MENU

7.積極的に霊的成長を目指すための闘い(さらに自分を高める努力)

奉仕のチャンスの無限性に気づくために(もっと人々への奉仕の意欲を高めるために)

あなた方一人一人が大霊の仕事、大霊の力、大霊の愛、大霊の知識に、その分に応じて貢献できるということです。例えば自分より力の劣る人を少しでも向上させてあげる上で貢献すれば、その分だけ大霊の力があなた方を通して顕現したことになるのです。それをいかなる形でするか、相手が誰であるか、いずこの暗闇に光明をもたらすかは問題ではありません。

『シルバーバーチは語る』p.79

地上で生活している人間のすべて――富める者も貧しい者も、身分の高い人も低い人も、地位も肩書きも階級も職業もいっさい関係なくすべての人に、自分を人のために役立てるチャンスが必ず訪れることになっております。(中略)世間の目にハデに映る闘いばかりが意義ある闘いではありません。私たちは人間の行為の価値基準を、それが他人のために役立つことであるか否かに置いております。それなら誰にだってできるはずです。いつどこにいても、人のために自分を役立てるチャンスならいくらでもあるはずです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.33

地上世界のすべての人間が、自分より恵まれない人のために役立てる、何らかの才能をそなえているものです。

『地上人類への最高の福音』p.101

われわれは大いなる神の計画の中に組み込まれていること、一人一人が何らかの存在価値を持ち、小さすぎて用のない者というのは一人もいないこと、忘れ去られたりすることは決してないことを忘れないようにしましょう。そういうことは断じてありません。宇宙の大霊の大事業に誰しも何らかの貢献ができるのです。

『地上人類への最高の福音』p.199

人のために自分を役立てることは尊い行為です。あなたの望みどおりの分野で仕事ができなくても、人のためになると思うことを、その時その時に行えばよろしい。

『シルバーバーチの霊訓(10)』(潮文社)p.44


犠牲精神を深めるために(もっと深い利他愛・人類愛を持つために)

小さな我欲を棄て、高尚な大義のために我を犠牲にしてくだされば、なお一層大きな成果を挙げることができましょう。

『シルバーバーチは語る』p.38

あなた方が自分のことを忘れて人のために精を出すとき、あなた方を通して大霊が働くのです。

『シルバーバーチは語る』p.68

無償の献身を通してのみ、地球人類は救われるのです。

『シルバーバーチは語る』p.71

大霊のため、そして大霊の子等のために一身を捧げたい――この願いより崇高なもの、これ以上の愛、これに勝る宗教、これより深い哲学はありません。

『シルバーバーチは語る』p.134

自分のことより他人のためを優先し、自分の存在を意義あらしめるほど、それだけ霊性が発達します。

『シルバーバーチは語る』p.135

自分を捨て、我欲を捨て、地上的なものよりも天上的なものを優先させ、お一人お一人が大霊のメッセンジャーとなっていただきたいのです。

『シルバーバーチは語る』p.165

自分を犠牲にする覚悟のできていない人間に、いい仕事はできません。このことは、こうして霊界での生活を犠牲にして地上へ戻ってくる私たちが身をもって学ばされてきた教訓の最たるものではないでしょうか。

『シルバーバーチは語る』p.243

いちばん大切なことは、他人のために己を捨てるということです。

『シルバーバーチは語る』p.246

心に愛を、頭に知識を、そして魂に犠牲的精神を満たしてください。

『シルバーバーチは語る』p.291

いつどこにいても人のため、世の中のため、人類のためを心がけるのです。自分を忘れるのです。ケチくさい打算の世界に超然としておれるようでないといけません。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.26

いつでも自我を滅却する用意のできた、勇気と誠意と率直さにあふれた男女――霊力がふんだんに地上世界へ降下して人生を大霊の意図された通りに豊かさと美しさと光輝にあふれたものにするためならいかなる犠牲をも厭わない人材がほしいのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.115〜116

自分の利得損失を忘れ、霊的なものをこの世的な打算に優先させ、お一人お一人が生命の大霊の使者となっていただきたいのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.119

