿岸と似た気候で冬場の豊富な雨と夏場の乾燥、日夜の温度差がブドウに素晴らしい香りと色合いを与えます。

パイナップルやグーズベリーの中にかすかなピーチやレモンの香りと、爽やかな余韻を持つフルーティーでバランスの良い白ワインです。
 10429 グレンタレット
    シェリーエディション

  43度 700ml ¥5,480

1775年創業という、現存する蒸留所の中では最古の歴史を誇るグレンタレットが、新たなスタートを切りました。もともとそのほとんどをフェイマスグラウスの原酒に回すため、ごくわずかな量しかシングルモルトとしてのリリースがありませんでした。そんな隠れた銘酒ともいえるタレットが、創業から約240年経った今、新たに3つのエディションからなるオフィシャルボトルを発表いたしました。これまではビッグブランドをささえる縁の下の力持ち的な存在だったこの蒸留所が、まさに満を持してといった感じで走り出したモルトファン注目の新商品です。しっかりとシェリーをきかせた「シェリーエディション」です。
スパニッシュオークとアメリカンオークのシェリー樽による熟成。甘くスパイシーな香りに加え、奥から穏やかなオークの香りが広がります。ほどよい甘さで長くスパイスが余韻を残します。

 80228 スピアー
    ソーヴィニオン・ブラン
      2015年(南アフリカ)

   750ml ¥1,180
 10099 ビック・ピート

        46度

  700ml ¥6,980
ジム・マーレーのウイスキーバイブル2011版で、スコッチ・バテッド・オブ・ザ・イヤーを受賞した注目のウイスキー、ビッグ・ピート!膨大な樽を保有する名門ダグラスレイン社が世界に送り出す贅沢なアイラ バッテッドモルトで、使用されているウイスキーの蒸留所は、アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレン。閉鎖以来27年ほど前から全く生産されていない貴重なポートエレンが含まれているというアイラモルトファン感涙の逸品!配合率やヴィンテージなどは公にされておりませんが、ポートエレンは1982~1983年ヴィンテージ、アードベッグは16年もの前後が使用。“BIG PEAT(ふんだんなピート)”と“Big Pete(ピートおじさん)”をかけたジョーク交じりの言葉遊びを表現するため、地元アイラ島のおじさんをイメージしたインパクトのあるイラストを採用
 12046 ジンクス
      オールドトムジン

        43度

  700ml ¥3,600

オールドトムジン「ジンクス」の発売を開始いたします。生産者であるアスターグレン社は、1990年代に設立されたワインとスピリッツを扱う英国ロンドンの酒商です。可愛らしいトムキャットが描かれたデザインはとても斬新ですが、中身はロンドンで蒸留された正統派。控えめな甘さと共に強烈なオレンジフレーバーが感じられる、まさに"オールド"トムジンではなく、"ニュースタイル"トムジンとも言える新商品です。原料のボタニカルは全て明かされており、ジュニパーベリー、リコリス、スウィートオレンジピール、ビターオレンジピール、レモンピール、グレインズオブパラダイス、コリアンダーシード、アンゼリカルートの全8種類が使われています。通常のジンに比べ多くのスウィート&ビターオレンジを用いることにより、この独特な味わいがつくられています。

 12016
    キングスバリー
  ビクトリアンバット・ジン
    シングルカスク

      58,7度

  700ml  ¥3,292
【商品説明】弊社が取り扱っているジンの中で最も人気のある商品が、キングスバリー社の「ビクトリアンバット」ジンです。その同商品から「シングルカスクが限定生産でリリースされております。ジンの世界では通常考えられない「シングルカスク」という概念ですが、ビクトリアンバットは通常のジンとは異なり、樽で熟成されているため、このような商品化が可能となっております。またアルコール度数も通常の47%ではなく、高めのアルコール度数(今回の商品は58.7%)でボトリングされています。高いアルコール度数でボトリングされているため、ビクトリアンバットの最大の特徴でもある「ダブル・ジュニパー>」がより強く感じられます。現在ビクトリアンバットをお取り扱い頂いている方も、そうでない方も、是非この「シングルカスク」で本場英国のジントニックを再現して下さい! ラベル右下部の枠外に小さく、カスクナンバーが明記されています「ビクトリアンバット」には通常市販されているジンの2倍以上のジュニパーが使用されており、シトラスフレーバーが主流の現在のジンに比べて、強烈なジュニパーとスパイシーな香りが際立っています。
 80227 CHラネッサン2001年

       オー・メドック

  750ml 13度 ¥2,700
シャトー・ラネッサンを手がけるのは、1793年から続くブテイエ家。現在8代目となるが、同じ家がこれほど長くシャトーを所有していることは大変珍しいことです。ブテイエ家は以前、シャトー・ピション・バロンやシャトー・パルメの株主でもあった由緒正しい家柄なのです。畑はサン・ジュリアンの南側に位置し、グリュオ・ラローズ、ベイシュベル、デュクリュボーカイユなどに近く、良いテロワールにも恵まれ、年間約22万本を生産しています。
約135haもある美しい森に囲まれているシャトーはまるで「眠りの森の美女」の世界のよう。
1793年当時は24haだったブドウ畑が現在80haに。そのうちの45haがラネッサンとセカンドラベルであるレ・カレッシュ・ド・ラネッサンのブドウ畑です。醸造にはフレンチオーク樽を使用しています。1/3が新樽、1/3が1回使用した樽、1/3が2回使用した樽を使っています。このバランスがラネッサンの特徴である、「複雑性」
「エレガンス」「ストラクチャー」を生み出しているのですンス」「ストラクチャー」を生み出しているのです
 80225 CHド・フェラン2012年

   サン・テミリオン グラン・クリュ クラッセ

  750ml 14度 ¥4,950
2012年に格付に昇格した今注目のシャトー。300年以上の長い歴史で培ったノウハウと最新の醸造技術を融合させ、サン・テミリオンでもトップクラスの品質のワインを産み出しています。 
メルロー 77%/カベルネ・フラン 14%/カベルネ・ソーヴィニヨン 9% 
フレンチオーク樽にて16ヶ月熟成(225L、新樽比率60%) 
 80224 ミュスカデ・セーヴル・
        エ・メーヌ シュール・リー 
         2013年

    ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール 

  750ml 11.53度 ¥1,200
(2013)マコン・グラン・ヴァン・コンクール 2014 金賞/チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン 2014 金賞 

柑橘系の爽やかな酸と澱とともに熟成させるシュール・リー製法による旨みを感じる白ワイン。前菜や魚介類と合わせてお楽しみ下さい。 


 12037 ダモアゾーホワイト・ラム

   700ml ¥1,520


モアゾー社のブラン(=ホワイト・ラム)が他社のそれと決定的に異なる点は、蒸留後のアルコール度数70%の原酒を3ヶ月~6ヶ月間、木製の大樽(10000~60000リットル)で熟成させることです。瓶詰直前にゆっくりと加水しながら度数を落としていきますが、この熟成の過程により味わいが柔らかくなるのです。ラムの専門家に高い評価を受け、パリ・農作物コンクールにて複数回受賞。ふくよかなアロマと優しいサトウキビや花びら、スパイスの香りが特徴的です。
 

12044 ロンリコホワイト・ラム

   750ml ¥1,350


1860年プエルトリコに設立されたロンリコ社は、禁酒法時代にも唯一製造を許されていた。スペイン語でラムの「ロン」リッチな味わいの「リコ」。正統派のドライな味わいで、カリビアンアイランドを象徴するラムである。この地域でラムの蒸留が始まったのは17世紀初頭のことといわれている。すっきりとした香味をもつこれぞライト・ラムと言った正統派なラムだ。
 20221  プイィ・フュイッセ 2008年
        シャトー・フュイッセ
        ヴィエイユ・ヴィーニュ 

   750ml ¥5,890
「ブルゴーニュで白ワインの最有力生産者の一人」との高評価を集めるプイィ・フュイッセのトップ・ドメーヌ。“ヴィエイユ・ヴィーニュ”は芳醇で濃密な果実味あふれる銘酒です。
1604年に歴史が始まる由緒あるシャトー。現在のオーナー“ヴァンサン家”は1852年以降このワイナリーでワインづくりを行っています。 現当主ジャン・ジャック・ヴァンサン氏は当代一の醸造家と評される程の名手。そのワインづくりは、土壌や日照条件を科学的に分析し、畑の区画や葡萄樹の樹齢ごとに醸造方法を変えた後、異なるロットをブレンドするという、徹底したスタイル。彼の全知全能を捧げた“プイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ”はブルゴーニュ屈指の白ワインとしてあまりにも有名です。 シャトー・ド・フュイッセでは、トップ・ブランドのドメーヌものである“シャトー・フュイッセ”を中心に、ネゴシアンものの“ドメーヌ・ヴァンサン”もあります。この他にフルーティなスタイルが信条の“ドメーヌ・ド・ラリエール”といったドメーヌも経営しています。
 20222 プイィ・フュイッセ 2010年
       シャトー・フュイッセ
         テート・ド・クリュ 

  750ml ¥3,650
多くのワイン評論家から「ブルゴーニュで白ワインの最有力生産者の一人」との高評価を集めるプイィ・フュイッセのトップ・ドメーヌ。果実味にあふれる素晴らしい白ワインです。


「テロワール」  「ヴィンテージの特徴」 「シャルドネ」  これが最も重要と考える 当主のアントワーヌ・ヴァンサン氏。
醸造は区画ごとに行い、畑の特徴、自然な果実の成熟、凝縮、新鮮なミネラル感を最大限に引き出しています。
ここから生まれるワインは フィネスとエレガンス = ブルこーニュの偉大な白ワイン 
を感じさせてくれます。
 09015 テイラー ファイン
      ルビー・ポート

