| 基礎英語BRUSH UP | 会話文法の特徴 | 英語ミニ講座 | 英語評論文読解法 |
| 入試英語長文の攻め方 | センター英語の特徴と対策 | センターレベル英文法演習 |
| 英語学習虎の巻集 | 英語お勧め学習法 | 英語学習BBS |

英語 ミニ講座

特定のテーマに絞って、ミニ解説をしていくサイトです。
受験生にとって、分かりにくいであろう文法単元や、一部受験には出ないが、
t-kiteが英語を学習している際に興味を持った分野などを、語ります。


t-kiteのホームページTOPに戻る

〈 Syllabus 〉
不定詞の意味、ニュアンスを考えてみよう
「to + 動詞の原型」そのものの基本的な意味を考えていきます。
不定詞の様々な用法とその意味を考えるのではありません。

関係詞は先行詞の情報追加
形容詞節(後置修飾)の関係詞節は、2文を連結して
先行詞の情報追加を簡単にしてくれる便利な表現です。

as のニュアンスを考察してみよう
様々な用法や意味がある as を克服するには、文法的な明確な基準だけでなく、
as の基本的なニュアンスを知っておくと、とても有効です!

名詞構文は構文学習の最後の砦?
「構文は取れているし、単語もわかっているのに、なんか上手く日本語に
訳せない。」ということがある人は、これを読むと解決するかもよ!

時制についての考え方
普遍の真理ってなんで現在形なんだろう。
仮定法過去ってなんで過去形を使うのに現在の内容なんだろう。
現在形と現在進行形の違いってなんだろう。
という疑問が解決すると思います。

完了形って何だ
日本語にはない時制の考え方であり、また文法書を見ると様々な用法が
あってますますこんがらがりますね。しかし基本的な意味は一つです。
それがわかれば様々な用法もわかってくるでしょう。

助動詞の native sense を身につけよう
まぎわらしい助動詞の意味の区別を、
その助動詞が持つコアイメージを研究することで見ていきます。
読解や作文、会話での表現力アップをしていきましょう。

英語の丁寧性を見てみよう
英語の丁寧な表現を、「時制」の考えを使って説明します。ですので、先に
「時制についての考え方」を読んでおくと、より分かりやすいかと思います。
その後に表現のパターンの分類を見てみましょう。

英語の呼称の基礎
同じ人を呼ぶ場合でも、色々な呼び方があるわけですよね。その呼び方と
ニュアンスの違いの基礎を見ていきましょう。「基礎」と言うのは「学問的ではない」
ということです。「応用編」があるわけではありません。あしからず。

上記以外の文法・構文解説は基礎英語BRUSH UPにあります。

講座の順番を、サイトの作成順ではなく、内容を考慮して一部変更しました。
特に、時制、完了形、助動詞、英語の丁寧性は関連性があるので連続にしました。
(2004年6月追記)