記事タイトル:銀ねんどというより銀パテと呼びたい! 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: オズ   
ねんどの銀は組織がスポンジ状になっているので、
地金の純銀より柔らかいし折れやすいそうです。
なかに銀線などを入れて補強するらしいです。

ワックスもハードとソフトがあって、
蜜蝋なんか飴そのものって感じです。
手の体温で柔らかくして飴細工のようにつくります。
ハードワックスやる人は多いけど
ソフトワックスは周りではあまりいません、
本当はすごく面白い素材なんですが、
ねんどと共通するものがあるみたいですよ。
[2002/12/24 17:13:49]

お名前: makkei   
そっかー。
あれが銀本来の。
うーん。オズさん。すごい。
私はよくわかりませんが感じたのはやっぱり味っぽい。
不二屋のぺこちゃんの何ていいましたっけ?
ミルキーキャンディー的ねばりが。やわらかい削り心地。ぬ〜っとした感じ。
へらが埋まるのめり込んじゃうような。キャラメルのような。
なんでいつも食べ物ばかり?
[2002/12/22 01:15:51]

お名前: オズ   
粘土もすこしやったのですが、
なぜかワックス的な物になってしまいます。
ねんどの特性を生かせねばとは思うのですが難しい‥‥
でもなにか形にしたいんですよ。

金をポイント使いにと考え時に純金粘土も有りかなと!
ステップアップも必要ですよね。

純銀を使ってみて感じませんでしたか、
臭いとか肌触りなんかが925や950と違うことが、
銀そのものの性質が出ててピュアな感じがよかったです。
これが銀本来の臭いと質感なんだってと思いました。
[2002/12/20 23:22:47]

お名前: まつけい    URL
オズさんこんにちは。
ビートルズ世代ですね。オズさん。私は最近寒いとなぜか津軽海峡〜とか
鼻歌歌います。
ねんど。あれ、泥遊びの水で練った泥が乾いてぽろぽろになって
でもミディアムレア―で焼くだけで角砂糖になりました。
出来あがっても板チョコの硬さ、いやガムと言ってもいい。チタンと比べると
粘りますね。純銀。絞めないと磨耗しまくりですが私も金ねんど密かに
新作に取り入れる方向で視野に入れております。大西さんがおっしゃるように
やはりポイント使いがいいかと。全面使いだと実用に耐えるか、商品としてまだ
工夫の余地があると思いました。売る側として、そういう作家も増えてきたので
私も試さないとと思い今回いい機会でしたのでやってみた次第です。
手動調節加熱がいいです。ロウ付けだってできちゃいます。
電気炉は量産むけでしょう。
[2002/12/20 12:01:41]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る