     20度 750m l ¥1,780
テイラー・フラッドゲート&イートマンは1692年設立の歴史あるメーカーで、現在まで家族経営を続けています。評判の高いブランドの一つです。
テイラー社は農家からワインを買って熟成させるだけでなく、シッパーの中でも早くから自社畑でワインを作っていたことでも知られています。1893年に購入されたキンタ・デ・ヴァルジェラスはドウロで最も標高の高い広大な164ヘクタールのエステートです。川面にむかって急傾斜した北向きの葡萄畑は夏の酷暑をやわらげています。その後、テイラーはピニャオ川流域の壮大な斜面に位置するキンタ・デ・テラ・フェイタもう購入し、広範囲にわたって再植樹しました。116ヘクタールの葡萄畑は既に1世紀以上にわたって最上質のワインを産しています。
《テイラー ファイン・ルビー》
こくのあるフルーティーな若いワイン。樽熟成後、様々な年数(平均3年)のワインがブレンドされます。ガーネット色がかかった、深いルビー色。カシスのようなダークフルーツの香りがある。フル・ボディで力強い果実味と長いフィニッシュを持つポートワインです。
 09015 テイラー
     ファイン・ホワイト

  20度 750ml
 ¥1,780
《テイラー ファイン・ホワイト》
1934年にテイラーが初めて開発したカテゴリーです。マルヴァジア・フィーナなどの白葡萄品種からレッドポートと同じ製法で造られ、ブレンドしてから3~4年樽熟成させます。青みがかった麦わら色。新鮮な果実と芳醇なオークのアロマに、爽やかな風味ときりっとしたドライな後味。冷やしてそのまま飲んで頂いたり、レモンを少し絞ったり、トニックウォーターで割ったり、多彩な飲み方が楽しめます。オリーブやローストアーモンドに合います。
 90090 スパークリング・グレープ・ジュース[2014]ポール・ジロー750ml(泡・ジュース)
【賞味期限2016年12月31日】

   750ml ¥1,728
コニャックを作るのに使用するユニブラン種を、そのまま搾って仕上げるこの無添加のスパークリング・グレープジュースは、まさしくポールジロー・コニャックの原点であり、飲んだ方だけが実感できるコニャックのルーツと言うことができます。
ポールジロー・コニャックのチェイサーとして、またポールジロー・コニャックをこのジュースで割っても大変美味しいのですが、車の運転や妊娠中などの理由で飲酒出来ない方にも多くお楽しみいただけます。まるでシャンパーニュを楽しんでいるような雰囲気を味わえるとのご意見もいただいております。もちろん無添加の「100%グレープジュース」ですので、お子様にも安心してお楽しみいただけるのではないでしょうか。

◆ポールジロースパークリンググレープジュースとは・・・
ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用するユニブランを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに仕上げます。微炭酸で、大人の味覚に耐えれるジュースです。チェイサー代わりに、コニャックで割ってもお楽しみ頂けます

まあ数多くの銘柄のグレープジュースはあるでしょうがグランシャンパーニュ産のものはないでしょう
ましてこのグレープジュースの作り手があのポールジローであること、普通の人であれば単なるグレープジュースにすぎませんがコニャックファンにとっては宝物の様なジュースです
 12026 ペーリョ・バヘイロ 40度

   1000ml ¥1.532

      売切れ
ブラジル産のカシャーサ(ピンガ)。
さとうきびの搾り汁を醗酵、単式蒸留器で2回蒸溜後、ブラジル原産の樹木型の樽で半年間の熟成してつくられます。
 10069 クレイモア 43度
   
   750ml ¥980
  商品名の由来はゲール語で「剣」の意味です。
色合いは光り輝く黄金色を帯び、その味わいはホワイト&マッカイ社のマスターブレンダー「リチャード・パターソン氏」のブレンドにより、まろやかでバランスのとれたウイスキーに仕上がっております。
 80059
 ル・ニ・ド・マ
      カリニャン
  ヴィエイユ・ヴィーニュ
       2012年

  750ml ¥1,080
鳥が巣を作れるテロワール…そんな理想的な畑・ドメーヌで造られたワインです。カリニャンという葡萄は、南仏の安物品種という評価をされる事もありますが、丁寧に育てたヴィエイユ・ヴィーニュという事になると、ひと味違っています。果実の風味がある上に滑らか、マイルドな口当たり。ミディアムより僅かに軽めで、お料理と合わせると最高です。
 80216 パヌール
   カベルネ・ソーヴィニヨン
   リザーヴ オーク・エイジド
     2012年

     エラスリス・オバリェ 

  750ml ¥1,130

       80215 ブッゼ赤
      ロッシュ・ディヤック
        2010年

  750ml ¥1,130
 
      
655620  4997678556204 
Vinedos Errazuriz Ovalle S.A. 
エラスリス・オバリェ 
Panul Cabernet Sauvignon Reserve Oak Aged 
パヌール カベルネ・ソーヴィニヨン リザーヴ オーク・エイジド 
2012 750ml / 12 
チリ   セントラル・ヴァレー  
ラペル・ヴァレー  コルチャグア・ヴァレー 
コルチャグア・ヴァレーD.O. 
 
カベルネ・ソーヴィニヨン100% 
熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(新樽比率 20%) 
300,000本 
13.80 %   コルク 
赤ワイン  赤 
フルボディ  17℃ 
カシス等を想わせる凝縮アロマ。深くまろやかな味わいで、余韻にはラズベリーのような赤い果実の風味が広がります。一歩秀でたカベルネです。 
ビオロジック  認証無 
   
(2006)カタドール・グラン・ハイヤット 2007金賞 (2007)コンクール・モンディアル・ブリュッセル 2008 金賞 
海外ワイン専門誌評価歴  
国内ワイン専門誌評価歴  
 80215 ブッゼ赤
      ロッシュ・ディヤック
        2010年

  750ml ¥1,130
658606  4997678586065 
Les Vignerons de Buzet 
ビュゼ 
Buzet Rouge Roches d'Hillac 
ビュゼ 赤 ロッシュ・ディヤック 
2010 750ml / 12 
フランス   シュッド・ウエスト  
   
A.O.C.ビュゼ 
 
メルロー 52%/カベルネ・フラン 25%/カベルネ・ソーヴィニヨン 23% 
熟成:ステンレス・タンク熟成 
185,000本 
14.17 %   コルク 
赤ワイン  赤 
ミディアムボディ  14℃ 
その品質の高さから注目を集めるビュゼ。豊かな果実味とフローラルな香り、重厚でありながら滑らかな口当たりが特徴で、オリーブオイルを使った料理に特によく合います。 
   
   
(2010)パリ農業コンクール 2011 金賞 (2009)パリ農業コンクール 2010 金賞 (2008)パリ農業コンクール 2009 金賞 (2007)パリ農業コンクール 2008/2009 金賞 (2006)パリ農業コンクール 2007 金賞 
海外ワイン専門誌評
 80214 ド゙ンナ・マルツィア
       ネグロアマーロ 
        2010年

    コンティ・ゼッカ

  750ml ¥998
655401  4997678554019 
Azienda Agricola Conti Zecca 
コンティ・ゼッカ 
Donna Marzia Negroamaro 
ドンナ・マルツィア ネグロアマーロ 
2010 750ml / 12 
イタリア   プーリア  
サレント   
サレント I.G.T. 
 
ネグロアマーロ 85%/マルヴァジ-ア・ネーラ 8%/モンテプルチアーノ 7% 
醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、ステンレス・タンクにてマロ・ラクティック醗酵   熟成:セメント・タンク 
 
13.61 %   コルク 
赤ワイン  赤 
ミディアムボディ  14℃ 
南イタリアの地ブドウ、ネグロアマーロ種主体のワインです。完熟したベリーやチェリーのアロマに溢れ、果実味がとても豊か。新鮮で適度なコクがあり、気軽に毎日楽しめるワインです。 
   
   
(2011)セレクション・モンディアル・デ・ヴァン・カナダ 2013 金賞 (2010)セレクション・モンディアル・デ・ヴァン・カナダ 2012 金賞 (2009)AWCヴィエナ・インターナショナル・ワイン・チャレンジ2011 金賞/(2008)ジャパン・ワイン・チャレンジ 2010 銅賞/(2005)ジャパン・ワイン・チャレンジ 2008 銅賞 
海外ワイン専門誌評価歴 (2006)「エスプレッソ 2009」 コストパフォーマンス/(2005)「ラルマナッコ・デル・ベーレベーネ 2008」 オスカー 
国内ワイン専門誌評価歴 (NV)「ワイン王国 No.28」 4ツ星
 80204 オプティマス1999年

