あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。
2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。
2017年、双葉社より『横須賀ブロークンアロー』を上梓。





 




今日の雑記

W.C.カラス。
私が贔屓にしているミュージシャンである。
先週ドブ板でのライブ後に拙宅に泊まっていただき、
いろいろと話ができた。
氏の作品はとても文学的である。
その世界観は独特であり、絶望や孤独、
挫折や死、憂いや迷い、
その中でのささやかなる希望が歌われている。
木こりをしながらライブ活動をしており、
それでシングルで子供を育て上げた姿勢も尊敬している。
今回の「耐えて眠れ」というアルバムについても、
いろいろと話ができた。
かなり内に向かった内容であり、
ブルース・スプリングスティーンの、
「ネブラスカ」というアルバムを想起したことを伝えると、
氏も頷いてくれた。
ともかくこういうアルバムを一枚作りたかったとのこと。
これから何枚も出してゆくのだろうが、
スプリングスティーンの「ネブラスカ」同様、
特異な一枚になることだろう。
ということで氏のことは今後も応援してゆく。
ただ「カラス」と呼びつけにはできないよ。
リスペクトしているのだから。
カラちゃんで通させてほしい。

( 2017.12.11 )