あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。

2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。
2017年、双葉社より『横須賀ブロークンアロー』を上梓。
2018年、双葉社より『ひとたびバイクに』を『ひとたびバイクに ツーリングを愛する者たちへ 』として文庫化。





 




今日の雑記

ハロウィンが近づき、
扮装や仮装について思う。
日本人が黒人を表現するために、
肌を黒く塗り、アフロのカツラを被ることがある。
そう、シャネルズ、いやラッツアンドスターのように。
だが、これを否定する人たちがいる。
「日本人は無知だ」
「黒人を馬鹿にしている」と。
そんなつもりで扮装する者はいないだろう。
馬鹿にするどころか、
黒人をリスペクトしているのである。
日常においても、
意識、無意識に真似をしている。
肌を焼いたりラッパーの格好をしたり、
アフロパーマにしたりドレッドにしたり。
これらが嫌がらせだとでもいうのであろうか?
だいたい、黒人を馬鹿にする気風や文化は日本にないのだ。
黒人も白人も「外国人」であり、区別はするが差別はしない。
私は横須賀が長く、黒人ともよく話すが、
黒人ということで差別したことはないし、
彼らも日本人に差別されたことはないと言っている。
逆に、なぜ差別しないのかと訊かれたことさえある。
もし日本で差別している者がいるとすれば、
それは白人だろう。
そんな白人の問題を日本人に押し付けられても困る。
ちなみに私も、じつはアフロヘアーにしていた時期がある。
ブルース音楽への傾倒とリスペクトがあったのだ。
だが今は、
頭はブルース・ウィリスである。


双葉社 ひとたびバイクに



( 2018.10.22 )