    ワイナリー「ラヴァンチュール」

 14.7度  750ml
            ¥8,619

  カリフォルニア(パソ・ロブレス)
カリフォルニアはパソ・ロブレスのワイナリー「ラヴァンチュール」の オーナーかつワインメーカーを務めるステファン・アセオ氏。ブルゴーニュの大学で醸造学を修めた後、1982年にボルドー右岸の ドメーヌ・ドゥ・クルティヤックを購入し、一家でワイン造りをスタートしました。さらにその後、アセオ家はシャトー・ロバンとサン・テミリオンのグラン・クリュであるシャトー・フルール・カーディナルを入手し、ステファン氏は足掛け15年に渡って 厳格な職人技を持つワインメーカーへと成長を遂げ、同時にブドウ栽培における異端児的存在として名声を獲得しました。 しかしステファン氏の本当の願いは、フランスのAOC法に縛られた形ではなく、より革新的な方法でワイン造りを行うことだったのです。1996年、ステファン氏はワインメーカーとして理想を追求するべく、偉大なテロワール探求の道に入り、南アフリカからナパ、レバノン、アルゼンチンに至るまで、世界の偉大なワイン醸造地を一年以上巡り歩きました。そしてその結果、ステファン氏は「パソ・ロブレス」を見つけたのです。ステファン氏は、パソ・ロブレスに秘められた唯一無二のテロワールと、まさに「恋に落ちた」そうで、この地でフリーダムなブドウの栽培と醸造に邁進するべく、「ラヴァンチュール(フランス語で“冒険”の意)」という名のワイナリーをスタートさせました。テロワールを最大限に表現し、品質を上げるために、ラヴァンチュールでは0.4haあたりブドウ樹2,100本という、非常に高い密度の栽培体系を確立しています。 収量は0.4haあたり2トンに制限されており、これがブドウの熟度や濃縮度、バランスの維持につながっているといいます。収穫は手摘みで行われ、黒ブドウは100%除梗されます。最大限に完璧な温度を保てるよう、発酵用タンクにはサーモスタットが設置されており、この温度制御の結果として、絹のような豊かなワインが生まれるといいます。熟成用の樽は、何年もの歳月をかけて関係を築いた選りすぐりの樽業者と連携して幅広いレンジの樽を使用しており、理想的な樽の組み合わせによってワインに繊細さとバランス感が加わるそう。「オプティマス」1999年ヴィンテージは、シラー52%、カベルネ・ソーヴィニヨン44%、 ジンファンデル4%で醸されたキュヴェ。 ちなみに近年のオプティマスのセパージュは、シラーにカベルネ・ソーヴィニヨン、そしてこれらにプティ・ヴェルドが加えられているそうですので、今回の1999年ものでは、ワイナリー初期におけるオプティマスの味わいが楽しめるというわけです。パーカーポイントは92点!入手困難なレア・アイテム…公式サイトでは「Drink Now」と紹介されている 熟成を経たヴィンテージを、この機会に手に入れてください!
 80206 バルバレスコ・ヴァルグランデ
         2010年

      カ・デル・バイオ

 14度 750ml ¥4.299
●BARBARESCO VALGRANDE / CA DEL BAIO / 2010 /
 「カ・デル・バイオ」は、ピエモンテ州はトレイゾに居を構え、4世代に渡ってワイン造りを行ってきたグラッソ家が礎となり、現当主のジューリオ氏が2001年に「カ・デル・バイオ」の名を掲げて立ち上げた歴史ある造り手です。「ヴァルグランデ」は、「カ・デル・バイオ」が最大の所有面積を持つ畑。スロヴァニア産の大樽で時間をかけて熟成を行っており、クラシカルでエレガントなバルバレスコの味わいが表現されていると言います。やはり美しいガーネット色をしており、ノーズは鮮烈、果実味も豊かで、ドライフラワーや森の下草のニュアンスも感じられるとのこと。滑らかで丸みを帯びたワインはタンニンが心地よく、フィニッシュには温かみを覚えるそうです。マリアージュはローストした赤身肉、熟成チーズ、フォンデュ、肉や野菜のスープなどと。パーカーポイントは94点。バルバレスコでこの得点、且つこの価格とは…後述の「アジリ」とペア買いせずにはいられないというものです!
 80207 バルバレスコ・アジリ
        2010年

      カ・デル・バイオ

 14度 750ml ¥4,299
BARBARESCO ASILI / CA DEL BAIO / 2010
お次のカ・デル・バイオによるバルバレスコは、「バルバレスコ・アジリ」。わずかにオレンジ色がかった明るいガーネット色のワインからは、マラスカチェリーのフルーティーな香りにスミレのヒントが混じり、ノーズは鮮烈で、黒コショウ、甘草、タールといったスパイシーなノートが感じられるとのこと。温かみがあり、柔らかな味わいで、豊かでなめらかな口当たりと長い余韻を残すワインは、蒸し煮や煮込みにした赤身の肉、ジビエ、十分に熟成させたチーズとよくマッチし、セラーでの瓶熟を経ることで、「偉大な瞑想のワイン」になるといいます。パーカーポイントは、価格に比して驚きの95点!迷うことなく、ケース買いを決めるお客様も多いことでしょう!
 80213 アブリル・デ・アスル・イ・ガランサ 
        2012年
  ワイナリー「アスル・イ・ガランサ」

 14,62度 750ml
         ¥1,214
ブルゴーニュやニューワールドで幅広い経験を持つ若いカップルが造る、有機栽培ブドウを使った果実味豊かで飲みやすいスタイル。 美食家たちに愛される自然体で美味しいワイン。
紫がかった深みのあるチェリーレッド。完熟したスモモやイチゴを連想させるフルーティーな香り。甘みがありシルキーな口あたり。飲み終わった後も生き生きとした味わいが心地よく残る。
原産国 スペイン
地 方 エブロ
品質分類・原産地呼称 ナバーラD.O.
ブドウ品種 テンプラニーリョ 90%/カベルネ・ソーヴィニヨン 10%
醸造・熟成 醗酵:コンクリート・タンクでマロ・ラクティック醗酵   
熟成:50%をオーク樽熟成 4ヶ月
平均年間生産量 33,000本
ALC度数 13.11 %
味わい ミディアムボディ
 80203 レスプリ・ド・シャトー・ラニエ 
        2011年

 14,88度 750ml ¥1,080
ベルリン・ワイン・トロフィー2012年 金賞。 
著名なコンサルであるオリヴィエ・ドーガ氏とロック・モリアックのレヴュー夫妻がつくるリーズナブルな1本。果実味に富んだフレッシュなスタイル。 発酵・熟成:ステンレス・タンクにて12ヶ月間熟成
農法:リュット・レゾネ。メルロー 85%/カベルネ・ソーヴィニヨン 15%。
 80209 
  ピノグリージョ・ロゼ
       辛口
       ブラッシュ2012年

 11,83度 750ml ¥1,008
ベルリン・ワイン・トロフィー2013年金賞。「ワイン王国 No.31」 3ツ星。 ピノ・グリージョ種から造られる、うっすらとした美しいピンク色のヴェネト産のロゼワイン。華やかな香りとフルーティな味わいが、食卓を一層盛り立てます。 
 80202 モエ・エ・シャンドン 
        アンペリアル
         ブリュット
      正規箱付

   750ml ¥5,863
モエ・エ・シャンドン社の基本スタイル。3種類の葡萄が完璧に調和し、バランスがとれたエレガントな味わい。グラスに注ぐと緑がかった淡い黄色。新鮮なフルーツと花のやわかなか香が楽しめます。口に含むとしなやかな口あたりで、後味はどこまでも新鮮で良く余韻が残ります。アサンブラージュは、ピノ・ノワール種(30~40%)、ピノ・ムニエ種(30~40%)、シャルドネ種(20~30%)です。緑がかった薄めの黄色。ブリオッシュのニュアンスをもった、ほのかなフルーティ(新鮮な果実のメドレー)、フローラル(白い花)の香りが特徴です。しなやかな口あたり、コクのある、芳醇な喉越しごし、新鮮で長続きする後味です。
タイプ:白・辛口
 80200
  ニュイ・サン・ジョルジュ
      1995年
      1ERレ・ヴォークラン

    ドメーヌ・ド・ラ・プレット

   1500ml 13度¥12,837
堅牢なタンニンと、はりのあるストラクチャー!男性的ワインの代表格ニュイ・サン・ジョルジュ1級!ニュイ・サン・ジョルジュ最高峰レ・サン・ジョルジュに隣接する大人気一級畑の9年熟成!M.ブロードベント氏も「魅力的な年である事は疑いない」と四ツ星で絶賛!造り手は18世紀からの歴史のあるドメーヌ・ド・ラ・プレット!アシェット誌には毎年登場!S.サトクリフ女史も「ここのワインの熱烈な愛好家がいる」と絶賛!色調は濃く、若いうちはチェリーやイチゴ、カシスなど赤い果実が香り、熟成とともに皮やトリュフ、ジビエのブーケが出てくる。若い頃は険しく男性的だったタンニンも、熟成とともに上品で官能的なワインに変化!日本に到着の数ヶ月前までドメーヌのセラーで寝かせていた素晴らしい状態!しかも大型マグナムボトル!ブルゴーニュ飲み頃愛好家の方はぜひ入手して下さい!
 80199
 ブルゴーニュ・ピノノアール
       1999年

  ドメーヌ・ド・ラ・トゥール

   750ml 12,5度 
       ¥2,860
このドメーヌでは、すでに隠居した先代ダニエル・ジョブロ氏の、「ワインは熟成させてから飲むもの」というこだわりの哲学のもと、長年ワインを生産しています。ただ普通にワインを造るだけでは決して長命ワインは出来ないため、ダニエル氏はまず素材であるぶどうの生命力を高めるため、コート・シャロネーズでもいち早くリュット・レゾネ(減農薬農法)を導入しました。ドメーヌ周辺の3.5ha.の畑で平均樹齢45年のピノ・ノワールを栽培し、手摘みで収穫しました。当初から長期熟成を意図しながらワインを造っていました。こうしてダニエル氏の確固たる信念で造られた傑作長命ワインが、今もドメーヌのカーヴに静かに眠っています。そして飲み頃ワインとなったこれらのバックヴィンテージを、ゆっくりとしたペースで販売しながら、大自然の中で悠々自適の生活を送っているそうです。
ビッグヴィンテージ1999年やや茶色かがったガーネット色でいまだに赤い果実味がしっかりと感じ、後半にかけて甘みを伴い熟成感が心地よく感じます。優良年のポテンシャルの高さを感じさせてくれます。
 10078
 スペイモルト フロム マッカラン            1993年

