MENU

(2)近代スピリチュアリズムの出発……“フォックス家事件”

フォックス家事件のあらまし

近代スピリチュアリズムは、1848年、アメリカの小さな村で起こった事件をきっかけに始まりますが、その成り行きは次のようです。

米国ニューヨーク州ハイズヴィルに住むフォックス夫妻には、マーガレット(11歳)とケイト(9歳)という2人の娘がいました。姉妹の生年については諸説あります。またケイトはケーティーなどとも呼ばれます。)いつの頃からか、夫人と2人の娘は夜になると不思議な物音がすることに気がつくようになります。やがてラップ音やノック音がしたり、家具が動いたりするようになります。

1848年3月31日の晩、前夜の騒動で家中の者が不眠になっていたので、その日は早くから床に入りました。するとまたコツコツと窓を叩く音がします。初めは怖がっていたもののすっかり慣れてしまった娘の1人が、パチンパチンと指を鳴らして「お化けさん、真似をしてごらん」と言うと、同じ数だけ叩く音がします。娘たちは面白がって遊び始めたので、夫人が試しに、その場の誰にも答えられないような質問をしようと思いつき、「私の子供全員前夫との子供も含めて)の年齢を上から順番にラップ音で答えてください」と言いました。すると即座にすべての子供の年齢が正確に返ってきました。そこで夫人は、「正しい答えをしていますが、あなたは人間ですか?」と尋ねました。ラップ音はありません。「あなたは霊ですか? もしそうならラップ音を2回鳴らしてください」と言うと、即座にラップ音が2回鳴って家全体が振動しました。

それで驚いて近所の人々を呼び集め大騒ぎになりました。ドゥスラーという人が中心になって、アルファベットを早口で言って、霊に望みの箇所で音を鳴らしてもらうといったことを繰り返して、とうとう1つの通信文を獲得します。それによると、音を鳴らした霊は、5年前にこの家に泊まって住人のジョン・ベルという男に殺されたチャールズ・ロズマという名の行商人で、500ドル奪われ地下室に埋められた、ということです。それで翌日、皆で地下室を掘ったところ水が出ていったん作業を中止しましたが、その翌年の夏、水が引いたのでその場所を探して掘ると、本当に石灰や木炭とともに、少量の骨と毛髪と歯が出てきました。

以上が事件のあらましですが、ニューヨーク州ロチェスター市の郊外にある小さな村でのこの出来事は、新聞や雑誌によって全米のみならず外国にも伝えられ、大きな反響を巻き起こすことになりました。そして多くの人々がこの家を見ようとして次々と訪れたため、フォックス一家はとうとう引っ越しせざるをえなくなりました。しかしラップ音は、引っ越し先でも一家から離れることはありませんでした。何度も新しい場所に移りましたが、場所を変えるたびに、ノック音とラップ音は付いて回りました。そして姉妹たちがその場にいないと、これらの現象が消えてなくなってしまうのです。

フォックス家事件の意義――それ以前の心霊現象とどのように違うのか?

この事件が、近代スピリチュアリズムの出発点であると言われるのは、次のような理由によります。これと似たような心霊現象や怪奇現象は、フォックス家に限らず、人類の歴史とともに常に存在しています。それ以前にもラップ現象やあの世の霊が霊媒を通じて語るといった現象は、ごくありふれたものとして知られていました。

しかしこの事件の特殊な意義は、事件を起こしていた何者か(霊)に地上側から語りかけ、そこに見事に通信が成立した点にあります。しかもその通信内容の信憑性が、具体的な証拠によって確認されたというところにあるのです。これは「人間は死んでも個性を持った霊魂として生き続ける」ということの明らかな証明となります。こうして霊魂の存在が、近代人の知性にも納得のいくような論証性をともなって示されることになりました。これが第1点目の意義です。

第2点目の意義は、フォックス家事件を通じて、当事者である姉妹たちが特別な体質(霊媒体質)であったために心霊現象が発生したことが発見されたことです。心霊現象は特殊な体質者(霊能者)がいて初めて発生するということが明らかにされました。そしてこうした特殊な体質者(霊能者)を使うことによって、霊魂との交信をしたり、心霊現象を引き起こしてそれを実験研究するという道が開かれました。これを「交霊会(交霊実験会)」と言います。霊媒を中心とする交霊会という近代スピリチュアリズムの研究スタイルができ上がりました。

フォックス家事件がきっかけとなって、霊媒を使って心霊現象を引き起こしそのメカニズムを解明したり、さらには霊界との通信によって他界後の様子を探索する道が開かれました。霊界主導の交霊会によって、霊魂の存在証明の道が開かれたのです。それは同時に科学者による心霊現象研究の道も開かれたことを意味し、現実にその後“心霊科学”という研究分野が成立しました。

このようにフォックス家事件によって、近代スピリチュアリズムの出発点ができ上がりました。スピリチュアリズムの交霊会における心霊現象と、スピリチュアリズム発生以前から存在していた巷の心霊現象の本質的な違いは、霊界から計画的・組織的に演出されたものであるかどうか、という点にあります。ここにスピリチュアリズムにおける心霊現象の本質があるのです。

フォックス家事件をめぐる賛否両論の渦

霊界側の計画通りに、この事件は当時の多くの著名な学者や政治家・医者・聖職者などの関心を呼び集め、大きな反響を巻き起こすことになりました。その中で、ニューヨーク州最高裁判所の判事「ジョン・エドマンズ」は、この事件に特別な関心を寄せた一人でした。彼は州議会の議長などを歴任したこともある屈指の著名文化人であり、有力な次期大統領候補でしたが、スピリチュアリズムの真実性を新聞で発表したために、裁判官にはあるまじきこととして激しい非難を浴びることになりました。とうとう「エドマンズ判事は、判決のことまで霊に尋ねている」といった噂まで立てられるようになり、それを弁明することを試みましたが受け入れられなかったため、潔く判事の職を辞任しました。そして余生を、スピリチュアリズム普及のために捧げたのです。

