あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。
2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。







 


今日の雑記

アメリカと北朝鮮がチキンゲームをしているとよく言われるが、
どこまでしたら本気で怒るか試すという意味では、
南朝鮮の日本へのそれの方が古くてしつこい。
いや中国も執拗だが、
限界点を知っていて巧みに流れを変えるし止める。
北朝鮮同様、
全体主義国家なので国民をコントロールできるからだ。
けれど特ア三国で唯一民主主義の南朝鮮はそれができない。
為政者が植えつけた「反日」が暴走し、
もはや制御不能になってしまったからだ。
しかたなく政府は自分たちの生んだモンスターの後に続き、
国民に気に入られようとさらに日本に難癖をつける。
で、政治も認めた、愛国無罪なのだ、
と国民はさらに反日をエスカレートさせる。
しかし、それでも日本政府は黙っている。
これを「おとなしい」と見た彼奴らはますます図に乗る。
だが「おとなしい」ではなく「耐えている」ことに一部が気づく。
そして慌てる。
日本人は怒りをためて爆発させるのだった、と。
武士であり兵士であり、
世界を相手に戦った戦闘民族だったのだ、と。
けれどその時にはもう遅いし、
その時はもう近い。

( 2017.8.21 )



追記
毎日新聞に記事が載りました。
( 2017.5.30 )