神性の最大の顕現は、ほかならぬ人間の霊性の中に見出すことができます。その最高の表現が、人のために己を犠牲にする行為です。

『地上人類への最高の福音』p.42

あなた方は容易ならざるお仕事にたずさわっておられるのです。犠牲と献身を要求される仕事です。

『霊的新時代の到来』p.159


道具意識を深めるために(もっと純粋な奉仕性を持つために)

私はあくまでも道具の1つに過ぎませんが、私を通して人類に役立つ真理が届けられることを光栄に思っております。

『シルバーバーチは語る』p.71〜72

私も私が所属する霊団のマウスピースです。霊団の一人として働く方が、自分一人で仕事をするよりも遥かに楽に、そして効果的にはかどります。

『シルバーバーチは語る』p.254〜255

私の世界には大霊の使者の大軍が控え、いつでも地上世界のために手助けをする用意を整え、あなたのような“道具”が“私はいつでも用意ができております。どうぞお使いください”と言ってくださるのをお待ちしている事実を、この目で見て知っているのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.64

為さねばならないことが山ほどあります。全生命を創造なさり、生きる道を示さんとしておられる大霊の道具として、進んで志願する者を必要としているのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.78

迷わず進みなさい。身につけられた知識の中で確信をもって着実に歩みなさい。せっかくの霊的知識を賢明に、そして上手にお使いなさい。そして大霊の道具としての義務を忘れないようにしてください。“忠良なる僕よ、よくぞ任務を果たされた!”(マタイ伝)との祝福の言葉を賜るよう、お互い、それぞれの道で励みましょう。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.91〜92

忘れないでいただきたいのは、皆さん方のような地上での道具がなくては、私たちも何も為し得ないということです。皆さんは私たちに闘いのための武具を供給してくださっているようなものなのです。皆さんの力をお借りする以外に地上には頼りにすべき手だてが何もないのです。喜んで私たちに身をゆだねてくださる人以外に、道具とすべきものがないのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.115

道具が多すぎて困るということは決してありません。こちらの世界では、使用に耐えられる人物の出現を今か今かと待ちうけている霊がいくらでもいるのです。私たちの方から皆さんを待ち望んでいるのです。皆さんが私たちを待ち望んでいるのではありません。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.115

どうかあなたも、地上世界を毒している諸悪の駆逐のために、私たちの味方になってください。私たちの新たな道具として、一命を捧げていただけませんか。

『地上人類への最高の福音』p.55

託された信頼を裏切ることのないように努力いたしましょう。高貴な目的のための道具として恥ずかしくない生き方、考え方、物の言い方を心掛けましょう。そして、いかなる事態に立ち至っても、その神聖な使命を傷つけることのないようにいたしましょう。

『地上人類への最高の福音』p.92

あなたも私も、1つの大きな目的のための道具であり、その目的をより容易に、より立派に、そして人をより幸せにするために、お互いの役割を果たそうと努力しているところであることを忘れないように致しましょう。

『地上人類への最高の福音』p.122

これは大変な仕事です。これを正当な手段で遂行していくことによって、私たちも、そして皆さんも、真の意味での大霊の道具となることができるのです。

『地上人類への最高の福音』p.184

われわれに存在を与え給い、みずからのイメージに似せて創造したまい、神性を賦与してくださった大霊の道具となるべく、日常生活において、われわれ自身を厳しく律してまいりましょう。

『地上人類への最高の福音』p.204

どうか皆さんも、可能なかぎりの美徳を地上にもたらすために皆さんを活用しようとしている高級霊の道具である、というよりは、心がけ1つで道具となれる、ということを自覚なさってください。

『地上人類への最高の福音』p.207〜208

あなた方は、所詮、私たちスピリットの道具にすぎません。そして、私たちも又、さらに高い神霊界のスピリットの道具にすぎません。自分より偉大なる力がすべてを良きに計らってくださると信じて、すべてをお任せすることです。

『霊的新時代の到来』p.175

霊力の地上へのいっそうの顕現の道具として、おのれの全生活を捧げたいという熱意にもう一度燃えていただきたいのです。

『霊的新時代の到来』p.292


謙虚さを深めるために(もっと純粋で内省的な信仰者になるために)