    ゴードン&マクファイル

  43度 700ml
         ¥15,274


      売切れ
成人になられる二十歳のみなさまへぜひお贈りしたいマッカランのご案内です。
1895年創業、100年以上の歴史がありシングルモルトウイスキーの市場が誕生する前から、シングルモルトをボトリングしていたパイオニアである老舗ゴードン&マクファイル(以下GM)社。創業当時より販売を続けており、蒸留所との長く深い関係の中で、その歴史を作った同社の代表銘柄「マッカラン」。
最近最見かけることの少なくなった、シェリー樽の影響をしっかりと受けた凝縮感ある1本。レーズンやカカオが濃厚に感じられ、その後につづく滑らかフィニッシュは、始めてシングルモルトを体験する方にこそぴったりです。
◆タイプ・・・ファーストフィル&リフィルシェリーバット
◆香り・・・赤りんご、レーズン、蜜蝋が感じられる。それから繊細な   メントールとトーストした麦芽の香りが広がる
◆味わい・・・
黒コショウ、洋ナシのコンポート、熟したバナナ、カカオ  からのダークチョコレートの風味が長く続いていく。フィニッシュ・・・  滑らかで長め。
 80192
    CHテシエ2010年

       サンテミリオン

  750ml ¥2,860
シンデレラワイン「ル・ドーム」をこの世に送り出した英国人醸造家、ョナサン・マルタス氏。その「ル・ドーム」と同じ醸造所で敏腕コンサルタント達によって生み出されているのが「シャトー・テシエ」です。恵まれた先天的なテロワールだけでなく、多くのスペシャリスト達の技術と超近代的な醸造設備の融合によって完成された、モダンなサラブレッド・ワイン。カシスやプルーンジャム、チェリー、モカ、樽由来のヴァニラやトースト香に、ハーブの香りも。滑らかなタンニンと、しっかりした酸が骨格を形成しており、バランス感が秀逸。エレガントにまとまっています。ぶどう品種:メルロー70%、カベルネ・フラン30%
 10096 アイラストーム

   40度 700ml ¥2,448
スコットランドの「C.S.ジェームス&ソンズ社」がリリースしたアイラ・シングル・モルト。“アイラ島の嵐”と名付けられた“謎”のアイラモルト「アイラストーム」から、手頃なスタンダードタイプが入荷しました!このモルトは、当店でも人気のアイラモルト「アイリーク」、「フィンラガン」などと同じ、“蒸留所未公表”のアイラ・モルトです。シングルモルトの記載があるので、アイラ島の蒸留所なのは間違いありませんが、詳しい情報は一切なく、味覚のみが頼りになります。どこのモルトなのかを当てるのは非常に難しいですが、想像を膨らませながら楽しむのも一興です。

 10097 フィラガン
     オリジナル ピーティー
      カスクストレングス


 58度 700ml ¥3,477

フィンラガンは非常に変わったシングルモルト。ヴィンテージモルト社のボトリング。 アイラにあるどこかの蒸留所のシングル・モルト。どの蒸留所かは明らかにされていない。そのため「秘密のアイラモルト」と呼ばれています 。 フィンラガンとはアイラ島にあった古城の名。その近くの蒸留所のモルトを使っているとのこと。どの蒸留所かを想像しながらじっくり味わって飲むのがこのモルトの飲み方。 強烈なヨード香、そしてピート香    味はスモーキーで独特の塩辛さの中にフルーティでエレガントな味わい。
 80035
    ミュスカデ・セーヴル・
     エ・メーヌ           シュール・リー 
        2011年

   Domaine de la Louvetrie 
       ルヴトゥリ

   750ml ¥1,296


      売切れ
(2004)パリ有機栽培ワインコンクール 2005 金賞 
ロワール河口に開けた町、ナントの辛口白ワイン。フレッシュ&フルーティな味わいがこのワインの持ち味で、エレガントな酸が持ち味です。 
醗酵:ステンレス・タンク醗酵熟成:ステンレス・タンク熟成 6ヶ月(シュール・リー)
 12036
   バルバンクール15年
           並行


   750ml 43度 ¥3,960
ハイチはドミニカ共和国の西に位置し、旧フランス領地。1804年に独立しています。製造元は1862年創業。12月~5月にかけて収穫したサトウキビの絞り汁を直ちに発酵します。マルティック島で多く見られるアグリコール・ラムと同じです。もとフランス領だったこともあってか、熟成に使用されるのはフランス産のホワイトオーク樽です。全般的にはマイルドな味わいですが、焦げ臭い香りと味わいも感じられ、なかなか奥深いです。
 80187
  CHボレール2005年

  750ml ¥2,448
マルゴー村に近いマコー地区で造られる、メドックには珍しい ボルドー・シュペリュールの「シャトー・ボレール」をご紹介です。近年、高い評価を得ている「シャトー・ベルビュー」のオーナーが手掛けるもう一つの銘酒として名を馳せているワインで、プティ・ヴェルド39%、メルロー34%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%のセパージュで醸されています。 平均樹齢が44年のブドウを用いているとのことですが、特筆すべきはプティ・ヴェルドの果実で、その樹齢はなんと80年以上!!温暖なマコー地区で育てられるブドウはじっくりと完熟するため、力強く、骨格のしっかりとしたワインが生み出されます。醸造コンサルタントには、ポイヤック醸造学研究情報センター所長であるクリストフ・クペ氏が就任しており、ロバート・パーカー氏も「掘り出し物!」と声を大にして褒め称えている「シャトー・ボレール」。2005年ヴィンテージは、パーカーポイント89点の高評価。

 11030
  ジュリア
   インヴェッキアータ

      グラッパ

   40度 700ml
      ¥1,728

グラッパは、イタリアの粕取りブランデーです。赤ワインの搾り粕 (発酵済み) に僅かに残っているワインのアルコールを、蒸溜によって取り出した廃物利用のお酒です。白ワインの搾り粕 (未発酵) を発酵させて蒸溜する場合もあります。普通のブランデーは、ブドウ果汁だけが原料なのですが、グラッパは、ブドウの皮とか種とか茎とかが主な原料です。原酒に含まれる味わい成分の量と種類は比べ様がありません。下手なメーカーが適当に作ると、とんでもない味わいになってしまいますが、気合いと手間暇と最高の技術をもって造ると、得も言われぬ素晴らしい芳香をまとったお酒に昇華します。世界中のお酒を揃えている弊店ですが、香りの情報量の多さは、間違いなく世界随一のお酒です。さて、そのグラッパの裏張りを見ると、「製菓用」と記載されています。いったい何が「製菓用」なのでしょう?実は、グラッパに含まれる、メタノール(メチルアルコール)の量が問題なのです。イタリア、ピエモンテ地方の葡萄、ネッビオーロ品種から造られるワイン(バローロ)などは、酸とタンニンを和らげるため、「カルボニック・マセレーション」("Carbonic Maceration" 以下「CM」と略)と呼ばれる、「かもし」を行います。CMは、アルコール発酵に先立って、ブドウを房ごと嫌気条件下で保存することで、特徴的なフレーバーを付加する手法です。フランスでも、同様に、「マセラシオン・カルボニック」("maceration carbonique")と呼ばれ、特に、ボジョレー・ヌーヴォーの醸造で使われることで有名です。CMの過程で、ブドウの中には、1~2%のアルコール(エタノール)が生成されますが、その際に、嫌気性の発酵菌が働き、極僅かですが、メタノールも一緒に生成されてしまいます。勿論、ブドウの「搾り粕」にも、メタノールが混在することになります。又、CMを行わないワインの「搾り粕」でも、「搾り粕」として保管されている間に、自然と「かもし」ているのと同じ状態に置かれ、メタノールが発生してしまいます。非常に繊細で丁寧で、その成分を凝縮させるような醸造/蒸留過程を経るグラッパなので、蒸溜後の成分に、微量ながら、メタノールが混在してしまうのです。日本の、食品添加物に関する規制の数値は、世界でもトップレベルの安全性を誇るので、イタリア本国では「安全」と認められるような数値でも、日本では、「飲用に適さない」数値と判定されてしまいます。そこで、「製菓用」と定義することで、摂取量の規定をクリアして、つまり「大量に摂取しませんよ」という言い訳を入れて、輸入販売を行うようにしているのです。これは、あくまでも、メタノールに対する、各国それぞれの規制の数値設定の問題です。グラッパは、勿論、飲用として造られていますし、イタリア本国で、グラッパを飲んで、メタノールによって健康を害したという報告はありません。(普通のアルコールの摂取過多(いわゆる「アル中」)の方が、よっぽど問題です)少々危険な匂いもする、「香りのデパート」グラッパ。その危険な匂いは、グラッパを益々魅力的なお酒にしてくれます。

