MENU

「霊主肉従」と「肉主霊従」

地上において魂(霊性)を高めるために真っ先にしなければならないことは、私達の心を「霊優位にする」ということです。私達の心が霊的な方向性を取っている時、心は霊優位の状態に置かれます。逆に心が本能や物欲に支配されている時、あるいはお金儲けやセックスのことばかりに向けられている時は、本能優位・肉優位の状態になります。この前者の状態を「霊主肉従」と言い、後者を「肉主霊従」と言います。

霊的真理をじっくり読んだり深い祈りをした後、心がすがすがしく洗い清められたように感じられる時は、霊主肉従の状態にあります。反対に霊的真理もどこかに消え失せ、剥き出しの感情と本能に翻弄されている時は、心は肉主霊従になっています。私達地上に住む人間は、こうした二つの状態の間を絶えず揺れ動いています。すなわち、霊が支配的な状態と、肉(本能)が支配的な状態の間を行ったり来たりして日々の生活を送っているということです。

【図1】

「霊主肉従」の闘いは、地上ならではのもの

肉体のない霊界人は、私達地上人と違って「肉主霊従」の状態になることはありません。霊界人は肉欲から完全に解放され、地上人のような霊と肉といった内面の葛藤を持つことはありません。地上人から見た時、霊界人はまさに清らかさだけの存在となっています。一方、肉体をまとっている地上人においては、全く異なる方向性を持った霊と肉が一つの心の内に存在します。霊は利他的方向を指向し、肉体に属する本能は利己的方向に向かおうとします。それによって心の中で激しい闘いが生じることになります。

私達が霊的成長をなすためには、「霊主肉従」の状態をつくり上げることが最低条件となります。霊が肉体の力に閉じ込められている限り、霊的な成長は不可能なのです。地上で霊的成長を望むならば、霊主肉従の闘いを避けることはできません。

スピリチュアリズムの第一の実践は、「霊主肉従」のための内面の闘い

もし私達がそうした内面の闘いを避けて、霊的真理普及(伝道)という外面的な行動に邁進しても、単なる活動家になってしまいます。霊的成長はできません。自分に甘く、他人に厳しいだけの人間になってしまいます。私達はまず自分自身の内面の闘いをへて、“真の信仰者”となるように努めなければなりません。それから外へ出て人々のために働くということです。先に自分自身の内面を厳しく律し、自らの心をスピリチュアリストとしてふさわしいものにしなければなりません。スピリチュアリズムの霊的実践の第一歩は、「霊主肉従」の内面的闘いから始まるのです。

「霊が主人で物は僕です。つねに霊に係わることを優先させなさい。」

『シルバーバーチの霊訓(12)』(潮文社)  p.231

「残念ながら大部分の地上の人間においては、その霊があまりに奥に押し込められ、芽を出す機会がなく、潜在的な状態のままに放置されております。これではよほどの努力をしない限り覚醒は得られません。」

『シルバーバーチの霊訓(1)』(潮文社)  p.99

「霊的知識を有する者はそれを正しく運用して、物的要素に偏らないようにならなければなりません。霊的要素の方に比重を置かなければいけないということです。」

『シルバーバーチの霊訓(1)』(潮文社)  p.74

人間の中に存在する獣性

シルバーバーチは、霊と肉の関係について次のように言っています。

「人間には神性が宿っていると同時に、動物進化の名残としての獣性もあります。人間としての向上進化というのは、その獣性を抑制し神性をより多く発揮できるようになることです。」

『シルバーバーチの霊訓(11)』(潮文社)  p.185

ここにおける獣性とは、動物との共通要素である“肉欲的本能”を指しています。動物は常に本能が自然法則によってコントロールされているため、本能的行動が一定の限度を越えることはありません。生きるのに必要なだけ食べ、それ以上は食べません。子孫を残すためだけにセックスし、それ以外のセックスはしません。それに対し人間には自由意志が与えられているため、無制限に肉体的本能を追求することができるようになっています。必要以上に食べ、限度を越えてセックスをすることができるのです。

