MENU

膨大な霊的知識の3通りの整理・体系化

霊界通信によって高級霊から送られてきた霊的知識は膨大な量にのぼるため、その知識を正しく理解するには順序立てて整理する必要があります。当サイトではそうした目的にそって、スピリチュアリズムの霊的知識を3通りの方向で整理・体系化し、スピリチュアリズムの思想[Ⅰ][Ⅱ][Ⅲ]として紹介しています。

スピリチュアリズムの思想[Ⅰ]では、人間の霊的成長という最も重要な内容を中心軸として、霊的知識を整理・体系化しています。スピリチュアリズムの思想[Ⅱ]では、私たち人間を取り巻く3つの世界(神・霊界・地上世界)に焦点を絞って、霊的知識の整理・体系化を図っています。スピリチュアリズムの思想[Ⅲ]では、霊的成長を促す人間の生き方・スピリチュアリズムの信仰実践を中心軸として、それに関連する霊的知識を整理・体系化しています。

ここでは、2つ目のスピリチュアリズムの思想[Ⅱ]について見ていきます。

スピリチュアリズムの思想の全体像

スピリチュアリズムの思想[Ⅱ]の構成

ここではスピリチュアリズムによってもたらされた霊的知識の中から、人間を取り巻く3つの世界(神・霊界・地上世界)に関係するテーマを取り出し整理しています。その内容は、従来の思想や宗教において求められてきた「神観(第一原因世界観・実在論)」「摂理観」「霊的世界観」「霊的生命論」「地上世界実相論」といったものになります。このスピリチュアリズムの思想[Ⅱ]は相当な分量になっているため、あらかじめ全体の構成を説明します。

1章では、古来より人類の抱いてきた思想上の第一のテーマ、宇宙・万物の始原である「神」について取り上げます。神とはどのような存在なのか、神の真実の姿とはどのようなものなのかを明らかにします。2章では、「神の造られた摂理(法則)」について取り上げます。人間をはじめ霊界・宇宙の全存在は、神の摂理によって支配されています。その摂理について見ていきます。3章では、神の摂理の中で「人間の霊的成長に関連する摂理」を取り上げます。人間の霊的成長は、神の摂理の支配と影響力のもとで達成されることが明瞭になります。4章では、無数にある神の摂理の中から「愛に関連する摂理」について見ていきます。神が造ろうとされたのは愛の世界です。真実の愛の世界、すなわち霊的同胞世界は、愛の摂理(法則)のもとで確立されます。以上1章〜4章までが、神に関する箇所となります。

5章と6章では、私たち人間の死後の住処である霊的世界と、そこに存在する生命体について見ていきます。人間にとって本来の世界である霊界は、暗くて重苦しい地上世界に対して明るい理想的な世界となっています。その霊界とはどのような世界なのか、そこにはいかなる生命体が住んでいるのか、そしてそれらが地上人とどのような関わりを持っているのかを明らかにします。

7章では、私たちが現在住んでいる地球について見ていきます。特に地球上の不幸・悲劇を中心に取り上げ、明るい霊界と比べ、暗黒の世界・悲劇の世界となっている地球の現状を浮き彫りにします。なぜ地球人類は苦しみと悲劇の中に住むようになっているのかを明らかにし、そうした地球人類を救うために興された霊界主導の救済計画についても言及します。