 80178
    CHモンペラ・ルージュ
        2009年

   プルミエール・
     コート・ド・ボルドー

  750ml ¥2,551


      売切れ
1864年のガイドブックにも記載されているほど古い歴史のある、シャトー・モン・ペラ。
現在の当主デスパーニュ家が1998年に所有してから様々な改良が行われ、プルミエール・コート・ド・ボルドーのワインながら格付けシャトーに匹敵すると言われるほどの高い評判を得るまでになりました。
日本ではマンガ『神の雫』でオーパス・ワンにひけをとらないワインとして紹介され、瞬く間に人気に火が付きました。シャトーでは醸造コンサルタントに腕利きのミシェル・ロランを迎え、葡萄栽培はリュットレゾネ(必要に応じて最小限の範囲・手法で処置を施す)、果実選別テーブルや垂直圧搾機など最新鋭の設備を整え優れたワインを造るための努力は惜しみません。
 80163
  CHモンタロン2007年赤
   

  750ml ¥1,265
 80153
  サヴィニー・レ・ボーヌ白
     2002年
  ベルナール・ドラグランジェ

   750ml ¥2,520


     売切れ

      
柑橘系のフルーティさに加え、バニラや蜂蜜の香りがワインに複雑さを与えている。酸味は非常にまろやかでエレガント。後口はドライでスッキリしている。

■A.O.C.:サヴィニー・レ・ボーヌ
■ブドウ品種:シャルドネ100%
■収穫:45hl/ha
■平均樹齢:27年
■土壌:粘土石灰質
■熟成:オーク樽熟成 10ヶ月(新樽比率40%)
■白・辛口

 80156
  ジュヴァレ・シャンベルタン
       2008年
   ドルーアン・ラローズ

   750ml ¥3,549

ドルーアン・ラローズは1850年の設立以来、家族経営のドメーヌとして、ジュブレ・シャンベルタン村で、5代に渡ってワインを造り続けてきた歴史あるドメーヌです。エレガントさと香り高さを求めるドメーヌ。エレガントでありながら力強く、ミネラルも感じられるワインです。様々な赤果実のアロマと少しスパイシーな香りも楽しめます。

■A.O.C.ジュヴァレ・シャンベルタン
■ブドウ品種:ピノ・ノアール100%
■収穫:41hl/ha
■収穫方法:手摘み
■土壌:年度石灰質
■熟成:オーク樽熟成 18ヶ月(新樽比率10%)
■赤・フルボディ
 80168
 エメランス
 シャンパーニュ・
   ブリュット・キュベ
    ・トラディッション’NV 

   750ml ¥3,065
エペルネの南に最高のパフォーマンスをもつシャンパン・メーカー!エペルネの南に位置するシャンパーニュ・エメランスの歴史は1952年にさかのぼり、初代のGilbert GRUET(ジルベール・グリュエ)氏がGilbert GRUETの名でシャンパンメゾンを設立したことから始まります。のちに代替わりし、1993年にHAMPAGNE Hemerenceの名前で売り出しを開始した、家族経営のメゾンです。低価格かつ高品質のシャンパーニュを生み出すメゾンとして、フランスのみならず海外でも評価の高い造り手です。  爽やかなフレッシュ感に繊細でデリケートな印象です。ピノノワール主体らしい、リッチでふくよかな余韻が長く続きます。シャンパンを気軽に楽しんで頂きたい、との思いから出来たキュベです。日頃からシャンパンに慣れ親しんでいる方にでも満足いただけるシャンパンです。
品種 ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%
 80151
  コドーニュ・クラシコ・セコ
   スペイン ガバ

   750ml ¥1,542
細やかな泡立ちが目を楽しませてくれる、ソフトな辛口のカヴァです。伝統製法と最新技術、そして地下セラーでの丁寧な熟成を経て誕生しました。友人同士の気軽なパーティにも、パスタや魚介料理の食中酒としても自由に味わえます。よく冷やすと、爽やかさが引き立ちます。麦わら色を帯びた黄色。混ぜ合わせた3種の葡萄によるフルーティーな香りと瓶内熟成に基づく香りが豊か。味わいはバランスよく、リンゴやトーストを感じさせる。新鮮で心地良い酸味のカバです。アペリティフとして、また食中酒として様々な料理に幅広くマッチします。
 80152
  コドーニュ・クラシコ・セコ
   スペイン ガバ

   375ml ¥920
セコとは”辛口”という意味。細やかな泡立ちが目を楽しませてくれる、ソフトな辛口のカヴァです。伝統的製法と最新技術を経て誕生しました。麦わら色を帯びた黄色。混ぜ合わせた3種の葡萄によるフルーティーな香りと瓶内熟成に基づく豊かな香り。味わいはバランスよく、リンゴやトーストを感じさせてくれます。新鮮で心地良い酸味で良く冷やすと爽やかさが引き立ちます。伝統製法と最新技術、そして地下セラーでの丁寧な熟成を経て誕生しました。 料理との相性も良く、アペリティフとして、また食中酒として様々な料理に幅広くマッチします。
 10014 
    アイラモルト5年 

   シグナトリー・
      ヴィンテージ

 58,4度 700ml
        ¥3,981

シグナトリー社瓶詰めで、ラベル表記はありませんが中身はラガヴーリンの5年物だそうです。ピート香と、それ以上に強烈なヨード香が特徴の1本です。口に含むと薫香が勢いよく鼻腔を駆け抜けます。

 80141
   ラ・テット・ノワール
    ・フリュッテル
     ・ブラン・ド・ブラン

  750ml  ¥1,317
フランスプロヴァンス人気辛口スパークリング!!雑誌『Dancyu』スパークリングワイン部門、堂々の第1位!98点“即買い大賞”獲得!!サロン・ド・プロヴァンス という地中海の楽園マルセイユから北西に40kmほどのと ころにある村で造られるんですが、隣の都市エク・サン・ プロヴァンスとともにマルセイユでも避暑に訪れたセレ ヴや地元の人たちに愛飲される、真夏の避暑スパークなん です。 ユニブラン種100%で造られるヴァン・ムスー!!イキイキしたフレッシュな青リンゴのような香り!エレガントでやさしい口当たりのさわやかな辛口スパークリングが限定入荷!

◆Flutelle Blanc de Blancs Brut Vin Mousseux (La Tete Noire)
◆ワインの種類:白ワイン / スパークリングワイン ◆テイスト:辛口
◆ブドウ品種:ユニ・ブラン100%
◆生産地:フランス / プロヴァンス
◆生産年:[N.V.]年 ◆内容量:750ml
20世紀のはじめからサロン・ド・プロヴァンスでブドウ栽培を始めた古い生産者。彼らは『メソッド・トラディショナル』に固執し、ほかとは一線を画す優れた繊細なキュベを長年造り続けています。1976年より今までのノウハウに更なる進化を遂げ、厳格な品質管理と技術革新、独創的なブレンドなど、すべてのテクニックを結びつけた結果、La
Tete Noireはスパークリングワインとしては高い名声を得るまでにいたっています。かつては皇族や特権階級の人々に愛されたワインです。
 80258
  ジュヴレ・シャンベルタン・
         レ・プラティエール
            2006年

  ドメーヌ・フィリップ・ルクレール

  750ml ¥4,783
フィリップ・ルクレールは同じジュヴレ・シャンベルタンの造り手ルネ・ルクレールを兄に持ち、力強いワインを生産する事で知られています。
彼のスタイルは濃密で独特の強いタンニンを持ったワインで、その所有畑はわずか5haです。
 フィリップ・ルクレール氏へのインタビューコメントによるとワイン作りは以下のように行われています。
 収穫されたブドウは1週間低温でマセラシオンの後、15日間発酵、都合3週間タンクの中に置かれます。この3週間の間ブドウの皮は絶え間なく果汁の表面に上がってきますが、日に3回掻き混ぜられ、ブドウの色が最大限に引き出されるよう、果皮が常にブドウ果汁と接触しているようにします。そうすると、最初は白かった果汁の色が段々色づいていって、それと同時に糖分がアルコールに変わる。この期間が終わったら、しばらくワインを休ませてから樽の中に移し変え、そのまま2年間熟成させるのです。
プルミエ・クリュに関しては、100%新樽熟成。それ以外のアペラシオンに関しては30%~50%新樽。ブルゴーニュ・ルージュだけは新樽15%。樽は瓶詰めまで月に2回いっぱいに満たされ、ワインはコラージュ(清澄作業)も濾過もせずに瓶詰めされます。そのためボトルの底に澱があって当たり前で、むしろワインがよりよく熟成していくためには必要なものなのです。平年のヴィンテージのワインは5~10年の間、素晴らしい出来の長期保存に向いています。ヴィンテージのワインは10年~20年の間が飲み頃です。

国道74号線を超えた東の平地に位置する村名格の畑レ・プラティエール。ここからフィリップ・ルクレールはとても素晴らしいワインを作り出しています。
色調は濃いルビー色で、チェリー、プラム、ブラックベリーの果実を思わせる香りと、ブラックペッパーのようなスパイシーな香りやカシスのリキュールを思わせる香りで、味わいはボリューム感が豊かでタンニンがしっかりとしており、飲み込んだ後の余韻がとても長いワインです。1級と比べると柔らかい口当りです。
 12031
  キャプテンモルガン
     プライベートストック

    40度 1000ml

         ¥3,065
スパイスドラムで一世を風靡した「キャプテンモルガン」が長年にわたって熟成させてきた古いストックのラムにプエルトリコ産の様々なスパイスをブレンドした限定生産のラム。カクテルベースよりもオンザロックやソーダ割り等でスパイスドラム特有の香りや熟成したラムの深いコクを味わって下さい。
輸入業者はウイックです。
 12032 
  キャプテンモルガン タトゥー

     35度 750ml

          ¥3,065
「キャプテンモルガン」の最高級品で産地プエルトリコのトロピカルな甘味にスパイシーな苦味がミックスされた貴重なラム酒です。
輸入業者はウイックです。
80110
 テッレ・チェヴィコ
   アルバーナ・ディ・ロマーニャ セッコ 

 750ml  ¥977    
640431  8011510005470 
Gruppo Cevico Soc. Coop. Agricola 
チェヴィコ 
Terre Cevico Albana di Romagna Secco 
テッレ・チェヴィコ アルバーナ・ディ・ロマーニャ セッコ 
2008
イタリア   エミリア・ロマーニャ  
   
アルバーナ・ディ・ロマーニャ D.O.C.G. 
 