本能は自己の生存を可能にするために神から与えられたものであり、自分自身のためにのみ働くようになっています。本能の本質はエゴ性・利己性ですが、自己の存続を図るという目的のもとにあっては、それは正当なものとなります。一定のコントロールのもとに置かれる限り、本能はその役割を果たして人間に貢献することになります。

しかし、そうした本能的欲望を限度を越えて求めるようになると、本来の在り方から逸脱することになります。その人間全体が醜いエゴ的存在になってしまいます。霊性は隅に追いやられ、一切の活動ができなくなり、単なる本能だけの人間になってしまうのです。結局、動物にも劣るような醜い存在に堕ちてしまうのです。

シルバーバーチの言う獣性には、食欲・性欲といった本能ばかりでなく、そこから派生する名誉欲・支配欲といった利己的欲望も含まれています。

スピリチュアリズムは、厳格な欲望抑制主義

先に述べた霊主肉従のための努力とは、こうした本能的欲望・利己的物質欲を抑制し、コントロールすることに他なりません。欲望抑制のための努力、ストイックな努力を意味します。スピリチュアリズムにおける“霊的人生”とは、この自己の内面における闘いから始まります。その意味で、スピリチュアリズムは、厳格な欲望抑制主義と言えるのです。地上の人間には、地上で魂を成長させるために、地上ならではの努力が必要とされます。肉体を持たない霊界人や天使とは違った努力が要求されます。また霊と肉の二重構造を持たない動物とも違った努力が要求されます。それが「霊主肉従」のための自己克己の闘いなのです。

私達の魂は、肉体的本能をコントロールする努力を通じて、初めて成長するようになっています。この自己コントロールの努力は、すべて各自の自由意志のもとに実行されなければなりません。自己克己の闘いをなして自らの霊性を高めるのも、その闘いを避けて霊的成長のチャンスを失うのも、すべて本人に任されています。成長も停滞もみな、自分自身が決めるということなのです。

霊主肉従の闘いには、確かに大変な苦労がともないます。しかし、その苦しい霊主肉従の闘いを自らに強いることによってのみ、私達は、地上人生を有効に活かすことができるように運命づけられているのです。

欲望抑制主義は、人間らしさを取り戻す方法

現代の大半の人々は、“欲望の抑制”を時代遅れの考えであるかのように錯覚しています。人間から自由を奪う厭(いと)うべき考えのように思っています。ストレートに欲望を求めることは人間に与えられた特権であり、人間らしく生きることであるかのように思っています。しかしその結果、多くの地上人が獣にも劣るような醜い人間に堕ちています。そして死後、初めて自分の地上人生のあまりの愚かさに気づくようになるのです。かけがえのない地上人生を無駄に過ごしてきたことを実感し、激しい後悔の念に駆られるようになるのです。

現代の地上世界は“物質主義”に覆い尽くされ、霊的成長にとって最も困難な状況が展開しています。その最大の原因は、地上人が「霊的事実」に無知であるところにあります。事実、死後にも永遠の生活があり、地上はそのための準備の場であると知ることは、霊的人生を歩む上での最低の知識を持つということです。ところが、その最も基本となる知識を受け入れている人は、あまりにも少ないのです。

お金・セックス・名誉・権力――この世の四つの欲望

私達につきまとう肉体的・本能的欲望とは、具体的に言えば、「金銭欲・物欲」「性欲」「名誉欲」「権勢欲」の四つに要約されます。現代人の大半の人生は、まさにこれらの欲望を追求するものとなっています。肉主霊従の結果、こうした四つの欲望を満足させることが地上人生の目的となっています。

金銭欲・物欲

大部分の現代人にとって、お金は物質的な欲望を満たすための最も大切な手段であり、頼りがいのある存在です。お金があれば、おいしいものを食べ、すばらしい邸宅に住み、高級車に乗り、流行の衣服を身に付けることができます。思う存分、旅行や娯楽を楽しむことができます。多くの人達は、「お金こそが自分に幸せをもたらし、幸福を決定するものである」と考えています。現代社会においては、すべての価値はお金によって決められており、実質的な“価値観の基準”となっています。

