あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。
2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。






 




今日の雑記

新刊「横須賀ブロークンアロー」の内容を、さらに。
今回横須賀を紹介するに当たって、
横須賀人の気質を表す言葉はないかと、
いろいろと探した。
「江戸っ子」や「浜っ子」のような。
しかし、そのようなものはない。
かろうじて「すかっこ」という言葉が過去に作られ、
認知させようとした動きがあったことがわかる。
けれどハズレの「スカ」を連想させるためか、
定着しなかった。
私としてもまったくしっくり来ないし、
なんの感慨も湧かない。
私の知る横須賀人は泥臭くて捻くれていて、
粋でもスマートでもなく、
けれど妙にシャンとしている。
ダサいのに、格好良い。
それは地元民だけではなく、
移り住んだ者も。
ともかくしっくりとした言葉がほしいが、ない。
ならば作ってしまえと生み出したのが、
「横須賀奴」。
ヤッコは、町奴、下町奴の、
男伊達の意味で使っている。
捻くれているのに芯があり、信がある。
付き合うとなると地獄まで付いてきてくれる。
これはそんな、
横須賀奴たちの物語である。

( 2017.4. 24 )