大学受験で役立つ英語推薦参考書(1) 
英文法、単語、熟語、語法、作文編

表の見方の原則(例外たくさんあり)

(番号)   『本の名前』    著者名    (出版社名)
 ↑(注!)番号の順番は、任意です。お勧め度ではありません。ご注意下さい。
問題←問題の難しさ
説明←説明、解説の対象者
一言コメント

印が、このページの最終更新の際に追加、修正したものです。



英語学習虎の巻集に戻る
最初に戻る



英 文 法

理解する英文法
(1) 『英文法講義の実況中継』 山口俊治著 (語学春秋社) 問題:基礎
説明:初心者
 英語の構造をS-Vの関係を中心に説明している。英語を全く分かっていない人には是非使ってほしい。重要な点のみを扱うため、他の文法書での補充が必要です。基礎強化用。
(2) 『驚異の英文法』 白石著 (水王舎) 使用対象:基礎
説明:基礎から
 5文型、準動詞を徹底的に分かりたい人は是非使いこんで欲しい。これも他の文法書での補充は必要。
(3) 『わかりすぎる英文法』 (学研) 使用対象:基礎
説明:基礎から中級
 説明はきわめてコンパクトでよく整理されている。自分が納得するまで読み込む事が大切。これも重要な点を中心に扱っている。
(3) 英文法をほぼ全ての分野にわたって、丁寧に解説している参考書で、好みに合っているもの。例えば 『ロイヤル英文法』 (旺文社) 『英文法総覧』 安井稔 著 (開拓者)など 使用対象:全員
 使い方:疑問点があった時などに引く。文法事典として使用しましょう。
 間違った使い方:通読する。まあ時間があればいいですけど…
演習用(問題集)

 理解する文法と、問題を解く文法は、基本は同じですが、頭の思考回路が違う様です。

 問題集でしっかり練習しておかないと文法の点数はとりにくいのです。また、出題校(センター含む)によって、レベルはまちまちです。先生に推薦されたものや、受験校のレベルに合っているものをやって、入試に出題されるパターンを覚えるまで繰り返しましょう。
 ここでは、一般的に広く使われているものを紹介します。
(1) 『基礎英文法問題精講』 (旺文社) 問題:基礎〜中
(2) 『NextStage英文法・語法問題』 瓜田、篠田著 (桐原書店) 問題:基礎〜中
 基礎英文法問題精講の方がややレベルは上か。どちらも良く出来ているが、本の作りの構成が全く違う。なのでどちらを選ぶかはまさに好みの問題。単元別なので、学校や予備校の各単元が終わったあとに練習用として使うと効果が上がる。
 『NextStage』は改訂2005年1月に改訂され、語彙の内容が充実された。
(3) 『英文法ファイナルチェック問題集』 瓜田、篠田著 (桐原書店) 問題:基礎〜ハイ
 単元別ではない総合演習問題。受験の学年の秋以降に演習用として使う。標準編と難関大学編と、レベルが2つあるので必要に応じて買おう。
(4) 『UPGRADE』 PRODIGY英語研究所 (数件出版) 問題:基礎〜中
 PRODIGY英語研究所が徹底的に英語のデーターを分析し、そのデータ―をもとに問題集を作成。