私はこの地上へ私を派遣した霊団の代弁者(マウスピース)に過ぎず、私という一個の存在としての栄誉とか褒章を求める気持はみじんもありません。誇大に宣伝したり地上時代の偉そうな人物名を名乗ったりする趣味も持ち合わせません。(中略)私はただお役に立てばそれでよいのです。

『シルバーバーチは語る』p.27〜28

自分の存在を知ってもらいたいとも功績を認めてもらいたいとも思わず、ただひたすら自分を役立てたいというサービスの精神から参加している人が無数にいることを忘れないでください。

『シルバーバーチは語る』p.41〜42

私たちは私自身への見返りを何一つ求めておりません。何かの恵みが欲しくてこの仕事に携わっているわけではありません。

『シルバーバーチは語る』p.49

私たちはただお役に立てば、それだけで満足なのです。無償の献身を通してのみ、地球人類は救われるのです。

『シルバーバーチは語る』p.71

私個人は取るに足らぬ存在です。又、私個人として求めるものは何一つありません。私はただ霊的メッセージをお届けに来ているだけです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.37

私への礼は無用です。大霊に感謝してください。私たちは大霊のために奉仕しているのですから……。私たちはただの道具にすぎません。代理として働いているその大中心の存在に感謝なさるべきです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.65

私たちは大霊の使いにすぎません。ですから、賞賛も栄光も祈りも感謝も、私たちが戴くわけにはまいりません。

『地上人類への最高の福音』p.122

こうした仕事において、私たちは自分自身のことは何一つ求めません。栄光を求めているのではありません。地上の人たちのために役立てば、という願いがあるだけです。

『霊的新時代の到来』p.88〜89

私たちは自分自身のことは何も求めません。お礼の言葉もお世辞もいりません。崇めてくださっても困ります。私たちはただの使節団、大霊の代理人にすぎません。

『霊的新時代の到来』p.202


霊的楽天性を高めるために(この世を超越し取り越し苦労をしない、もっと明るくたくましい信仰者になるために)

とにかく冷静で受容的な心を持つことです。取り越し苦労・悩み・心配の念が一番いけません。そうした低級な感情が周囲にモヤを生み出し、私たちを近づけなくするのです。

『シルバーバーチは語る』p.244

心が楽しければ楽しいほど、それだけ大霊の心に近いということを意味します。あなた方一人一人が大霊であり、したがって物質界のいかなることも、取り返しのつかないほどの影響を及ぼすことはできません。

『シルバーバーチは語る』p.264

あなたは何一つ恐れを抱く必要はありません。あなたを包み込んでいる力、あなたを支え、導き、そして鼓舞せんとしている力は、ほかならぬ宇宙の大霊から発せられているのです。その力はあらゆる試練と困難の中にあってあなたの支えとなってくれます。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.98

忘れないでいただきたいのは、地上生活は永遠の生命活動の中のホンの1かけらにすぎないということです。ただの影を実在と思い違いをなさらないようにしてください。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.99

俯(うつむ)いてはなりません。見上げるのです。そして本当の力は上から、そして自分の内部から来ることを自覚してください。そこから自信を得て、万事はきっとうまくいくこと、愛のあるところには絶対に禍事(まがごと)は生じないとの信念をもって将来に対処してください。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.195

この世に克服できない悩みはありません。ですから、悩んではいけないのです。征服できない困難はないのです。力の及ばないほど大きな出来事は何一つ起きないのです。

『地上人類への最高の福音』p.106

自分が霊であること、それが肉体を通して表現しているのだということ、そして、自分という永遠の霊に傷を負わせたり、害を及ぼしたりするものは、決して生じないということを忘れないことです。

『地上人類への最高の福音』p.107

克服に手こずる障害がたくさんあります。それを乗り越えるには、皆さん方が忠実であってくださること、信念を崩さないでいてくださること、そして何よりも、恐れることを知らない気迫を持ち続けてくださることが不可欠なのです。心配・迷い・不安、こうした弱みが心に根を張るのを許してはなりません。

