MENU

(1)暗黒の地上世界

霊的に無知な地球人類

これまで地上世界には、本物の霊的知識がありませんでした。人々は死後の世界について、明瞭に知ることができませんでした。それが地球人類を悲劇へと陥らせることになったのです。霊的世界に対する無知こそが、地上世界の不幸の元凶だったのです。

もし死とともにすべてが無に帰してしまうとするなら、もし死によって富も名声も消滅してしまうとするなら、おそらく大半の人間は必死に努力して霊的に成長しようなどとは考えなくなるでしょう。誰も無理をして高潔な人生を送ろうとは思わなくなるでしょう。そして多くの人間が生きる意欲を失い、何のために生きているのか分からなくなってしまうことでしょう。

死がすべての終わりであると考える人間は、少しでも長生きをして、できるだけ人生を楽しもうと思います。やりたい放題のことをして欲望を満たし、“自分さえよければそれでいい”と考えるようになります。当然、他人の幸せなどにはかまっていられなくなり、自分の物質欲や本能的喜び追求を最優先するようになります。現実に今、地球上に住んでいる多くの人々が、そうした気持で人生を送っています。

一方、世の中には、地上の権力を手中に収めた一握りの人間(独裁者など)がいます。また莫大な富を所有し、金の力に任せて欲しいものを何でも手に入れることができる人間もいます。そうした者たちは、例外なく物質欲と肉体本能の喜びをとことん追求する人生を送るようになります。また一部の権力者や大金持ほど贅沢はできないにしても、現代の先進国の大半の人々は、食べることに特別不自由はしていません。そしてこうした人々も程度の差こそあれ、物質欲と本能的喜びを我先にと追い求め狂奔しています。

人々は“幸福”とは、物・富・名声・権力・支配力をできるだけ多く手に入れることであると考えています。このような「物質的価値観」が、現代人の心を強く支配しているのです。そして病気になって初めて、お金や権力・名声だけではどうにもならない現実のあることに気がつくようになります。物質的価値観にとらわれた人々の心の底には、常に深い絶望感が横たわっています。人生への生きがいが持てないために――「虚無主義・刹那主義・快楽主義」に翻弄されるようになります。

地上を支配してきた2つのガン

これまで地球人類は、「霊的無知」のために物質欲に翻弄されてきました。人間の魂と心(精神)は物質の片隅に追いやられ、物質の中に閉じ込められてきました。これまでの地上世界では、霊・精神が中心ではなく、物質と肉体が中心だったのです。地球人類は、長い間「肉主霊従」の状態に置かれてきました。こうした「物質中心主義」が支配する状況は、21世紀を迎えた地球においても、そのまま継続されています。

霊的無知に陥っている現在の地上世界には、2つのガンが存在します。1つが「物質中心主義」、そしてもう1つが「利己主義」です。この2つのガンによって地球人類は、霊的世界から切り離され、物質の中に閉じ込められ、霊性発揮の道が閉ざされています。“2つのガン”は地球人類の人生を無意味なものにするだけでなく、地球全土を悲劇の蔓延する地獄さながらの暗黒世界に陥れているのです。

地上の宗教は、すべて失格

地球人類の霊的進化には、宗教が大きく関わっています。しかしこれまでの宗教は、最低限の霊的知識や霊界の実情さえ人々に伝えることができませんでした。それどころか霊的事実から懸け離れた子供だましのような教えを強制的に押し付け、人々を“霊的牢獄”の中に閉じ込めてきました。宗教は人類の霊的成長を促すどころか、反対に霊的成長を妨害してきたのです。霊界から見たとき、地球上のすべての宗教は失格です。かつて霊界からのインスピレーションを受けた霊能者によって次々と新たな宗教が興されましたが、その光も長続きせず、やがて時の流れとともに物質の荒波に飲み込まれてしまいました。

人類が地球上に誕生して以来今日に至るまで、世界はまさに物欲と本能に支配されてきました。宗教は存在したものの、人類を物欲から解放し、魂を救うことはできませんでした。反対に宗教は、政治権力者の支配の手段として利用され、地上世界に紛争と戦争を引き起こす大きな原因をつくってきました。キリスト教に代表される伝統宗教は、時間の経過とともに当初の純粋さと輝きを失って欲望の道具に堕落し、組織エゴをむき出しにしてきました。そして人々を霊的救いから遠ざけ、暗黒世界をつくり上げてきたのです。

“霊界の悲劇”――幽界下層における地獄的状況

現代の地上世界には、無知・偏見・偽り・裏切り・迷信がはびこっています。それらが引き起こす結果は、あまりにも明白です。「物質主義」と「利己主義」から引き起こされる地上世界のさまざまな悲劇は、霊界の下層にも悲劇を生み出すことになっています。何の霊的準備もできない何万・何十万という人間が、毎日霊界入りしているからです。

霊界に入って間もないうちは、地上にいた時と何も変わっていません。彼らは肉体こそ脱ぎ捨てていますが、ただそれだけのことなのです。心も性格も変わっていません。習性も特徴も地上時代のままなのです。利己的な人間は相変わらず利己的であり、貪欲な人間は依然として貪欲であり、そして無知な人間は無知なままなのです。

彼らの中には地上時代の考えや習性を引きずったまま、霊界の下層で“地縛霊”として生き続けることになる者もいます。霊的な自覚が生じないかぎり、いつまでも地上時代と同じ状況が続くのです。霊界では、毎日こうした悲劇が実際に起こっているのです。

〈まとめ〉

  • 霊的無知 → 物質中心主義・利己主義(2つのガン) → さまざまな悲劇

なお地球人類の悲劇の問題については、スピリチュアリズムの思想[Ⅱ]の6章で詳しく取り上げています。