また現代の極端な物質中心主義の社会にあって、人々は絶えず本能的物欲を刺激され続けています。マスメディアによって流される情報によって煽られ、人々はいつの間にか、より多くの物を買い、より多くの物を消費することが当然のように思い込んでいます。高価な物を買い求めることが、すばらしいことであるかのように思わされてしまっています。テレビや雑誌で宣伝される新商品を手に入れなければ、社会から取り残され、幸せを失うかのような錯覚に陥っています。そして政府までもが、国民に質素な生活を勧めるのではなく、もっと消費を増やして贅沢をするような政策を推し進めています。国民がさらに物を買い贅沢をしない限り、現代の経済は成長していかないようになっています。

個人から政府に至るまで、明らかに社会全体が、国全体が狂っているとしか言いようがありません。最少限度の物で満足し、それを丁寧に使い古すまで用いるという当たり前のことが、現在では美徳ではなく厭うべきライフスタイルになってしまっています。物欲を助長するのが当然で、正しいことのようになってしまっているのです。

金と物欲だけを追及する地球上の国々

このように異常な“物質主義”に躍らされているのは、単に日本だけのことではありません。それは、経済的に豊かになったいずれの国々にも見られる共通の傾向なのです。物質中心主義によって引き起こされた大量生産・大量消費・贅沢指向の風潮は、今や全地球を覆い尽くそうとしています。工業化を推し進め、国の経済発展に成功した結果、どの国も例外なく、本能的欲望をさらに追い求める社会をつくり上げてしまっています。金銭的に恵まれるようになった国民は、高価な流行の衣服や装飾品を身に付け、美食に殺到し、豪華で広々とした家を建て、高級な車を持とうとしています。かつて一部の金持と特権階級だけに許されていた狂った肉欲的な放縦生活を、多くの一般大衆・国民が堰(せき)を切ったように一斉に求め始めているのです。そして欲望剥き出しの世界をつくり出しています。いずれの政府も、国民に幸せをもたらすという大義名分のもとに物質的な繁栄を第一の国政に掲げ、経済的な発展を優先してきました。それによって、確かに国民に対して物質的肉欲の満足を与えることに成功しましたが、同時に、人間にとって最も大切な“霊的幸福”を奪い取る結果を生み出してしまいました。お金さえあれば何でも手に入る、何でも可能になる、という物質主義的世界にあって、最低限の物質に満足し質素な生活を送るというライフスタイルは、もはや時代遅れのものとなってしまいました。

こうした物質中心主義を国レベルで最も成功させ、それを世界中に普及させてきたのが20世紀のアメリカだったのです。現代の世界各国は、物質主義の夢を真っ先に実現させたアメリカを目指し、これに倣おうとしています。世界中の人々はアメリカの物質的繁栄に憧れ、アメリカ人と同様の物質的恩恵にあずかりたいと願ってきました。国民も政府も、アメリカのような物質文明社会を目指すことにおいて、意見は一致しているのです。そして、こうした物質主義文明への憧れが、現在の経済的混乱の中に自らを巻き込むことになったのです。

ここ10年ぐらい、そうしたアメリカを中心とする気違いじみた物質主義・金権主義的傾向が最も極端な形で展開し、末期的な経済状況を迎えるようになっています。現在の世界経済は、アメリカ人の途轍(とてつ)もない贅沢によって支えられています。外国から借金をしてまで消費に走るアメリカ人の贅沢さによって、アメリカの好景気がもたらされています。日本は貿易で儲けたお金をアメリカに貸し、アメリカはその借りたお金で日本や海外から物を買い漁り、さらに贅沢な生活を続けています。こうした状況の中で、日本とアメリカの関係が成り立っているのです。日米両国は経済的に深く結び付いているとは綺麗事(きれいごと)で、実際には常識では考えられないような異常な関係にあるのです。アメリカ人が贅沢をしてくれなければ、日本の経済は不景気になるといった狂った構造の中に組み込まれ、日本自身が身動きできなくなっているのです。