アルバーナ 100% 
醗酵:ステンレス・タンク/低温にて、約15日間 
40,000本 
1,100円 
12.52 %   750ml / 12 
辛口ワイン  白 
辛口  10℃ 
淡いオレンジが少し入った黄色。バナナの香りをはじめ、白い花、りんご、洋梨など様々。熟したフルーツの味わいが豊かで、程よい軽快な酸とミネラルとのバランスが取れている。 
   
   
 
海外ワイン専門誌評価歴  
国内ワイン専門誌評価歴  
 80124
 レ・マルスーレ
     ピノ・グリージョ 
      2008年

    テレザ・ライツ

 750ml ¥1,337
640350  4997678403508 
Teresa Raiz Societa' Semplice Agricola 
テレザ・ライツ 
Le Marsure Pinot Grigio 
レ・マルスーレ ピノ・グリージョ 
2008
イタリア   フリウリ ヴェネツィア・ジューリア  
   
ヴェネツィア・ジューリア I.G.T. 
 
ピノ・グリージョ 100% 
醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、澱とともにシュール・リー   熟成:ステンレス・タンク熟成 約4ヶ月 
 
1,550円 
13.27 %   750ml / 12 
辛口ワイン  白 
辛口  8℃ 
洋ナシや柑橘果実、ハーブや青草の清涼感のあるアロマ。香りからは硬質な印象があるが、味わいはふくよかで果実とのバランスが優れたワインで、程よいボリューム。特に和食に万能。 
   
   
(2008)サン・フランシスコ インターナショナル・ワイン・コンペティション 2009 銅賞 
海外ワイン専門誌評価歴  
国内ワイン専門誌評価歴  
 80119
   CHカロン・セギュール
         2006年
    
    サンテステフ
  
   750ml  ¥9,051
<ワインアドヴォケイト#170(Apr 2007)より抜粋> (90-93)点

(品種:カベルネ・ソーヴィニヨン64%、メルロ33%、プティ・ヴェルド3%)

2006年は、まさに大成功と言えるワイン。濃いダークルビー/パープルの色合い。ブラックチェリーの甘い香りと、土、ほのかなハーブの香りが混ざり合っ  ている。ミディアムボディで、驚くほど柔らかなタンニンと穏やかさ、ほど良い酸味が感じられる。前面に押し出された果実味と肉付きの良いキャラクター。  超大作の2005年よりは、早くから楽しめる。

 80099
  CHカロン・セギュール
    2001年
 
   サンテステフ
  
  750ml  ¥8,532

≪ CALON SEGUR ≫   メドック地区でのブドウ栽培発祥の地とも言われ、メドック地区のワインは 全てここから始まったと言っても過言ではない「サン・テステフ村」。 この村で生み出されている「カロン・セギュール」は、メドック地区の格付けシャトーの中でも最北端、ボルドーのジロンド川河口に位置し、およそ48haの粘土質の多い土壌で、ボディーのしっかりした濃いルビー色のワインを造り出しています。当時の所有者、「セギュール候爵」こそ、この「カロン・セギュール」という名の元になっている人物です。18世紀、かのラフィットやラトゥールをはじめ、いくつもの有名なブドウ園を所有していたセギュール候爵ですが、「ラフィット、そしてラトゥールでもワインを造ってきたが、私の心はここ、カロンにある」と述べ、「カロン・セギュール」にその情熱を傾けました。有名な「ハートラベル」には、そんなセギュール候爵の並々ならぬ熱い想いが込められているのです。肉厚で逞しいフルボディからは、濃縮した果実味がほとばしるかのようであり、同時にしなやかさも持ち合わせています。豊かな香り、しっかりとした味わい、エレガントな舌触りが三位一体となって飲む者を文字通り「酔わせる」、名品中の名品です! ちなみにこちらのカロン・セギュール、先日第一回放映を終えたテレビドラマ『神の雫』でも、原作マンガの第二巻に早々と登場しているとのこと!…つまり、もし今後ドラマ内でカロン・セギュールが取り上げられるようなことになった場合、ただでさえ高いこのワインの知名度に、加速度的な人気が加わる可能性があるというわけです!今年は、男性が女性にチョコレートを贈る「逆チョコ」なるキャンペーンも仕掛けられているようですので、女性はチョコを、男性はワインをお互いにプレゼントして、一年に一度のイベントをここぞとばかりに満喫してみるのもアリかもしれません! もちろん、バレンタインが過ぎ去ったあとも、このワインのポテンシャルはそのままなのですから(ここがクリスマスケーキとは違うところ!)、一年を通じてさまざまな行事に大活躍させて頂けるはず!特に2001年ヴィンテージはパーカーポイント90点 獲得しており、価格も近年にないお買い得プライス!!

 80091
  ロマネ・サン・ヴィヴァン        特級畑
   キャトル・ジュルノー
        1996年

    ルイ・ラツール

  750ml ¥41,040
「ルイ・ラトゥール社」と言えば、1797年から家族経営を続けるブルゴーニュ最大のネゴシアンですが、彼らはドメーヌとしても、大変評価の高いワイン造りを続けています。1898年から所有している特級畑「ロマネ・サンヴィヴァン・キャトル・ジュルノー」は、かのDRC所有ロマネ・サンヴィヴァン畑の斜面直下に面する、大変恵まれた場所に位置しています。僅か0.76haの畑は除草剤や化学肥料を使わず、馬を使っての耕作が行われているそうです。凝縮感のあるブドウから造られるワインは、ヴェルヴェットのような感触の中に、素晴らしく香り高いスパイスやシナモン、土の香りが見事に調和しています。持続性も豊かで、官能的なフィニッシュへと導かれる、世界でも秀逸なワインの1本です。ワインを醸造する樽を洗浄する際には、このロマネ・サンヴィヴァンで洗うとのこと。なんとも贅沢なこだわりが素晴らしいワインを作り出すのですね。
今回ご紹介するヴィンテージは、1996年でブルゴーニュワインにおける超優良年です。
 80265
  CHラグランジェ2002年
    サン・ジュリアン

  750ml ¥7,056
シャトー・ラグランジュの歴史は中世にまで溯る。当時「ラグランジュ・モンテイユの高貴な館」と呼ばれており、領地の一部はボルドー聖堂騎士団に所属していた。1842年から1875年にかけて、シャトー・ラグランジュは、第一期の黄金時代を迎える。当時の所有者は、ルイ・フィリップ朝の元内務大臣デュシャテル伯爵で、この時代にグランクリュの第3級に選定されている。その後、経済的な困窮による「暗黒時代」が訪れたが、1983年12月、サントリーが購入し、佐治敬三社長と鳥井信一郎副社長(当時)の号令の下に巨額な投資を行うとともに、ワイン生産・経営陣にマルセル・デュカス、鈴田健二を任命、畑から醸造・貯蔵設備にいたる徹底的な再構築を断行した。その努力により、現在シャトーは、目をみはるような復興を成し遂げている。
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン種65%
   メルロ種28%
   プティ・ヴェルド種7%

ル・クラスマン8.5点
パーカー氏89~91点
80089
  サン・ロマン赤

 メゾン・ユベール・ボーモン

  750ml ¥2,160
【赤:ミディアムボディ】【フランス:ブルゴーニュ】
【品種:ピノ・ノワール】【アルコール度数:12%】
【畑】土壌:粘土石灰質 収量:55hl/ha 株密度:10000株/ha
【醸造】手摘み収穫 コンクリートタンクにて発酵
   オーク樽(228L、新樽比率15%)12ヶ月間熟成
【ネゴシアン購入本数720本】

果実の香りとスパイシーさ、樽香がとても複雑で飲みやすいタイプ。フルーティさもあり、野性的な一面も。酸味が心地よくドライな仕上がり。
 80081 
  CHポル・デュ・ロワ
          2005年

  ボルドー・スペリュール

   750ml ¥1,111


     売切れ
芳醇な香りとチェリーやカシスなどの赤や黒の果実の味わい、バランスがよく、ボルドースペリュールAOCらしい、エレガントな余韻の残る良質なワイン。
【葡萄品種】メルロー50%
カベルネ・ソーヴィニヨン50%
 80077 
 テヌータ・ディ・トリノーロ
          2006年

  750ml   ¥24,000

マイケル・ブロードベント氏をして 『トスカーナのヴァランドロー出現!』といわしめた驚愕のトスカーナの新星、テヌータ・ディ・トリノーロ。オーナーであるアンドレア・フランケッティ氏は、最上のワインを造るために、個人的に仲の良いヴァランドロー氏(サンテミリオンのシンデレラ・ワインのオーナー)ジャン・リュック・テュヌヴァン氏と、ピーター・シセック氏というそうそうたるメンバーからからコンサルタントを受け入れています。トリノーロは1997年の初リリースから毎年ワインのスタイルが少しずつ変化しています。なぜならば、生産者のアンドレア・フランケッティ氏の目指すものは、「トスカーナでシュヴァル・ブランを造ること。」毎年毎年、試行錯誤しながらその実現に向かってワインを生産しているからです。トスカーナのトップ生産者は近年強気の値上げを実行していますが、トリノーロも例外ではありません。海外での評価は高く、ヨーロッパをはじめアメリカでも価格が上昇しています。

