あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。

2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。
2017年、双葉社より『横須賀ブロークンアロー』を上梓。
2018年、双葉社より『ひとたびバイクに』を『ひとたびバイクに ツーリングを愛する者たちへ 』として文庫化。





 




今日の雑記


発表します。
来月の後半に、
双葉社から新刊が出ます。
タイトルは「風になる日」。
今回は短編集で、
表題作の「風になる日」は、
今回のための書下ろしです。
ということで皆様、
ご購読をお願いいたします。
それと、
すでに多くのサイトで予約が始まっていますが、
9月中の購買をお勧めします。
10月に入ると、増税分高くなりますので。
けれど本当に大丈夫なのか、俺。
今、その原稿をチェックしている最中なのだが。

( 2019.8.5 )




新刊の「風になる日」の発売を記念し、
Facebookを始めてみようと考えた。
それで登録の手続きを進めると、
なんと驚いた。
すでに「山田深夜」がいるのである。
なんと不可解なと思っていると、
電話番号を知らせてくれだの、
顔写真を送ってくれだのと、
運営が伝えてくる。
それで指示に従っていると、
突然、アカウントが停止された。
どうやら山田深夜の「なりすまし」に思われたらしい。
仕方ないので郵便物などの画像を送り、
本人である証明を今しているのだが、
アカウントはずっと停止したまま。
本人を偽者扱いするとはと困惑したが、
でも考え直した。
私が無知なだけで、
山田深夜なる著名人が他にいるかもしれないのだ。
だとしたら私はその人の「なりすまし」となる。
となると私は、
「山田深夜(別人)」
「山田深夜(その他)」
とかになるのだろうか?
どうしたらよいのだ、
山田深夜(本人だと思う)は。

( 2019.8.12 )



新刊「風になる日」の発売に合わせ、
期間限定でSNSを始めてみようとしたが、
相変わらず、
Facebookのアカウントは停止されたままである。
それでこちらのホームページで、
つらつらと書くことにした。
それに合わせ、
毎週削除していたが、
雑記も当分残すことにする。

で、なぜSNSをやろうと思ったのか?
もちろん、新刊の宣伝のためである。
けれどそれとは別に、確かめたいことがあったのだ。
「はたして、山田深夜にファンはいるのか?」である。

このホームページは、
もうずいぶんと続けている。
そして当初は、掲示板も設けていた。
そこに書き込まれた感想などを読んでいた。
読者とも交流した。
けれど忙しくて管理ができなくなり、
読み物のページも含めてすべてやめた。
「興味のある人だけが辿り着ければいい」
というスタンスにし、
表紙だけを残し、
ひっそりと、
一方的に更新してきたのである。
だが、あれからずいぶんと経つ。
時代も変わった。
それで疑問を持った。
「俺の本って、読まれてんの?」と。

気づけばもう二十年以上、
作家を続けている。
自称小説家ではなく、
プロの商業小説家として、
長年飯を食ってきた。
しかし映像化された作品はないし、
大ヒットした、という作品もない。
ブームがあったという記憶も当然ない
(だいたい著作が少ないのだが)。
そして相変わらずの貧乏暮らし。
なのに忘れ去られたという感覚も、
終わったという感慨も、
実感としてはない。
著作はどれもいまだに売られているし、
とりあえず業界で名前が通るのである。
なんとも不思議である。
いや、すべてはファンのおかげである。
ただ、実感が湧かないのだ。
それでSNSを試してみたくなったのである。

といって、Twitterはやりたくない。
つぶやくことなどないからだ。
あったとしても、
公表しようとなどは思わない。
私はひっそりと、
目立たずに生きてゆきたいのだ。
それにTwitterにもすでにいるらしいのだ、
山田深夜が。
ということでFacebookのほうが、
まだ書くことがあり、
よさそうだと考えたのである。
だが、アカウントはまだ停止されたままなのであった。
やっぱしやめるか、SNSは。
だいたい、スマホで確認できないし。
持ってないから。

調子悪いなあ、ホームページも。
こっちもやめるか?

おっかしいなあ。
画像がアップできない。
やっぱり10年前のだからなあ。

↓ここに画像があるのよ、ホントは。

あ、できた。

っておい、Twitterかよ。




( 2019.8.19 )




カバーデザイン、帯、惹句などがほぼ決まる。
アップはできないが、とてもよい出来栄えである。
私からの希望である「道と街」、
そしてもうひとつの希望である、
「ここではないどこかへ」、
いざなうデザインである。
これもまだ明かせないが、
イラストレーターのF氏に感謝。
やはり氏の描く「道」はよい。

けれど古くからのファンは、
その表紙に面食らうだろう。
「さ、爽やか過ぎるぞっ、山田深夜!」と。
じつは、それが狙いなのだ。
私は、女性ファンがほしいのだ。

双葉社 風になる日

双葉社 ひとたびバイクに



( 2019.8.20 )