これらの根本的な原因は、アメリカと日本がともに、物質的な繁栄を最も価値あるものと考える価値観自体にあるのです。“物”を最重要なものと考えている限り、現在直面している経済的問題を根本的に解決することはできません。

セックスの快楽に狂奔する現代人

さてお金が手に入るようになり、物質的な生活が保証されるようになると、人々が次に向かうようになるのがセックスの快楽です。食べることに精一杯の苦境から脱すると、あるいは宗教的な規制がなくなると、多くの人々は例外なく、セックスの快楽を求めるようになります。歴史上、富と権力を手にしながらも、セックスの快楽に溺(おぼ)れることがなかった人、潔癖な人生を送った人は稀と言ってもよいでしょう。そのような人は、まさに聖人というべき高潔な人格を持った人と言えます。経済的に豊かになった現在の日本においては、国の隅々に至るまで、また若者から年寄りに至るまで、退廃的なセックスが浸透しています。これまで一部の特権階級・金持にのみ見られたセックスの乱れは、現在の日本においては、全国民的な傾向になっています。

厚生省による都立高校生を対象にした最近の調査では、高校三年生の40パーセント近くにセックスの体験があることが報告されています。また平成10年度における10代の人工妊娠中絶数は、女性人口千人に対して9.1人で、過去最高であることが分かりました。このようにセックスの乱れは、異常な広がりを見せています。

自由奔放なセックスの快楽追求ほど、人間を獣以下に貶(おとし)めるものはありません。霊的に見た時、現代世界は、まさに獣にも劣る人間を次々と増産しています。性欲に対する歯止めがなくなり、本能の赴くままセックスに走ることによって人間は「霊性」を失い、ますます欲望・本能の虜(とりこ)になるようになります。性欲コントロールの壁をすべて取り去ってしまうところには、本能の暴走しか存在しないのです。そしてそういう人間によって、死後の幽界には、同様なセックス地獄がつくられることになります。

性の退廃は日本だけではなく、現代の世界全体・地球全体の共通の問題であることは言うまでもありません。日本がそうであったように、ある国が経済的に豊かになれば、それにともない、セックスの快楽追求がエスカレートしていきます。経済的に恵まれた後も、このパターンを踏まなかった国はありません。経済が豊かになりつつも、健全な性道徳が保たれた国はありません。こうした退廃的セックス文化は、現代の先進諸国を覆う共通の傾向となっています。

現代における地球レベルの性の荒廃は、欧米のキリスト教の衰退によって歯止めがなくなったことと、経済発展にともなう物質主義の浸透によって引き起こされました。20世紀における人間性の回復の動きが、性の自由化をもたらすことになったと考える人もいますが、現実は、人間が本能に翻弄されるようになったことが一番の原因なのです。日本はそうした欧米の性の解放と退廃の後を追いかけて今日に至っています。20世紀の後半において、性の堕落傾向は地球規模で急激な広がりを見せるようになりました。性がオープンであることが、さも人類の進化、自由の進展であるかのような愚かしい考えが世界中に蔓延するようになっています。

究極の利己性――名誉欲・支配欲

十分なお金を手にし、物質的に恵まれると、人間が最終的に望むものは名誉欲であり支配欲(権勢欲)です。人から偉く思われたい、人より優れた存在でありたい、そして周りの人々を自分の言いなりにさせてみたいと思うようになります。初めは謙虚であった人も、人の上に立つようになると、いつの間にかこうした欲望が頭を持ち上げてくるようになります。他人を思うように動かしコントロールすることが快感になってくるのです。政治家、宗教者、企業家、作家、評論家、芸能人、歌手、学者、社会活動家、官僚ばかりでなく、どのような小さな組織の長においても、“名誉欲・支配欲”の根深さを見ることができます。そして、ここから多くの争いが生じることになるのです。この世の成功者と言われる人々には、名誉欲・支配欲が強く巣くっています。またボランティア活動に熱心に取り組んでいる多くの人々の心の奥にも、名誉心といった利己性が潜んでいることが往々にしてあるのです。