『地上人類への最高の福音』p.148

これからも難問が前途を過(よぎ)ることでしょう。が、皆さんもそれを過って進めばよろしい。いっしょに留まってはなりません。解決できないほど大きな難問、背負えないほど重い荷物というものはありません。弱気になってはいけません。明日がもたらすものを、断固たる意志と不敵な精神で迎えるのです。そうすれば万事うまくいきます。

『地上人類への最高の福音』p.148〜149

われわれこそ、その大霊の計画の推進者であることを片時も忘れることなく、謙虚さと奉仕の精神と、託された信託への忠誠心をもって臨むかぎり、恐れるものは何一つないこと、いかなる障害物も、太陽の輝きの前の影のごとく消滅していくとの確信をもって、邁進(まいしん)いたしましょう。

『地上人類への最高の福音』p.204

何が起きようと、それによって傷つくようなことはありません。目標を高く掲げ、何ものにも屈しない盤石(ばんじゃく)の決意をもって、“最大多数の人々への最大限の徳”をモットーにして仕事に当たれば、それが挫折することは絶対にありません。

『地上人類への最高の福音』p.208

物質界に生じるいかなる出来事も、真のあなた、不滅で、無限で、永遠の霊性をそなえたあなたに、致命的な影響を及ぼすことはできません。

『地上人類への最高の福音』p.227

万事は良きに計らわれていること、大霊の摂理に調和しさえすれば必ず幸せな結果がもたらされるとの信念を持たれてしかるべきです。

『霊的新時代の到来』p.67

皆さんのように霊力の恵みを受けておられる方にとっては、いつ、いかなる場にあっても、大霊の存在を意識した生き方をしているかぎり、克服できない困難は絶対にふりかからないという信念に燃えなくてはなりません。

『霊的新時代の到来』p.69

人間的煩悩はあくまでも地上だけのものです。

『霊的新時代の到来』p.69

迷わず、ただひたすら心に喜びを抱いて奉仕の精神に徹して仕事をなさることです。そして、あとのことは全て大霊にお任せすることです。それから先のことは人間の力の及ぶことではないのです。

『霊的新時代の到来』p.175

残念ながら敵がいます。取り越し苦労・心配・愚痴という大敵です。それが波長を乱し、せっかくの霊的援助を妨げるのです。霊は、平静さと自信と受容性の中で初めて伸び伸びと成長します。

『霊的新時代の到来』p.196〜197

真理を悟った人は決して取り越し苦労はしません。なぜなら、人生には大霊の計画が行きわたっていることを知っているからです。(中略)無用の心配をするという、そのことが、霊的成長の欠如の指標であると言えます。たとえわずかでも心配の念を抱くということは、まだ魂が本当の確信を持つに至っていないことを意味するからです。確信があれば心配の念は出てこないでしょう。

『霊的新時代の到来』p.215

偉大なる魂は、泰然自若(たいぜんじじゃく)の態度で人生に臨みます。確信があるからです。その確信は何ものによっても動揺させられることはありません。

『霊的新時代の到来』p.216

じっくりと構え、これまでに啓示されたことは、これからも啓示されていくことがあるとの証明として受け止め、自分を導いてくれている愛の力は、自分が精一杯の努力を怠りさえしなければ、決して自分を見捨てることはないとの信念に燃えなくてはいけません。

『霊的新時代の到来』p.266


守護霊・高級霊の導きへの信頼を強めるために(霊界の人々との一体関係を、もっと強固なものにするために)

あなた方の味方として大変な数の霊が差し向けられております。その中にはあなた方のよく知っている人々もいます。血縁でつながっている人もいれば、あなた方への愛の念から馳せ参じている人もいます。(中略)それ以外にあなた方とは何の縁もゆかりもない人々で、自分の存在を知ってもらいたいとも功績を認めてもらいたいとも思わず、ただひたすら自分を役立てたいというサービスの精神から参加している人が無数にいることを忘れないでください。

