MENU

シルバーバーチの霊訓

地上人類への最高の福音

シルバーバーチの霊訓――地上人類への最高の福音

  • The Seed of Truth
  • トニー・オーツセン(編)/近藤 千雄(訳)
  • 281ページ
  • 平成15年1月5日発行
  • 本体価格 2,190円 (税込 2,365円)
  • ISBN 978−4−901627−12−2

内容

トニー・オーツセンの編集によるシルバーバーチの霊訓は、それ以前の霊訓集(潮文社)では取り上げていない霊的問題や事実で、しかも重要なものを取りこぼしがないようにとの配慮からまとめられています。トニー・オーツセンによるシルバーバーチのシリーズがあったお陰で、私達はシルバーバーチの思想をあますところなく、明確に理解できるようになっています。

本書は1987年にサイキックプレス社から出版されたシルバーバーチの最新版の一つで、日本では他社から『シルバーバーチ 愛の力』として発行され数年間絶版になっていたものの復刻版です。

目次

日本のシルバーバーチファンの皆さんへ  トニー・オーツセン

編者まえがき

巻頭のメッセージ

一章 この私が誰であるかは、どうでもよいことです

二章 悟りは苦しみの中から生まれるのです

三章 知識はすべて、ためになるのです

四章 偶然・運命の気まぐれ・奇跡・偶発事故というものは存在しません

五章 人間は生まれる前も、今も、そしてこれからもずっと霊です

六章 人類は苦しみつつも、一歩一歩、光明へ向けて進化しております

七章 偉大さの尺度は奉仕的精神の度合いにあります

八章 魂の挫折感を誘発するのは、精神上の倦怠感と絶望感です

九章 霊の優位性の自覚にもとづく修養的生活――これが最高の生き方です

十章 幼児期を過ぎれば、幼稚なオモチャは片づけるものです

訳者あとがき

編者まえがき

誰でもよい、町の通りを歩いている人を呼び止めて、三千年前に地上で生活したことのある霊が戻ってきて、人生のあらゆる問題に答えてくれている事実を信じますかと尋ねたら、たぶんその人は一目散に逃げ出すであろう。

しかし、肉体の死が生命の終焉(えん)だと信じている人、最後の息を引き取った時、ローソクの火が消えるごとく生命の火が消えるのだと主張する人は、ほんとに気の毒というほかはない。この地上での寿命など、永遠の生命の流れの中ではホンの一瞬の間に過ぎないからである。

死後にこそ実在の世界があること、そこから地上世界へ戻ってくることもできる、というのがスピリチュアリズムの基本的思想である。それを証明する証拠は十分に揃っているし、歴史をみても、それを裏づける事象は豊富である。

シルバーバーチの地上での使命は、一九八一年の七月十七日の夜、霊媒モーリス・バーバネルの他界をもって終了した。今は霊界にいる両者にとって、二人して地上にもたらした霊的真理が今なおこうして世界中で読まれ、感動を呼び、そして広まって行きつつあることを、どれほど喜んでいることであろう。

シルバーバーチは言葉の錬金術師である。世の中が日増しに暴力的傾向を強めていく現在の地上世界にあって、シルバーバーチが語るその言葉と思想は、まさしく魂のオアシスである。

さらに又、半世紀以上にもわたってシルバーバーチが倦(う)むことなく証明してくれていることは、死者も人間界へ語りかけることができること、地上時代の個性も記憶もすべてたずさえていること、人間と同じように理性を働かせることができる知的存在であること、死後もなお、地上に残した縁者のことを気づかってくれていること、そして、肉体の束縛から解放されて、より大きな視野で生命の実相を捉えているということである。

本書に収められた質問は、例によって多彩をきわめる。シルバーバーチは火葬についてどういう見方をしているか、心霊研究についてどう考えているか、死後にも家屋や書物や食べものがあるのか、苦労は性格の発達にとってやはり必要なのか、“モーゼの十戒”は書き改める必要があるのかないのか、患者は複数の心霊治療家にお世話になってもいいのだろうか――こうした疑問について、シルバーバーチは見事な回答を与えてくれている。

シルバーバーチが返答を断ったり、戸惑ったり、答えに窮したりしたことは一度もない。いかに難解な質問をしても、適切な答えを、説得力をもって当意即妙に与えてくれる。

ジャーナリストの端くれとして私も、文章を書くということに慣れてはいるが、シルバーバーチの霊言を編集していていつも感嘆させられることは、文章を修正したり表現を改める必要がまず皆無に等しいということである。その英文の絶妙さは、まず類を見ない。

私の執務室には心霊画家マルセル・ポンサンによるシルバーバーチのカラーの肖像画(ポートレート)(ということになっているが、実際は霊界の霊媒であるインディアンのもの)が掛けてある。これは、一九三七年にスワッファー夫妻と心霊治療家ビリー・パリッシュ夫妻、それにジャーナリストのポール・ハリス夫妻からバーバネル夫妻に贈られた、クリスマスプレゼントである。

以来四十年以上にわたってバーバネル家の書斎に掛けてあったが、今ではサイキックニューズ社の編集室に掛けてある。そもそもサイキックニューズ紙はバーバネルが創刊したのであるから、ここに飾るのが、バーバネルとシルバーバーチ双方への何よりの敬意のしるしとして適切であろう。

本書に収められた叡智あふれる言葉はかなり以前のものであるが、今もってその輝きを少しも失っていない。身分の上下にかかわりなく、すべての人の魂に訴えるものを秘めている。

願わくば読者が、本書をお読みになることによってご自身の中から新たなる活力と精神力と判断力とを引き出し、さらには心の安らぎと未来への希望を見出されんことを。

トニー・オーツセン