スピリチュアリストとしての実生活とは、「霊主肉従」の努力、すなわち本能的欲望を抑制する日々の積み重ねに他なりません。それは具体的には、「金銭欲・物欲のコントロール」「性欲のコントロール」「名誉欲・支配欲のコントロール」ということになります。

次に、それらの一つ一つについて見ていくことにしましょう。

質素な生活――スピリチュアリストとしての実生活(1)

衣食住に代表される物質には、何一つ霊的な価値はありません。これらは地上で生活するためにのみ存在するもので、必要最低限あれば事足りるのです。衣食住については、「生活できればそれでよし」といったところで線を引かなければなりません。霊的な成長のために、豪華な邸宅に住む必要はないし、高級車を持つ必要もありません。ファッショナブルな高価な衣服も装飾品も必要ありません。多くの現代人は不健全で贅沢なグルメを求め、肥満し、わざわざ病気をつくり出すような愚かなことをしています。こうした“衣食住”に意識と生活が翻弄されているうちは、霊的に成長することはできません。

もし皆さんの中に、スピリチュアリズムに導かれながらも、こうした物欲に強くとらわれている方がいらっしゃるならば、その方は霊界に行ってから後悔することになるでしょう。お金を儲けることが悪いとか、金持になってはいけないと言っているのではありません。お金があっても質素な生活をしなさいということです。お金に翻弄されることがないようにしなさい、お金を自分の意志でコントロールしなさい、ということなのです。それが、その人の霊性の高さを示す明確な指標なのです。余分なお金が手に入るのは、それを人助けのために使いなさい、持たない者に分け与えなさいということです。自分や自分の家族の快楽・満足のためだけに、お金が与えられているわけではありません。必要以上のお金が入るのは、霊界から自分の内容が試されているのかも知れないということを忘れてはなりません。お金を自分のために使うのか、多くの人々の利益のために使うのかが試されているのです。

「肉体にとって無くてはならぬものといえば、光と空気と食べ物と運動と住居くらいのものです。衣服もそんなにあれこれと必要なものではありません。慣習上、必需品となっているだけです。」

『シルバーバーチの霊訓(6)』(潮文社)  p.204

「『もし、あなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい』

この言葉を聞いて、青年は悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。」

『聖書マタイ19章21、22節』

貞節な生活――スピリチュアリストとしての実生活(2)

スピリチュアリストとして、セックスについてはどのように考えたらよいのでしょうか。結論を言えば、スピリチュアリストは性欲をコントロールし、清らかな生活を心がけなければならないということです。恋愛関係にあるというだけでセックスは許されるものではなく、婚前セックスもすべきではありません。婚前交渉を認めることは、性の堕落を容認することなのです。当然のこととして、夫婦以外のセックスは許されません。女性ばかりでなく、男性にも貞操が要求されるということです。

このようなことを聞けば、大半の人々は時代遅れの考えのように思われるかも知れませんが、霊的な視点に立てば、それはごく当たり前のことなのです。霊界人にとっては常識的な考えに過ぎません。それが現代人には特別なことのように思われるのは、それほど現代人が“霊的な常識”から掛け離れているということなのです。いつの間にか大部分の日本人が、低俗な性の乱れを異常と感じられなくなってしまっています。異常を異常と考えることができなくなっているのです。それほどまでに、大半の人々の「霊性」は低下しているということです。異常と正常の区別がつかないほど、日本の社会全体が腐り果ててしまっているということなのです。

かつての日本では、女性が貞操を守り、我慢することで、社会全体の堕落傾向に一定の歯止めがかけられていました。女性の忍耐によって、ぎりぎりのところで社会の秩序が保たれてきました。ところが戦後、女性の権利が叫ばれ、男性との同権が認められるにつれ、男性がこれまでしてきたのと同じ性の享楽が女性の間において求められるようになってきました。その結果、人間社会の根底が崩れ、全国民的な退廃・獣化が急速に進むことになってしまったのです。女性の権利の主張は、男性と同じ快楽を求めることではなく、男性にも貞操を要求する形で進められなければならなかったのです。