『シルバーバーチは語る』p.41

地上の一人の人間が他の一人の人間に救いの手を差し延べようとする時、その背後には数多くの霊が群がってそれを援助し、その気高い心を何倍にもふくらませようと努めます。善行の努力が無駄にされることは絶対にありません。奉仕の精神も決して無駄に終わることはありません。

『シルバーバーチは語る』p.56

あなた方は一時(いっとき)として独りぼっちでいることはないこと、周囲には常にあなた方を愛する大勢の人々が見守り、導き、援助し、鼓舞せんとして待機していることを知っていただきたいのです。

『シルバーバーチは語る』p.83

霊力が手薄になることは決してありません。人のためという一念に燃えて活動するかぎり、霊力は常に皆さんと共にあり、必要に応じて顕現してくれます。

『シルバーバーチは語る』p.291

物質界の進歩のために役立つ仕事の背後には、それに拍車をかけて発展させようとする霊団がつきます。善を志向する努力が何の反応も得られないということは決してありません。人類を向上させたい、人類の役に立ちたい、大霊の子の不幸を軽減してあげたいと思う霊が待機しております。

『シルバーバーチは語る』p.419

人のためと思って努力している人々はみな霊界からの愛とエネルギーに取り囲まれていることを自覚し、仕事においてどれほど励まされ、勇気づけられ、感動させられ、そして支援されているかを知れば、いっそうの熱誠と情熱と集中力とをもって闘いに挑んでくださることと思うのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.48

大勢の霊がこれまでずっとあなたを鼓舞し、保護し、導き、目にこそ見えなくても現実的影響力を行使してきたのです。喜びをともに喜び、悲しみをともに悲しんできました。まさしく笑いも涙も分け合ってきたのです。そうした霊とあなたとは文字どおり一体であり、決して見捨ててはおきません。あなたの方から一歩近づけば、彼らはさらにもう一歩近づくように援助します。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.71

勇気をもって前進してください。もとより、これからも多くの困難と多くの失敗は免れません。が、そういうときでもわたしたちが背後に控えていて、苦しいときには不屈の情熱を吹き込み、疲れたときには希望と力とを与え、意気消沈しているときには精神を高揚してあげるための努力をします。決して独りぼっちでいることはありません。大霊が使者を遣わして援助します。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.108

暗い空気が支配している現実の中にあっても、決して希望を捨てることなく、人類の高揚のために皆さんとともに働いている霊界の同志たち、物質界を少しでも住みよいところにするために活動している勢力は、必ずや勝利を手にするとの確信をもってください。皆さんの味方は宇宙で最強の力なのですから。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.112

いついかなるときも、あなたの身のまわりには見えざる存在がいてあなたを導き、守護し、あなたの存在価値を最大限に発揮させるべく働きかけているということです。独りぼっちでいることは決してありません。見捨てられることは絶対にありません。

『地上人類への最高の福音』p.40

たった一人の人間も、霊の力を背後にすれば大きな仕事ができるのです。(中略)おっしゃる通り、たった一人のすることです。見た目にはたった一人です。が、その背後には、自分を役立てたいとの願望に燃える者に必ず授けられる強大な霊力が控えております。

『地上人類への最高の福音』p.56

今日まであなたを導いてきた力(背後霊)を確信することです。そうすれば、その力の方からあなたを見捨てることはありません。あなたは大変な愛によって包まれております。その愛の力は絶対にあなたを見捨てません。あなたに託されている責務を忠実に果たしているかぎり、その愛の力から見放されることはありません。

『地上人類への最高の福音』p.183


使命感を高めるために(スピリチュアリズムの歴史的重要性を自覚し、高級霊とともに地球人類救済の責任を持つ決意を固めるために)

霊的真理を常に意識している人たちが一致団結して、物質界に立ち込めている無知の霧を晴らすためにその力を使用すれば、どれほど大きな仕事ができることでしょう。善性と有用性とサービスの勢力は常にあなた方の味方であることを自覚して、自信をもって前進してください。