VINTAGE REPORT 2006

2005年というパーフェクトヴィンテージを産み育てた土地は、大量の雨でほぼ新しく生まれ変わることとなり、2006年は涼しい気候のまま8月を向かえた。しかし、その後秋から冬に差し掛かるまでは、ずっと良い天候の日が続いたため、ブドウの収穫や味見を行う時期は後ろにずれ込み、果実が完全に熟すのを待つことになった。結果的には、35種類の違うタイミングで収穫したブドウを発酵させることができた。涼しかった8月の気候から、キュヴェは薄味と思われていたが、予想に反して甘く凝縮したたっぷりの果汁が、多くのタンクに注ぎこまれた。ワインが樽に移される頃には、濃く、華やいだ香りがし、十分なタンニンも出ていた。これらは後にワインが成熟期に入った際の立て役者として、今はワインの陰に隠れるように潜んでいるのだ(フランケッティ氏談



 80073 
  エシェゾー1966年

     メゾン・ルロワ

   750ml ¥88,000
ご存知、マダム・ラルー・ビーズ・ルロワが手がける「メゾン・ルロワ」。世界中のブルゴーニュ・ファンから憧れの熱い眼差しを浴びつづける造り手のワインの中でも、手の届きやすいラインナップとして重宝されています。今回は、ブルゴーニュの偉大なヴィンテージと言われる1966年のオールドものが入荷してまいりました!記念日用のワインとして、これほどブルゴーニュ・ファンに喜ばれそうなアイテムは、そうは無いはずです…!
  12016
    キングスバリー
  ビクトリアンバット・ジン
    シングルカスク

      58,7度

  700ml  ¥3,292

      
【商品説明】弊社が取り扱っているジンの中で最も人気のある商品が、キングスバリー社の「ビクトリアンバット」ジンです。その同商品から「シングルカスクが限定生産でリリースされております。ジンの世界では通常考えられない「シングルカスク」という概念ですが、ビクトリアンバットは通常のジンとは異なり、樽で熟成されているため、このような商品化が可能となっております。またアルコール度数も通常の47%ではなく、高めのアルコール度数(今回の商品は58.7%)でボトリングされています。高いアルコール度数でボトリングされているため、ビクトリアンバットの最大の特徴でもある「ダブル・ジュニパー>」がより強く感じられます。現在ビクトリアンバットをお取り扱い頂いている方も、そうでない方も、是非この「シングルカスク」で本場英国のジントニックを再現して下さい! ラベル右下部の枠外に小さく、カスクナンバーが明記されています「ビクトリアンバット」には通常市販されているジンの2倍以上のジュニパーが使用されており、シトラスフレーバーが主流の現在のジンに比べて、強烈なジュニパーとスパイシーな香りが際立っています。

 80062 ジュヴァレ・
     シャンベルタン・
       アンバリュー
  2004年 
   ドメーヌ・モーム

  750ml ¥4,629  
ディジョン大学の生化学の教授だったベルナールはおじさんが亡くなりドメーヌを継ぐ事になりました。元々ワイン作りに興味があった彼は週末毎にディジョンからジュヴレの村へ来ては仕込みの手伝っていました。
ドメーヌを引き継ぐと本格的に勉強、ぶどう栽培と醸造学のディプロムも取得しています。彼の美味しいワイン造りの基本は遅い収穫、低い収量、古いぶどう樹、という3点だけ。タニックで深みのあるワインは最低でも数年以上の熟成を必要とするスケールの大きなもの。
 80063 
 フロール・デ・ピングス
     2005年
 
      スペイン

  750ml ¥9,360

スペインワインファンの皆様お待たせ致しました!スーパースパニッシュワイン「ピングス」のセカンド「フロール・デ・ピングス」の最新ヴィンテージが入荷して参りました。2005年へのロバート・パーカー氏が付けた評価は【96点】!もはやあたりまえのように高得点を獲得してしまうワインを造る、ピーター・シセック氏の熱意と手腕には、脱帽としか言いようがありません。
発酵はピングスのボデガだが、熟成はアシエンダ モナスタリオで行われます。コーヒーやローストしたナッツ類、熟成したブラックベリーの香りがとても華やか。味わいは舌に深く、余韻は長い。

 80064
  CHベイリー2005年
 
  コート・ド・カスティヨン

  750ml ¥4,093
「ラフルール」や「ガザン」、「オー・カルル」などで醸造コンサルタントとして敏腕を奮っているクリスチャン・ベイリー氏。ホルドーでは知らない人がいないと言われる彼が、オーナーを勤めるのがこの「シャトー・ベイリー」です。1997年の初リリース以降、急速にワイン愛好家達に絶大な名声を得てきました。あのロバートパーカー氏曰く「このアペラシオン最高の葡萄園!まさにフルーツ爆弾だ!」と大絶賛!!
ECANTER MAGAZINE(2004年4月号)では「ボルドーのカルトワインである」と評されています。もはやその人気は留まるところを知りません!
 80056
 レ・タンヌ 
     トラディショナル
 カベルネ・ソーヴィニヨン
     2006年
 
  750ml ¥957


     売切れ
レ・タンヌ・トラディション・カベルネ・ソーヴィニヨン[2006]年・シャトー・ド・コナス元詰・パリ農業コンクール金賞受賞酒・ポール・マス元詰
Les Tannes Caberrnet Sauvignon Tradition [2006] Gold Medal
豪華なエチケット!ラングドック・ルーション地方の人気造り手ポール・マスの特に自信のシャトー・ド・コナスから柔らかいタンニンと豊かなボディ、熟した果実の味わいがすばらしいパリコン金賞受賞酒が登場!!
 80043 
  CHカマンサック1988年

    オー・メドック

  750ml ¥7,920

      売切れ

他の第5級シャトーに比べ、派手さには欠けるものの、堅実にコスト・パフォーマンスの高いワインを送り出している「カマンサック」。サン・ジュリアンの西側に位置するサン・ローラン村にひっそりとたたずむシャトーで、カントメルルと同じく、第5級に格付けされています。とは言え、1970年代までは格付けシャトーらしからぬ凡庸なワインを造っていたと言われていたのもまた事実。転機は、1965年にシャトーを買収したフォルネール兄弟の改革に端を発します。兄弟はワイン蔵と醸造設備を新しくし、カマンサックを「しなやかさと果実味を前面に出したモダンな造りのワイン」として変身させました。その結果、お値打ち感のある、チャーミングなボルドーワインとして、カマンサックは少しずつその名を広めてゆくこととなったのです。残念ながら、このヴィンテージはパーカーポイントの付与は無し。

 80016
 ディアボロ・ヴァロワ・
     ブラン・ド・ブラン
          1979年

     シャンパン

  750ml  ¥18,494

  
日本のレストランやバーなどでも、非常にポピュラーな存在である シャンパーニュ「ディアボロ・ヴァロワ」。 シャンパーニュ地方に17あるグラン・クリュの村の一つである「クラマン」にメゾンはあり、コート・デ・ブラン地区の中でも指折りの日照量を誇る一等地にて、シャルドネが栽培されています。今回は、そのディアボロ・ヴァロワが自信を持って世に送る、ミレジメものをご案内です!シャンパーニュファンのお客様であれば、手を伸ばさずにはいられないであろうプレミア度満点の一本、是非とも在庫に加えてください!!
 12010
  メキシカンラム・
      モカンボ

  20年熟成40度

 750ml ¥5,195

ヨーロピアンホワイトオーク樽を利用し20年熟成のシングルバレルラム。メキシコの芸術家ヴィクター・フェルナンデス・リモン氏が特別にデザインしており、メキシコ産の皮のようなものに包まれています。さすがに20年熟成。極めてまろやかな味わい。この値段は驚きです!!

 10002
 ベンロマック・
  ピートスモーク

   ファーストフィル

 700ml 46度

  ¥6,583






老舗ボトラー・ゴードン&マクファイル社が所有する、スペイサイドで一番小規模の蒸留所・ベンロマックから、遂にピーティッド・モルトがリリースされます!その名もずばり「PEAT SMOKE」。フェノール値55PPMものピートが炊き込まれた麦芽を原料に2000年に蒸留され、2007年に瓶詰めされた限定商品です。もちろんオーナー会社がリリースする「オフィシャル・ボトル」ですので、お客様の反響や話題性も非常に大きいのではないでしょうか。なおフェノール値とは麦芽に炊き込まれたピートの度合いを測る指標として使われますが、ボウモア蒸留所で平均25PPM、ラガブーリン蒸留所やラフロイグ蒸留所で約35~40PPMと言われています。今回の商品の55PPMという数字は、アードベッグ蒸留所に匹敵するぐらいの非常に高い数字です。
商品詳細  蒸留年 : 2000年  瓶詰年 : 2007年 
フェノール値 : 55PPM  樽 : ファーストフィル・バーボンバレル  テイスティング・ノート  外  観 : 淡い麦わら色。  香  り  : 木材を燻した煙の香りの中に、焦がした砂糖の甘み。柔らかなフェノール香と薬品臭さが淡く感じられ、かすかに青リンゴ(グラニースミス種)も現われる。  味 わ い : ピートの効いたスモークと灰の後から、燻した麦芽の甘みが追ってくる。僅かにスパイシーで、焦がしたオークの樽香がかすかなフェノールを伴って感じられる。  ボ デ ィ : 甘みとフルーティーさに溢れた力強いボディ。  フィニッシュ : モルトの甘みとスモークのバランスが美しく続く。