姦通罪などと言えば、前近代的な時代の産物のように思われがちですが、スピリチュアリズムの観点から言えば、きわめて当然のことです。現在の日本にもし姦通罪が導入されたら、多くの人々はその窮屈さに悲鳴を上げ、海外に逃げ出すようになるかも知れません。しかし“真の霊的救い”を考えた時、そうした窮屈さが国民の上にもたらされることは、むしろ良いことなのです。自由は、堕落退廃のために与えられるものではありません。魂を自発的に成長させるために、またはそのチャンスを他人によって奪われないために保証されるべきものなのです。

最低の「霊主肉従」の努力さえしない者にとっては、自由などむしろない方が、どれだけその人の霊的成長のためになるのか知れません。罪を犯し一生を牢獄で送るはめになった受刑者や、病気で寝たきりになり自分自身の身体さえ思い通りに動かせない病人の方が、本当は霊的にはずっとプラスとなるのです。その意味からすれば、エイズを始めとする性にまつわる病気が人類にもたらされたことは、ありがたいことと言わなければなりません。エイズや性病は、気ままに本能の放縦に流されないようにするための歯止めなのです。何百年か後には、スピリチュアリズムによる「霊的真理」が人類に行きわたるようになりますが、その時には、姦通罪という法律はなくとも、それ以上の高いレベルの健全な性道徳が人々の常識となることでしょう。

謙虚な道具意識――スピリチュアリストとしての実生活(3)

もう一つの欲望である名誉欲と支配欲についてはどうでしょうか。これらも霊的な未熟さから生じるものですが、霊界の事情が分かってみれば、そうした低俗な欲望にとり憑かれている人々は気の毒としか言いようがありません。こうしたものを求めれば求めるほど、その間違いは、他人からの裏切りや孤独・寂しさという形で自分の身に返ってきます。本当の愛の在り方からずれたことは、“孤独”という痛みによって埋め合わせがなされ、それによって純粋な利他愛に目覚めることができるようになります。こうした孤独の痛みを通じて“名誉欲・支配欲”の間違いに気づき、純粋に見返りを求めることなく与えることの大切さ、無私の奉仕の尊さに目覚めた人は幸いです。

他人より上に立とう、偉くなろうとするのではなく、他人の役に立とうとする以外に、真に人間の生きる道はありません。この世の成功者になろうとする必要性は全くありません。有名人になろうとする必要性もありません。霊界の道具として無私になって奉仕する、自分を忘れひたすら他人に尽くすことだけが、私達のなすべき道なのです。霊界の道具としての謙虚さこそが、本当の幸せである利他愛の喜びをもたらしてくれるようになるのです。

まとめ

「金銭欲・物欲」「セックス欲」「名誉欲」「権勢欲」は、いずれも物質主義のエゴイズムから生じたものです。それらは神の摂理からずれたものであるため、いつか、苦しみ・病気・孤独という痛みとなって自分に返ってきます。

スピリチュアリズムにたどり着いた者の生き方は、物欲に対しては質素、野放しのセックスに対しては清潔さと貞操、名誉欲・権勢欲に対しては霊界の道具としての謙虚さを常に心がけなければなりません。それこそが、スピリチュアリズムに導かれて霊的人生を送るチャンスを真っ先に与えられた、私達の歩むべき道なのです。

「精神的にも霊的にも自己を厳しく修養し、生活のすべての側面を折目正しく規制し、自分は本来は霊であるという意識をもって、行動のすべてに霊の優位性を反映させなさい。霊の優位性の自覚にもとづく修養生活――これが最高の生き方です。」

『シルバーバーチの霊訓 地上人類への最高の福音』(スピリチュアリズム普及会)  p.243

公式サイト