あんときゃ夜走り朝帰り



ここは、山田深夜のホームページです。
現在リニューアル中です。


このホームページ内の画像、文章作品等、複写転載を禁じます。

開設2000/05/20






山田深夜is?

1961年、福島県須賀川市生まれ。
地元の高校を卒業後、神奈川県横須賀市で私鉄職員として約20年勤務。1997年、文筆業に専念するために退職。バイク雑誌各誌に小説を発表。
2005年、寿郎社より『横須賀Dブルース』、『千マイルブルース』の二冊を上梓。
2005年、『横須賀Dブルース』が「本の雑誌」上半期ベストテンに入る。
2007年、角川書店より『電車屋赤城』を上梓。

2007年、『電車屋赤城』が第29回吉川英治文学新人賞にノミネートされる。
2008年、講談社より『ひとたびバイクに』を上梓。
2009年、『リターンズ』(徳間書店「問題小説」にて前年掲載)が、日本推理作家協会賞短編部門候補となる。
2011年、徳間書店より『ロンツーは終わらない』を上梓。
2017年、双葉社より『横須賀ブロークンアロー』を上梓。
2018年、双葉社より『ひとたびバイクに』を『ひとたびバイクに ツーリングを愛する者たちへ 』として文庫化。





 




今日の雑記

心に余裕がない時、
「長谷川平蔵か秋山小兵衛たれ」と思うことがある。
どちらも池波正太郎氏の時代小説の主人公だ。
何事にも動じない様は、とても魅力がある。
けれどそれは拠って立つものがあるから。
極めた武芸とそれに付随する精神性である。
しかし私にそのような「拠って立つ」ものはない。
いや、ある。
武芸ならぬ文芸である。
同じく平時には役に立たず、
活かせる場面も限定されているが、
まごうことなき私のアイデンティティである。
とはいえ剣豪ならぬ文豪たちには程遠い。
大きな試合に出たことは何度かあるが、
いずれも敗退している。
生活も貧しく長屋住まいだ。
けれど志は持っている。
そして腹をすかせながらも、
清ました顔で呟いている。
「文士は食わねど高楊枝」。
面白い。
これでなにか書けそうだ。


双葉社 ひとたびバイクに



( 2018.12.10 )