『シルバーバーチは語る』p.72

霊的真理を武器として迷信のすべて、暗黒の霧のすべてと闘い、霊的真理の光で地上を照らしていただきたいのです。

『シルバーバーチは語る』p.73

大霊のため、そして暗闇の中、重圧の下、人生の嵐の中で難儀している大霊の子らのためにという決意のもとに、彼らの重荷を少しでも軽くし、新たな希望、新たな知識、新たな光明、新たな力を届けてあげてください。

『シルバーバーチは語る』p.80

お一人お一人が改革の責務を担い、生活に明るさと生きる喜びと笑い声に溢れさせ、無知と迷信を駆逐して代わって霊的知識を普及させ、暗闇の中で生きている人々に霊的真理の光明をもたらし、恐怖心も喪の悲しみも病気も知らない、愛に包まれた生活の場としていただきたいのです。

『シルバーバーチは語る』p.165

皆さん方は新時代の先駆者です。先駆者ゆえの苦難は覚悟しなければなりません。が、掛けがえのない遺産を後世に残すことになります。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.26

あなたのような方が物質万能主義と闘う軍隊に一人加わるごとに、暗黒の勢力を一歩押し返すことになるのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.70

皆さんにはとてつもなく大きな信任が委託されているという認識を新たにしていただきたいのです。言いかえればそれは担わされた大きな責任でもあります。それを委託なさったのは、絶対に裏切ることのない、全生命の始源である大霊にほかならないのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.107

もっともっと多くの人材――これが私たちの大きな叫びです。いつでも自我を滅却する用意のできた、勇気と誠意と率直さにあふれた男女――霊力がふんだんに地上世界へ降下して人生を大霊の意図された通りに豊かさと美しさと光輝にあふれたものにするためならいかなる犠牲をも厭わない人材がほしいのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.115

私たちの仕事は“人生意気に感ず”の気概なくしてはできない仕事です。その仕事の尊厳に誇りを覚えて全身全霊を打ち込むようでなくては成就できません。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.116

この新しい幕開けの時代に生きておられる皆さんには、大いなる貢献のチャンスがあるということです。地上界を見渡してごらんなさい。悲劇と絶望、悲哀と苦悩、涙にぬれた顔、顔、顔が見えるはずです。何とかしなければならない分野がいくらでもあることに気づかれるはずです。まだまだ無知がはびこっています。まだまだ権力の悪用が跡を絶ちません。改めなければならない偏見がいたるところに見受けられます。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.118

それは“魂の革命”となるでしょう。そして世界中の人間が霊的存在としての当然の権利、すなわち霊としての自由を満喫する権利を主張するようになることでしょう。(中略)あなた方はその先駆者(パイオニア)なのです。道を切り開き、障害を取り払い、後から来る人たちが楽に通れるようにしてあげるのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.124

皆さんは新しい秩序の誕生を今まさに目撃しておられるのです。辺りをご覧になれば、利己主義と物質偏重と貪欲と強欲と残酷の上に築かれた古い世界が滅亡しつつあるのが分かります。スピリチュアリストをもって任じておられる皆さんは、大いなる真理の管理人でいらっしゃいます。前哨地を守る番兵として新しい時代の構築に協力してくださっているのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.160

ご自分のことを戦(いくさ)の中の戦に参戦している大霊の兵士とお考えください。悲劇と混乱と破綻とをもたらした無知という暗黒の勢力を撃破するための仕事を支援なさっているのです。子等が大霊の用意されている恩寵を心ゆくまで満喫できる新しい世界の構築に、皆さんも参加しておられるのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.160

幾世紀も前から、真理普及のための強大な霊的軍団が組織されているのです。(中略)あなたへ届けられる“召集令状”は、人のために自分を役立てることを求めています。勲章は授けてくれません。襟章(バッジ)もつけてくれません。等級もありません。しかし絶対的な忠誠心と堅忍不抜の献身的精神をもって臨めば、必ずや勝利を手にすることができることを、私がお約束します。

『地上人類への最高の福音』p.55

私たちには為さねばならない仕事があるのです。偉大な仕事です。よろこんでその手を、その心を、その精神を貸してくださる人々の協力を必要とする、大仕事があるのです。あなたもぜひ参加してください。あなた自身が手にされた知識を、寛容の精神で他人に披露して、その良さを知っていただくための努力を忍耐強く続けてください。

