畳替のための予備知識

畳のはたらき
  • 湿気を吸収、排泄し快適な生活環境をつくります。
  • 部屋の二酸化炭素を吸収して、空気を浄化します。
  • い草の香りは気分をリラックスさせます。
  • 断熱性、保湿性があり日本風土にぴったり!
  • クッション性があり、お子さまの安全を守ります。

新畳とは(10年〜15年が取り替えの目安)
畳表(ござ)と下地(床)を、まったく新しい物にとしかえます。

表替とは(5年が目安)
現在ついている畳表(ござ)をはずし、下地(床)はそのまま利用して
畳表だけを新しく取り替えます。縁も新しくなります。

裏返しとは(3年が目安)
現在ついている畳表(ござ)をはずし、畳表を逆さまにし下地はそのまま
利用して縫い合わせます。縁も新しくなります。

sasakitatami@mvj.biglobe.ne.jp