目次

  • 1.神について……スピリチュアリズムが明らかにした真実の神観
    • (1)常に神を求め続ける人間の霊的本性――真実の神の姿を知りたいという“魂の欲求”
    • (2)時代とともに進化してきた神の概念――従来の神観の概観
    • (3)従来の神観の整理
    • (4)神認識に関するさまざまな見解と問題点
    • (5)神認識の能力と真の神認識について――スピリチュアリズムの神認識論
    • (6)「霊界通信」を通してもたらされる神観の意義――スピリチュアリズムの神観の特殊性と卓越性の根拠
    • (7)スピリチュアリズムが明らかにした神観のポイント――スピリチュアリズムの神観の基本的概念
    • (8)高級霊を手本とする正しい神信仰の確立――スピリチュアリズムによる真実の神信仰の出発
  • 2.神の摂理(法則)について……スピリチュアリズムの神観の真髄
    • (1)神の摂理による宇宙支配の完璧性・永遠性・不変性
    • (2)神の摂理(法則)による宇宙・物質界の創造と支配――神の摂理によって創造された物体と物質界
    • (3)神の摂理(法則)による生物の創造と支配――神の摂理によって創造された生命体と生命界
    • (4)神の摂理(法則)による人間の創造と支配――神の摂理によって創造された人間と人間界
    • (5)「摂理の神」が引き起こす地球人類の信仰革命――神の間接支配の宗教的意味
    • (6)神の摂理の支配下における神への正しい対応・姿勢――神との間接的関係のもとでの「正しい信仰」とは
    • (7)神の摂理と人間の自由意志――人間だけに与えられた自由意志による営み
    • ◆本章のポイント――神の摂理の要点
  • 3.人間の霊的成長を決定するさまざまな摂理と、永遠の霊性進化の道
    • (1)霊的成長を決定するさまざまな摂理
    • (2)永遠の霊性進化の道
  • 4.愛の摂理と、真実の愛の世界(霊的同胞世界)の確立
    • (1)愛は最高の摂理――愛の意義と重要性
    • (2)スピリチュアリズムの目的――神の愛が支配する霊的大家族
    • (3)愛の世界の出発点――愛の関係成立の前提
    • (4)愛に関する第1の摂理――利他性の法則
    • (5)愛に関する第2の摂理――多く与えれば与えるほど、多く与えられるという法則
    • (6)利他愛のさまざまな段階(レベル)
    • (7)聖書に見る利他愛の教え(イエスの教えの真髄)
    • (8)摂理と一致しない愛――利己愛(自己中心的な愛)・本能愛
    • (9)家族愛の意義と、さまざまな利他愛のリハーサル
    • (10)霊的愛の拡大と、霊的同胞世界の確立
    • (11)スピリチュアリズムによる真の世界平和の実現
  • 5.光り輝く霊的世界の様子
    • (1)霊界は人間にとって永遠の住処――人間は霊界で永遠に生き続ける存在
    • (2)霊界の全体的様相
    • (3)地上圏霊界と宇宙圏霊界
    • (4)霊界のヒエラルキー
  • 6.霊的世界の存在者たち
    • (1)霊界からの協力者〈1〉――守護霊
    • (2)霊界からの協力者〈2〉――背後霊
    • (3)霊的世界からの妨害者――低級霊・邪悪霊
    • (4)人霊以外の霊的存在者〈1〉――天使
    • (5)人霊以外の霊的存在者〈2〉――妖精
    • (6)思念によってつくり出された霊的存在者――想念霊・化身霊
    • (7)動物の死後のゆくえと動物界の進化
  • 7.暗黒の地上世界――地上世界を覆う悲劇とその原因
    • (1)物質世界の本質と真相を理解する方法とは――霊界から地上世界を見て、2つの世界を比較する
    • (2)光り輝く明るい霊界と、悲劇が蔓延する暗黒の地上世界
    • (3)地上世界の悲劇の根本原因――霊的無知・物質中心主義・利己主義
    • (4)地上世界の悲劇〈1〉――戦争
    • (5)地上世界の悲劇〈2〉――貧困・飢餓
    • (6)地上世界の悲劇〈3〉――間違った宗教がつくり出す魂の牢獄
    • (7)地上世界の悲劇〈4〉――精神の堕落・退廃
    • (8)地上世界の悲劇〈5〉――動物虐待・自然環境破壊
    • (9)地上の悲劇が招く“霊界の悲劇”
    • (10)スピリチュアリズムによる「地球人類救済活動」――霊的真理の普及による悲劇の追放