単 語、熟 語・語 法(一部文法含む) 作 文

(1) 『英単語ターゲット1900』 
    『英単語ターゲット1400』 宮川幸久 著 (旺文社)
1900:基礎〜
1400:初心者
 昔は例文がなかったが、改訂版で短文が付く。
(2) 『英単語2001』 (河合出版) 対象:基礎〜上級
 人気の単語帳。例文をつかって勉強いたい場合は『WORK OUT英単語2001例文集』が別冊で(3冊)ある。なお、『NextStage』、『頻出英熟語問題1000』と同一筆者であるため、相互補完効果があるらしい。またブルーで書かれた語法記述は他の類書より(入試において)信頼度が高いそうだ。(1)と(2)は、普段長文を数多く読んでいる人が、入試重要単語の整理、補充用に使うと良い
(3) 『速読英単語』 風間寛 著 (Z会) 必修:基礎〜
上級:難関大受験者
 最初に長文があり、そこに出てくる単語を後でまとめている。文脈に基づいて覚えることができます。上級編は改訂の度に、その他上級語(つまり最初に長文がない単語)が増えているのが気になる。入門編もあり。
 普段長文を数多くこなしていない人が、読解の演習も兼ねて使う単語帳。
(4) 『英熟語ターゲット1000』 花本金吾 著 (旺文社) 対象:全員
 熟語帳のスタンダード。よくで来ている。3年の夏までに一通りはやっておく事が望ましい
(5) 『頻出英熟語問題1000』 瓜田、篠田著 (桐原書店) 対象:ある程度熟語を勉強した人
 問題演習形式。なので熟語をある程度征服した人が、熟語の演習、補充用として使うのが望ましい。
(6) 『英語頻出問題総演習』 伊藤和夫 著 (駿台文庫) 問題:基礎〜難
説明:中級者
 もちろん文法問題としても使えます。構文にこだわる駿台らしく(?)動詞の語法、熟語が充実しているので、動詞に弱い人にお勧めです。最近はあまりつかっている人を見かけない(と思う)。
(7) 『英文法・語法講義』 川崎、三浦著 (河合出版) 問題:基礎〜一部難
説明:ある程度基礎がある人向き
 配列などにも工夫があるし、解説も詳しいが、講義調を意識しすぎのためか、解説のまとめはもう少し工夫する必要があるように思う。出来なかった所、わからなかった所は自分の文法語法演習ノートにコンパクトにまとめなおそう
(8) 『大学入試 英語語法の征服』 綿貫陽 著(旺文社) 対象:全員
 語法の知識を体系的に整理したいという人は必需品の1冊だ。


 一言アドバイス(マウスカーソルを当ててね)

 3年生、受験生へ(マウスカーソルを当ててね)
   
 作文は、基礎的な熟語や語法、表現(テクニカルタームを含む)を覚えて、文法的なものは学校の文法の準教科書程度の例文を駆使できれば充分です。
 問題集をやるというよりは、自分で書いたものを先生に添削してもらうの(これの経験数が、本番でものをいいます)がいいのですが、問題集をやりたいのなら、


(1) 『青木 ミントンのポイント英作文』 青木 ミントン著 (大和書房) 問題:中
説明:中級者
 売れている本ではないので、注文しないと駄目かもしれません。英作文の自習にあまり時間の取れない人や、要領よく勉強したい人にお勧め。
(2) 『頻出英作文』 大田千善 著 (日栄社) 問題:中〜やや難
説明:中級者〜
 暗記例文→演習というオーソドックな構成。模範解答が、日本人が作ったもの(ネイティブチェックはしてある)と、純粋にネイティブ(アメリカ)の方が作ったものがあるというのが嬉しい
(3) 『ドラゴンイングリッシュ』基本例文100  竹岡広信著 (講談社) 問題:中〜やや難
説明:中級者〜
 文法単元での基本学習が終わった人がさらにステップアップを目指すのに適した説明が加えられている。
(4) 『最難関大への英作文』 書き方のストラテジー 大矢復著 (桐原書店) 問題:中〜難
説明:基礎ができている人向き
 タイトル通り、作文を書く上での戦略が説明されている。模範解答が一つなのが残念だ。
(5) 『「京大」英作文のすべて』 鬼塚幹彦 著 (研究者) 問題:京大の過去問
説明:基礎が十分にできている人向き
 一般の大学受験レベルを超えている参考書であるが、本格的に日本語と英語の表現の差異について学びたい人は是非購入してみて欲しい1冊。

 あたりをやればいいと思います。ですが、特に「これ」というのは今の所見当たりません。
まあ、科目の性質上、仕方がないのかもしれませんね。


2、構文、長文読解編
3、発音・アクセント、その他、赤本など編