フォックス家事件の翌年、1849年に最初のスピリチュアリストの集会が、この事件にゆかりのあるニューヨーク州ロチェスターで開催されています。さらにニューヨークの新聞編集者ホラス・グリーリーも、フォックス家を訪れて数多くの体験をした後に「トリビューン」紙で、姉妹の特殊能力について一切のトリックはなく、信頼できるものであることを述べています。

しかしどの世界にも、非道で懐疑的な人間はいるものです。バッファロー大学の6人の科学者は、ノック音は膝関節を鳴らすことによるものだとする一方的な見解を発表しました。けれどもその後、何度か検証のために姉妹が泣く泣く裸にされ手足を縛られクッションの上に立たされたときも、ラップ音は続きました。こうして心霊現象の真偽をめぐって賛成側と反対側が激しく対立することになりました。

そうした中にあっても、フォックス家事件がきっかけとなって引き起こされた“スピリチュアリズム”のうねりは、その後さらに大きくなってアメリカ全土に拡大していくことになります。

フォックス姉妹のイカサマ告白

スピリチュアリズムに反対する人々はしばしば、フォックス家の2人の姉妹が「イカサマを働いた」と自白したことを取り上げます。そしてフォックス家事件そのものがインチキであったと言うのです。

フォックス家事件から40年後の1888年、初めマーガレットが、続いてケイトが「ラップ現象は初めからごまかしで、スピリチュアリズムもニセモノである」と公式に発言しました。そして彼女たちは、いかにしてラップ音をつくり出したのかについても説明し、大衆の前でそれを実演して見せました。この告白は、現象の大部分のケースの事実を説明するものではありませんでしたが、反対論者に現象全体がイカサマであるとの口実を与えることになってしまいました。

2人の姉妹は告白の1年後に前言を翻し、イカサマのすっぱ抜きは、スピリチュアリズムの反対者にそそのかされて金のためにやったことだと真相を暴露しました。しかしいったん傷ついたイメージは拭いがたく、反対者に多くの攻撃材料を提供することになりました。それから数年後、姉妹たちは相次いで他界します。

フォックス家の2人の姉妹がニセの告白をしてしまった原因としては、反対者の陰湿な攻撃が真っ先に挙げられますが、フォックス家事件によって有名になった彼女たちが、周りからの要請に応じて実験に駆り出され、心身ともにずたずたの状態に追い込まれたことも1つの原因と考えられます。また姉妹同士の不仲がこれに拍車をかけたことや、さらにはフォックス家事件以後、彼女たちよりも霊能力に優れた霊媒が現れるようになり、それが圧力になった点なども挙げられます。

夫と死別した彼女たちは経済的にも困窮し、やがてアルコールに安息を求め、マーガレットはアル中になってしまいました。そうした状況の中で、姉妹たちは反対者にそそのかされて嘘の告白をするに至ったのです。

フォックス家事件後のスピリチュアリズムの拡大

フォックス家事件以降、スピリチュアリズムは激しい反対にもかかわらず拡大発展していきます。エドマンズ判事についてはすでに述べましたが、それ以外にもスピリチュアリズム発展のために貢献したアメリカ人として、ペンシルバニア大学の「ロバート・ヘアー教授」の名前を挙げることができます。

彼は科学者として心霊現象の研究に携わり、最初にスピリチュアリズムを認めた人物となりました。その彼も初めてスピリチュアリズムに触れたときには、きわめて強硬な反対的態度をとりました。「スピリチュアリズムという馬鹿げた迷信が理性と科学に反してその勢力を伸ばし、大衆を狂気に巻き込みつつあるので、これを阻止するために自己の力を捧げることは、人類に対する義務である」と述べています。しかし彼は心霊現象の事実を突きつけられる中で、スピリチュアリズム初期における有力な人物となりました。

スピリチュアリズム発生期(1850年代)の出来事として特筆すべき動きは、1852年、「ヘイデン夫人(霊媒)」によってスピリチュアリズムがイギリスに伝えられたことです。ヘイデン夫人が英国で活動を始めると、直ちに宗教界や科学者層、マスコミから激しい反発を受けることになりました。そのときスピリチュアリズム擁護側に立って支持を表明した人物の中に、有名な数学者「デ・モルガン教授」がいました。また偉大な社会主義者「ロバート・オーエン」が、交霊会に参加する中でスピリチュアリストになっていきました。

このオーエンは他界後、霊界からエンマ・ハーディングを通じて通信を送ってきました。これが後にSNU(英国スピリチュアリスト同盟)によって採択され、スピリチュアリズムの七大綱領となりました。

さらにはこの時期に、スピリチュアリズム史上最大の霊媒と言われる「D・Dホーム(ダニエル・ダグラス・ホーム)」が登場します。彼は英国で生まれ米国に移住し、そこで霊能が発見されます。ヘアー教授やエドマンズ判事などの実験を受け、1855年に英国に帰ります。英国では、ホームの驚異的な心霊現象によって大きな反響が巻き起こりました。かれは、後述するウィリアム・クルックス博士の実験も受けています。

フォックス家事件以後、アメリカでは多くの優れた霊能者や霊媒が輩出しました。その中に、英国人「エンマ・ハーディング・ブリテン夫人」がいました。彼女は1856年に自分が霊能者であることを自覚し、スピリチュアリストになります。それから10年後の1866年に英国に帰国し、スピリチュアリズムの指導者として、英国のスピリチュアリズム運動の中心人物になっていきます。