「低炭素社会」とは、地球の温暖化に拍車をかける大量のCO2ガスを排出する化石燃料に依存することから脱却し、太陽光・風力・水素などの再生可能エネルギーの転換活用を図る、環境と経済が両立する持続可能社会を実現させるべく社会・経済の画期的な
仕組みをいう

洞爺湖サミットと
福田ビジョン

次の60年
希望の光

環境技術
関連企業

家庭用
新ビジネス

ユニーク
エコ商品

You Tube
SkyDrive

プロフイール

お問い合せはここ


資源小国ではない資源大国だ 日本の領海「宝の山」眠る

国家ビジョンの策定
環境立国(低炭素社会)の立上げ

我が森林国「樹木礼賛」の詩

炭酸ガスの資源化

CO2地下貯留

電気自動車
空気自動車

超伝導電気自動車(住友電工)電池が生み出す電流をロス無く利用

一般家庭用新・新三種の神器

1.太陽光発電
ii太陽熱発電

2.風力発電

3.燃料電池

植物の光合成の仕組みを応用して発電
シリコンではなく有機色素を使うタイプ

TDK
ソニー
太陽誘電


銅やイリジウムなどの化合物を使う製品の量産開始
化合物型発電

昭和シェル石油
産業技術総合研究所


充電池・省エネ電球

炭酸ガス地下貯留

植物工場

エコ植物
サンパチェンス
ラン研究
サボテン

CO2削減へ農地活用 堆肥・稲藁を肥料として使うことで 土壌のCO2蓄積を増やす

人力発電
電動アシスト自転車

電球型蛍光灯 発光ダイオード(LED)

有機LED

バイオ燃料

オイルサウンド

オイルシェール(油分を含む岩石) ユタ州鉱区開発

メタンハイドレード
熱水鉱床

省エネ活動と 省エネ技術

スターリングエンジン
ドライアイス推進エンジン


細密水彩画アーティスト松奈央子作「ユズリハ」    俳句は一碧作


ご挨拶・・・このサイトのテーマ

200年前の英国産業革命後から今日に至る

化石燃料依存社会(石油・石炭等)から決別すべく

低炭素社会への早急な転換は

第二次産業革命であると同時に

持続的経済成長社会の構築でもあります


今の日本のピンチは100年に一度のチャンス

世界をリードする環境技術の開発と、
それを各家庭や社会レベルへ 展開する国の仕組を構築する

又とない機会だからなのです

優れた環境技術開発と政治力の両輪を
同時に駆使して
蔓延してる閉塞感を
活力と精気に
換えられるのは今なのです


樹木礼賛の詩



「樹木さんの贈り物」に、もっとたくさんの目と耳と心を~

日本全体が世界の酸素供給拠点の心意気で
「自然との共生と低炭素社会」の詩

第一章

樹木さん
あなたは人や動物が出すCO2(炭酸ガス)を
取り込み、
保管し
かわりに
わたくしたちに無くてはならない酸素を
送りだしてくれますね
ですから、感謝の心で一杯です

ユズリハ(楪)に
浄化を謝して
息を継ぐ


あなたの仲間に、7、500年の縄文杉さんがいますね
クスノキさん、ケヤキさん、ビャクシンさん、
シイノキさん、ヒノキさん、タブノキさん
おおくの巨樹さんは、数百年から数千年も生き続けます

わたしたち人間の寿命は精一杯で約100年
幾世代にもわたりお世話になりました
これからくる新しい世代もお世話になり続けます。

今、世界は炭酸ガス排出量を抑えることばかりに
躍起になっています
これはこれで良いのですが
生物の生存に必須な酸素の供給源と排出される炭酸ガス
吸収のサイクルについて関心が薄くはありませんか?


日本は世界で有数の森林国です
排出する酸素の総量から
吸収する炭酸ガスの総量を差し引いてもおつりが来ます
そのぶんは世界に貢献しているのですね

樹木さん
私たちに、生命力、たくましさ、忍耐力、悠久のロマンを
お与えくださっています

私は、巨樹さんの前に佇み生きる元気と、悠久のロマンを
頂戴しています

それは、あなたが私たちに掛け替えの無いお方だからです

第二章

さて、
数百年、数千年を生き続ける樹木さん
それぞれの世代に語りついでください。
今から起こるエネルギー革命の成果を・・・

今、私たち生き物は200年前に興した産業革命で
石油・石炭などの化石燃料をエネルギー源として
大量の炭酸ガス排出の結果、温室効果ガスを生み出しながら
地球は驚異の文明発展をとげました・・・

このまま、これまでの状態が続くようなら
地球の環境破壊が一気に終末を向かえ
人間を含む生き物の生存が脅かされます
そのピークが2050年と予測ありです

200年後の今年は第二次産業革命の元年ですね
太陽光・太陽熱、風力、地熱、燃料電池、電気自動車等の
再生可能エネルギーを主力源に
「低炭素社会の実現」をはかる・・・です
アメリカのネバダ砂漠、中国のゴビ砂漠
、 アフリカのサワラ砂漠、サウジの砂漠、オーストラリアの砂漠
これらは、砂漠全体が太陽熱発電所に生まれ変わります

ドイツでは国全体が風力発電所になります
フランスではCO2の地中貯留が始まりました

我が日本は、四面海に囲まれた海洋国
日本国そのものが海水発電所となります
そして、化石燃料文明からの脱却です

結論

瑞穂の国日本には、豊かな森林資源があります
市民一人一人が緑や樹木を大切にし
日本国全体が世界の酸素供給国となりましょう

同時進行で、世界をリードする


・工場排ガスや空気中からの

炭酸ガスを資源化する


・空気電池開発や

空気電気自動車の開発

などなど

環境技術開発の総力を挙げた取組みの
継続を・・・

2008年4月 br>
稲穂 実



Since 12 August,2008


私の現在やっている事と目標達成計画

炭酸ガス(CO2)濃度測定器の導入

サンパチェンス等エコ植物の栽培

有力女流画家のグリーン 樹木画

樹木礼賛と環境トラスト

自作エコ商品

省エネ電球への交換

路傍の野草を生ける

省エネ住宅

カイワレ君

エコ教室立上げ(仮称)

エコツーリズム
箱根芦の湯「松坂屋本店鶴鳴館」

近隣個人電気屋への
新時代への取組み助言

新ビジネスモデルの 提案

新党立上げ