『地上人類への最高の福音』p.58

あなたの地上生活は、今日の絶頂期を迎えるべく、ずっと導かれてきているということです。意図された通りのものを、今まさに成就なさりつつあります。今その目的地にたどり着かれました。あなたの協力なしには成就できない仕事にたずさわっていることを喜ぶべきです。

『地上人類への最高の福音』p.128

やるべきことが沢山あります。どうか皆さんも、私たちとともに、自分の行為によって生きる愉(たの)しみを知ってくれる人が、ここにも、あそこにもいてくれるのだという喜びに満ちた期待を持って、仕事に邁進いたしましょう。

『地上人類への最高の福音』p.149

訓えは十分に揃っているのです。今必要なのは、その実行者です。

『地上人類への最高の福音』p.204


常に最高の目標を目指すために(理想に向けてチャレンジし続けるために)

これまでに得たもので満足してはいけません。良い意味での“不満”は、さらなる進歩への欲求の表れであり、その不満がより大きな知識を呼び込むのです。手にしたものにあぐらをかく者は活力を失います。

『シルバーバーチは語る』p.45

真理の道は、永遠に尽きることのない探求です。その境界線は、無限に広がり続けます。魂が進化するほどに、精神もそれに反応していくものです。知識にも真理にも、叡智にも成長にも、これでおしまいという極限がないことを悟った時、その時こそ本当の意味で“自由”となるのです。

『シルバーバーチは語る』p.152

物質界における日常生活の中で、可能な限り完全に近い行いをすることによって、少しでも多く神性を発揮する人が『聖人』です。

『シルバーバーチは語る』p.170

霊性を磨けば磨くほど、さらに磨くべき領域があることを知るものです。

『シルバーバーチは語る』p.196

――地上の人間にとって完璧な生活を送ることは可能でしょうか。

それは不可能なことです。が、そう努力することはできます。努力すること、そのことが性格の形成に役立つのです。

『シルバーバーチは語る』p.348

完全であるように努力しなさいと言っているのです。それが地上で目指すべき最高の理想なのです。

『シルバーバーチは語る』p.349

私たちも、どうせ今すぐには実現できないと知りつつ、理想を説いております。もしも私たちが努力目標としての理想を説かずにいたら、与えられた使命を全うしていないことになります。目標の水準は高めないといけません。低くしてはいけないのです。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.132

生命の生命たるゆえんは絶え間ない向上にあります。今の段階では手の届かないものを何とかして手に入れようと努力するところにあります。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.215

生命の進化は限りなく続くのです。私は三千年を生きてきた今、そう悟っているのです。その無限の階梯を登り続けるには、刻一刻と絶え間なく進化していかねばなりません。そして、その進化とは、不完全なものが少しずつ完全になっていくということを意味するのですから、それは当然、苦をともなう過程であるはずです。

『地上人類への最高の福音』p.50

もしも人生が初めから終わりまでラクにいったら、もしも乗り切るべき困難もなく、耐え忍ぶべき試練もなく、克服すべき障害もないとしたら、そこには何の進歩も得られないことになります。レースは競い合うからこそ価値があるのです。賞はラクには貰えず、一生けんめい頑張ったあとにいただくから価値があるのです。そういう価値ある人間になるように努力しなさい。

『地上人類への最高の福音』p.106

1つ1つの経験から教訓を学ぶことです。難しいと思ったときは、ひるまず自分にムチ打つのです。それだけ前より強い人間となります。

『地上人類への最高の福音』p.107

進化の道は限りなく続きます。ここでお終(しま)いという究極がないということです。(中略)生命は永遠にして無限です。不完全な側面を一つまた一つと取り除きつつ、完全へ向けて絶え間なく努力していくのであり、その過程に“終局”はないのです。

『地上人類への最高の福音』p.177

進化とは、内部に存在する完全性という黄金の輝きを発揮させるために、不純物という不完全性を除去し、磨きをかけていくことです。

『霊的新時代の到来』p.108