あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。
2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。







 


今日の雑記

しつこく、
横須賀ブロークンアロー
の話を。
この厚さなので読了したかたはまだ少ないと思いますが、
終盤の「長い一日」は、
本当にどんでん返しの連続です。
でもこれ連載時は、
どうなることかとずっと冷や冷やしておりました。
なにせ先のことを考えず、
「こうしたら面白いだろ!」と書いていたのですから。
なのでその続きが考えつかず半月悶々とし、
それでも書き進めてつなげ、
また新たに危機的状況で終わる、
そしてまた明くる月に入り七転八倒する、
ということを繰り返していました。
つまり自分でハードルをどんどん高くしていったのです。
でもこれがとても勉強になったと、
振り返り思っております。
けれどもうこんな、
ひとりSM的なことはしたくないなというのが正直なところです。
いろいろな意味で出し切ったために、
今はどこか抜け殻のようになっていますが、
やはり小説家は書いてナンボ。
面白い構想を考えております。
まずは短編かなあ。
長くても300枚くらいか。
って、横須賀ブロークンアローもそんなノリで始まり、
3500枚以上になったのだよなあ。


( 2017.5.22 )