 10001
 スチュワート・
  クリーム・オブ・
    ザ・バーレー

 750ml  43度

     ¥5,637

今回はあまり古くはありませんが、お手頃価格のオールドボトリングのブレンデッドウイスキー「スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレー」をご紹介します。日本市場でも少し前まで流通していましたので、馴染みのあるお客様もいらっしゃることと思います。この商品は1990年代前半にイギリス国内で流通していた750ml瓶のストックで、現地の倉庫に眠っていたものです。
生産はスコットランドのスチュワーツアンドサンオブダンディー社で、この会社は1831年にダンディー市で創業しました。自社でモルトの蒸留所は持っていなかったのですが、関係の深い蒸留所から良質の樽を入手し様々なブレンデッドを生産していました。その中でもこの「スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレー」は最大の売上げを誇るブランドで、特にイギリス国内での名声は非常に高く、販売量も非常に多いブランドなのです。メインモルトは人気蒸留所の「グレンカダム」で裏ラベルにもしっかりと「GLENCADAM DISTILLERY」の名前が入っています。また他にもハイランドとアイレイのモルトがブレンドされていると記載されています。我々も実際にテイスティングしましたが、とても柔らかくクリーミーな味わいが出ており、価格を考えれば充分お薦めできる品質です。
今回は人気ブレンデッドの750ml規格品で、しかも非常にお手頃な価格でのご紹介です。

 80134 
 CHグイヨ・
    クローゼル
        1999年

   ポムロール

  750ml ¥9,051

メルロー70%、カベルネ・フラン30%で構成される、ポムロールの
 隠れた宝石「グイヨ・クローゼル」。厳密を極めた選果を行うため、
 その結果、半分以上の果実がセカンド・ワイン用に回されてしまうとのこと。
 そして最終的に1.7haの畑から造られるワインの量は、わずか10樽ほどだとか…。
 地元ポムロールでの人気も高く、生産量の少なさと相まって、たやすく手に入れる
 ことはできない逸品!メルローの果実味、安定感を感じさせる構造がしっかりと
 見て取れ、このアペラシオンの素晴らしさを余すことなく堪能させてくれる
 「玄人受けタイプ」のお買い得なアイテムです!
 

 10142 
 アードベッグ16年 
         1990
 アリー・ナム
     ・ビースト

  46度 700ml

      ¥14,194

    売切れ

このアリー・ナム・ビーストはウーゲデール湖とアードベッグ蒸留所の間にある2つめの湖が名称の由来で、ゲール語で「野獣の潜む場所」の意味をもつそうです。1990年に蒸留された原酒をバーボン樽で16年間熟成し、アルコール度数46%でノン・チルフィルター。クリーミーでスモーキーなフレーバーで、長期熟成による、柔らかくまろやかな味わいがあります。

 

 10046 セント・
    マグデラン
 23年 1982 
   700ml 50%

   ¥17,485

     売切れ

1983年に閉鎖、建物は歴史的建造物のアパートメントになっているようです。
つまり完全に消滅してしまった蒸留所で、ストックだけの幻のウイスキーとして入手困難な稀酒となっております。単に珍しいということではなく、非常に秀逸なモルトを生み出してきた蒸留所でもありました。

<ダグラスレイン社による テイスティングノート>
香り: 軽くてフレッシュ、フローラル
味わい: マッシュしたモルトに続き、甘いシトラスやスパイス
フィニッシュ: シトラス風味のまま、長く甘美に続いていく

 80107
 CHラグランジェ
         1993年

   サン・ジュリアン

  750ml ¥7,560

     売切れ
2002年ヴィンテージが、シュヴァル・ブラン並みの評価をされたのが記憶に新しい「シャトー・ラグランジュ」。近年のクオリティの高さには目を見張るものがあります。カベルネ・ソーヴィニョン主体ながら、通常よりメルローの比率を高くしたことにより、独特の風味を持ち ながら、育ちの良さが感じられる洗練されたワインになってます。

 80078
    ビーニャ・
     ランシアーノ・
      レゼルバ
        1995年

     スペイン

  750ml ¥2,400 1.646

      売切れ
標準小売価格5010円です。輸入元廣屋インターナショナルの終売特価品です。 単一畑ビーニャ・ランシアーノの樹齢20年~25年の葡萄で醸造されるクリュ・リオハ。収量22hl/ha。24-28度に設定したステンレスタンクで発酵、8-12日間のマセレーションの間に頻繁にルモンタージュを行う。アメリカンオークで24ヶ月熟成後、最低1年間の瓶熟を経てリリースされる。 濃いガーネット色の色調を帯びたローブ。フルーティーで、ヴァニラを思わせる複雑でパワフルな香り。バランスが良く、調和の取れたエレガントな味わいに仕上がっています。フィニッシュは持続性があり、非常に心地よい。洗練されたモダンなスタイルのリオハ。サービスは17-19度で、各種肉料理に最適です。 ★各賞受賞暦 *ホセ・ペニン ワイン・ガイド(2004年版) 90ポイント *ブリュッセル国際ワインコンクール(2002年) 金賞受賞 *インターナショナル・ワイン・チャレンジ/ボルドー(2003年) 銀賞受賞 *インターナショナル・ワイン・チャレンジ/ロンドン(2003年) 銀賞受賞

 80394
CHバルベ・ブランシェ
    2000年

 リュサック・
    サンテミリオン

  750ml ¥2,314

     売切れ


赤 メルロー主体 CS ミディアムボディ 辛口 リュサック村北よりの28haの畑。 白いひげという名の古い歴史のシャトー。 柔らかく、程よい酸味とタンニンのワイン。 

10075 ラフロイグ・
  クウォーターカスク

  48度 700ml

     ¥5,452

皆様お待たせいたしました、以前からお問い合わせをいただいておりましたラフロイグのオフィシャル新商品「クウォーターカスク」。デューティーフリー市場向けに先行発売されていましたが、ようやく一般発売がなされ、ご紹介できることとなりました。この新商品の特徴は・・・・・
O 蒸留所が創業を始めた約200年前の味を再現すべく作られた。
O 現行10年ものよりやや若いウイスキー(7~8年前後?)を熟成させた後、バットの4分の1のバーボン樽(クウォーターカスク)でフィニッシュをかけた。
O 小さいサイズの樽でフィニッシュをかけることにより、樽とウイスキーの接触面積が増え、熟成がより早く進み、樽の影響を短時間で受ける。これにより樽由来の甘味が増す。
O 樽の個性が大きくウイスキーに反映されてしまうので、それに負けないよう48度でボトリングすることにより、ベストバランスを生み出した。
O 200年前には冷却ろ過という技術は存在しなかったので、アンチルフィルターで瓶詰。
ラフロイグファンクラブ向けにも先行発売していますが、大変な人気のため現在供給がストップしているという、とにかく話題豊富の新商品です。
 

10088 CARME
      カルミ

  43度 700ml

     ¥4,505

    売切れ

「エクスクルーシヴ・モルツ」で衝撃的なデビューを飾り、日本市場でもその名声を一躍高めたデイヴィッド・スターク氏。そんな彼が今まで培ってきた知識と技術を結集して作り上げた全く新しいウイスキーがリリースされました。その名は「CARME」(カルミ)。この商品は数種類のシングルモルトをブレンドした10年もので、メインモルトは、クライネリッシュとアードモアです。5000本限定で、このバッチが終了すると、また新しいバッチをボトリングするとの事です。この「カルミ」とは旧約聖書に出てくる神の名前にちなんだものです。孔雀をあしらったド派手なラベルも衝撃的ですが、孔雀は、時には激しく、攻撃的でありながら、美しくてエレガントな鳥。そんな個性を持ったウイスキーを作るべく、この孔雀の絵を採用したそうです。43度 700ml

  10465 
 グレンドロナック12年オリジナル      オフィシャル

 40度700ml ¥3,991
なつかしい「オリジナル12年」のリニューアル版という事で、シェリー樽熟成後、トラディショナル・オークバレルで後熟した、ダブルカスク・マチュアード品です。バランスのとれた、なめらかでクリーミーなフルボディタイプのシングルモルトです。

 80120

 CHル・コンセイエ
        2002年

 ボルドー・
    スペリュール

      ¥2,674

若い醸造家ジャン・フィリップ・ジェヌエックスが手掛けるワインです。このワインはメルロー100%で造られていて、厚みとしっかりとしたカシスやブラックベリーの風味を持っている余韻の長いワインです。彼はフランスの大学を卒業後、アメリカ留学で経済学を学び帰国後、1994年スタートのCh.シャンブルン(ラランド・ド・ポムロール)をはじめ、1997年にはCh.ムートンを取得、また2001年にはサンテミリオンのガレージ、ラ・コンフェッションをスタートさせるなど、最も注目を集める造り手となっています。従来のボルドー型より長く、幅の狭い“シガー型”の樽を使用しています。

 10087
 フリスキー・
     ウイスキー
    60度  700ml

    ジョン・ミルロイ

     ¥3,394 

    売切れ
度数60度のブレンデッドです。"違い"を求めるブレンデッド愛好家のために発売されました。商品名にある"フリスキー"とは、弾けるような、という意で、まさに踊りだしたくなるような、ハッピーなウイスキーです。ラベルにも踊っている(酔っ払っている?)ミルロイ氏のイラストが描かれています。ここまで来るとユニークを通り越して"ギャグ"の域かもしれません。でも、中身は6