MENU

シルバーバーチは語る

(旧版)

シルバーバーチは語る

  • Teachings of Silver Birch
  • A.W.オースティン(編)/近藤 千雄(訳)
  • 443ページ
  • 平成12年9月1日発行
  • 本体価格 2,280円 (税込 2,460円)
  • ISBN 978−4−901627−10−8

内容

希有の霊界通信、シルバーバーチの霊訓シリーズの一つ。その内容の深さ広さは人類が手にした最高の真理と言えます。中でも本書は最も分量が多く、テーマが多岐にわたり(23章)、シルバーバーチの思想の全体を知るのにふさわしいものです。まさにシルバーバーチの入門書と言うべき一冊です。

目次

編集者ノート

序文 ハンネン・スワッファー

一章 シルバーバーチの使命

二章 交霊会の目的

三章 地球浄化の大事業

四章 明日の世界

五章 絶対的摂理の存在

六章 ヒーリングの問題

七章 神とは何か

八章 祈りの効用

九章 キリスト教のどこが間違っているのか

十章 人工的教義と霊的真理

十一章 進化の土壌としての地上生活

十二章 死後の世界

十三章 霊界通信の難しさ

十四章 交霊会の舞台裏

十五章 交霊会についての誤解

十六章 睡眠中は何をしているのか

十七章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ

十八章 霊界側から見た戦争

十九章 再生(生まれ変わり)

二十章 青年牧師との論争

二十一章 霊界でも祝うクリスマスとイースター

二十二章 シルバーバーチ、子供と語る

二十三章 さまざまな疑問に答える

シルバーバーチの祈り

編集者ノート

ここに集められたシルバーバーチの教えは――シルバーバーチ自身はこれは自分の教えではなく、自分の所属界よりさらに高い界層から送られたものを自分が中継しているに過ぎないと言うのだが――全てを知り尽くした存在による、絶対に誤ることのない言葉として披露するものではない。

そもそも霊的交信なるものの目的は人間の批判的能力を殺(そ)いで盲目的に受け入れることではない。また、新しい宗教をこしらえたいという願望から行なうものでもない。霊的啓示というのは固定されたものではなく、常に進歩的で、受け入れる人間の側の能力一つに掛かっているからである。

さて、シルバーバーチは常に人間の理性に訴えることを主義としている。従ってもしもその言説の中に読者の理性が納得しかねるものがあれば遠慮なく拒否するか、さらなる証明が得られるまで留保すればよい。

読者の便宜を考慮して私は、各章に掲げたテーマに関して、数多くの交霊会での霊言から適切なものを拾って編纂した。と言うことは、各章が一つの交霊会(の速記録)をそっくり文章におこしたわけではなく、三十回ないし四十回の交霊会でのシルバーバーチの霊言からの抜粋で構成されていることを承知されたい。

当然その構成に当たっては思想の流れに一貫性をもたせることに意を用いたが、さらに読み易さを考慮して文字を通常のローマン体と肉太のボールド体と斜体のイタリック体の三種類に使い分けた。

一九三八年三月 A・W・オースティン